FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm

訪問:2018/9/1 17:40
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
8日目は辛いインド料理の影響(?)で発熱してしまい、ほぼ移動だけにした。
幸い特典で取ったグラスゴー郊外のホリデーインはスイートアップグレードされ(☞ IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録)、部屋でおとなしくするには快適すぎだった。
夕食と翌日の朝食は、またまた部屋でのクリームティー。

9日目も熱がある上に天気が悪いことから移動だけにしたが(☞ 8~9日目のルート実績ログ)、夕飯だけはホテルのお隣に見えたファミレス風のレストランに歩いて行ってみた。
事前に調べた結果、67軒の店を構えるFarmhouse Innsグループのチェーン店だったのだ。(〇〇Farmという名称で支店を区別している)



英国での大規模チェーンレストランは初めてだが、週末の夕方は混雑するだろうと早めに出かけて正解。空港のホテル群に隣接する立地だが、明らかに地元客風の方たちが次々とやってきた。

ここは「Carvery」という食べ物がウリらしいが(提供時間は正午から夜9時)、席に案内してくれた店員が初めてかと聞いたうえで、いろいろと説明してくれた。後からも複数の店員がいろいろと親切に気を使ってくれたことから、日本の大手ファミレスみたいだ。



注文はバーカウンターで。
テーブル番号を伝えて支払いを済ませれば、出来上がった段階でテーブルに持ってきてくれる。
ドリンクは、バーカウンターでそのまま受け取り、自分でテーブルまで運ぶ。
台湾の食堂でよくあるシステムに近い感じ。

「Carvery」は、チケットを受け取り専用コーナーの行列に並んで、ロースト肉(豚2種・牛・七面鳥があった)を指定し、パイのようなパンの器と肉を乗せられた皿を受け取る。
その後は、付け合わせを好きなだけ盛り付けるセルフサービス。



Farmhouse Carvery(£7.99≒1150円/Standard週末料金)
Choose from our 14-hour slow cooked meats or the Peppered Mushroom Pie


しかし「Carvery」が何なのか知らないと、まったくわからないシステムだ。
夕食のピーク時間帯だったので行列が出来ていたことから、他の人のまねをして何とかなったが、ローストした塊肉をカットしたものと中央のパイ生地のカップだけ盛った皿を渡してくれる。

肉質は典型的な量産料理で美味しいわけがない。
肉のソースは2種類セルフサービスで用意されていたが、インスタントっぽいお味。

写真の通り、付け合わせの水準は極めて低く、これを山のように盛っても無駄だろう。
茹ですぎカリフラワーとブロッコリー、変に甘い人参を茹でたものに、揚げたポテト3種類。
パイの器の中に盛り付けたキノアのサラダだけが、エスニック調の味付けでまあまあだった。



Salad Bowl(£2.99≒440円)
Fill your bowl with our seasonal selection from our salad bar.


野菜不足ということで、サラダバーを1人分だけ。
これは、注文時に皿を渡されるので、自分で好きなだけ盛り付けることが出来る。
盛り付けは家内の担当。山盛り指定したのは私だ。



こちらにも「Carvery」側にあったキノアのサラダがあったみたい。
その下には、ライスサラダ。
どちらもエスニック味で食べやすいというか、割と美味しく感じてしまう。



Farmhouse Chip Shop Supper(£9.99≒1450円)
Beer battered cod, battered sausage and 6 wholetail breaded scampi, served with seasoned chips, bread and butter, chip shop curry sauce, tartare sauce and your choice of garden peas or mushy peas.


