FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere]

訪問:2017/7/7 19:30 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆

  今日のルート実績(by Geo Tracker) →→

ここ数年の恒例となっている夏の南チロル周辺旅行。
イタリアのレンタカー代が昨年から高騰しているので、今年はドイツのミュンヘンで借りて、オーストリアを縦断してから向かうことにしたのだが、初日は南チロルを通り過ぎてヴェローナ [Verona]の街に宿を取った。
同じく南チロルのトレッキングに魅せられたという友人からの情報で、行ってみたくなったのだ。

オーストリアの高速道路は最低でも1週間料金券が必要となることから、オーストリア縦断部分は一般道で通過。

Trattoria Al Pompiere

例によってミシュランサイトから何軒か店を選び、HPに大阪にも店があると記されていたことから(☞ トラットリア・アルポンピエーレ | 阪急うめだ本店)第一候補に選んだ店がココだ。
観光客でごった返しているジュリエットの家からすぐ近く、路地を入ってすぐのところに入口がある。

Trattoria Al PompiereTrattoria Al Pompiere

開店時間5分前に訪問したら、既に半分ぐらいの席が埋まっているではないか。
でも、夜9時半までに出れればOKとのことで、席を用意してくれた。
8時過ぎから来た客は断られていたので、人気のありそうな店は開店時間狙いに限る。


Trattoria Al Pompiere
Coperto(€3.00x2人)

まずは、1人3ユーロ徴収のコペルトで付くパン。3種類のパンは、すべて温められていた。
イタリアのレストランで温められたパンが出てきたのは記憶にないのだが、まさか日本に支店を持っていることが影響している?


Trattoria Al Pompiere
Tagliolini di pasta all'uovo con funghi di bosco(€12.00)
Homemade tagliolini with wild mushrooms


例によって手打ちパスタを選んだわけだが、これも日本風手打ちパスタでビックリ。
何が日本風かというと、食感がコリコリするほど腰が強いのだ。

Tagliolini di pasta all'uovo con funghi di bosco

チーズは要るかと持ってきたので、機械的に要ると答えてしまったが、スプーン1杯かけたところでストップ。
キノコの出汁とオリーブオイルにブロードで作られたソースだと思うが、あまりチーズの合うソースではなかった。


Trattoria Al Pompiere
Crespelle verdi di ricotta e spinaci con burro, salvia e ricotta affumicata(€12.00)
Crepes with ricotta cheese and spinach with butter, sage and smoked ricotta cheese


いつもラビオリを頼む家内は、クレープ表記のものをチョイス。
スモークリコッタはトッピングとしてかけてあった。

Crespelle verdi di ricotta e spinaci con burro

毎度ながら縦置き好きのイタリアなので、日本的に横置きで。
これならミニクレープらしく見えるだろう。
ソースは、セージバタークリームとあるが、単なるクリームソースっぽい。

Crespelle verdiの断面

中身は、ほうれん草とリコッタチーズだと思っていたが、ブロッコリーの味がした。
家内が苦手な羊乳の味も遠くに感じるとのことで、羊のチーズが少し入っているのかもしれない。


Trattoria Al Pompiere
Battuta di capriolo fresco italiano, melanzane al basilico e pure di ceci(€19.00)
Italian Roe battuta, eggplant with basil, chickpeas puree


メインからは、鹿肉のタルタル。(と、後で翻訳を掛けて知った)
右横にちょこんと乗っているのは、茄子とバジルのペーストというか細切れを煮込んだもの。

Battuta di capriolo fresco italianoの断面

牛肉のタルタルだと思って食べたら、ちょっと癖が強い肉だったので、納得。
見た目でも色が黒っぽいところが、鹿肉の特徴だ。

ただ、塩胡椒が決まってない点で美味しさ半減。
というか、鮮度が落ちてしまった臭みのある味を感じてしまった。鹿肉だからかなぁ?
GWにオランダのマーストリフトで食べた鹿肉らしきもの(☞ Restaurant de Mangerie)と、なんとなく同じ印象を抱いたのだ。


