FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   

イタリア/サルデーニャ島.オルビア[Olbia]:Grand Hotel President

訪問:2014/9/15 20:20
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
今日の走行ルート← 今日の走行実績
(クリックで大きな画像が開きます)

サルデーニャ島でも宿を決めていなかったのだが、とりあえず西海岸のカステルサルド[Castelsardo]を見てから、サッサリ[Sassari]という街で宿を確保する予定だった。

ところが、思ったよりも大きな都市でボロいホテルしか見つからず、周辺のオージロ[Osilo]とか宿がありそうな街にも足を延ばしたのだが、まったく宿が目に入ってこない。

海辺の街でなければ道沿いでの宿の確保は難しいということを悟って、2日目に泊まる予定だった港町であるオルビア[Olbia]まで向かうことにした結果、今日のルートはなんとも大回りな軌跡を描いてしまったわけだ。

道中の荒れ地の中にポツンと建っていたのはサカールジャ聖堂[Santissima Trinità di Saccargia]
すでに内部入場の受付時間は終了していたにも関わらず5~6組の観光客が訪れていたのは、単に道沿いの目立つ建物というだけでなく、有名な建造物だったようだ。イタリアの道路地図でも、最重要観光地のマークが付いていた。

外観 店内

さて、オルビアのメインストリート沿いにあると期待していたヒルトン系のホテルは見つからず、あきらめて入ったのが、街の中心の港を斜め正面に見る立派で高そうなこのホテルだ。
100ユーロ越えを覚悟していたが、なんと朝食付きで70ユーロ。立地最高でこの価格には驚きで、もちろん即決してしまった。(今回泊まったコルシカ島とサルデーニャ島の計8泊の中で、一番立派で快適な宿だった)

さらに驚いたのが、フロントに掲示されていた今日の日替りメニュー[Menu del Giorno]のお値段。
25ユーロで前菜・プリモ・セコンド・デザートというフルコースというのだから、わざわざ外に出て冒険することもないだろうと、フロントで予約してしまった。
ディナーは夜8時からの営業だそうで、南イタリア時間だ。

テーブルセッティング パン

少し部屋で休んでからレストランに出向くと、既に欧州系の団体さんが盛り上がっていた。
私は、その騒がしい一角とは違ったコーナーに案内され着席。こういったホテルだから英語はバッチリ通じるし、フロントから日替わりの Menu del Giorno(€25.00) を食べると連絡が行っているようで、そのメニューだけを持ってきて選択肢の説明を英語でしてくれた。

Carpaccio di Pesce Spada
前菜:Carpaccio di Pesce Spada

まずは、メカジキ(?)のカルパッチョ。
日本のカルパッチョのイメージからは遠く外れて、〆鯖ならぬ〆メカジキみたいなバルサミコ酢で〆たような厚切りの魚が山盛りで出てきた。

お味の方は・・大味かなぁ。
〆鯖だと昆布の旨味を加えたりするわけだが、素直にバルサミコだけという感じ。旨味が足りないのだ。

Ravioli di Agnello ai Carciofi
プリモ(3択):Ravioli di Agnello ai Carciofi

パスタは、アーティチョークとラムのラビオリをチョイス。
出てきた皿は、日本で見る3倍サイズのラビオリ。
なにより生地が分厚いし、中の具材も包丁でたたいたような超粗挽き風の肉がゴロゴロ。

南イタリアの皿はボリューミーだと上尾のイルモンドピッコロのシェフから聞いていたが、昨年末の南イタリア旅行ではそれほど感じなかったのに、ここのは噂通りのボリューム。

で、味が伴っていれば嬉しいのだが、やっぱり大味っていう印象。
分厚い生地の食感も悪いし、具材の味も薄味で素材の味をそのままでいただくっていう感じ。
あ、南イタリア系だから、これでいいのか・・

Prosciutto crudo e Mozzarella
メイン(3択):Prosciutto crudo e Mozzarella

メインはプロシュートとモッツァレラにしてみた。
日本ではメインで出てくる皿ではないのだが、イタリアではこんな組み合わせもメイン料理になってしまう。

しかし、さすがメインの皿だけあって凄いボリューム。
モッツアレラは200gぐらいありそうだし、生ハムもそれぐらいはあるだろう。
前菜とプリモも完食した後でこの量を食べきれるか不安だったが、なんとか完食できたのはそこそこのお味だったからだ。
さすがイタリア。安物(のはず)の生ハムやチーズでも、日本の平均より旨いのだ。

付け合せの野菜

実は、メニューのメイン欄が2段に分かれていて、そちらからも選べると。しっかり見ていなかったので誤解していた。
いわゆるサイド、付け合せだったわけだが、私が認識できていなくて色々難色を示したからか、メニューに無い料理を出してくれることになった。

ということで、出してくれたのがインゲンの塩ゆでを軽く炒めた感じのもの。
日本のインゲンと違って、あまり育っていないものを使っているからか、サッパリしたお味で美味しい。
これも完食。我ながらこの量をよく食べれたものだ。

セミフレッド

3択のデザートもボリュームがありそうなので、アイスクリームは無いかと聞いた結果、パイナップルのセミフレッドがあると出してくれたのがこれ。
見た目黒蜜がかかっている感じだが、黒蜜の訳が無くカラメルというかメープルシロップ風の液体だった。
量も日本的に普通だったので、無事完食。

