FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/コタキナバル:シークレット・レシピ(Secret Recipe)

訪問:[2013/3/18 12:50]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
珍しくチェーン店ばかりのレビューになっているが、東南アジアの屋台や食堂の水準は分かっていることもあって、寒い日本から酷暑の街にやってくると冷房完備の店に入りたくなってしまうのだ。とはいえ、あちこちにあるマクドやケンタに入れば安上がりだが、それこそ郷土料理も何もない。あくまで郷土料理にはこだわりたい。

外観 店内

この店のメインはケーキ喫茶だが、食事メニューも豊富。ただし、インターナショナル料理、すなわちホテルレストランと同じような品ぞろえなので、地元客がどのような使い方をしているのか分からない。

実際、店に入るとケーキのショーケースが目に入ってくるようなレイアウトなので、やはりケーキを食べに来ているのではないだろうか?
ワンボルネオの店も含めてかなり価格設定が高いので、客の入りはよろしく無いように見える。でも、HPを見ると10カ国近く出店しているというのだから驚きだ。何が魅力なんだろう?

Secret Recipe Fried Rice with  Satay
Secret Recipe Fried Rice with Satay(RM17.15≒550円)

お願いしたのはサテーの付いた炒飯。サテー単品もあったがナシゴレン付きをお願いしたものの、予想と違う皿が出てきてしまった。サテーが通常よりも大きいだけでなく、お決まりのピーナッツソースが付いてこないのだ。

サテーをアップで

夜の屋台を見てもサテーを売っている店がほとんど無いし、焼き鳥というべき範疇のものはどの店も RM1.50 という価格でサイズも大きい。この大きさは、そういった当地の文化なんだろう。

で、お味の方も生姜の効いたカレー味。
ピーナッツも入っているとは思うが、主たる味はカレーでがっかりだ。

炒飯のアップ Tropical Smoothies
左:炒飯のアップ  右:Tropical Smoothies(RM8.70≒280円)

炒飯もカレー味。
出てきた時の印象は、そのボリュームだが、単調な味なので飽きがくる。

空港近くのタンジュン・アル(Tanjung Aru)ビーチに出かけて体が熱かったので、ドリンクは南国らしくトロピカルスムージーをお願いしたが、こちらは無難に美味しかった。
タンジュンアル ビーチへの行き方(コタキナバル空港への路線バスでの行き方と共通)は、最後に別記事で掲載する予定だ。

※表記価格は外枠の税6%とサービス料10%を含んでいます。
※メニュー:店頭掲示①アジア料理ドリンク・アイスクリーム

【詳細情報】
店名:Secret Recipe Palm Square Centre Point店
電話:088-257-111
場所:P22 & P23, 4th Floor, Palm Square Centre Point(センターポイントショッピングモール4階)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/コタキナバル:ザ・チキンライスショップ(The Chicken Rice Shop)

訪問:[2013/3/17 19:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ワン・ボルネオでのディナー第2段は、簡素なという意味でのファストフードタイプのファミレスチェーン店。
頭文字を取った「TCRS」と呼ばれているようだ。

店頭 カトラリー入れがカワイイ

マレーシアはこういった略号がやたらと多い。例えば、ワンボルネオ正面の歩道橋を渡ったバス停から路線バスで市街地に行く場合、コタキナバルを意味する「KK」と行き先表示されたバスに乗ることになる。(ほかに無料シャトルバスもあるが、こちらはワンボルネオの裏側から発車する)

この店、海南チキンライスがメインなのでシンガポール企業かと思っていたが、HPを見るとマレーシア企業だった。
シンガポール、フィリピン、台湾を含めて4か国に展開しているようだ。

Hainanese Chicken Rice Meal
Hainanese Chicken Rice Meal(RM17.21≒550円)

2食目なので完食できるか不安だったものの、店頭に大きく掲げられていた「Value Meal Set」が目に留まった。
海南チキンライスに、ニョニャ料理やマレーシアの地名である「Ipoh」の文字まで入った料理があったことから、お願いしたセットがこちら。ほかに、デザートとドリンクが付く。

Nyonya Pai Tee Ipoh Bean Sprouts
左:2pcs Nyonya Pai Tee  右:Ipoh Bean Sprouts

左は、代表的なニョニャ料理のパイティ。
マラッカのニョニャ料理専門店 Flavours(Bulldog Cafe) で食べたものと比べると、いかにもチェーン店らしい機械生産的な見栄えだが、少なくともカップはパリパリで湿気ていないし、中身もきわめて無難なひき肉炒め。
褒められるような出来ではないが、十分いただける。(でも倒した状態での配膳はいただけない)

右は、キャメロンハイランドの麓にあるイポーの地名が入ったスプラウト。
何が出てくるかと思ったらモヤシ炒めだった。これも味的には悪くないが、たしかにモヤシもスプラウトだな。

