« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北・中山駅: 青葉 中山店

訪問:2017/12/18 20:00
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
ディナーも高級レストラン。
地元大宮に同名の青葉を名乗るインチキ台湾料理店があるので、この店の系列だとしたら嫌な印象はあったものの、JCBカードの優待券にデザート無料とあったし、価格情報が無いもののHPにお目当ての「シジミの醤油漬」が載っていたことから、比較しようと出かけてみることにした。



日本人のカモ客がたくさんいるだろうと遅めの時間に突撃したら、満席で少し待たされてしまった。
入口横の席で待っていたら、意外に安っぽい造り。台南の度小月と同じレベルかな。

中華ファミレスみたいな席に案内され、お茶(無料だけど選択肢無し)とウエットナプキンがセット。
日本語併記のメニューを見ると、ランチで訪問した欣葉 創始店と比べて(注:昼夜同価格)平均5割以上の高さにぶったまげた。どうりでホームページに値段が書かれていないわけだ。

食堂クラスに慣れているものの、表面上約3倍価格(実質2倍弱)の欣葉 創始店は納得できたものの、5倍価格となると許容範囲を超えてしまう。
例えば、食堂なら70~80元の海老炒飯が400元越え(NT$404.80≒1550円)もする。日本の高級中華料理店と同額ではないか。(雰囲気やサービスが格段に落ちるので、日本よりも高い印象)



醃蚋仔(NT$217.80/小≒830円)
しじみの醤油漬け


まずは、今回のテーマにしていた「しじみの醤油漬け」
お昼の欣葉 創始店よりも1割高いのに、出てきた量は昨晩の丸林魯肉飯と同量だ。



お味は、初めてシジミの醤油漬けを食べた時の記憶に近い。
つまり今回試した3軒の中では一番好みだったものの、台湾で小皿小菜に800円以上も出せないよなぁ。



嚕肉(NT$239.80/小≒910円)
豚の角煮


これも欣葉と比較できる豚の角煮。
シジミの醤油漬けもそうだったが、微妙に表記が異なるものの、基本同じ料理だ。



しかし、見るからに肉質が悪そう。手抜き調理の揚げたバラ肉を使っていることが一目瞭然だ。
もちろん、煮た豚肉ではなく揚げた豚肉の味で、赤身部分は硬いし、油脂分がたっぷり残っている。
量的には欣葉と同じ(食堂の倍量)だったものの、質の面では大敗という印象。



炒米粉(NT$217.80/小≒830円)
焼きビーフン


さらにひどかったのが、焼きビーフン。
具材が麺に絡んでいないし、キャベツと豚肉の切れ端だけの具材も貧弱。
味は、豚の煮汁をベースにした感じで、うまみ成分が弱いし深みの無い味で、食堂と同じ水準だ。

例えば、米粉の本場である新竹の呉記小吃と比べたら、量は同等で味は格段に劣る印象。素人料理っていう感じだった。



蛤仔湯(NT$118.80/盅≒450円)
はまぐりスープ


蛤スープも、食堂の4倍価格。
蛤の量は2倍程度だろうが、蛤の出汁が不十分で、食堂で飲む蛤スープと同格のお味だ。




JCBカードのクーポンでいただいたデザートも、魅力が無い。
欣葉 創始店との運営姿勢の差がハッキリ出ている感じだ。


 

以上で、お会計はNT$794≒3000円也。
日本の青葉のレベルが低い理由は、この台湾の大元の店のレベルが低いこと(ついでにぼったくり姿勢)だったのかと、納得してしまった。宣伝上手なのか、ガイドブックやツアー会社に便宜を図っているからか、こんなにも日本人が騙されて来ているとは、情けない。

わざわざ台湾まで来て高級レストランに行くのは無駄であると思うし、せっかく台湾まで来たのだから、台湾らしい食事を楽しむことを強くお勧めしたい。


※メニュー:季節特選・小菜海鮮①③・肉類①揚げ物・豆腐青菜・飯類①②・火鍋①②・デザート

【店舗詳細情報】
店名:青葉 中山店
電話:02-2571-3859
営業:11:00~14:00、17:00~21:30
定休:無休
住所:台北市中山區中山北路一段105巷10號
GPS:25.050667, 121.523542 (☞ Bing Map


台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台北・中山國小駅: 欣葉 創始店

訪問:2017/12/18 11:20
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★★☆


台北に到着したばかりの昨晩、丸林魯肉飯で今回のテーマである「シジミの醤油漬」を食べてしまったが、当初予定していた「高級レストラン」であるこちらでも試すことにした。
台湾訪問29回目にして、高級レストランに入るのは初めてなのだ。



ホームページに価格入り日本語メニューがしっかり掲載されていたし、サービス料10%のほかに、お茶代として1人NT$27.5(≒100円)徴収されることも承知していたが、お茶はジャスミン・ウーロン・もう一つ失念したものから選択できるうえに、蝋燭の炎で保温できるタイプの急須に入れて出てきた。(最後の会計伝票の横に写真掲載)



