« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ミニ情報:個人旅行で行くブルガリアのバラ祭り(スケジュール確認方法等)

現地調査日: 2017/5/27~28
最終確認日: 2017/6/3

ブルガリア旅行で一番メジャーらしいバラ祭り。
現地に行く際に日本語ベースで調べたのだが、カザンラクのバラ祭り(バラ祭りツアーのターゲット)は6月の第一日曜日開催であることと、カルロヴォでも日程不明ながらもバラ祭りが開催されること、バラ畑ではバラの花で絨毯のようになるわけでは無いというぐらいしか仕込めず、具体的なスケジュールや開催場所がまったく見えてこなかった。

そこで、ツアーで行く方には無関係だが(ツアーの内容に不満を感じるかもしれないけど)、個人旅行で行かれる方に役立つ情報、即ちブルガリアのバラ祭りの開催場所とスケジュールの調べ方や、バラ畑の点在状況等をまとめてみようと思ったわけだ。
ここまでの記事で紹介しなかった画像や映像もあわせて紹介したい。(一部重複あり)

【コンテンツ】
バラ祭りのスケジュール確認方法
カルロヴォのバラ祭りスケジュール
カザンラクのバラ祭りスケジュール
会場への行き方(レンタカー)と薔薇畑情報など
「薔薇摘みの儀式」の風景


▲2017/5/28 ゴルノ・チェルコヴィシテ[Gorno Cherkovishte]会場の映像
 バラ祭りツアーパンフレットでおなじみのシーンも再現してくれた
 

まずは、一番重要ないつ、どこで、何が開催されるかという情報の調べ方。
多くの日本人の旅行記があるし、添乗員や旅行会社関係者のブログなんかもあるが、まったく掲載されていない。
特にその道の(自称)専門家が大手サイトで発信している情報は、広告収入や関係先への誘導が目当てなので、本当に役に立たない!

(2017/6/6追記)さらには、帰国後に地球の歩き方最新版(2017/3/17発行)で調べてみると、P123の下段に「カザンラク、カルロヴォともに、バラ祭りは6月第1週の週末に行われる」と、相変わらずのデタラメ情報を発信している。
ガイドブックは必ず最新版を購入しましょうと書いている連中もたくさんいるが、多くはアフィリエイトによる広告収入目当てか旅行業界の人間だ。今の世の中、ネットで調べた方が確実で、ガイドブックの最新版をわざわざ買う意味は無いのだ。(追記終了)

そんな状況の中で、現地で発見したサイトがすべてを解決してくれた。
fest-bg.com」というサイトの存在だ。
ベースはもちろんブルガリア語でチンプンカンプンだが、英語版ページを見るとブルガリア各地のお祭り情報が掲載されていることが分かる。

このサイトの存在を知ったのは、5/27に立ち寄ったカルロヴォ[Карлово/Karlovo]で、偶然バラ祭りを行っているところに遭遇したからだ。土曜日だったので、当然日曜日である翌日も開催しているだろうとネットでブルガリア語や英語で色々探っている際に、Festival of Roses – Karlovo 2017 というページを見つけることができた。
 

【2017年のカルロヴォのバラ祭りスケジュール】
2017/5/27の最終日分しか載っていないので、前週土曜日から(2017/5/20~)との記載はミスかもしれないが、恐らく毎年ほぼ同じスケジュールだと思えるので、来年も日程だけチェックして早めに出かければ問題ないだろう。
カルロヴォのバラ祭り風景

09:00:Traditional Rose Picking Ritual
 会場:近郊のバラ公園(詳細位置は不明)
 Folklore program featuring the Rose Valley Dance ensemble

10:00:Open stage entertainment
 会場:7月20日広場(GPS:42.643500,24.807031 ☞ Google Map
 regional amateur dancing and singing performers will present their songs, dances and colorful costumes

10:00:Queen of Rose parade
 会場:市内中心部(詳細コース不明)