メインにするもう1品は、フィッシュ&チップスの豪華版みたいなもの。
バターの個食パックのサイズから、全体のサイズ感を予想してほしいが、予想通り大きなサイズで出てきた。



反対側から。
右側に見えているのがスカンピのフライだが、過去英国のフィッシュ&チップス専門店2軒で食べたものは衣だけで中身は空っぽという感じだったのに、ちゃんと中身が入っていて感動。
後日でかけた別の店でも食べたが、昨年までの2軒がひどかったようだ。これは、フィッシュ&チップス専門店では頼んではいけないのかもしれない。


▲左:wholetail breaded scampiの断面  右:battered sausageの断面

フレンチフライのお供のケチャップは、わざわざ巡回していたホールスタッフが聞いてくれたのでお願いしたものだ。
勝手がわからない東洋人とみて、いろいろと親切にしてくれるし、1担当者だけでなく全員が親身に世話をしてくれる感じで、日本と台湾以外では経験したことが無いサービスぶり。




お会計は、全部で£23.02≒3350円也と、決して安い価格ではないが、この水準の料理で客が入るという事は、英国人の味覚を疑いたくなる。
英国料理が不味いと言われるのは、規模の大きなチェーン店のがこの水準で成り立ってしまうからだろうと確認できてしまった。


※メニュー(HPに価格付PDF版が掲載されています):メインドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Dyce Farm
電話:01224-968605
営業:11:30~22:00(8:00~朝食メニュー)
定休:無休
住所:1A International Drive, Dyce Drive, Dyce, Aberdeen, AB21 0AF
GPS:57.196911, -2.203910 (☞ Bing Map


訪問したイギリスのレストラン

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries

訪問:2018/8/30 18:45
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
6日目は、Spofforth Castleと、4年前に訪問したヨーク国立鉄道博物館の分館であるシルドン国立鉄道博物館[NRM Shildon](現在の名称は単に「LOCOMOTION」となっていた)に寄ってから、Newcastle upon Tyneのクラウンプラザにチェックイン。ここのラウンジ食が非常に充実していたので(☞ IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録)、夜はラウンジ食だけでお腹いっぱい。


▲6日目と7日目のルート実績ログ

7日目は、万里の長城の英国版らしい「ヘイドリアンの壁[Hadrian's Wall]」(☞ 案内掲示)沿いに移動したが、ほとんど城壁など残っていなくて世界三大ガッカリ級だった。(放牧のための石垣はたくさんあるので、見間違えないように!)
5か所ほどポイントに寄ったものの、一番マシだったのが Steel Rigg Car Park周辺(GPS:55.002915,-2.391423、案内掲示)。ここより東側にあるポイントは行っても無駄だろう。

その後スコットランド入りして、宿の近くのCaerlaverock Castle(GPS:54.977127,-3.524871)に寄ってから、Holiday Inn Dumfries にチェックイン。



昨年愛用したわずか22ポンド(≒3200円)加算するだけで2人分の夕食と朝食が付くということで選んだのだが、正面の歴史観のある建物はレストランとバーだけで、宿泊棟は奥のプレハブみたいな安っぽい建物だった。
壁も床も薄くて声は筒抜け、床はミシミシと居心地が悪い。ついでにアップグレードも無かった。




レストランの手前はバーコーナーになっていたが、奥の席に向かうと、なんだかホテルの朝食会場っぽい。いや、悪くはないんだけど、外観やバーコーナーの雰囲気とのギャップがありすぎ。



チェックイン時に貰った無料ドリンク券2人分で、2種類のビールを注文。家内がほぼ全部飲むはずだったが、予想外の大きなグラスで出てきてしまい、私も4分の1ぐらい飲んだのが失敗だった。
実は翌朝熱を出してしまい、2日間酒酔い運転ならぬ発熱運転をすることになってしまったのだ。
たっぷり氷の入った水道水も出してくれた。(もちろん無料)


ディナー付き宿泊者用メニューは、22ポンドの3皿コース。前菜・メイン・デザートそれぞれ3種類の中から選ぶことが出来るプリフィックス形式のコースだ。
ちなみに、宿代は97ポンドだったので、夕飯代を除くと53ポンド。朝食は10ポンドなので、それを差し引くと宿代は実質33ポンドになってしまうワケ。まあ、33ポンドは言い過ぎだけど、そんな感じの部屋だったけど・・(苦笑)