Trattoria Al Pompiere
Coniglio di Carmagnola al forno con fagioli, taccole e pioppini(€19.00)
Braised Rabbit from Carmagnola with beans, snow peas and pioppini mushrooms


家内は、珍しくウサギ肉を選んでいた。(普段私が頼むのに、タルタルを選んでいたからだと)
軽く焼いたポレンタの上に、茸に豆と絹サヤを乗せ、その上に煮込まれたウサギ肉。

Coniglio di Carmagnola al forno con fagioli

驚きだったのは、普段は骨だらけで可食部の少ないウサギ肉だが、骨はわずかで肉厚部分だけ。
煮込みのソースも美味しく、ポレンタと合わせると非常に美味だと、家内が気に入っていたのも納得。


魔女が飛んでいる天井Worlds Best Tiramisu

店内の天井に何かぶら下がっていると目を向けると、魔女がたくさん飛んでいた。
その横のチーズの入ったショーケースの上に、気になる楯を発見。「Worlds Best Tiramisu」と店名の入ったアクリルかガラスの楯だ。こうなると、そのティラミスを食べたくなるのは当然だ。


Worlds Best Tiramisu
Tiramisu(€8.00)

1つだけ家内用にと頼んだところ、スプーンを2つ持ってきてくれた。
なるほど、出てきたティラミスは、日本のイタリアンでアラカルトの量のおおよそ倍量。これは1人で食べるには多すぎだ。

Worlds Best Tiramisuの断面

断面を見ると、マスカルポーネチーズを少しホイップした感じのクリームがたっぷりで、余計なスポンジはごくわずか。
マスカルポーネの味は薄いものの、これは納得の美味しさだ。

大阪の店のメニューにも、このティラミスが載っていたので(しかもランチなら2千円のコースに付くというのだから、日本のイタリアンは安い!)、大阪方面にお住まいの方は試す価値があるかもしれない。


お会計コーラは缶のまま出てきた

お会計は、水代とコーラ代を加えて82ユーロ也。
外は、この時間でも32度の暑さということでコーラも追加したわけだが、トラットリアで1万円強の夕飯代としてはちょっと高めなものの、イタリアの都市部の店だとこんなものだろう。

当地で真っ当なリストランテを狙うと、1人最低60ユーロ程度にはなってしまいそうなので、抜群に美味しいというものは無かったものの、不味かったものも皆無ということで★4つで良いと思う。

※メニュー:ハム類パスタ・サイド・ドリンクメイン・チーズデザート

【店舗詳細情報】
店名:Trattoria Al Pompiere
電話:045-803-0537
営業:12:40~14:00、19:30~22:30
定休:日曜日
住所:Vicolo Regina d'Ungheria 5, 37121 Verona
GPS:45.441952, 10.998003 (☞ Bing Map


訪問したイタリアのレストランと各州の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/トリノ:イータリー[Eataly] Ristorantino della Carne

訪問:2017/4/10 13:30
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆

  今日の走行ルート(by Geo Tracker) →

実質最終日は、アルバ [Alba] からトリノ [Torino] に戻るルート。
もちろん、途中の小さな街に寄りながらだが、キエーリ [Chieri] ぐらいしか良さそうな街が無かった。

トリノに戻り、遅いランチは、初日に発見したイータリー[Eataly] というスーパーと飲食コーナーが混在している施設で、気になっていた肉のタルタルを食べに行くことにした。

ここ、地下鉄の終点駅リンゴット[Lingotto] にある、フィアットの自動車工場跡地に出来たというモールに行った際に、お隣にあったことから覗いた店だ。(モール側は魅力ナシ!)