10:30:Rose Valley Festival
 会場:7月20日広場(GPS:42.643500,24.807031 ☞ Google Map
 Rich folklore program accompanied by traditional songs and dances

11:30:Demonstration and products tasting
 会場:歴史博物館(GPS:42.636651, 24.806326 ☞ Google Map
 Demonstration of rose-oil making and tasting of products from rose

18:00~21:00:Concert show program
 会場:7月20日広場(GPS:42.643500,24.807031 ☞ Google Map


カルロヴォのバラ祭りの開催期間は5/20~27と記されていたので、残念ながら最後のステージしか見れなかったことにガッカリしたものだが、同じサイトに他のバラ祭り情報があるだろうと探した結果が、Rose Festival 2017だ。

カルロヴォと違って地名が入っていないが、バラ祭りと言えば、ブルガリアでもカザンラク [Казанлък/Kazanlak]の祭りを指すからだと思う。

スケジュールを見ると5/12(金)~6/4(日)の長丁場で、日本のサイトに書かれている6月第1日曜日というのは、最終日のイベントに過ぎないことが分かった。特に、5/20(土)からの毎週末には、私が参加した「バラ摘みの儀式」が市内各地の集落で開催されているので、何も6月第1日曜日だけをターゲットにする必要性は無いのだ。
 

【2017年のカザンラクのバラ祭りスケジュール】

2017/5/12(金)
 19:00 Rose Queen 2017 competition – election
  会場:Culture center Arsenal(場所不明)

2017/5/15(月)~21(日)
 Made in Bulgaria – bazaar of Bulgarian goods
  会場:Iskra通り(GPS:42.620565, 25.393614 ☞ Google Map

5/20(土)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場:Cherganovo(☞ Google Map)... 詳細位置は不明

5/21(日)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場:Rozovo(☞ Google Map)... 詳細位置は不明

5/22(月)~6/4(日)
 The Craft’s Street
  会場:Iskra通り(GPS:42.620565, 25.393614 ☞ Google Map

5/24(水)
 10:30 Festive parade of schools
 19:30 Open stage for graduating students
 20:30 「Sing I love you in Bulgarian」 – Horizont and friends festive concert
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

5/26(金)
 18:00 Spectacle featuring Shkumbata, Poli Paskova and ensemble「Chinari」part of National Business Forum 2017
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

5/27(土)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場:Gorno Izvorovo(☞ Google Map)... 詳細位置は不明
 11:00 「Za rachica」– children’s national dance competition.
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 16:00 「The drum beats, horo winds」– a traditional circle dance competition
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

5/28(日)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場:ゴルノ・チェルコヴィシテ[Gorno Cherkovishte](GPS:42.584829, 25.338870 ☞ Google Map


▲この会場で実際に見てきたものなので再掲載。他の映像や写真も、この会場のものだ。
 (2017/6/6追記)地球の歩き方2017~18のハイライト(P10~11)に、同じ会場の写真が「バラ摘み」として掲載されていた。2016年は最終日前日の土曜日に開催されたようだ。
 このおかげで当地のカナ表記が分かったので、追記しておく。(追記終了)

5/29(月)
 10:00 Made in Bulgaria – bazaar of Bulgarian goods
  会場:Iskra通り(GPS:42.620565, 25.393614 ☞ Google Map
   注:Official opening of The Craft’s street

6/1(木)
 10:00 International Children’s day / Festive morning for children
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 19:00 Princesses of Rose – children’s show spectacle
  会場:Culture center Arsenal(場所不明)
 19:00 Ceremonial fireworks on the occasion of the Botev’s Day and the perished for freedom
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

6/2(金)
 10.00 The Day of the town ot Kazanlak – Orthodox ceremony of prosperity and raising of the National Flag
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 11:30 – Solemn session of the Municipal Council Kazanlak
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 17:30 International Folklore Festival – procession, opening
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 18:00~20:00「Dance with us」– Bulgarian traditional dances
  18:00 dance workshop
  19.00 Zumba dance
  会場:Rosarium Park[Парк Розариум](GPS:42.623038, 25.388003 ☞ Google Map
 21:00 Official opening of Rose festival 2017
  Crowning of the Rose Queen / Irina Florin and Band Acoustic Live – Festive Concert
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

