« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ハノイ(Hanoi):シーズンズ(Seasons of Hanoi)

訪問:[2012/12/31 11:45]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
高級店狙いの第二弾。
情報源は地球の歩き方だが、筆頭に掲載されているレストランなので、広告料を取って載せている店では無いと見た。

外観テラス席表札

ちなみにガイドブック定番の「要予約」なんて書いてあるが、私が予約なんてしていく訳が無い。お得意の埼玉フレンチだって、予約して行く店は5軒も無いのだ。
確実に食べたいなら予約した方が良いのは当たり前であり、毎度ながら意味の無い指標を書いている。「要予約」というのは完全予約制の店を言うか、実質完全予約制の店(人気がありすぎて、予約すらなかなか取れない店)に記すものだ。

店内 テーブルセッティング

しかし、ガイドブックの威力は抜群で、かなり辺鄙な場所にあるというのに日本人比率が非常に高い。っていうか、店で食べていて日本語が聞こえてきたのは初めてだ。ツアーではないようで、後からやってきた客の半分は日本人。ガイドブックのカモになる日本人(失礼!)が、いかに多いかという表れだろう。
といいつつも、味やサービスはともかく、雰囲気だけは1番良い感じだったという点では、素直に褒めなければいけないだろう。

ちなみに、トリップアドバイザーでは463軒中202位。ベトナム料理だけでのランクは面倒なので数えていないが、妥当な水準かと思う。少なくとも、料理に関しては手抜き見え見えの低水準だったからだ。

生春巻きをアップで
Nem cuon song(VND88000≒360円)
Fresh spring rolls (Rice noodle, shrimp & pork)


「Classical Vietnamese Restaurant」とメニューの表紙に記されている店なので、ベトナム料理定番の生春巻をいただいてみたが論外。
トリップアドバイザーの日本人口コミを見たのは失敗だった。
これなら、既に5軒で食べているハノイ風の揚げ春巻にすれば良かった。

Nem cuon song 生春巻きの断面

ほとんど米麺だけっていうもので、ぜんぜん美味しくない。
タレは他店と同じタイのスィートチリ仕様。

Pho bo Ha Noi
Pho bo Ha Noi(VND57200≒230円)
Hanoi beef rice noodle soup


ハノイ風フォーボー(牛フォー)があったので頼んでみた。
お値段も、屋台系食堂と大差の無いところを見ると、やはりハノイの屋台が高いのだと思う。
量は少な目。でも食堂では単に麺が多いだけなので、こちらの方が嬉しい。

ハノイ風牛フォー

だがしかし・・べったりというほどではないが、化学調味料にかなり頼っているという感じのするお味。
もう少し真面目に出汁を取る姿勢が無いと、いくら割安感があっても屋台系の方が良いという判断になってしまうではないか。

Cua bay tam bot chien
Cua bay tam bot chien(VND108900≒450円)
Tempura soft shelled crab


ガイドブックだったか、ハノイは天ぷらが名物だという記事を読んだ記憶があったので、ソフトシェルクラブの天ぷらを頼んでみた。
出てきたものはフライというべきものだが、不味くはないものの、高いなぁという印象。
別皿のソースは、少し豆板醤を効かせたケチャップベース。

これにお決まりの Diet Coke を頼んで、お会計は VND283800≒1150円
料理はともかく雰囲気が良いのでお勧めと言いたいところだが、サービスがひどかった。

まず、昨晩出かけた同じような洋館仕様のマダム・ヒエンと違って、スタッフの愛想が非常に悪い。英語も訛りだらけで聞き取りにくい。
さらに、頼んだ料理を一度に出してくるなど論外だ。中国仕様という感じがしてしまうのだ。(中華料理店は概して頼んだものを順番も考えずに出来た順にどんどん出して来ることが多い)

