FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒デンパサール(DPS)

搭乗:2018/11/15 10:00発 CX785便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
香港ではトランジット目的で27時間滞在することになったが、食べたのはクラウンプラザ香港九龍東のクラブラウンジ(正確には、隣接するレストランバー)で、15時からのハイティーセット(☞ 写真)、17:30からのイブニングカクテル(☞ 写真)、そして朝食(☞ 写真)だけ。
全部IHGスパイアエリート会員資格で無償アップグレードされた結果だ。

さて、今回の特典航空券、JALで発券したものだが、ANAでは真似のできない特殊なルーティングで発券したものだ。
香港経由でのベルギー往復に加え、香港からバリ島往復を加えたもの。ベルギー・香港・バリ島で24時間以上の滞在(ストップオーバー)が出来て、全部で10万マイル。
先週から必要マイル数が3割アップと大改悪されているのでお得度は落ちているものの、JALマイルを大量にお持ちの暇な方(←私を含む)は、検討してみてはいかがだろう。

今回の旅で2度目の利用となるキャセイファーストクラスラウンジ「Pier」の朝食は(☞ 朝食メニュー)、前回家内が食べていたダンダン麵を試すことにした。
他に注文は?と聞かれたので、フルーツも追加。


Dan Dan Mien
Shanghainese style noodles in a spicy hot peanut sauce



Seasonal fruit plate

レストランからバーラウンジに移動して、点心やケーキなどを物色。
ホテルのクラブラウンジで朝食を食べているというのに、限界まで食べてしまった。



**********

デンパサール線は、A330-300型機。航空用語に興味が無いので何と言うのか知らないが、日系のアジア路線と同じフルフラットにならないシート。

欧米人に人気のバリ島行きだけあって、ビジネスクラスは欧米人で満席。アジア人は、私ともう一人しか見かけなかった。アウエー感たっぷりだったが、ビジネスクラス担当CAに日本人が乗務していたので、やりとりは全部日本語。さすがに楽ちん。



離陸前のウエルカムドリンクは、長距離路線と同じシャンパン・ノンアルコールカクテル・オレンジジュース・水からの4択。
離陸後の食前酒(私はダイエットコーク)には、温められたカシューナッツと燻製アーモンドが出てきた。




ランチ表記の前菜は、トレーに乗せて一律配布。
パンはバスケットからの選択だが、成田⇒香港線と同じ。


Mixed salad, kalamata olives and tomato balsamic vinaigrette

美味しいバルサミコドレッシング付きのミックスサラダは、成田⇒香港線とまったく同じ。
内容もカットも同じだったので、10日前に機内で食べたサラダ、実は香港で搭載したものだったのかも?



Smoked salmon with fennel and crème fraiche

スモークサーモンは普通だったが、付け合わせの何か大きな野菜の茎みたいなものが独特。
見た目は白菜の類かと思ったが、中央部に緑の点々がハッキリ見える点で違うし、根元の部分までスライスされて入っていたので調べてみたら(最初はミスで混入されたのかと思った)、これがフェンネルらしい。
普通に出てくる緑のフェンネルのイメージとずいぶん違うなぁ・・

スモークサーモンのお供は、ケッパーではなくサワークリームに飛びっこ(?)をトッピングしたものだった。



Roasted lamb rack, spinach, mixed vegetables couscous and tomato lamb sauce

メインは3択。成田線ではワゴンサービスだったが、こちらはトレーに3種類乗せて見せにきた。
見て選べるという点では同じで、あまり美味しそうには見えなかったものの、中華系ばかり選んでいたことから洋食の羊肉をチョイス。やっぱり見た目通り肉質が悪かった。

付け合わせは小粒のグリーンピースとそれに合わせたサイズの茹でジャガイモ。
グリーンピースは、完熟ではなく早熟の状態だと甘くておいしいのだが(自宅菜園で作っているので知っているワケ)、その手の味に近いもの。これ、日本で冷凍で売っているなら買いたいな。



Cheese selection
Fresh seasonal fruits


チーズとフルーツはワゴンサービスで出てきたので、かなりお腹いっぱいなのに両方を頼んでしまった。(両方進められてしまったので、断れなかった)
日本発のチーズと違って、ちょっと癖の強い品ぞろえ。食べ慣れていない人には厳しいかも。