6/3(土)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場①:Kanchevo(☞ Google Map)... 詳細位置は不明
  会場②:Razhena(☞ Google Map)... 詳細位置は不明
 10:00~19:00 – Rose Wine Expo 2017 – opening and awards
  会場:不明
 11:00 「The bread of the Bulgarians – ritual, customs and faith」
     – exhibition and tasting of traditional bakery products
  会場:Rosarium Park[Парк Розариум](GPS:42.623038, 25.388003 ☞ Google Map
 16:00~18:00 「A Bulgarian Rose」– a photo with the Rose Queen
  会場:Tourism information center(GPS:42.619881, 25.393052 ☞ Google Map
 17:30 Cheerleader show
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 18:00~20:00「Dance with us」– Bulgarian traditional dances
  18:00 dance workshop
  19.00 Zumba dance
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 19:00 International Folklore Festival – procession
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 19:30 International Folklore Festival
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 21:00 Festive Concert
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map

6/4(日)
 10:00 バラ摘みの儀式 (Rose picking ritual)
  会場:カザンラク近郊(詳細は不明)
 10:00 Festive parade
  会場:市内中心部(詳細コース不明)
 14:00 International folklore festival – closing
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map
 14:00~16.00 「A Bulgarian Rose」– a photo with the Rose Queen
  会場:Tourism information center(GPS:42.619881, 25.393052 ☞ Google Map
 18:00~20:00「Dance with us」– Bulgarian traditional dances
  18:00 dance workshop
  19.00 Zumba dance
  会場:Rosarium Park[Парк Розариум](GPS:42.623038, 25.388003 ☞ Google Map
  20:00 Closing ceremony of the Rose Festival 2017
     Simfonieta Shumen concert with soloist Ruslan Mainov
  会場:Seuthopolis Square(GPS:42.619200, 25.393100 ☞ Google Map


▲2017/5/28 ゴルノ・チェルコヴィシテ[Gorno Cherkovishte]会場の映像
 カザンラクやカルロヴォの市街地で開催されるイベントにもあるダンスは、ここでも実施
 

さて、個人旅行での問題となるのは足の確保である。
2017年で言えば、5/27のカルロヴォのバラ祭りと、6/2~4のカザンラクのバラ祭りは、街の中心部がメイン会場となるので、鉄道やバスで街まで移動してしまえば何とかなるが(宿の確保の方が問題になる可能性大)、周辺の村で開催される「バラ摘み儀式」を見ようとなると、車が無ければ不可能だ。ゴルノ・チェルコヴィシテ[Gorno Cherkovishte]会場しか行っていないが、バスなどで行けるとは思わない方が良いだろう。

となると、現地で募集している可能性がありそうなツアーに参加するか、車をチャーターするか(言葉の問題だけでなく需要が多そうなので、かなり難しいハズ)、レンタカーという話になるが、ここはコスト的にも確実性という意味でもレンタカーをお勧めしたい。

最近は、単に右側通行とかで不安を煽っているガイドブックは少なくなっているが、未だに煽っている連中は自分でレンタカーを運転した経験が無いか、日本でもほとんど運転していないか、初心者やサンデードライバーのような狭い道に苦手意識のある運転未熟者のはずだ。安全運転意識が無い人(≒ゴールド免許の取れない人)もリスキーだろう。
右側通行であってもハンドルは左側、交差点を曲がる際もすべて反対になるので、ほとんど違和感のない自然体で対応できることは、最初にレンタカー会社の駐車場がら表に出て、交差点を右左折すれば感じるはず。(私も25年以上前に経験した)