このイータリーという店、どうやらココが本店のようで、後で調べたら日本橋三越と横浜ポルタにも出店していた。
食べログを見ると昔はもっと多店舗あったようだが、現在は2店舗だけなので、日本ではそれほど支持されなかったのかもしれない。


EatalyEataly Ristorantino della Carne
▲左:イータリーの入口(初日夕方撮影)  右:改装工事中の肉コーナー

初日にあった肉コーナーは改装工事中で、肉コーナーと魚コーナーの間にある飲食スペースでいただくことになったが、メニューはテーブルの上に置いてあったものの、注文は魚コーナーのレジで行うとのこと。
その時にテーブル番号を伝えなければならないので、お一人様だとテーブルの確保が困難。

案の定、指定したテーブルに戻ったら他の客が占有していたので、どいていただいたが、混雑時間帯のお一人様利用はカウンター席でないと無理だろう。

Eataly Ristorantino della Carne先払いのレシート
▲左:肉コーナーと魚コーナーの間にある飲食スペース  右:レシート


La Cruda de LA GRANDA
La Cruda de "LA GRANDA"(€10.50+1.00)
condita con olio extravergine "Roi"


やってきたのは、シンプルな生肉のタルタル。
アジアはもちろん、先進国の欧米でも生の牛肉は普通に出て来るものだが、ホント日本の役人どもは最終的には想定外と言って責任逃れに終始するくせに規制だけはバシバシ行うというおかしな連中だ。しっかりしたリスク情報だけ出して、あとは自己責任にすれば良いのに、情報はロクに出さずに自分たちの権威を保つために規制ばかり行っているのだから、税金泥棒と言われる所以だ。まあ、自己責任教育を怠っているから、国民側にも問題はあるとは思うが。おっと脱線。

牛肉のタルタルをアップ

しかし、ご自慢のオリーブオイルがかかっていると思ったら、ほんの数滴しかかかっていない。
レモン汁と皿の右下にあった、フルールドセルのような塩で食べるということだろうか。

仔牛肉なのか肉の主張も皆無に等しく、期待外れの皿だった。
イタリアらしく素材の味を楽しむという路線なんだろうが、そのまま日本に持ち込んでも多くの支持は得られないだろうから、日本展開が失敗しているのかもしれない。


パン

ところで、食事中にパンと水を持ってきてくれた。
メニューにはパンと水は1ユーロって書かれていたので、フードコートのような店なので頼まなかったのだが、予想外のサービス料1ユーロが課金されたので、コペルト代わりということなのかなぁ? 不明だ。

※メニュー:I grandi piatti di Rataly

【店舗詳細情報】
店名:Eataly Torino Lingotto Ristorantino della Carne
電話:011-19506801
営業:11:45~15:15、18:45~22:15
定休:無休
住所:8 Gallery, Via Nizza 230/14, 10126 Torino
GPS:45.035084, 7.667480 (☞ Bing Map


このイータリー、高級スーパーの中に飲食スペースがあるわけだが、そのスーパー部門には良さそうな食材がたくさんある。
初日の夕方は、フレッシュチーズと生ハムを何種類か購入してホテルでいただいたのだが、大当たりだったのが、昨年夏に出会って気に入ってしまったブラータチーズだ。




このブッラータ(小型のものをブッラティーナ[Burratina]という)、昨年の夏に食べたものと同じ感じだったので、感動したブッラータは本場プーリア州にある中堅メーカーのパックものだったと知ったわけだ。

ブッラータチーズを名産とする街から離れているが、日本人にも有名なアルベロベッロ [Alberobello] の隣街に工場があるようだ。




食事の後に、このブッラータを5個購入して、レンタカーを返して普通列車でミラノ中央駅へ向かい(€12.45)、ホテルで夕食代わりに2個いただいたので、今回の旅での食べ歩きレポートはこれが最後だが、ここまでは量り売りのブッラータを食べていたので味がまちまちだったものの、大量生産品でも美味しいものがあるということが分かったのは収穫。

125g入り1個が1.60ユーロと安かったこともあり、ダメもとで日本にも持ち帰ったが、それほど劣化せずに持って帰れた。イータリーの保存温度が非常に低かったことや、工場での大量生産品だったこと(密封度が高く、賞味期限まで10日以上あった)、ホテルに冷蔵庫があったからだろう。