Chicken, smoked duck & wild mushroom terrine, toasted bread, orange & walnut salad

前菜は、二人とも同じものをチョイス。
なんとも安っぽい皿が出てきた。



お目当てのテリーヌは、ほとんどコンビーフといった食感と味。
自家製で缶詰コンビーフの味を再現するのは難しいと思うのだが・・



King prawn linguini, roast cherry tomato & herb chilli oil

メインに惹かれるものが無いので、消去法で残ったのが海老のリングイネ。
スコットランドで食べるフランス料理が激マズだったので(☞ Bon Appétit)、イタリア料理も同類だろうと覚悟しての注文だが、意外や意外。7尾入っていた海老がプリプリしていて、少なくとも海老だけは美味しい。



トマトソースは粉チーズが欲しくなるお味で、麺は予想通りソフト麺。
イタリア産の乾麺を使っていると思うのだが、なんでパッケージに書いてあるはずの茹で時間の5割増し以上茹でて出すんだろう?
まさか英国で乾麺パスタを買うと、茹で時間表示が違うとか?
忘れなければ、スーパーで確認してみようと思う。



Grilled chicken breast, light summer vegetable & tarragon broth, crispy greens

トマトソースが苦手な家内は、鶏肉料理を選んでいたが、まさかスープに入って出てくるとは思っていなかったみたい。野菜とタラゴンのブロスって書いてあるんだけど・・



半分引き受けたものの、鶏肉にした味をしっかり付けてあるようで、そこそこ食べることはできた。
でも、美味しくはないよな。パスタと同格という感じか。



Sticky toffee pudding, stickier toffee sauce, sweetened cream

デザートは英国らしさを取って、キャラメルプリンのつもりで頼んだのだが、ブラウニーみたいなスポンジが出てきてがっかり。

ということで、1人22ポンド払う価値は無いというのが結論だが、実質的にはドリンク代も含めて1人15ポンド程度しか払っていないので、許容範囲。
アラカルトメニューを頼んでも、この水準なら外すことになるだろう。


※メニュー:全体メニューBrasserie Chef's Choice(セットメニュー)

【店舗詳細情報】
店名:Holiday Inn Dumfries
電話:01387-272-410
営業:12:00~22:00
定休:無休
住所:The Crichton, Bankend Road, Dumfries & Galloway DG1 4ZZ
GPS:55.051958, -3.593072 (☞ Bing Map


訪問したイギリスのレストラン
 

【シルドン国立鉄道博物館 [LOCOMOTION] の風景】(☞ Google Map
現地説明掲示


▲入口正面の前うしろ










▲右:なぜか新幹線の椅子が展示されていた
 

【ニューキャッスル [Newcastle upon Tyne] の風景】(☞ Google Map
街の地図掲示

▲駅と駅正面の教会(St. Mary's Cathedral)


▲残っている城壁


▲左:中華街は大きな都市に必ずあるみたい  右:繁華街の歩行者専用道路は広々


▲The Cathedral Church of St. Nicholas


▲The Black Gate(☞ 案内掲示)と Newcastle Castle


▲左:城壁の残骸?  右:Fish Marketと表示されているけど中は違いそう


▲River Tyneにかかる橋

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

イギリス/メルローズ[Melrose]:The Blue Coo Bistrot & Bar@Buccleuch Arms Hotel

訪問:2014/7/17 13:00 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
エディンバラの次は、わが町大宮と同様に鉄道博物館のあるヨーク[York]へ移動。
2年前は、家内のリクエストでアニック城[Alnwick Castle]に寄った関係で海沿いの高速道路経由だったが、同じ道を通るのは芸が無いと山側の道から行くことにした。

道中の View Point に寄り道しながら、3月に出かけたイタリアのマルケ州の道路沿いにあった Ristorante Pizzeria Barbara のような街道沿いにあるレストランは無いかと車を進めていたが、ありました。

