FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台中: 精武路大腸蚵仔麵線

訪問:2019/3/9 18:45
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★★
今日は午後から土砂降り。こういう時は、快適なホテルに泊まっていて良かったと思う局面だ。
少し小降りになったことを部屋の窓から確認してから、マークしておいた近場の店を回ることにした。



1軒目は、久しく食べていなかった大腸蚵仔麵線の店。
大腸蚵仔麵線は台北の屋台系の店で何度も食べていたが、たぶん5年以上食べていないだろう。


▲テーブルの上にある調味料

店名の「精武路」は、精武路にあるというだけで付けられた俗称で、正式名称は不明。道路反対車線から見える店頭看板は「専業大腸蚵仔麵線」と書かれている。

大きな交差点の交通量が少ない側の道路に面しているからか、店頭に車を置いて外帯で買っていく人が多い店だが、中も結構広い空間。店内に客がいなかったのは、土砂降りの影響でバイクで来る客がいなかったのだと思う。



おばちゃん2人で営業中だったからか日本語も英語も通じないので(おじちゃんは日本語が通じたりするし、若者は簡単な英語はもちろん、たまに日本語も通じたりする)、店内壁メニューを指差して「コレとコレ」と言って注文完了。

何か聞かれたけど「日本人だからわからない」と返してしまった。「日本人」という単語には、たいてい反応してくれるものだ。(韓国人と思われていると待遇が悪くなることが多い)




屋台系食堂だけあって2品ともすぐに出てきたが、事前にGoogle Mapの投稿写真でチェックしていた以上に牡蠣が大量で嬉しい悲鳴。



大腸蚵仔麵線小碗(NT$45≒170円)

具材を表に出した写真だが、大腸牡蠣麺線の牡蠣は割と大きなものが3個だけ。
それよりも、大腸の色でも分かる通り甘辛醤油でかなり煮込んだ大腸で癖が無く誰でも食べれるお味だ。
麺線が煮込みすぎで切れてしまうのはご愛敬。レンゲでいただこう。

スープは牡蠣麺線お決まりの鰹出汁系の醤油味。
日本人には最も親しみのある味だが、この店のはやや鰹出汁が控えめなので、おろしニンニクをたっぷり投入すると美味しくなった。



蚵仔仁(NT$60≒230円)

先ほども書いた通り、お目当てだったのはこちらの料理だ。
たった230円で、この牡蠣のボリュームは凄すぎる!



邪魔な針生姜を除けたら、〇〇で上げ底だった・・なんていう騙しは無い。
針生姜の下も、牡蠣で埋め尽くされていた。いったい、どういった原価計算をしているのだろう?

そのまま食べても良いが、タレのかかっていない部分を残して、牡蠣不足だった麺線側に投入しよう。



この手法に気づくのが遅かったので、かなり麺線を食べてしまった後だが、牡蠣たっぷりの麺線の出来上がり。
写真を見て分かる通り、牡蠣の粒も普通の牡蠣麺線にトッピングされているものよりも大きめなのだ。

いやー、牡蠣喰った~。充実の400円ディナーだ。
大満足で次の店に向かおうと思ったら、またまた土砂降りで少し店内で時間調整することになってしまった。


【店舗詳細情報】
店名:(精武路)専業大腸蚵仔麵線
電話:04-2213-1610
営業:10:30~22:50
定休:無休
住所:台中市東區精武路270號
GPS:24.146127, 120.686986 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台中・一中商圈: 福州包

訪問:2019/3/9 14:05
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気n/aCP★★★★★


食也 現炒小吃で香腸炒飯を食べた後、路地をそのまま南下した大通り(育才街)の交差点角に、激安屋台を発見。


▲焼き始め


▲焼き上がり

お値段、わずか3個10元也。
見た感じでは、焼いた小籠包(生煎包)みたいだったので、もちろんゲット!



福州包(NT$10/3個≒37.5円)

10元コインと交換に、半透明のポリ袋に3個入れ、食べるための串を1本入れて渡してくれた。



高雄の上海生煎湯包で食べた焼き小籠包の小型版だと思っていたお味の方だが、全然違った。

値段が値段なので肉を大量に使えないのは分かるが、前に日本のスーパーで買ってみた激安の野菜餃子なるものと同じ味。何を使ったらこの味になるのか不明だが、変わった調味料やスパイスを使っているものと思う。
日本で買った野菜餃子は国産野菜を使っていたはずだから、同じ業務用混合調味料があるのかな?
あまり趣味では無かったのは事実だ。


【店舗詳細情報】
店名:福州包
場所:台中市北區育才街(育才街6巷との交差点角)
GPS:24.149618, 120.684919 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台中・一中商圈: 食也 現炒小吃

訪問:2019/3/9 12:50
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
何度も愛用しているHIE台中公園の部屋から見える台中公園の北側。デパートなんかもある繁華街になっているようなので行ってみたら、昨晩の中華路夜市なんかよりも規模の大きな屋台街が展開していた。

夜は「一中街夜市」(昼も含めて「一中商圈」)と言うらしいが、確かに夜だけの営業っぽい屋台もたくさん。



この地域の店をGoogle Mapで漁っていたところ、美味しそうな炒飯の画像が筆頭にあったこの店が目に付いた。口コミ数13件だけなので5.0点という採点は当てにならないが、写真ベースで悪くないと判断。

狭い路地に入った所にあったので店頭全景写真が撮れなかったし、店内も満席でセルフサービス用テーブルしか撮影できず。(上の写真は食べ終わった後に撮影)
外帯客も多い高採点に相応しい人気店だ。
ご夫婦に加え、土曜日とあって中1ぐらいの男の子が会計も含めて店を手伝っていた典型的な家族経営店のようだ。

注文伝票もあったが炒飯の種類もたくさんあって投稿写真がどれなのか分からず、奥様(?)に写真を見せて注文完了。



臘腸蛋炒飯(NT$70≒260円)

投稿写真ベースでお願いした炒飯。
臘腸の意味を調べたらソーセージと出てきたが、お味は香腸そのものっていう感じ。

日本で普通にある醤油ベースの味とは少し違って、五香粉を加えている独特なお味。
パラパラに仕上がっているが、少し油が多いかなぁ。
それよりも、香腸の味が主張しすぎていたので、普通の具材の炒飯を注文すべきだった。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:食也現炒小吃
電話:04-2223-3058
営業:11:00~14:00、17:00~20:00
定休:水曜日
住所:台中市北區育才街6巷19號
GPS:24.150466, 120.685170 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 赤崁炸粿 2019/03/23
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>