FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Noodle & Roll

訪問:2019/2/14 13:20
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
2軒目は、すぐ近くの麺と春巻きの店をチョイス。
当初は生春巻きの食べ比べを考えていたが、店名から麺と春巻きの専門店という予想に反して普通の中華系食堂だったことと、店頭看板にハノイ名物のブンチャーが大きく記されていたことから、ブンチャをいただくことにした。



Bún chả(50000đ≒240円)
Rice noodle with grilled pork Traditional


ハノイ大聖堂のすぐ近くの人通り&交通量の多い立地だけに期待はしていなかったが、盛り付けはともかく、そこそこ良さそうな感じ。



肉と付けダレをアップ



麺と野菜をアップ



麺を投入して中の肉を表に出して撮った写真がこちら。



肉団子が隠れてしまったので、取り出して撮影。
これらの肉だが、本来は炭火で焼きあげるはずなのに、炭火焼きの風味を感じることが出来ず。
ブンチャは、炭火焼の香りがあってナンボという印象を強く持っているので、ちょっとがっかり。
タレの方は、普通の味に何かアクセントとなる調味料を加えた感じで良かったんだけど。

あと、サニーレタス風の葉っぱが巨大なもの1枚そのまま出してきたので、手でちぎらないと食べ難かった点もマイナスかな?




※メニュー:⑥、ドリンク黒板

【店舗詳細情報】
店名:Noodle & Roll
電話:091-561-3223
営業:10:00~22:00
定休:無休
住所:39C Lý Quốc Sư, Hanoi
GPS:21.029690, 105.849231 (☞ Bing Map


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh

訪問:2019/2/14 12:50
評価:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
中華圏の旧正月休暇が終わるのを待ってから、避寒地として毎年必ず出かけているベトナムにやってきた。物価が安いだけでなく食べ物も美味しいことから、東南アジアでは一番のお気に入りの国だ。
通算9回目の今回は、初めてのハイフォンと2度目のホイアンが中心。ホイアン滞在は、先日のシェムリアップ[Siem Reap]と同様に、2連泊と4連泊に分けて沈没する予定でいる。

到着日は、乗継地の香港でキャセイ航空ファーストクラスラウンジのオーダー式レストランでで目いっぱい食べているので(今年3月までで会員資格が切れるので、来月の往路分が最後の楽しみ)、翌日ホテルの朝食を食べずにランチ2軒を訪問。
店のチョイスは、ここのところ定番となっているGoogle Mapベース。今回は、ハノイ空港で1か月有効のプリペイドSIM(20万đ≒960円/Viettel)を購入したので、リアルタイムでネット検索しながら店を選ぶことが出来る。



1軒目は生春巻きの店。店頭は立派な看板だが、店内テーブル3つだけの小さな店だった。
しかも、客はゼロ。大丈夫かなぁ、と一番奥のテーブルに着席。




その横では、生春巻きの生地を製造中。
電動石臼のような機械に生米(もち米?)をお湯と共に投入して、挽かれたドロドロの液体が流れ出てくるという仕掛け。

厨房側に目を移すと、注文した生春巻きを製造中だ。
先月シェムリアップのL'Auberge des Templesで食べた生春巻きの皮が手作りではないかと思ったのだが、こうやって作るのか。




ドリンクは、ソイミルクをお願いしてみた。
滅多にソイミルクを飲むことは無いが、程よい甘さで意外に美味しい。



Food Memories(79000đ≒380円)
5 Rice rolls, 1 Omelette w mushroom, 1 Lemongrass skewer, 1 soya milk or coke


お願いしたセットの到着。
ソイミルク(コーラでも可)も含めて全部で380円とは思えない充実したセットが来た。



5 Rice rolls

まずは、本命の自家製生地で作られた生春巻き。
目の前で生米をすりつぶして出来た液体をクレープのように焼いて作った生地を使って巻いてあるものだ。

シェムリアップで食べたものは生地が透き通っていたので、あちらは市販されていない業務用の乾燥生地だったのかな?



