« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/マラッカ:Banana Leaf (VAZHAI ELAI)

訪問:[2012/1/8 10:10]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
マラッカ2日目。マレーシアやシンガポールではおなじみの南インド料理店、バナナリーフカレーを標榜する店だ。

外観 店内

店に入ってバナナリーフと言っても通じなかったのでミールス(この手の定食をミールスと言う)と言ってみたものの、それも通じず。マレーシアのキャメロンハイランドで試した3軒(KUMARSri BrinchangK.S.Curry House)ではバッチリ通じたが、どうも担当者が英語をあまり理解できない気がした。(マレーシア人の英語は訛りが強いことが多く、聞き取れない私が悪いのかも?)

どうにかバナナリーフを出してくれたが、ライスかロティーのどちらにするかと聞いてくるのでロティーを注文。カレーはマトンでお願いした。ドリンクはもちろんマサラティーだ。

ミールスを頼んだつもりだったが・・

ところが、出てきたのはそれだけ。ミールスになっていないのだ。
野菜類はどうしたと聞くと、無いというではないか。仕方ないので、野菜カレー(茄子カレーだった)を追加しておしまい。
これでお会計は RM7.70(≒195円)
高いとは言えないが、マレーシアではあちこちでインド料理を食べているので、かなり割高感を感じてしまった。

壁に掲示されたメニュー

あとで壁の高い位置に掲示されていたメニュー写真の解析で分かったことだが、どうも単品で加算してきたようだ。
よそ者にはミールスは出さないということか、あるいはバナナリーフではなくみなさんが食べていた金属プレートで出すのがミールスだということか?
だったら、店名にバナナリーフと付けている理由が分かりかねる。

マトンカレー 野菜(茄子)カレー

お味の方だが、マトンカレーはお決まりの骨付ブロック肉がゴロゴロしていたが、骨が多くて可食部がほとんどない。価格(RM5.00≒130円)に対して難ありだ。
スパイスが立っていない感じがしたので、粉末スパイスベースだろう。

マサラティー

ロティは油脂分が多くパリパリして面白い食感だったが、野菜カレーは特徴無し。
マサラティーは割と良い感じだった。


【店舗詳細情報】
店名:Banana Leaf(VAZHAI ELAI)
住所:36, Jln Munshi Abdullah. 75100 Melaka

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ:Flavours(Bulldog Cafe)

訪問:[2012/1/7 18:20]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
マラッカ初日の夕食は、ニョニャ料理店を選んでみた。(☞ マレーシア料理(wiki)

店頭 店の裏にある看板

現在の店名は「Flavours」らしいが、店の裏手には旧店名の看板「Bulldog Cafe」が残っているし、店頭表記も左側こそ「FLAVOURS RESTAURANT」だが、右側には「Bulldog Cafe」となっている。メニューでは「Flavours」。
どういったことなのだろうか?

店内の雰囲気 店内に魚が泳ぐ池まである

今度はちゃんとしたメニューのあるレストランだ。店内の雰囲気も古風ながらも凝った作りで、店内なのに池まである。

メニューを見ると、ニョニャ料理を筆頭に中華料理と西洋料理と題したページがあり、なんともアンバランスな印象。
もちろん目的はニョニャ料理で、他の料理は眼中無しだ。ということで、前菜メニュー3品を試してみた。

Nyonya Popiah
Nyonya Popiah (RM3.68≒95円)
Nyonya Spring Roll - stewed turnip with fresh vegetables and sliced omelette wrapperd in a homemade egg pancake.


ニョニャ春巻は、卵ベースの薄い生地(やや厚めにクレープ生地を卵と小麦粉の生地で焼いた感じのもの)で巻かれた春巻。
日本で春巻と言えば揚げたものだが、揚げてはいない。かといって、生春巻というとベトナムのそれを思い出してしまうので、それとも違う。



例によって解剖写真だが(というか、カットされていた断面写真だが、カット不十分で、ますます汚くなってしまった)、これでもかと具材を詰め込んで巻いた様子が見える。
その大部分は、春雨ならぬ細切りの蕪の煮込みだ。なんとなく柔らかい干瓢煮みたいな味わい。ボリュームが優先してしまい、あまり美味しいという印象は持てなかった。

Pai Tee
Pai Tee (RM4.73≒120円/5個)
Nyonya Top Hat - crispy top hat cones filled with cooked turnip, garnished with sliced omelette and fried shallots. Served with a homemade chili sauce.