最後にハーゲンダッツ(3択)を配りに来て、これもいただいてしまったので限界だ。
しかし、キャセイの短距離(中距離?)路線の機内食は、充実しているなぁ。


※メニュー:食事・ドリンクワインその他アルコール・食事(中国語版)

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG)

搭乗:2018/11/13 12:30発 CX338便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆
3泊4日のスペインバスク旅行に4泊5日のベルギー・オランダ旅行を終えて、香港まで。帰国ではなく、次の目的地であるバリ島へ向かうためのフライトとなる。
香港での当日乗継便が特典航空券では取れず(個別に検索すると空いていたが、発券ルール上の問題らしく香港でストップオーバーしないといけないとのことだった)、仕方なく宿代の高い香港で1泊することになった次第。



まずは、ブリュッセル空港のラウンジだが、発行されたインビテーションは何故かスターアライアンス側のブリュッセル航空ラウンジ「The Suite」。
お隣にワンワールドの英国航空ラウンジがあるのに、何故なんだろう?



しかし、航空会社の本拠地ラウンジとなると悪くはないハズなので期待して入室するものの、窮屈に並べられたイスとテーブルに質素な食べ物とガッカリ。
往路スペインに飛ぶ際にはシェンゲン圏内用ラウンジを使っているが、そちらの方が豪華な雰囲気で食べものも豊富だった。欧州の航空会社でこのパターンは、初めてかもしれない。

実は、ラウンジ利用料が安いので、インビテーションがスタアラ側のラウンジだったのかも??

**********

往路便は夜行便だったが、今回は昼間発の便ということで、多少は機内食に期待しての搭乗だ。
メニューは新聞形式、サービスも往路と同じなので、その部分は省略して紹介したいと思う。
詳しくは往路便のレビューをご覧いただきたい。



離陸前のウエルカムドリンクはオレンジジュースを頼んでみたが、エコノミークラスで出すような安物市販パック入りの味でガッカリ。優秀な航空会社は、オレンジジュースにもこだわりを見せてくれるのだが・・
離陸後の食前酒はお決まりのダイエットコークにしたが、往路と違ってナッツが出てきた。
ちゃんと温められたカシューナッツとアーモンド。少し名誉挽回?


最初の食事は昼食表記。食前酒の注文と同時に、メイン料理の選択を聞かれたので、ここは美味しい香港料理の海老をチョイス。
先頭から3列目だったからか、問題なく注文が通った。



最初の前菜を配りに来ると、なぜか注文した海老はすぐに出てくるからねってスキップされてしまった。どうも、前菜も3択で注文制だったみたいだ。

成田=香港線では3種類出てきた記憶があったので間違えたわけだが(記憶自体が間違いだった)、サラダは品切れだけどツナかスープならあるというのでツナをお願いした。


Spiced tuna
Crushed pink peppercorn marinated cucumbers


と、出てきた皿はマグロの刺身。
ではなくて、燻製前の下処理を施したマグロという感じ。
マリネした胡瓜との表記は、トルコ料理のヨーグルトで和えた胡瓜のソースだった。



マグロの下には、細切り昆布みたいな海藻サラダが隠れていた。
ラウンジ食を控えたので、割と美味しかったパンを全部食べてしまったのだが、後で失敗に気づくことになる。



Stir fried prawns with spring onion and ginger
Choy sun, steamed jasmine rice


メインの海老は、予想外にしょぼい。
かなり前の話だが、シンガポール航空のシンガポール⇒ハノイ線で出てきたものをイメージしていたので、ちょっとがっかり。



それに、海老の調理方法もご当地香港発ではなくベルギー発だからか、手を抜いて揚げてある。
こうなると、香港の海老料理特有のプリプリ感は無理だよなぁ。



左:Cheese plate
  Bergian brie, pere joseph, water crackers, grapes and fig jam

右:Cannoli Siciliani

デザートはチーズとシチリアの郷土菓子カンノーリがあるとのことで、それをお願いした。
ところが、出てきたのはカンノーロではなく、グラスに入ったクリーム。違うよねって返したものの(CAさんがシチリアのカンノーロがどんなものか知っていたのだ)、メニューの記載が違っていてこれしか搭載していないとの話だったことから、いただくことにした。

そのクリーム、本場のカンノーロのクリームとは似ても付かないものだったが、ほんのりリコッタチーズの味はするし、ピスタチオの味もするので、これを「カンノーリ」としているみたいだ。