中身はオムレツ側の説明にあったマッシュルームと同じかな?
黒っぽいキノコを刻んだものがたっぷりだが、味がほとんど付いていないので、ざるの中央に置かれたタレをたっぷり付けていただく。



Lemongrass skewer

レモングラスの串焼きは、レモングラスの茎に巻いたひき肉団子だった。
赤いタレは激辛なので要注意。



レモングラスの香りが肉側に広がっていて、なかなか美味しい串焼き肉団子。
中身の味が決まっていない印象だった生春巻きよりも美味しいかな。



Omelette w mushroom

マッシュルーム入りオムレツは、生春巻きの皮を巻き込んだような見栄えが独特。



うん、生春巻きの中に入っていた具材と同じだろう。
何らかの味で決めてあれば、もっと美味しくいただけるだろうな。




メニューには記されていなかったが、根野菜のピクルスもたっぷり。



こんな小さな店でもちゃんとした会計伝票が付いてきたのには驚かされた。

ちなみに、ベトナム語表記で生春巻を調べたら、日本語表記では「バインクオン」と言うらしい。
wikiの記載によると、一般的な乾燥製品を使うのではなく、その場で作る事自体がこの料理の肝なんだそうだ。
なるほど。

ベトナム最初の店は大当たりと、気分良く次の店に向かうことにした。


※メニュー:壁メニュー①コンボサイドジュースドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Bánh Cuốn Bà Hanh
電話:0961-66-9626
営業:6:00~15:00、17:00~22:00
定休:無休
住所:26B Thọ Xương, Hoankiem, Hanoi
GPS:21.029106, 105.848750 (☞ Bing Map


ベトナムの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ・ノイバイ空港: Bamboo Cafe&Fastfood&空港野宿情報

訪問:2018/12/16 21:15
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ギリシャから帰国して3日後にラオスに向けて出発。
バンコクからの夜行列車でラオスの首都ビエンチャンに行けるとのことで、バンコクまでは激安だったベトナム航空便を確保した。(往復全込31550円)

激安の理由はハノイで空港野宿を強いられることからだと思うが、4月のマルタ空港以来8か月ぶり。
2年前のニュージーランドクライストチャーチ空港泊 夜明かし実践レポートで書いたように、空港野宿は外に追い出されない限り何も苦痛なことはないのが普通。
横になれないから辛いと書いている方も見かけるが、エコノミークラスの夜行便に乗っていると思えば同じだし、空間が広い分だけ機内よりも快適と考えることもできる。何より宿代節約が一番の魅力だ。(ベトナムの場合は、1度入国してしまうと1か月開けないとビザなしで再入国できないという問題があるので、嫌でも入国せずに空港泊を選択するしかないケースがあるので注意。特に帰国便が欠航してしまい入国を強いられるリスクを考えると、往路便は空港泊しか選択肢が無いのだ)

空港夜明かしレポートは最後に載せるとして(☞ こちら)、寝る前に食べたものを紹介しておこう。
今回は上級資格会員を持っていないスカイチームの航空会社ということで、ラウンジは使えないのだ。




ベトナム料理系の店は無いかとセキュリティを超えて右側20番ゲート側に進み、一番端っこに近いこの店。揚げ春巻とライスヌードルで US$5.00 と、バインミーと同価格だったので決めた。

US$現金も持っていたが、カードが使えるとのことでカード払い。
おまけに、空港WiFiよりも快適に使える店専用のWiFiパスワードも入手できたので、満席近くなったら出ようと2時間も居座ってPCを使っていた。(電源は無いので、後で空港内あちこちにある充電スポットを利用すればよいとの判断)

ちなみに、ペットボトルのドリンクだが、セキュリティに近い店から奥に進むごとに安くなって、この店の数軒隣の土産物屋ではUS$1.00と半額になってしまった。あわてて買わないように注意したい。買うなら飲食店ではなく土産物店で、値札シール記載の金額を確認して購入しよう。



Spring Roll Rice Noodle(US$5.00)