もちろん走っている車が見えないと、最初の頃はついつい左側通行をしてしまうものだが、そこは対向車が来た時に少し焦れば大丈夫。流れに乗っている分には、まったく違和感を感じないはずだ。右側通行を意識しすぎないことの方が重要だろう。

ブルガリアの場合は、交通量が比較的少ないうえに、(道を選べば)道路も比較的広いので、海外レンタカー初心者でも大丈夫だろう。ただし、路面状況が悪い道路が多い点だけは注意。カザンラクとプロヴディフを結ぶ山越えの国道56号線は、峠周辺よりもカザンラク側の麓の方が大穴だらけの悪路だったのだ。
同じ道を戻りたくないがためにGoogle Mapのナビが示した国道64号線経由を無視して使った私が悪いのだが、国道であっても油断禁物だ。

要Vignetteの道路標識あと、他国からブルガリアに入る場合は、国境でヴィニエット[Vignette]を購入する必要がある。(☞ Vignette for driving in Bulgaria in 2017

一般的には、ヴィニエットはその国の高速道路通行証(通行料金を払う手段)であることが多いが、ブルガリアの場合は多くの一般道を走る場合でも必要で、必要となる道路では、左のような道路標識が立っている。

今回は、ソフィアからカルロヴォ、プロヴディフ、カザンラクと一般道路を走ったが、ほぼすべての国道でこの標識が立っていたので、高速道路料金徴収のためではなく、道路税代わりで運用しているようだ。

もちろん、ブルガリア国内で借りた場合は不要。当然のごとくフロントガラスに有効なヴィニエットが貼られている。(レンタカー会社でも不要であることを確認した)

最後に、私が走った道路沿いで、バラ畑のある場所を示しておこう。
都度正確な位置を記録した訳ではないので、あくまで記憶ベースだが、主要道路沿いでもそれなりに楽しめると思う。


↑↑ クリックすると大きな画像が開きます ↑↑
 

【ブルガリアのバラ祭り「薔薇摘みの儀式」の風景】
最後に、写真ベースでカザンラクのバラ祭り「バラ摘みの儀式」の風景と無料で提供された食べ物や薔薇酒を紹介しておく。

Rose Picking Ritual
▲会場入口にイベントの名称と開催地の地名がブルガリア語と英語で記されている


▲バラのエキスを抽出する(?)昔ながらの器具(下から出てきた薔薇水を、持参のペットボトルに入れてくれる)


▲薔薇畑はこんな感じ。(他の地域の薔薇畑でも、遠目に見た感じでは同じように見える)


▲祭り開催中でも、多くの人達が香水用の薔薇摘みに精をだしていた


▲小さな子供たちも民族衣装で祭りに参加


▲薔薇籠の中には、薔薇の花がいっぱい。観光客も薔薇摘みさせてくれる。


▲おもてなし用の料理。ほとんどがスイーツで、薔薇のジャムを付けていただく


▲唯一あった肉料理。中央の白い物体は、豚の脂身の燻製っぽいもので美味。


 
▲手作りのお菓子と豚の脂身をアップ(一応食べ歩きブログなので・・)


▲薔薇酒(8lv≒520円)や、薔薇飾り・バラのジャム(3lv≒200円)もさりげなく販売中


▲薔薇の刺繍とかも売っていた。販売物は、他に薔薇冠と薔薇のレイぐらいしか無い


▲薔薇の集荷場のお隣で、観光客向けに英語での歓迎挨拶があった



▲声をかければ、ポーズも取ってくれる


▲若い娘さんたちが、薔薇の花をこちらに投げてくれる。ツアーパンフでおなじみの光景。


▲観光客100人程度と、非常にこじんまりとしたイベントで親近感がわく


▲お決まりのダンス(マナーの悪い中国人が輪の中に潜入して写真バシバシ..怒)


▲最後はみんなで記念撮影


▲自然解散的だったが、バスで来ていたツアー客が引き上げたので私も撤収。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ミニ情報:ダラット高原鉄道(Da Lat–Thap Cham Railway[Đường sắt Tháp Chàm-Đà Lạt])