Personal Portion of Steamed Chicken
Personal Portion of Steamed Chicken

チキンライスとセットになる蒸し鶏(ローストも選べる)は、意外な美味しさにビックリ。
これもマラッカの南華鶏飯店との比較になるが、肉質は柔らかいし、味も良い具合にしみている。個人店の方が完全に負けているな。

A bowl of Chicken Rice Soup of the Day
左:A bowl of Chicken Rice  右:Soup of the Day

これで店名にもなっているチキンライスが不味かったらがっかりだが、さすがっていうお味。
チェーン店の宿命で無難で万人受けする味と言ってしまったらおしまいだが、炊き加減といい味といい、気合が入っているという出来栄えで満足した。

反面、スープは残念なお味。チキンスープだとは思いたいが、薄味でよくわからない。
化学調味料の方が表に出てしまっていた。


Soft Drink、Rainbow Delight Dessert

デザートは、カラフルなナタデココのシロップ漬け。まあ普通。
意外にも楽勝で2食目の夕飯を完食。アジア圏だと欧米よりもたくさん食べることができるみたいだ。

お勘定を頼むと、税(6%)サ(5%)別だった。安っぽいチェーン店でサービス料を取るとは・・
最近は「RM15.50++」という表記はしなくなったのだろうか?
でも、昼の店もサービス料5%を取っていたし、マクドナルドも税別だったし、マレーシアでは内税という良心的な店は個人経営の食堂ぐらいなのかもしれない。

※メニュー:Value Meal SetGood LunchValue MealsAdd On①Tea Time

【詳細情報】
店名:The Chicken Rice Shop
電話:088-447-361
住所:No.C-312 & 313, Concourse Level, 1 Borneo Hypermall, Kota Kinabalu

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/コタキナバル:アップル・カフェ(Apple Cafe)

訪問:[2013/3/17 18:40]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスN/A雰囲気★★★★☆CP★★★★★
ワン・ボルネオでの夕食第一弾はアップル カフェという洒落た名前の店だが、実態は典型的なマレー食堂。
ワンボルネオの2階の目立たない場所にもこの手の店が何軒かあったが、この店は一番奥とはいえ飲食店が集中する地下1階のメイン通路にある。

外観 価格表

驚きだったのが、コタキナバル市街地の食堂よりも同レベルか下手をすると安いのではないかと思える価格設定。どんな盛り付けになるのか分からないが、最大の肉4種+野菜4種を頼んでもライス付きで RM11.00(≒350円)で済んでしまう。しかも街の食堂と同様に税込価格だ。

繁盛しているだけあって種類も豊富で、全部で30種類ぐらいのおかずから選ぶことができる。
で、選んだのは肉3種+野菜1種で RM6.50(≒210円)のナシ・チャンプル
価格表を見ると、肉を中心に合計4品目を選択する場合が一番コスパが良いように見える。

NASI CAMPUR 3 Meat + 1 Vege
NASI CAMPUR 3 Meat + 1 Vege(RM6.50≒210円)

少し円安がすすんでいるものの、わずか210円でこの盛り付け。(円高時は170円だった)
手前左は、八宝菜的なもの。普通に美味しい。
右の緑色の茎野菜に見えるものは、4年前にクチンの猫眼嶺海鮮中心で食べたワラビのようなものだと思う。

ワラビのような野菜炒め

これ、クチンではもっと柔らかく本当にワラビだと思えたのだが、さすがに安いだけあって少し育ちすぎて硬くなってしまったワラビという感じだ。
拡大写真は少し食べた後だが、十分な量を盛ってくれるので食べごたえはある。

反対側の肉料理2種

皿の反対側の肉料理は、定番の酢豚ならぬ酢鶏(基本的に豚肉を食べないお国柄)だが、これもパイナップルの甘酸っぱさが効いていて結構おいしい。
もう一つは、骨付き鶏唐揚げのスパイシー煮込みといった料理。ちょっと可食部少なすぎかな?

ライスか炒麺に好きなおかずを好きなだけ選んで、その種類数で料金が決まるという形態の店は、アジアや米国のフードコート(パンダ・エクスプレスがお気に入り)でもよく見かけるが、こういった店の良さは地元の家庭料理を色々と楽しめる点だと思う。(米国だと地元とは言えないけど・・)
ただし、洗練された料理ということは無いので、現地人の食生活に興味のある方にお勧めしたいわけだが、ワン・ボルネオという巨大モールの快適な空間で冷房完備という点は、街中の店よりも快適度が断然上がる。

実は、翌日にもう1軒の繁盛店を試しているのだが、そちらの方が上手だった。
ワン・ボルネオに美味しく快適なマレー食堂が2軒もあったというレポートの第一弾ということで、第二弾も逃さずチェックしてほしい。


【詳細情報】
店名:Apple Café
電話:088-485-151
住所:C-601 Concourse Floor, 1 Borneo, Kota Kinabalu

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>