メキシコ料理のサラダに、トウモロコシ粉や小麦粉を練って皿のように型取って油で揚げ固めたものがあるが、こちらははるかにミニサイズで一口で行けるサイズ。確かに帽子に見える。

具材は、ニョニャ春巻のものとほぼ同じ。味わいも似ているが、こちらはチリソースをかけていただくのと、カリッとした食感が楽しめる分だけ美味しく感じた。


Nyonya Otak-Otak (RM4.73≒120円)
Minced Fish Cake grilled in a fragrant Attap leaf.


オタオタという料理、たしかバリ島で似た料理を食べた記憶がある。
見た目は同じだが、こちらはサンバル風味の香辛料たっぷりのペーストを白身魚に塗りこんで葉っぱの上に敷き詰めて焼き上げてある。

Otak-Otakの断面

焼き蒲鉾と解説されている記事を見たことがあるが、写真の通りすり身を使っているわけではないので、蒲鉾ではない。
粕漬けの魚をイメージした方が良いだろう。(葉っぱは、風味づけに利用していると解釈する)

以上、過去見たことの無いニョニャ料理を頼んだわけだが、翌日の夕食にもニョニャ料理を標榜する店に出かけたものの、普通の中華料理の範疇だった。
そういった意味では、ニョニャ料理ならではの料理を楽しめる店であり、価格設定も屋台並みに安いことから十分お勧めできる店だといえる。


※メニュー:ニョニャ料理中華料理西洋料理デザートランチメニュー

【店舗詳細情報】
店名:Flavours(旧Bulldog Cafe)
住所:145 Jalan Bendahara, 75100 Melaka

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ:南華鶏飯店

訪問:[2012/1/7 14:45]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
まだまだ行けるので、3軒目に選んだ店はシンガポールで有名な海南チキンライスの店。

外観 店内は奥行きがある

かなりの人気店と煽られていたことから、12:30前に当地について真っ先に覗いてみたものの閑散としていたため、その先にある永来香茶餐室に行ってしまった。帰りに寄ってみるものの状況変化なしで、とりあえず店頭写真のみ撮影して、文龍美食坊へ。

ホテルにチェックインしてしばらく休んでから、3度目の正直と出向いたものの、今度は時間が時間だったのか、やはり状況は同じ。ホントに地元民に人気があるの?

海南鶏飯と記されているものの、横の料金表には該当なし 屋台形式の厨房

マラッカ郷土料理らしいチキンライスボールを頼むと、分かっているよという反応。みんな、これを頼むんだろうな。

チキンライスとライスボール

タレの使い方(テーブルの上にある各種調味料の配合方法)も教えてくれて非常に親切だ。ジンジャーは苦手なので、抜きにしてもらうとオイスターソースらしきものをチリソースに加えてくれた。
北隣のタイと違ってマレーシアの辛さは激辛となることがまず無いので、大抵は大丈夫。このチリソースが美味しかった。

蒸し鶏はたっぷり皿に盛られてきた

残念に思ったのは、シンガポールにたくさんある海南鶏飯店のものと比べると、やや鶏肉が硬かったこと。
鶏肉自体の旨みの少なさは、チリソースを付けていただくことで補えたが、硬い肉質はいかんともしがたい。

チキンライス チキンライスボール
▲左:チキンライス、 右;チキンライスンボール

肉の方はイマイチという印象だったが、メインとなるべきチキンライスは鶏の旨みが十分で良かった。
特にチキンライスボールは、おにぎりを目いっぱい硬く握った感じで、好物の沖縄のジューシーを思い出す。もっともジューシーよりもはるかに硬く、ご飯粒がつぶれてしまうほどだ。

お会計は、全部でRM6.00(≒155円)
シンガポールの半額程度で食べられるわけだから、マレーシアに何度も行ってしまう訳だ。宿代もシンガよりはるかに安いし。

ところで、この店の奥さん(?)、日本語が話せるわけではないが、さかんに日本語で美味しい?と聞いてくる。
片言というよりも数少ない知っている日本語の単語を使って話しかけてくるのだ。
最後に「ごちそうさま」と日本語で言って店を出たが、通じたかなぁ・・


【店舗詳細情報】
店名:南華鶏飯店(NAM WAH HOTEL CAFE & CHICKEN RICE)
住所:Jalan Bendahara 75100 Melaka

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
台湾/桃園空港T1: 麥記② 2017/08/30
台湾/台北・龍山寺駅: 龍都冰菓専業家 2017/08/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>