揚げ物料理はこれだけしかないので、揚げ春巻はレンチンで出てくると思っていたら、しっかり揚げたてを出してくれた。



ベトナム野菜の質はイマイチだが、空港内店舗で閉店間際の時間帯となれば仕方ない。



揚げ春巻は6個。上の写真は、2段重ねの上にあった2個を食べた後のもの。形状まちまちで具材の状態からも、冷凍食品ではなく自家製のものだと分かる。

空港食堂でこのクオリティは立派。
お値段も空港価格ではあるものの、他店よりは多少安めの印象だ。



▲左:お会計  右:セキュリティの左側、34番ゲートと35番ゲートの間にもあった


※メニュー:サンプル①壁メニュー①

【店舗詳細情報】
店名:Bamboo Cafe&Fastfood
電話:04-3540-6241
営業:23:30に店を出たが、午前1時台まで出発便が多くあるので営業している可能性大
定休:無休
場所:ハノイ・ノイバイ空港A21とA22ゲート間(A34とA35ゲート間にもある)
 

【ハノイ・ノイバイ空港 夜明かしレポート】
世界あちこちの空港で空港野宿をしてきたが、ここはトップ3に入る快適度だった。
これなら、ベトナム航空のハノイ乗継格安航空券も安心して買うことが出来る。
特に利用した羽田=ハノイ便はA350-900型機だったので、機内も快適だ。

国際線乗継ゲートから出発フロアに入る前に、乗継便の搭乗券とパスポートチェックが入る。
ここで係員が翌日朝便の搭乗券であると気づき、出発ゲートで過ごすのかと聞かれたので、Yesと答えるだけで無事通過。



セキュリティを抜けて出発エリアに入ると、目の前に肘掛けの無いロングシートがずらりと並んでいた。免税店に挟まれたこのエリアなら楽に寝ることが出来ると確認して、まずは右側20番ゲート側の端まで物色。
ここで、揚げ春巻きとライスヌードルのセットを安く提供していた店を発見したというわけだ。




食べた後は、反対側の端っこである36番ゲートを目指して進むと、20番ゲート側には無かった「Transit Passengers Area」を一番端の左側に発見。



5台しかないが、マットレス付きのほぼベッドと言えるリクライニングシートがあるではないか!
これはラッキーだ。横になれる長椅子でも何も問題ないが、多少角度はあるものの段差がまったくないし、マットレス仕様の椅子で寝れるとなれば、似たような形状のシートが並ぶシンガポールのチャンギ空港よりも高品質。



一度目が覚めた午前3時に出発ゲート案内を見ると、午前2時40分の便が遅延して残っていた。朝9時15分発の搭乗便の出発ゲートもこの段階で表示されていた。(同じ時刻に同じバンコク行きのエアアジア便が出ているので注意。20番と36番という両端のゲートからそれぞれ出発することになっていた)

結局夜明かしした客は私ともう一人だけだったから、ハノイ・ノイバイ空港での夜明かし組は少ないみたいだ。
たぶん、前日の段階で翌朝便搭乗客の制限エリアへの入場を認めていないからだと思うが、これなら5台しか無いベッド仕様の椅子を奪い合う事にもならないだろう。(無くても、長椅子で横になって寝る空間は数百人分はあるので問題ない)




明るくなって目覚めた時の「Transit Passengers Area」。
最初に狙った場所もガラガラだけど、早朝便搭乗客が付近を通過するので、端っこにある「Transit Passengers Area」に分がある。



この空港、あちこちに写真のようなコンセントスペースがあるので、充電器を持っていけばスマホでもタブレットでも楽に充電できるし、私のようなPC派でも充電可能。

かなり気に入ってしまったので、激安運賃狙いで今後もベトナム航空も検索対象にしようと思っている。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハイフォン: Bánh Mì Hội An (Bread More) 2019/02/21
ベトナム/ハイフォン: Bread Station 2019/02/21
ベトナム/ハイフォン: Quán Bà Cụ 2019/02/20
ベトナム/ハイフォン: Hợp Bích Bánh Da Cua 2019/02/20
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: ブンチャーフォンリエン[Bún chả Hương Liên] 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Goofoo Gelato 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Nhà hàng Ngon(ハノイ店) 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Noodle & Roll 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>