« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/花蓮:正宗包心粉圓

訪問:[2011/11/18 20:30]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
宿泊した宿の奥さんが、ここの包心粉圓と豆花が美味しいとのことで、デザートはこの店に決めた。といっても、中華デザートなどほとんど食べないので、まったくの前提知識なし。

お勧めというだけあって、若者たちで全テーブル埋まっていた。カップルが店を出て行ったところを、親切な若い女の子の店員が空いた席に案内してくれたうえに、日本語も英語も通じなかったが、食べ方なども教えてくれた。やっぱり台湾はいいなあ。老人も若者もみんな日本人に親切。

店頭 壁に掲げられたメニューの一部

注文は包心粉圓と豆花の文字が入っていた「包心・豆花・総合豆類(NT$45≒120円)
もちろん指さしでお願いしたが、「熱・氷」という文字があるのを見落としていて、なにやら一生懸命にどちらにするかと聞いてくれた(というかゼスチャーで示してくれた)。
どちらで食べるのが普通なのか聞きたかったのだが、言葉が通じないので仕方ない。
大量のかき氷を入れた箱を指差して「」の方でお願いした。

包心・豆花・総合豆類

で、出てきたのがこちらの2皿。
メニュー写真では3皿なので間違えたのかな、と思ったが、どうやらこれで正しいようだ。

右の黒い団子のようなものを左の器にトッピングして食べるとのこと。
宿の奥様の話では、黒団子の正体はタピオカだそうだ。

左の器の下に隠れているのは絹ごし豆腐(と思った)と甘く煮た豆と餡子の類。黒糖シロップの上に大量のかき氷を掛けた感じだが、恐らく温かい豆腐のうえに掛けたものなので、かき氷が溶けてこのような感じで出てきたものと思われる。

中の豆腐とマメを持ち上げてみた

中の豆腐とマメを持ち上げてみたが、絹ごし豆腐が柔らかすぎて崩れまくってしまった。
しかし、甘いシロップで絹ごし豆腐を食べるという感覚、私には付いていけないなぁ。
宿の奥様の話では、台湾人はみんな大好きなんだそうだ。
絹ごし豆腐と思った訳だし、未だにそう思っているが、実は違うのかもしれない。



後で調べたら、この店の右隣の 五霸焦糖包心粉圓 という店はガイドブック掲載店だった。
この時の状況では、こちらの店の方が繁盛していたが、隣はかなり独特な包心粉圓を出す店らしい。

旅行前に花蓮情報をチェックした hiroさんのブログ(☞ こちら)でも取り上げられていたが、そもそもデザートは興味の範疇でなかったのでマークしていなかった。
芸術的変態『五霸焦糖包心粉圓』というタイトルに加えて、面白そうな店主のようなので、隣に行ってみるべきだったかなぁ、とちょっと後悔している。


【店舗詳細情報】
店名:正宗包心粉圓
電話:03-8333238
住所:花蓮市博愛街163號

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/花蓮:刀削麵專賣店

訪問:[2011/11/18 20:00]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
花蓮で最も有名らしい液香扁食店でワンタンを食べた後は、ガイドブック無視でのレストラン探し。
1軒、ホテルの横にあった綺麗な店をマークしたものの、結局は食堂クラスの店へ。

外観 店内

「50元刀削麵」と派手に掲げている店。日本であればこういった店はダメであると判断できるが、台湾ではどうだろうという興味と、久しぶりに刀削麺を食べたくなってしまったので入ってしまった。

メニュー 小菜の一皿

先客は2組だけ。珍しく日本語がまったく通じなかったが、一律NT$30の小鉢があったので1皿確保。
盛りの良さは、さすが安価(?)であると大きくアピールしている店らしいが、お味は普通。

炒青菜
炒青菜(NT$50≒130円)

野菜不足を補うため青菜の炒め物を頼んだら、出てきたのは日本で言う肉無しのキャベツ炒め。てっきり空芯菜の類が出てくると思っていたのに・・
お味の方も、塩ベースで旨味も少なく期待外れ。日本の中華食堂で食べる方が美味しいな。

海鮮炒麺(刀削麵)
海鮮炒麺(NT$90≒235円)

刀削麺を食べるつもりで入ったのにメニュー上に「刀削麺」の文字は無かったので、麺は全部刀削麺ベースなんだろうと読んだわけだが、刀削麺を炒めていただくというのは経験が無かったので「炒麺」側から選んだ。

刀削麺をアップ

何年も刀削麺を食べていないので味を忘れているのだが、チクワブの塊を削って作ったのでは? と思えるような味わい。違うよなぁ・・ それとも台湾の刀削麺は、これがスタンダードなのか??

海鮮は小さな海老数匹と正方形にカットされた烏賊とゲソが少々、それに蛤の小さなのも入っていたが、これで最安値からNT$40(≒100円)も上乗せするのか? と思ってしまう貧弱なもの。
味の方も、特に美味しいわけではなく(家内のようにチクワブが嫌いだとダメかも)、ごくごく普通の炒麺的な味付け。撃沈とは言えないが、やはりダメだった。
女店主風の方の愛想は良かったんだけど・・


【店舗詳細情報】
店名:刀削麵專賣店
電話:03-8320997
営業:11:00~21:00
住所:花蓮市博愛街223-3號

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/花蓮:液香扁食店

訪問:[2011/11/18 19:40]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
正面外観 正面の左側2ブロックもこの店のもの

台東から花蓮に戻り、今日の夕食の第一弾はこちら。「休日の行列必死の人気店」と煽られていたガイドブック掲載店だ。
確かに正面から見て左の2ブロックもこの店の看板になっているほどだから、人気のある店である事は予想できるが、左端の部屋は電気が消され、真ん中の部屋も閑散としている。(この時は1組しか客がいなかった)

店内から見た厨房とレジ 店内の雰囲気

ワンタン1本勝負の店とのことで、レジで代金(NT$60≒160円)を支払い店内のテーブルで待つ形式。そういえば、台湾で先払いの店は初めてかも?
しかし、行列店にしては寂しい。正面側の部屋もご覧のとおりガラガラ。金曜日の夜だと需要が少ないのかもしれないが、行列店らしからぬ光景だ。

ワンタン

待つこと2分。鯨の絵が入った大盛りカップ麺の容器のような器に入って出てきた。
日本で食べるスープの中に沈んだ雲呑と違って、スープの上に顔を出すほどギッシリ入った雲呑。数え損ねたが10個だと思う。
トッピングは、葱とニンニクを揚げたもの。スープの味が優しいので、かなり強烈なアクセントになる。

雲呑

雲呑を引き上げて見ると、皮が崩れることも無い。しっかりした皮だ。
でも、特に皮に主張はなく、普通の雲呑という印象。

雲呑の断面

例によって断面写真も。
当地の料理は肉タップリという印象が強いが、この店の雲呑は本当に肉だらけ。混ぜ物が少ないので、豚肉100%のハンバーグの生地を餡にしているような食感だ。
お味の方も肉の味を楽しむスタンスのようで、店の自己主張が少ない。ちょっと肉が多すぎる気もするが、無難に美味しい雲呑という印象だ。

朝食にいただいた公正包子店の蒸し餃子(NT$3/1個)や肉まん(NT$5/1個)の価格を考えると、割高感を感じてしまったのも事実。(日本と比べれば、餡の量も多いし価格も激安になるが)

他の方のブログ写真を見ると、確かに行列が出来ているし店内は大混雑。
運が良かったと考えるべきか?


【店舗詳細情報】
店名:液香扁食店
電話:03-8326761
営業:9:00~21:00
住所:花蓮市信義街42-1號

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>