ところで、いつものパターンで宿から3キロ圏内だったことから往復とも歩いて行ったが、店の西側 Nguyen Bieu Street と Phan Dinh Phung Street との交差点(☞ Google Map)あたりに西洋風の建物がたくさんあった。
Phan Dinh Phung Street は歩道も広いので、良い散歩になったし、ホーチミン廊からも1Kmほどなので、天気が良ければ観光を兼ねて歩いて向かう事をお勧めしたい。(☞ ハノイの風景①

※メニュー:ドリンクスープサラダ前菜①魚①牛・鴨豚・野菜豆・麺・飯デザート

【店舗詳細情報】
店名:Seasons of Hanoi
電話;04-3843-5444
住所:95B Quan Thanh, Hanoi

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ(Hanoi):マダム・ヒエン(Madam Hien)

訪問:[2012/12/30 18:15]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ハノイ3日目のディナーは高級店狙い。立派な洋館のレストランだ。

外観 門の中をのぞき見

この店もハノイ36通りグルメでマークした店だが、ハノイで人気のフランス料理レストランのシェフがプロデュースした店という記述に、フレンチ好きが反応したという訳だ。
これがタイとかマレーシアだったら、いくら地元の有名フレンチの・・と書かれていても反応する訳が無いのだが、フランス文化が残っているベトナムとなれば試してみたくなる。(といいつつ、フランス料理店には結局行かなかった)

個室 洋館内の客席

最初の写真は明るい昼のうちに下見した際に撮影したものだが、出かけたのはディナータイム。
テラス席は午後2時から終日カフェ営業と書かれていたので5時半頃に出かけたら、6時から営業だと追い返されてしまった。

Madam Hienの絵があちこちにある アイスベトナム茶(VND30800≒130円)

欧米人ツアー団体客が入ってくる店かつ高級店とあって英語がバッチリ通じるので、注文しやすいのが嬉しい。
もちろんメニューは英語併記。それで頼んだのが、通算5軒目の揚げ春巻とは、我ながら芸が無い。(笑)

Nem ran Ha Noi
Nem ran Ha Noi(VND96800≒400円)
Nem "Hanoi" style, poke, vermicelli, mushroom


あまりにも暗いのでフラッシュを3度ほど使ってしまったが(周囲は欧米人観光客ばかりだから良いだろうと・・スミマセン)、ハノイ風春巻きは、薄いライスペーパーを使っているにもかかわらずパリッと揚がっている。
肉の比率が高いわけではないが、明らかに水分少な目で具材ひとつひとつが生きている感じがする美味しい春巻きだった。(断面写真は露出不足で失敗した)

Bun cha
Bun cha(VND156200≒640円)
Marinated barbecued poke, "Bun", "Nuoc Mam"


メインは、ハノイの名物料理とのことで選んだブンチャ。
これは、単に肉と肉団子を炭焼きにしたもの(たぶんこの店のは炭焼きでは無いと思う)が鉄板に乗せられていて、ブンと香草と合わせていただくわけだ。

鉄板焼き
▲フラッシュ撮影した鉄板焼き部分

しかし、最初の写真でも分かる通り、ソースが春巻きのものとまったく同じ。なぜかどこの店で食べても、業務スーパーで安く売っているタイのスィートチリソースを薄めたような味で、まったく芸が無いのだ。
ここまで見事に同じだと、もっとプラスアルファを目指そうという発想を持った店をハノイで期待してはいけないのだろうか?

ブンチャ丼(!)