しかし、一流ホテルでこれだけ食べて25ユーロというお値段(もちろん税サ込!)、お味は価格相応ながらもサービスは良いし、思考回路がCP重視の私にとっては今回の旅で最高の店になったというわけだ。
コルシカ島とサルデーニャ島では、味覚面で抜群の店が無かった結果なんだけど・・

※メニュー:ランチとディナーの内容が異なる25ユーロの日替わりメニュー

【詳細情報】
店名:Grand Hotel President
電話:0789 27501
住所:Via Principe Umberto 9, 07026 OLBIA
GPS:40.924879,9.506639

 

【カステルサルド(Castelsardo)の風景】
(☞ 参考サイトwiki(伊) / GPS:40.915613,8.71259)

▲左:丘の上に城がある  右:街の案内図は真鍮(?)製(他の街にもこの手のものがあった)


▲坂を上って城を目指す


▲左:入口到着  右:入城料は2ユーロ(公開時間 9:00~20:00)


▲左:小さな城で見応え無し!  右:景色はいいのだけど、興味を惹かない展示が多い
 

【サカールジャ聖堂(Santissima Trinità di Saccargia)の風景】
(☞ 参考サイトwiki(伊) / GPS:40.671224,8.689122)

▲オルビア[Olbia]に向かう道沿いに突然現れた


▲左:Basilica di Saccargiaと言うらしい(Santissima Trinità di Saccargia が正式名称のようだ)




▲左:横から見てみる  右:この模様、スペインでも見たような・・

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イタリア/サルデーニャ島.サンタテレーザ・ガッルーラ:Caffe' Mediterraneo

訪問:2014/9/15 13:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
旅の順番的には、Chez Antoine の後になるのだが、イタリア全州走破の最後に残っていたサルデーニャ州[Sardegna]にフェリーでレンタカーごと渡ってきた。
コルシカ島の南端の街ボニファシオ[Bonifacio]を正午に出向する Moby lines のカーフェリーに乗って1時間弱、距離にしてわずか20Kmほどで国が変わる。(☞ コルシカ島~サルデーニャ島 フェリー&レンタカー詳細情報

サルデーニャ島北端のサンタテレーザ・ガッルーラ[Santa Teresa Gallura]には午後1時到着ということで、この街でランチタイム。

外観 テラス席側店内

中心の広場に面した店は外して周辺の店を狙ったわけだが、お洒落な割には客が少なかったこの店に決めた。
店頭メニューは数か国語表記と完全に観光客をターゲットにしているようだが、選択肢が多く価格設定も高くないと思えたことが理由。白基調の明るい店が好きというのも大きい。

選択肢が多すぎるというのも困るのだが、コースでは無く単品でお願いすることにした。
観光客ターゲットの店に期待しても無駄なので、余計なもので太ることはないだろうという判断だ。

パン

まずはコペルトで付くパン。
ランチメニュー側にはコペルトサービスと記されていたので、アラカルトから頼んだ場合は有料だと思っていたらサービスだった。観光客相手の店にしては、なかなかの計らいだ。
でも、袋入りのグリッシーニを出す段階で期待できないことは確実。北イタリアでないから当然?

コーラ缶と調味料のセッティング おてふき

続いて出てきたのは、皿にのったウエットティッシュ。
え? ペスカトーレを頼んだのに、ウエットティッシュ出してくれるの?
イタリアでこのパターンは初めての経験だ。少しフランス文化が入っているのかしら?

Tagliatelle allo Scoglio con Frutti di mare
Tagliatelle allo Scoglio con Frutti di mare(€14.00)
Seafood Tagliatelle


お願いしたのはペスカトーレのタリアテッレ版。
この手のパスタだと、自家製麺の可能性が高いとの読みだが、ディチェコとか日本で買える乾麺系の食感とはまったく違うものの、残念ながら乾麺だった。手打ちパスタだったら抜群だったろうに。

麺と海老をアップ

イタリア語の「allo Scoglio」(アッロ スコーリオ)は、磯とか岩礁風という意味らしいが、具材的にはペスカトーレ。
ムール貝、ラングスティーヌ、有頭エビ、アサリに加えて、2種類の魚肉(ツナとサバ?)まで入っていて、なかなか具沢山な内容だ。

ソース側も、これだけ魚介類を使っているからか出汁がしっかり出ている。
ちょっと最後の調整が出来ていない印象だが、この手の店にしては優秀だ。

サービスの坊主頭のおじさん、英語がほとんど通じないものの、いつもニコニコで気持ちの良い対応で好印象。
広場に面した店に入らず、こういった外れた店に入ったのはとりあえず正解だったようだ。

お会計※メニュー:
セット・コース・ピザ・子供用
アラカルト

【詳細情報】
店名:Caffe' Mediterraneo
電話:0789 754101
住所:Via Amsicora 7, Santa Teresa Gallura
GPS:41.242599,9.189862

 

【サンタテレーザ・ガッルーラ(Santa Teresa Gallura)の風景】

▲左:要塞前チケット式駐車場の料金表(13:00~15:00は無料)  右:駐車場から中心部へ


▲左:広場にはレストランがいくつか有ったがパス  右:街の教会


▲左:大型客船がコルシカ島との海峡を横断中  右:港の反対側は素晴らしいビーチ


▲左:遠浅で海の色もキレイでここで泊まりたい!  右:要塞跡の塔(入塔料:€2.00)


▲左:岬の先端はカップルの聖地(?)  右:港側の先端(多くの人が訪れていた)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>