蒜香醃蜆仔(NT$198≒760円)
シジミのニンニク醤油漬け


まずは、お目当てのシジミの醤油漬。
お値段は昨日の3倍強だが、量が2倍以上あるので、それほど高いという印象は受けなかった。



昨日と比較するために、シジミを開いた写真。
浸かりすぎというわけではないものの、ふっくらした個体が少ない。



個体を選んで撮った写真がこちら。
軽く漬け込んだ感じでシジミ本来の味をより楽しめる薄味仕様だが、シジミってそれほど強い主張はないみたい。
昨日の丸林魯肉飯で食べたものとの差もわずかという感じだが、実質5割増しの値段差は場所とサービスの差と考えるべきだろう。

最初におしぼりが出てきただけでなく最後にもおしぼりを出してくれた点で、さすが高級店と思ったわけだ。



欣葉滷肉(NT$176≒670円/1份)
シンイエ名物 豚バラ肉の柔らか煮


名物らしい豚の角煮も頼んでみた。
食堂クラスの店で出てくる量と比べると、これまたお値段3倍で量は2倍という感じ。
高級レストラン、値段が高い分だけ1皿の量が多いのかもしれない。ますます1人で利用するのは厄介だなぁ。

お味は、日本の普通の角煮とはスパイスの差だけ多少違うものの、大勢に影響なしっていう感じ。
食堂だと結構店の主張が出ていて面白いのだが、これだとわざわざ台湾に来てまで食べる必要はないかな。



蔭鼓蒜青蚵(NT$324.50≒1250円)
カキのトーチー・葉ニンニク炒め


より台湾らしい食べ物を頼もうと、屋台や食堂でおなじみの小粒の牡蠣を使った料理を選んでみた。
この店のメニュー、ほぼ全部写真付きなので現地でも選びやすいし、ホームページで事前に吟味して選んでおくことも可能なのだ。

しかし、メニューに掲載されていた写真よりもたっぷりの牡蠣だ。
弁当の盛り付けなんかでも分かるが、台湾はごまかしの多い日本とは違うなぁ。

しかし、この量を1人で食べると、いくら牡蠣好きといっても飽きが来る。
と思いつつも、美味しいので完食してしまった。



古味切仔麺(NT$88≒340円)
タイワンスタイル 汁そば


主食代わりに麺類も頼んでおいたが、さすがにメインの料理を概ね平らげた段階で出してきた。
台湾では、注文品全部を同時に出してくるのが普通なので、日本人客が多い店だけあって心得ているようだ。

麺は茹ですぎ(注:台湾では普通)のラーメンという感じ、スープも薄味で台湾らしいが、これは頼む必要は無かった。




最後は、事前に仕込んでおいたJCBカードの優待券で無料サービスされるデザート。
1品だけだと思っていたら、2品出てきてびっくり。



きなこ餅みたいなものと、タピオカ入りのお汁粉みたいなもの。
どちらも美味しくいただけたけど、おなかパンパン。


  

お会計は、全部でNT$814≒3100円也。
普通のB級グルメ旅なら2泊3日分の食費を1回で食べてしまったことになるが、台湾でしか食べれないもので楽しむならアリだと思ったものの、日本でも食べれる角煮とかを頼むのはつまらないだろう。


※メニュー:冷前菜一品①海鮮①肉①オリジナル揚げ物焼き物スープ主食デザート

【店舗詳細情報】
店名:欣葉 創始店
電話:02-2596-3255
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:台北市中山區雙城街34之1號
GPS:25.066540, 121.524275 (☞ Bing Map


台湾のレストランレビュー&ランキング

この後、前からマークしていた台北松山空港の滑走路端(RWY10エンド)に行き、飛行機の離着陸を間近から見物。
着陸の迫力もすごいが、中華航空機が離陸するところをデジカメビデオで撮影していたら、あまりの爆風で飛ばされそうになった・・


テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯②

訪問:2017/12/17 19:45
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★★★CP★★★★★
ドイツのクリスマスマーケットを見に行った後は(☞ @フランクフルト@ニュルンベルク@シュトゥットガルト)、年越旅行まで2週間も(!?)日本にいることになっていたが、寒さが苦手になっているので耐えられないと、急遽台湾に行くことにした。来年度のワンワールドエメラルド会員資格は確保できていたので、JALよりも1万円以上安かった(往復全込32780円)キャセイで発券。

愛用していたバニラエアは、機内持込手荷物の重量制限が10Kg→7Kgに大幅改悪されてしまい、ご丁寧に空港での重量チェックも強化するとアナウンス。こうなると、実質価格差が僅かとなることから、今後の利用頻度は大幅に少なくなるだろう。割安な事前払いの預け荷物1個でも往復6千円(国内線は4千円、香港線は8千円)も余計に取られるのだ。
空港で重量超過が判明したら、荷物1つでも往復1万円加算!! 馬鹿らしくて利用する気になれない。