Hong Kong style milk tea

食後のお茶は、香港スタイルのミルクティーというのを発見して頼んでみたら、なんと粉末を溶かして作ったものだった。(台湾で買ったものと同じ味ということで判断)
それが香港スタイルなのかもしれないけど、なんだかなぁ・・

**********

さて、昼行便(?)ということで、往路と同じ品ぞろえで魅力は無いものの中間食を物色しにギャレーに行くと、何も置いていない。CAさんに何かないのと聞くと、メニューに記載されているものなら何でも注文できると!
そんなこと知らないので、覚悟が出来ていないではないか。それならそうと、他社と同じようにメニューにいつでも何でもオーダー可能と記載しておけばよいのに・・

キャセイの長距離路線の機内食はオーダーバイキング制だったわけで、だから1品1品が軽めな構成になっているわけだった。
これ、アナウンスしなければ分かるわけないのだから、サービス点減点対象。(笑)




とっさに判断できずに、予定通りアイスクリームとナッツしか頼まなかったけど、食べたものに対して採点しているので、損してるな。
このアイスクリームだが、一度半分ほど溶けてしまったものを固めた感じのものだった。
わざわざ証拠写真を載せるようなことはしないが、蓋を取った段階で容易に判断できた。

***********


Traditional Western Breakfast

到着2時間前の明かりを少しだけ付けて事前オーダー制の朝食を配り始めた。
往路は中華粥を選んだので、復路は一般的な洋風朝食を注文。


Warm pastry selection
Seasonal fresh fruit


温められたクロワッサンは、油脂分控えめのパリパリタイプ。
バターが付いていたので、たっぷり付けていただければOK。
好物のパン・オ・レザンも控えめな甘さでまずまず。


Mushroom omelette, streaky bacon,
Lyonnaise potatoes and grilled tomato


ただ、オムレツはいただけない。
エコノミークラスで出てくる機械生産的なものではなく、ちゃんと手作りしている感じではあったものの、具材が寂しいし卵も焼きすぎ。
なかなかANAで出てきたようなフワトロオムレツ(☞ こちら)を出してくる航空会社は無いようだ。


右:Smoothie

キャセイの長距離路線の機内食、期待したほどではなかったものの(最初から全品いつでもオーダーできると知っていれば、また印象が違ったかもしれない)、A350の機内は快適そのもの。
機内食の注文方法を失敗していたことを最後に知ったので、20万マイル残っているJALマイルの残りを使ってリベンジしようかな。

今月からJAL特典航空券制度が大幅に改悪されたので、ほぼ改悪されていない世界一周旅程で使おうと企んではいるが、例によってまったく予約が取れない飾りだけの案内でないことを祈るしかないか。
本当に国際線旅程では使えなくなってしまったJALマイルだ。(しかもANAと違って高額発券手数料を取るし・・)


※メニュー:昼食中間食・朝食朝食注文票アルコールノンアルコール

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU)

搭乗:2018/11/6 00:25発 CX339便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
香港での乗継時間は約4時間。
いつもの The Pier First Class Lounge で時間潰しをしたが、深夜便なので機内食は軽いものだろうと予想して、注文形式のダイニングルームで食べることにした。(☞ ラウンジメニュー


Crispy fried soft shell crab
Green papaya salad

Wonton with noodles in soup
Hand-crafted prawn and pork dumplings in chicken broth with vegetables


メインは何度も食べている雲吞麺にしたが、安定の美味しさだったものの、スープの水準が落ちた気がする。
いつもは蛯子が入っているのだが、入っていなかったのだ。

前菜[Starters]からは、ラウンジでこんなものを出してくるのかと驚きだったソフトシェルクラブ。



クリスピーと書かれていたが、揚げ置きをレンチンしたような食感で残念なお味だったけど。

今回の旅では、この後2回利用することになるので、違うものを食べてみたいと思う。

**********



香港からブリュッセルまでは、エコノミークラスでも快適だったA350-900型機。
予想外だったのは、長距離路線なのにスリッパは用意していないとことだ。アメニティーポーチの中に靴下が入っているからって、靴下を脱ぎたいからスリッパが欲しいということを理解していない!