現地調査日: 2016/12/28
最終確認日: 2017/1/29~31

ダラット高原鉄道

2016年の年越旅行で、ベトナムの高原都市ダラット[Đà Lạt]で1週間滞在した。

滞在中のレポートは既に登録済だが、ここでは元鉄道マニア(主に乗り鉄)だったことから、ダラット高原鉄道について詳細に紹介したいと思う。もちろん鉄道マニア向けの記事では無く、一般旅行者向けの記事になる。マニアックな日本語記事は、地図と鉄道のブログというサイトが参考になるだろう。
ついでに、地球の歩き方に不正確な紹介記事が載っているので、それも正しておきたい。




▲ダラット駅の案内掲示と、ダラット駅前からの風景(☞ Google Map

地球の歩き方では、単に「ダラット駅」と紹介されている中に「赤と青の車両が」と、明らかに実乗車したとは思えない紹介が掲載されている。また、今回紹介する鉄道乗車部分も「チャイマット村への行き方」と、現地調査していない資料だけで書いたと思われる内容で紹介されている。相変わらずダメなガイドブックだ。


▲ダラット駅舎と建物標

さて、本題では「ダラット高原鉄道」として紹介しているが、この名称は客車の横に英語で記されている「DALAT PLATEAU RAIL ROAD」から取ったものだ。正式名称ではないが、分かりやすさを重視してタイトルにしてある。(☞ wiki(英語)

運営はベトナム国鉄[TCT Đường Sắt Việt Nam]で、カッコ書きで記した「Da Lat–Thap Cham Railway [Đường sắt Phan Rang - Đà Lạt]」が正式名称のようだ。(☞ wiki(ベトナム語)



▲左:出札窓口  右:駅舎内ホール(待合室だった空間)

駅舎の中は、昔は日本の田舎の駅にもあっただろう雰囲気。
残念なことは、本来待合室だったはずの空間に、大量の販売用(?)の木材加工品が展示されていた事だ。



▲時刻表と注意書き、運賃表

駅に掲示されている時刻表によると1日5往復運行していることになっているが、下の方の注意書きにある通り、20名以上集まらなければ運休とのこと。また、最大80名までと明記されている。
時刻表を転記すると、ダラット駅発 07:45、09:50、11:55、14:00、16:05で、朝一番の便を除いて1時間半で往復する。

運賃は、ベトナム国鉄路線らしく4クラスに分かれていて、以下の通り。2016/11/29に改定されたようだ。
すべて往復運賃で、終点のチャイマット[Trại Mát]駅で1本やり過ごして後の便で戻ることは出来ないのは、一種のツアーだと理解すれば当然だろう。
チャイマット[Trại Mát]駅は40分ほど停車するので、その間に周辺の寺院を訪問することができる。街並みは見どころ無しだ。


▲VIP1席とVIP2席は、元々客車だった長い車輛を使っている


VIP 1:VND150000≒780円(飲用水ペットボトル付)
VIP2と共用の客車のボックス席。車輛両端に4ボックスずつ配置されている。
最後尾側のボックスを確保すれば、展望スペースの出入りも確実で、絶対お勧め!


VIP 2:VND135000≒700円
客車のロングシート席...地球の歩き方掲載はコレ。外国人向けツアーがこのクラスを利用していた。


▲Soft Seat席とHard Seat席の車両は手前の2両(帰りはDLの後ろに連結される)


左:Soft Seat:VND126000≒660円
  貨車改造(?)のロングシート
右:Hard Seat:VND90000≒470円
  貨車改造(?)の木製ロングシート。2番目にお勧めだが、真っ先に売り切れるようだ。



乗車券は、昔ながらの冊子状。
優等席を購入すると、表示に「VIP 1」という具合にスタンプを押される。



その乗車券だが、手書き3枚複写式。
特に座席指定されるわけではないので、良い席を確保するには指定車両で改札を待っていよう。
走行中に車輛間の行き来はできないので、車輛に興味があれば2往復しても良いかもしれない。



