FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka

訪問:2018/1/6 13:15(Bar & Lounge), 20:00(Restaurant)
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
先にお知らせだが、当マレーシア年越旅行の紹介を中断して出かけてきたアイスランドオーロラ鑑賞旅行で、現地滞在中に中途半端な状態で登録したアイスランド現地調査メモを完成させたので、アイスランドに行く計画のある方はご覧いただきたい。

*****

マラッカの宿泊は、前回と同じホリデーインをチョイス。PointBreaksの特典宿泊(通常の3分の1のポイント)だというのに、またまたクラブルームにアップグレードしてくれた。
規定では特典宿泊でのアップグレードは無いのに、ホントIHG最上級のスパイア会員への優遇度は凄い。最上級のダイヤモンド会員でも規定通りの優遇しかしないJALに、爪の垢を煎じて飲ませたくなってしまう。(笑)

クラブラウンジも使えたのかもしれないが(特に案内が無かったので行かなかった)、こう優遇してもらうとお金を余計に落としたくなるというのが人情というものだろう。ということで、ペナン島の Holiday Inn Resort Penang に続いて、1階にある同名のカフェバーとレストランを利用した。

初日のディナーに1階のレストランに行くとイタリアンだというので2階のレストランに行ったらバイキング専用。マレー料理だけのバイキングなら惹かれるが、普通のホテルバイキングには魅力を感じないので断念し、次の記事で紹介する夜市会場で目いっぱい食べることにした。



2日目のランチに1階の Sirocco Bar & Loungeのテーブルに置かれていたメニューを覗き込むと、食べ物系もあったので利用することにした。
席に着くと、昨晩断念した2階の「essense kitchen」のメニュー(☞ こちらこちら)を持ってくるではないか。こんなことなら、昨日の夜に食べたのに・・
ペナンのホリデーイン・リゾートと同じように、ここのレストランもややこしい運用だ。

狙いを定めて入ったので今更方針変更する気も起きず、本来のバーメニュー(☞ こちら)から予定通り注文。でも失敗した。飲み屋メニューに真っ当な料理があることは滅多にない。(酒を飲まないことから極端に経験値が低いので、決めつけ失礼!)



Sirocco Bar Platter(RM38.00≒1050円)
Samosas, Spring Rolls, Wedges, Calamari & Chichken Loin Bak with Dips


選んだのは、飲み屋定番の揚げ物オンパレード。
もう少し真っ当な内容で出てくるかと期待していたのだが、ごらんの通り。
Dipsって、単なるスイートチリソースでがっかりだ。



インド料理であるサモサだが、見たことのない一口サイズ。
完全に冷食っていう内容で、コロッケにパスタ用のミートソースを加えた感じ。



鶏肉もイメージと違って、ほぐし肉を成型したから揚げだった。



ここでも2割引の案内を受けていたので、お会計はRM30.40≒840円也。
この店だけで採点したら、味は★1つ、総合点は★2つしか差し上げられないが、続いてディナーで試してみた Sirocco Italian Restaurant側で挽回している。(店名はどちらもSiroccoが付いているので、イタリアン側がメインとなる店のはずだ)




イタリアではイタリア料理、フランスではフランス料理という具合に、海外旅行ではご当地料理を食べることにしているので、通算11回来ているマレーシアでイタリア料理を食べるのは初めてだ。

この店、店内に本格的な薪窯を持っていたので、結構まっとうな料理が出てきそうだ。




注文を終えると、大きなフォカッチャが出てきた。
イタリアではコペルトを取られる代わりにパンが出るというアプローチが普通だが、フランス方式のようでパンは無料。



おまけに、オリーブオイルを持ってきてバルサミコをその場で注ぎ入れてくれる。
なかなかやるなぁと思ったが、オリーブオイルには味も香りが無いし(たぶんエクストラバージンではなく、加熱用を使っているのだと思う)、バルサミコも醤油っぽい変な味。やっぱり、マレーシア仕様のイタリアンか。

ついでに、ホールスタッフにイタリア語の料理名で聞き出そうとすると、知らないという。メニューにはしっかりイタリア語で載っているのだが、それ以外の単語を覚えていないみたいで、やっぱり日本のイタリアンとは格が違うようだ。


Guava Chilled Juice(RM15.00≒420円)

相変わらず、ドリンクの価格バランスが取れていないので、いつものダイエットコークではなく、グアバジュースを注文。東南アジアでは、ピンクグアバで出てくるのが普通のようだが、これは好物だけあって美味しい。



Carpaccio di Manzo(RM26.00≒720円)
Thinly Sliced Beef Fillet, Rocket, Sun Dried Tomato, Parmesan


前菜からは、牛肉のカルパッチョ。
日本ではカルパッチョと言えば魚で出てくるが、イタリア現地では生の牛肉が標準。
そんなメニューがマレーシアのイタリアンで存在するとは驚きだ。