3月に乗った子会社のキャセイドラゴン航空では、短距離路線なのにスリッパが用意されていたはずなんだが、前回のカンタス航空のようなケースに備えて念のため持参しておいて助かった。
旅行中のホテルで使うためにも、スリッパは必需品なのだ。




離陸前のウエルカムドリンクは、先ほど搭乗した成田=香港線のシャンパン・オレンジジュース・水に加えて、オリジナルティーからの選択。もちろん違うものという事でお茶を選択したが、お茶のジュース割り?
離陸前の段階でおしぼりが出てくるのは、同じだ。



メニューは、機内食としては初めて見た新聞形式で、事前に置かれていた。
新聞形式のメニューはイギリスのチェーン店で見たのが初めてだが、食に関する記事が載っているので読み物的には楽しいかも。ただし、日本語ではないので読む気は起きず。(笑)



Braised brisket with flat rice noodles in special beef broth

深夜発ということで、離陸後の食前酒は無く、いきなり食事は要るかと聞いてきた。
新聞の表紙を飾っていた牛肉麺が美味しそうだったのと、ラウンジでも食べているので軽いだろうとお願いしてみたのだが、ずいぶんと表紙写真に載っていたイメージと違うものが出てきた。



トッピングの野菜と揚げかすを除けて撮った写真を見ての通り牛肉少なすぎ!
おまけに、箸を乗せるのを忘れられてしまって、食べる頃には麺が伸びてしまっていた。(元々伸び切ったソフト麺という気がしないでもないけど・・)



なぜか、頼んでいないパンとバターもいっしょに出てきたが、香港人って麺と洋風パンをいっしょに食べる?
しっかり温められていて、コーン粉を使ったパンという感じで結構美味しかったけど。



Chilled pomelo, sago pearls in mango and coconut milk

デザートには、ポメロとマンゴーのサゴーをお願いしたが、ポメロを入れ忘れたようで実に少ない量で出てきた。
直後にチョコレートは要らないかと持ってきたので、いただいてしまったけど。


Seasonal fresh fruit

なんだか欲求不満だったので、フルーツも頼んでしまった。
ドラゴンフルーツとパパイヤはちゃんと味が乗っていたものの、パイナップルが悲惨なほど硬くて味が無い。酸っぱいのではなく、味が乗っていないパイナップルって市場に流通するの?

食後におしぼりが出てきた点は、さすが長距離路線だけど、やっぱり深夜便は期待できないという結論。

**********

中間食は乾き物だけで、事実上無いに等しいことからパス。


Chinese breakfast
Seasonal fresh fruit
Salted chicken congee
stir fried egg noodles with vegetables


事前オーダー制の到着前の食事は、機内の明かりをつけることなく真っ暗な中で(一部の客が付けている個人灯の明かりだけで)オーダー表記載の通り到着2時間前に配られた。

Express Breakfastは到着1時間前に配ると書かれていたが、その段階でも明かりを付けず、到着30分前に機長アナウンスがあった段階でも未点灯。
結局、シートベルト着用サインが付いた着陸15分前の段階で明かりがついたが、こんなの初めて。(食べずに睡眠確保したい向きには、11時間も寝ていられる!)



お粥の鶏肉は予想外に大量に入っていたものの、お味はやや化学調味料を感じるものだった点は残念。

面白かったのは、卵麵炒めだ。
炒めた麺をカップに押し込んで、その上に麺に絡まなかった野菜をトッピング。
逆さにして、プリンのように皿に盛りつけたものが出てきた。

お味は、ベースの卵麵が割と美味しいので普通にいただけたけど、この盛り付けはなぁ・・


ということで、JALやANAの深夜便よりはマシであるものの、トルコ航空(ターキッシュ エアラインズ)マレーシア航空の夜行便と比べたら落ちることから、ギリギリ★4つという評価になった。最初の食事は、それなりにメニューの選択肢があったので、しっかり選べば良かったわけだ。

補足しておくと、食事ではなく深夜便である以上は睡眠を取りたい客から見れば、明かりを灯さないことと、トレー配膳で無駄な行き来をなくし雑音を減らす姿勢が見えることから、乗り心地としては最高かもしれない。
さすが古くからの5つ星航空会社という感じはした。

もうひとつおまけに、いつもフライトマップを表示しているのだが、No data availableと表示されたままで最後まで見ることが出来なかった。長距離路線では初めてのことだ。その代わり、タブレットでGPS信号を拾えたので、オフライン版のGoogle Mapで飛行中の位置は把握できた。


※メニュー:表紙最初の食事中間食と朝食ドリンク①選んだ料理の記事朝食用注文票

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>