乗車したVIP席では、乗り込む際にチェックされただけでなく、往路走行中にも車内検札があった。
しかも、VIP1席とVIP2席の間のカーテンを閉じてしまい、VIP1席は飛行機のビジネスクラスみたいな運用だった。(もっとも、VIP1席を車掌室として使っていたからのようで、復路ではカーテンを閉めることは無かった)

前述の通り、VIP2席は外国人向けのバスツアーが利用する席のようだ。
地球の歩き方の記載の金額は、ツアーベースで書かれているものと思うが、写真を見ての通り金額差に対して内容は雲泥の差だ。


▲走行中の最後尾車両展望スペースから

個人旅行で行くなら、必ず「VIP 1」席か、VIP車輛と同様の展望スペースのある「Hard Seat」席を確保しよう。
ダラット駅まで街の中心から2Km、前半部分は湖畔沿いに歩いて行ける。



▲路線マップ(by Geo Tracker)

ダラット駅からチャイマット駅までは平均25分ほど。(往路は登り、復路は降りで所要時間に差が出る)



上の写真のように、一面野菜畑(半温室)が広がる中を走って行く。
景色の良さというものには恵まれないが、古風な車輛でのんびり進む旅は楽しいものだ。
運賃を倍に上げても、牽引するのがSLならもっと観光客を呼べると思うが、周辺が野菜畑ということもあって煙害で反対が起き、DLに変更されたものと思われる。



わずか7Kmを30分弱かけて、終点のチャイマット駅に到着。
ホームらしきものは、細いコンクリの通路だけという駅だ。



ダラット駅と比べること自体ナンセンスだが、とりあえず駅舎はあった。
でも、駅名標はあるものの、単に乗務員の休憩所という感じ。
ここで、約40分の休憩とのことで、2か所の見所を歩いてきた。



左写真は、駅に着く前から見えていた高台にある Thánh thất Đà Lạt。(☞ Google Map
右写真は、乗客のほとんどが向かった Chùa Linh Phước。(☞ Google Map

ダラット駅までの帰りは、下り坂になるので所要時間が短くなり、20分ほどでダラット駅に到着。
最後にダラット高原鉄道に乗車しなくても(最小催行人数に達せず運休となっても)、ダラット駅で多少は楽しめると思うので、その紹介。




まずは、この路線が復元された当初運行していたというSLの展示。



そのSLに牽引される客車という配置で、土産物屋とカフェ。
食べ物が無かったので利用しなかったが、列車の待ち時間や到着後の一息に利用したい。



最後は、ダラット駅ホーム側からの全景と、観光列車を牽引するDLを紹介しておしまいにしたい。


ミニ情報:ダラットへの行き方(ホーチミンシティからの寝台バス便利用)
ベトナムの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ミニ情報:ダラットへの行き方(ホーチミンシティからの長距離路線バス往復乗車レポート)

現地調査日: 2016/12/25(往路); 2016/1/2, 2017/1/1(復路)
最終確認日: 2017/1/17、1/29(勘違い記述の修正)


▲ホーチミンシティ~ダラットを結ぶ FUTA Bus Lines Sleeping Bus

ダラットへの行き方は、空路・バス共に地球の歩き方にそこそこ詳しく載っているが、それだけでは不十分だろう。
ということで、今回往復利用したホーチミンシティ~ダラットの長距離路線バス情報を、詳しく紹介したいと思う。

ダラットへは空路でも行けるが、説明するまでもないので、ここでは取り上げない。
(ダラット空港からはベトナム航空の接続シャトルバスか、タクシー利用となる)


▲ホーチミンシティ 中心部にある FUTA Bus Lines(Phuong Trang [Phương Trang])乗降場所
 左は営業所(チケット発券)、右はその正面にあるミニバス発着場所兼待合室