さて、今回は20年以上前の初台湾訪問時に気に入った「シジミの醤油漬け」を食べることを目的にした。屋台系や食堂クラスの店しか行かないので、6年前の花蓮の正品蚵仔煎で見かけて以来、まったくお目にかかれていなかったのだ。



桃園空港からバスで圓山公園まで行き、店のホームページでシジミの醤油漬けの存在を確認できていた欣葉創始店に歩いて向かう途中、前回感動ものだった丸林魯肉飯の横を通ることになる。
閉店1時間前だったことから中を覗き込むと、宿題にしていた自助餐側の料理も十分ありそうに見えたことから中に入ってみたら、なんと「シジミの醤油漬け」が1皿だけあるではないか!

ということで、日曜の夜は混むだろうと待ちを覚悟していた欣葉は明日の昼に回して、ここで食べることにした。食堂クラスとレストランクラスの比較もできるので、一石二鳥だ。



カウンターから指差しで食べたい料理を注文し、トレーに載せて空いている席に運ぶと、魯肉飯?と聞かれた。もちろん、それが一番の楽しみなので注文。
スープ類も席に貼られている日本語併記メニューで注文可能だ。




まずは、お目当てだったしじみの醤油漬けから。
メニューから選ぶわけではないので価格不明だが、注文伝票で一番高い欄に記入されていた NT$60≒230円と考えるのが妥当だろう。



中身の写真を撮ろうと開いてみたが、閉店間際で製造から相当時間が経過しているからか、身が膨らんでいる個体が少ない。
ただ、味の方はしっかりしみている分だけ良い感じ。




カウンターから選んだ残りの2品は、どちらも肉料理。(各 NT$50≒190円
ひとつは、沖縄料理のミミガーに近い豚の顔肉部分のピリ辛漬け。
このコリコリした食感が大好きで、小菜コーナーにあるとつい手を出してしまう料理だが、やっぱり旨い。



こちらは、酢豚味付けの肉じゃがかなぁ。肉は豚肉ではなく鶏肉だけど。
想定通りで可も不可もなく。



魯肉飯(NT$32≒120円/小)
挽肉煮込みかけ御飯


魯肉飯は8月から2元の値上げ。白飯1元、鶏飯3元と全体的に微妙に値上げしているが、前々回の値上げがいつだったのか知らないので、たまたま価格改定期にぶつかったのかも?
お味は変わらず、タレが抜群に旨い。



清蛤仔湯(NT$45≒170円)
はまぐりスープ


スープは前回と変えて、ハマグリを選んでみた。
ご覧の通りたっぷい貝が入っているし、濃厚という意味ではないけどハマグリの出汁もしっかり感じる美味しいスープだ。


米粒一つ残さず完食して、お会計は NT$237≒900円也。
台湾国内では突出して物価の高い台北で、レストラン仕様の立派な内装の店でこの価格でこれだけ楽しめてしまうのだから、誰にでもお勧めできると思う。

豊富な品揃えに加えて価格以上に高い品質、高級感のある雰囲気と大満足だったことから、私のランキングでは台北地区トップに躍り出ることになった。


※メニュー:注文伝票(店員記入)テーブル貼付版

【店舗詳細情報】
店名:丸林魯肉飯
電話:02-2597-7971
営業:10:30~21:00
定休:無休
住所:台北市中山區民族東路32號
GPS:25.068298, 121.524810


前回(2017.8.18昼)の訪問
台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 63ヵ国を訪問
45ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
2月:ポルトガル⑨、スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
メキシコ/トルカ [Toluca]: Potzollcalli Restaurante Mexicano(Toluca店) 2018/02/19
メキシコ/トルカ [Toluca]: Toks Restaurantes(Toluca Centro店) 2018/02/17
メキシコ/タスコ [Taxco]: La Hamburguesa 2018/02/15
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: Las Cascadas @Holiday Inn Cuernavaca 2018/02/13
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: El Barco Pozolerías 2018/02/12
メキシコ/プエブラ [Puebla]: El Mural de los Poblanos 2018/02/10
メキシコ/プエブラ[Puebla]: Tacos Tony (Hermanos Serdan店) 2018/02/08
メキシコ/テオティワカン遺跡[Teotihuacán]: Restaurant Las Piramides 2018/02/07
メキシコ/メキシコシティ: タコス屋台@Revolución駅前広場 2018/02/06
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX) 2018/02/05
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD) 2018/02/04
IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録 2018/02/01
マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie 2018/01/31
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia 2018/01/30
マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1) 2018/01/28
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka 2018/01/27
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店 2018/01/26
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice) 2018/01/25
マレーシア/クアラルンプール: mixed rice & noodles @Suria KLCC 2018/01/24
アイスランド/レイキャヴィク [Reykjavík]: Icelandic Bar [Íslenski barinn] 2018/01/21
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>