生パスタ生パスタ

ほかに、量り売りの生パスタもたくさん置いてあったが、なぜか何も買わなかった。
こうやって写真で確認すると、ロングパスタはそれほど高くないようなので、キロ20ユーロという手前のラビオリ群しか目に入っていなかったようだ。失敗した。

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食を紹介するが、ここで恒例の旅の費用を載せておこう。

■今回の旅の費用
往復航空券: 21750円+85000マイル(成田<>パリ<>ミラノ;AFビジネスクラス)
現地宿泊費: 49416円(€408.40/5泊、うち朝食付2泊)
現地交通費:  7783円(€64.32) レンタカー(無料特典)・ガソリン・駐車場・鉄道・バス
飲食雑費等: 22619円(€189.63) 飲食・入場料
国内交通費:  2826円
旅費合計: 104394円+85000マイル/JAL

訪問したイタリアのレストランと各州の風景
 

【キエーリ [Chieri] の風景】 ☞ Google Map

▲左:Convento S. Domenico


▲Cathedral Parrocchia Del Duomo


▲左:Chiesa di Sant'Antonio


▲左:Uffici Giudiziari Giudice di Pace

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/アルバ[Alba]: Ristorante Ventuno.1

訪問:2017/4/9 19:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
ケラスコ [Cherasco]でランチを食べた後は、5Km北にあるブラ [Bra]の街を見てから、アルバ [Alba]へ。
この街にはミシュラン3つ星店があるので(1つ星店と2つ星店は無い)、ちょっと雰囲気を拝みに行ったものの、らしくない店構えで意外。コースは最低200ユーロと、お値段だけはさすがという感じだった。(後半の街の風景に、店頭写真とメニュー写真を掲載してある)

Ristorante Ventuno.1Ristorante Ventuno.1

さて、今日は日曜日ということで、3つ星店どころかミシュランガイド掲載店すべてお休み。1軒だけ Google上では営業となっていたので狙ったものの、ホテルからの予約電話は通じないし、実際お休みだった。

ということで、ホテルでもらったレストランマップを頼りに開いている店を物色した中から選んだのがこの店。
白トリュフで世界的に有名な街ということで、季節ではないものの、何かトリュフ料理を食べようという視点でも店を選んでいる。というか、リストランテ格の店となると、ほとんどお休みだったので、選択の余地は無かった。

コースの方がお得感があったものの、ちょっと変わったものをいただこうと思い、アラカルトでお願いすることにした。トータルのお値段がコース(€35.00)を上回ってしまうが、事実上最後の晩餐になるので、食べたいものを食べようというスタンス。


Coperto
Coperto(€2.00)

まずは、コペルトで出てきたグリッシーニとパン。
グリッシーニはもちろん自家製で、これまた美味しくてポリポリ食べてしまう。

パンの断面

パンは、イタリアではよく見かける軽くて中が乾燥して崩壊するタイプのもの。
美味しくはないのだが、断面写真をお見せしておこう。


アミューズ

コースでも付くかもしれないが、最初は無料のアミューズ。
延ばしたピザ生地で作ったミニ肉まんという感じのもので、バジルペーストでいただくもの。



焼きたてほやほや、中は挽肉とリコッタで特に味付けをしていないようだ。
バジルペーストとバジル塩(?)を付けていただいたが、味覚的にはイマイチかな。


Crudo di Gamberi Rossi da Mazara del Vallo
Crudo di Gamberi Rossi da Mazara del Vallo,
Burrata di Andria e Pomodorino Giallo(€15.00)

Raw Prawns from Mazara del Vallo, Yellow tomatoes and Burrata Cheese


前菜から選んだのは、シチリア島マザーラ・デル・ヴァッロ[Mazara del Vallo]産の生の赤海老。
山を越えて70Km先のお隣が、海に面したリグーリア州ということで海の幸でも良いだろうと思った訳だが、昨年夏からハマっているブッラータチーズの文字が見えたからだ。