まずは、路線バスを運行する FUTA Bus Lines(Phuong Trang [Phương Trang])の営業所兼乗降場所を押さえておきたい。


▲ホーチミンシティ中心部の FUTA Bus Lines営業所(GPS: 10.768439, 106.693461)

2015年に現地調査した際には、すぐ北側の公園通りまで運行していたが、現在は西に10Km離れた Mien Tay Bus Station [Bến Xe Miền Tây] (GPS: 10.741026, 106.619005)発着となっている。

始発ターミナルまでは上記営業所からミニバスで送迎してくれるが、ダラットから見ると反対側に位置しているので、1年前よりの所用時間が1時間強増加していることになる。
また、予約時間の1時間前に営業所正面の待合室に集合するように案内されるので、その点を加味して予約したい。

ちなみに、10:00のバスを予約して営業所に09:00に来て、ダラットのバスターミナルに着いたのは 16:30。
復路は迂回便だったので1時間半余計にかかっている。(直行便なのか迂回便なのかを事前に確認する方法は不明)



▲ホーチミンシティ発の時刻表(2015/12現在)

運行ダイヤは写真の通りで、日中は概ね1時間おきだが、22:00~24:00の間は20分間隔で運行している。
最終は25:00発なので、ANA便で夜遅く着いても間に合うかもしれない。
試していないが、インターネットで事前予約出来るようなので(☞ Phương Trang FUTA Bus Lines(英語版有)、効率よくダラット入りしたい場合は試してみる価値はある。
万一乗れなかったとしても、周辺は安宿街なので、いくらでも泊まる場所はあるだろう。

ちなみにニャチャンとかにも多数運行しているので、上記時刻表を参考にしていただきたい。




今回は、前日に営業所で10:00の便を予約した。
渡されたチケットには10:00発とは書いていないのだが、他にWという記号ぐらいしか意味不明の記入が無いので、それが便名を表しているのかもしれない。

営業所から Miền Tây バスターミナルへは、ミニバスで連れて行ってくれるのだが、これが渋滞ほぼ無しでも40分もかかる。
乗り心地も悪いので、慣れていない方には試練になるかもしれない。(大袈裟?)


▲左:昨年の運賃表示  右:今年の運賃表示

運賃は、なぜか昨年より1万ドン値下がりしていて VND210000≒1100円。
約300Km、空路でも行ける距離なのにこの値段で快適なバスに乗れるのだから、外国人向けの宿やレストラン以外のベトナムの物価は本当に安い。

もちろん、この路線バスの乗客のほとんどは現地人だ。途中の街で降りる方もいれば、乗り込んでくる方もいる。
欧米人は往復とも2組しか見かけなかったし、3か所で泊まったダラットのホテルでは、必ず「空港までのタクシーがいるか」と聞かれたので、旅行者は空路を利用するのが普通なのだろう。



Miền Tây バスターミナルでダラット行きのバスに乗り換えるのだが、この路線は昼行便も含めて寝台バスになる。全席指定なので、チケットに記されている場所に陣取ろう。入口通路正面に寝台番号が書かれている。

不思議なことに、往復とも最前列の窓側2階席が割り当てられた。
これって、偶然? それとも外国人席??
1階席がいいと行ったものの、Sold out と言われてしまったし、実際全便満席だった。



車内は土足厳禁で、入口に置いてあるビニール袋に履物を入れて自分のベッドに持って行く。
車内で不要となる荷物は預けることになるが、復路では迂回ルートを通ったので、シール方式の荷物札を貼られて、引換証を渡された。(でも、降車時に何もチェックされなかった・・苦笑)