外観 店内

イタリアの店と違ってホテル併設レストランだったが、うれしいことに店の扉にグリーンガイドのシールが貼ってあった。これは期待できる。駐車場にたくさんの車がとまっていたので美味しい店だという予感はあったわけだが、ミシュランのお墨付きとなれば、まず確実だ。

Haggis, neeps and tatties
Haggis, neeps and tatties(£10.00≒1750円)
with whisky sauce


エディンバラ城の The Redcoat Cafe で食べた Haggis neeps and tatties とまったく同じものがあったので、比較のために頼んでみた。
実は、頼んだのは羊肉が大の苦手な家内。
羊の内臓肉を使っているのに、ハギスなら大丈夫と確信しているようだ。

The Redcoat Cafe と違って壺焼きタイプではなかったし、ハギスも少な目だったが、2種類のマッシュとハギスという3層構造は同じ。「Haggis neeps and tatties」で画像検索をかけると、単に3種類を別々に皿に盛っただけのものが多く、この店の様なタワー型のものは少数派。壺焼きタイプは皆無だったので、エジンバラ城のはカフェテリア料理とは思えないクオリティだったということだろう。

香辛料がややきつい感じだが、ハギスにかかせないウイスキーソースがたっぷり。
本来のウイスキー感がたっぷり出ているハギスは、フレンチ好きには嬉しい皿だった。

5 B's Steak Pie
5 B's Steak Pie(£11.50≒2050円)
Buccleuch Border Beef and Border Beer Steak Pie, puff pastry lid, vegetables, potatoes or chips


私は、例によって当地の名称であるボーダー[Border](The Scottish Borders)の入った料理をチョイス。
この店のメニューには「Proud to Serve Local Produce」と大きく書かれているので、何を頼んでも地元の食材を使った料理なんだろうが、やはりメニューに名称がしっかり入っている方が確実だ。
「5 B's」の意味は、メニューに記された単語で頭文字が「B」となるものが5つあるというこじつけだろう。

予想とは違った皿が出てきたが、たっぷりの地元野菜に大きなパイを乗せたビーフという構成。
パイは大好物のひとつだが、ずっしり重いタイプで腹にたまる。

抜群の味だったビーフシチュー

パイを除けてステーキを拝もうと思ったら、中身はビーフシチューだった。なぜ「ステーキ」と表示しているんだろう?

でもこのシチュー、ソースも肉も滅茶苦茶旨くて、過去食べたビーフシチューの中では最高ランクの水準。
適度な柔らかさに、しっかり味が浸透した牛肉の旨さだけでなく、ワインではなく地元ビールベースらしいのだが、ソース部分の甘み、酸味、旨味が見事に調和していた。でも、家内に言わせると一言「オーソドックスな味」とあっさりしている。

お会計入口
入口
▲左:お会計  右:ダイエットコークと共に水道水を頼んだら、レモンも入っていた

ということで、街道沿いにある駐車場に車が並んでいるレストランは2連勝となった。
日本と違ってこのタイプのレストランを欧州で見ることは少ないが、街中のレストラン以外でも楽しめるということに確信を持ったという訳だ。

このあと、店の入口に置いてあったリーフレットで、近くにフロアーズ城[Floors Castle]という城があることを知った。かなり規模の大きな城ということで、予定外の城訪問をすることになった。

※メニュー:Proud to Serve Local Produce黒板メニュー

【詳細情報】
店名:Buccleuch Arms
電話:01835 822 243
住所:The Green, St. Boswells, Melrose, Scotland TD6 OEW
緯経:55.568358,-2.648958

 

【フロアーズ城(Floors Castle)の風景】

▲この門をから城内に入る


▲広い場内を進むと・・


▲大きすぎて真正面から撮っては横幅が入らない


▲左:正面中央の建物  右:左横の駐車場側から(逆光撮影)


▲裏の広大な芝生広場から(正面部分にはロープが張られていて入れない)


▲敷地内を出口方向に向かう途中に「The Walled Garden」がある(入場無料でカフェと花屋がある)


▲左:案内板  右:城内地図(クリックで大きな画像が開きます)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>