赤海老とブッラータチーズをアップ

日本では見かけないタイプの海老だが、赤海老系らしく甘みはある。
黄色のトマトソースに付けていただいてみたが、やっぱり刺身系が出てくると醤油が欲しくなるなぁ。

お目当てのブッラータは、モッツアレラの皮が分厚すぎ。
量り売りのタイプに多いことが分かっているが、個人的には大量機械生産のパック入りの方が美味しく感じてしまった。(この後の記事で出てくる予定)


Tajarin mantecati al Burro d'Alta Langa e Tartufo Nero
Tajarin mantecati al Burro d'Alta Langa e Tartufo Nero(€14.00)
Tajarin Pasta with Alta Langa butter and black truffle


唯一のトリュフ料理は、ご当地パスタのタヤリンに組み込まれていた。
お値段の割にはポーション少な目で、一昨日トリノの一つ星店「Ristorante Vintage 1997」で出てきた量の半分ほど。

Tajarin mantecati al Burro d'Alta Langa e Tartufo Nero

今度のタヤリンは、ラーメンの麺の感じはせず、まずまずの食感。

トリュフはそれほど香らなかったが、自宅で昨年秋にSant'Agata Feltria で購入したトリュフ塩や、パリで購入したトリュフオイルとバターを使って私が作るものよりも、自然な感じの香りで美味しい。

日本のレストランだと、香りを増すためにトリュフオイルやトリュフ塩で補完するのが普通のようだが、さすがトリュフの産地だけあって、そんな真似はしないようだ。でも、補完した方が美味しいかな?(矛盾しているけど・・)


La Sfogliatella Riccia
La Sfogliatella Riccia(€7.00)
Sfogliatella Pastry withn Ricotta Cheese


予想よりも量が少なく足りなかったので、予定通りデザートもお願いすることにした。
せっかくなので、知らないものをと Sfogliatella というものをお願いしてみたが、何のことは無い。パン屋で良く見かけたスフォリアテッラというパン菓子で、がっかり。パリパリ感が抜けているので、恐らく調達品だろう。

スフォリアテッラの断面

パン屋なら2ユーロもしないだろうものを7ユーロで食べることになってしまった。


お会計&レストランカード

結局、35ユーロのコースからメインを抜いた構成で、38ユーロも払った割には満足度の低いものになってしまった。一番の不満要因は、かなり割高なアラカルトなのに量が少ないことだろう。恐らくコースのポーションと同じ。

デザートも自家製ではないものを高く転売している印象で、店の雰囲気の良さに対して内容が伴わなかったのは、bottega(販売店)表記もあったからだと解釈している。
日本でも同じだが、料理以外の事に手を出している中途半端な姿勢のレストランでは、料理に期待してはいけないのだ。

※メニュー:コース前菜パスタメインデザート

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Ventuno.1
電話:0173-290787
営業:12:30~14:30、19:30~21:30
定休:水曜日
住所:Via Cuneo 8A, Alba 12051
GPS:44.697368, 8.035394 (☞ Bing Map


訪問したイタリアのレストランと各州の風景
 

【アルバ [Alba] の風景】

▲左:サン・ロレンツォ大聖堂  右:Casa di Beppe Fenoglio


▲左:大聖堂広場の路地にあるミシュラン3つ星店「Piazza Duomo」(☞ アラカルトメニュー
 右:大聖堂広場へ結ぶメインストリート入口の広場 Piazza Michele Ferrero


▲Chiesa Di S.MARIA MADDALENA




▲アルバ駅(この先アスティ方向にも線路はあるものの、廃線となっていた)
 

【ブラ [Bra] の風景】 ☞ Google Map

▲左写真の半トンネル状の建造物の上から撮ったものが右写真


▲その先に見える教会 Chiesa Parrocchiale di Sant'Andrea Apostolo(GPS: 44.697883, 7.854386)


▲Chiesa di Santa Maria degli Angeli(GPS: 44.696347, 7.857153)


▲左:Comune Di Bra  右:Palazzo Traversa

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>