出発地点の Miền Tây バスターミナルから往路は直行で6時間半、復路は迂回したので、手前のミニバス乗継ポイントまででも8時間かかった。


▲左:車内WiFiのパスワードは予約電話番号  右:休憩所ではサンダルが用意される

車内では無料 WiFi が利用できる。
パスワードは予約電話番号と同じ「19006067」、SSIDは車輛毎に異なるので乗ってから確認しよう。
ただし、バス酔いしやすい方はやめた方が良いだろう。酔い止めも忘れずに飲んでおこう。
昼間でも寝台バスなので、寝て行くのが一番ラクだ。

往路の直行便では途中1カ所、復路の迂回便では途中3カ所でトイレ休憩があったが、どちらも Tram Dừng Madaguoi(FUTA Bus Lines休憩所)で30分停車する。

車内の案内はベトナム語のみ、英語もターミナル以外では通じないので、周りの様子を見ながら行動しよう。
日本のように、発車前の人数確認はしないので、置いて行かれる可能性がある。
Tram Dừng Madaguoi 以外でのトイレ休憩は、5~10分ほどと短い。



ダラットのバスターミナルは、写真のように真新しく立派な施設。
中心部から2Kmほど離れているが、ここから市街地にあるホテルまでは無料で送迎してくれる。


▲ダラット長距離バスターミナル [Bến Xe Liên Tỉnh Đà Lạt](GPS: 11.926796, 108.445673)

私が最初に泊まったホテルは、ターミナルから 6Km ほど離れた郊外にある Dalat Edensee Lake Resort だったのでタクシーで向かうつもりだったが、何と無料で送ってくれた。

ダラットからの帰りは、泊まったホテルで予約をお願いしよう。
予約した時間の30分前に迎えに来てくれる。もちろん無料だ。



送迎バスでターミナルに付いたら、行き先別の出札窓口で、予約したホテル名を告げてチケットを購入する。
その際、ホーチミンシティの中心部営業所まで行きたい場合は、その旨を伝えておこう。(City CentreでOK)

往路出発したバスターミナルの手前、中心部に近い川沿いの3車線道路でミニバスと接続するが、案内がベトナム語だけなので雰囲気で察する必要がある。(多くの方が降りるので分かるだろう)

最後に、恒例の「ダラット レストラン ランキング」を載せておこう。


■ダラットで試したレストランのランキング

第1位Khói BBQ
評価点:総合★★★★☆、味★★★★★、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★★★

寸評:牛豚鶏肉・蛙肉・鴨肉等を自分で炭火で焼いて食べれる。値段も安くボリューム満点!

第2位Le Cafe de la Poste
評価点:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★★★、CP★★★★★

寸評:元フレンチレストランで、わずか470円のアフタヌーンティーを楽しめる

第3位Le Rabelais Restaurant
評価点:総合★★★★☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★★、CP★★★☆☆

寸評:味は平凡だが、ダラット筆頭ホテルで優雅にフレンチを

第4位Tulip Restaurant
訪問:2016/12/27 18:00
評価点:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★★、CP★★★★★

寸評:夜でもわずか1150円でベトナム料理コースを楽しめる

第5位An Cafe
評価点:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★★★

寸評:雰囲気・サービス・CP共に納得のカフェ

次点Quan HIEN
評価点:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★★

寸評:わずか160円の激安フォーボータイは、高クオリティで驚き!

Bakery Lien Hoa
評価点:総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービスn/a、雰囲気n/a、CP★★★★★

寸評:2015年から水準ダウンしてしまったバインミー

Da Quy
評価点:総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★☆

寸評:外国人御用達店

Artist Alley Restaurant
評価点:総合★★★☆☆、味★★☆☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆

寸評:ちょっと風変わりな雰囲気だけど、味はその分だけ劣る

Goc Ha Thanh
評価点:総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★☆☆

寸評:地元の方が食べていた格安セットメニューが良いかも?

Long Hoa
評価点:総合★★☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★☆☆☆☆

寸評:高くて不味いガイドブック(地球の歩き方)推奨店

Reisling Restaurant
評価点:総合★☆☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP☆☆☆☆☆

寸評:クリスマス特別メニューで通常の倍価格だったことで低評価

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>