ということで、米麺(ブン)をソースの入った丼ぶりに放り込んで、その上に鉄板焼きの肉を乗せて「ブンチャどんぶり」でいただくことにした。
正しい食べ方は知らないが、こういった構成で出されたら無難な食べ方ではないかと思った次第。

Pho mat -Le Corlou-
Pho mat "Le Corlou"(VND86900≒360円)
"Le Corlou" cheese with herbs and local salad


せっかくなので、ベトナムのデザートでも食べてみようとお勧めマークのついていたものを頼んでみたが、どうも違ったようだ。
欧米人客が多いので、チーズを無理やりメニューに載せていたようだ。

鋭い方はお気づきかと思うが、メイン料理2品とこのデザートのハーブが全部同じなのだ。まったく芸のない店だ。
そのハーブも食べても美味しくない太い茎付で、手抜き仕様。
建物が洋館であるという雰囲気の良さと、英語が問題なく通じるだけという店だという結果になってしまった。
ちなみに、訛りがひどくて聞き取れない英語を話す人が多いので、訛りの少ない英語を話す店というのは貴重だと思う。

ところで、ハノイでベトナム料理の高級店って、いったいどの店を指すのだろう?
翌日の昼も同じような店に行ってみたが、似たようなものだった。

※メニュー:カフェ用メインスープ・フォー麺飯類・野菜デザート

【店舗詳細情報】
店名:Madam Hien
電話;04-3938-1588
営業:11:00~14:00、18:00~22:00(軽食喫茶は11:00~22:00)
住所:15 Chan Cam, Hanoi

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/ハノイ(Hanoi):ブンオック-ブンズィウ(Bun Oc-Bun Rieu)

訪問:[2012/12/30 13:25]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気☆☆☆☆☆CP★★☆☆☆
朝10時過ぎの遅い朝食を含めて、ランチ3軒目。
今度は、ハノイ36通りグルメというマイナーなガイドブック掲載店でマークした店に行ってみた。

外観 店頭でこんな風に作っている

ランチ時間帯はとっくに過ぎているのに、店内だけでなく店頭もぎっしり満席。相席でなんとか潜り込めたが、狭い狭い。欧米人比率ゼロのローカルばかりという客層だ。

昔はこの手の店しか使っていなかったが、食べログに参加した頃からだんだん贅沢になり、東南アジアではお金を出した方がそれ以上に快適で美味しいことが多いと知ってしまったので避ける傾向にある。
もっとも台湾に関しては例外で、屋台系食堂の方が断然安くて美味しいという印象だ。(単に情報が多いから、美味しい店に当たる確率が高いだけかも?)

タニシ入りカニ汁ブン(bun rieu oc)
bun rieu oc タニシ入りカニ汁ブン(VND50000≒210円)

ガイドブックに掲載されていたメニュー写真を指差しで注文したのがこれ。名物のカニ汁ブンにタニシを加えたもの。

お値段50000ドン(≒210円)と考えると、価格ほどの味は感じられない。
カニの出汁はほとんど感じず、酸味だけがでしゃばっていた。
茹でたトマトがトッピングされているが、トマトの酸味が半分、それ以外の酸味が半分といった感じだ。

マムトムという海老の発酵調味料(マレー半島諸国のスーパーで小さなバターのような形に包まれて売っているものだと思う。炒飯を作る時に入れると旨味が増すのだ)を入れてもらうように頼むのが良いと書かれていたのを忘れていたのが悪いのだが、酸っぱいだけで美味しくない。

タニシと蟹のタンパク質部分?

最初は、どんぶりの手前に見えるものがそうかと思ったが違った。
たぶん、蟹を茹でた時に出てくるタンパク質だと思う。故に味が無い。

タニシは思ったよりもたくさん入っていて、超小粒のものが数十個のほかに、大きめのものが半分に切ったものが2個。これは貝を食べたという気になれるサイズだ。

野菜と揚げパンはお好みで 店内から

合席となった方が地元の韓国人という事で英語で教えてくれたが、テーブルに置かれている野菜と揚げパンは自由に入れて良いとのこと。
調味料も使ってと言われたけど、調味料が何か分からないし初めての味なので無理だ。

ということで、ローカル好みの味には付いて行けなかったという結果に終わってしまった。

【店舗詳細情報】
店名:Bun Oc-Bun Rieu
住所:34 Cau Go, Hanoi

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>