イタリアでは、パルミジャーノを薄く削ったものがトッピングされてくるが、そこまでは追及していないようで、ピザ用シュレッドチーズが乗ってきた点が残念。



使われている牛肉もしっかり生でイタリア仕様。
惜しいのは、冷凍のままスライスして出すのは許容できるものの、牛肉に肉の味がしないのだ。
とはいえ、たった720円(実際は2割引で570円)なので、十分許容できる水準だ。っていうか、日本と比べたら驚き。



Pasta Gamberoni(RM38.00≒1050円)
Olive Oil, Chili, Parsley, Garlic and Prawns


主食には、シェフおすすめマークがついていた海老のパスタをチョイス。
イタリアンのメイン料理は、本場イタリアでも美味しいことは滅多にないので、前菜+パスタで頼むのが私の基本だ。

ガイドブックに書かれているような作法は万札が飛ぶ超高級店だけの話であり、高級店以下なら問題ないことも100軒以上のイタリアのレストランで試して判明している。(☞ 訪問したイタリアのレストラン



パスタは普通の乾麺だが、味付けが何ともマレーシア。
いくらなんでも、唐辛子の入れすぎだ。超絶に辛い。(マレーシア人には、これが普通?)
もちろんできるだけ除けて食べたが、写真の量だけ入っていたので、そのまま食べたらいかに辛いか想像できるだろう。

海老は大きなボタン海老みたいなのがデンと1尾乗っていた。




デザートはシチリアのカッサータがあったので頼んだが、後になって売り切れだと言ってきたので、ここでお会計。
2割引が効いて、RM63.20(≒1750円)也と、値段の割には良い内容だったと思う。

マレーシアの人たちには、本格的(?)な窯焼きビザをお手頃価格で食べることができるので支持されているようで、結構外部から地元の人たちが来ていたが、日本人にはごく普通のイタリアンという水準だろう。
でも、雨天で外に出かける気になれない時は、2階のバイキングなんかで食べるよりも悪くない選択だと思う。


※メニュー:前菜・スープ・パスタピザ・メイン・デザートドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Sirocco
電話:06-285-9000
営業:イタリアン 18:00~23:00(金土日~24:00)、バー 6:00~24:00
定休:無休
住所:Jalan Syed Ab. Aziz, 75000 Melaka
GPS:2.187529, 102.247893 (☞ Bing Map


マレーシアのレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店

訪問:2018/1/6 12:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
ホリデーインに隣接するショッピングセンター付近をウロウロしていると、香港で海老料理食べ歩きをした際に試した店を発見。(☞ 添好運點心專門店 深水埗店



香港では行列が出来ていた店だが、Terminal Pahlawanというモール正面入口横の一等地にあるうえに、ちょうど正午だというのにガラガラ。
大きな店なのに先客3組という惨状だったので、逆にどんなものだろうと興味を抱いてしまい入ってしまった。


中国茶(RM1.98≒55円)
Chinese Tea


香港では有無を言わさず有料のお茶が出てきたが、こちらは注文制で香港の倍価格。(苦笑)
しかも、香港の店ではサービス料は取られなかったのに、10%のサービス料を取るとメニューに書かれている。
この段階で、客が入らない理由が分かったような・・ウソ。

その代わりか、香港では置いてなかった醤油などの調味料がセットで置かれていたし、付け皿も用意してくれた。香港でこれらが見当たらなかったのは、たまたまだったのかなぁ?



晶瑩鮮蝦餃(RM11.88≒330円)
Prawn Dumpling


ということで、注文は香港と同様に海老三昧。最初は、定番で大好物の海老蒸し餃子だ。
香港だと4個単位(HK$27≒380円)だが、こちらは3個。1個当たりの価格も香港よりも高い。

漢字表記は「晶瑩鮮蝦餃」で同じだが、英語表記は香港の「Steamed fresh shrimp dumplings」の方が具体的で適切。



で、お味の方は、海老の含有量が少ない点も含めて同じっぽい。
香港で製造したものを冷凍輸入している可能性大だと思ったが、この記事を書く段階で写真を見比べてみると、皮の状態がかなり違う。
一度冷凍したからか、冷凍に耐えられるように皮の成分を変えているのかもしれない。



青芥末明蝦角(RM11.88≒330円)
Wasabi Salad Prawn Dumpling


2品目は、香港には無かったワサビ海老。
写真付メニューで、煎炸(Deep Fried)と書かれたグループにあったので揚餃子とは分かったが、やっぱり写真で見えたマヨネーズがワサビマヨだった。
って、色だけワサビで、味はワサビとは思えなかったけど。



こちらの中身は、しっかり海老が入っていた。
形状が違うので、海老蒸し餃子を揚げたものではないはずだ。
でも、お味の方は無難というか、海老が生きて無いなぁ・・



碧緑雲吞湯麺(RM10.78≒300円)
Jade Wonton Soup Noodle


最後は、お勧めに載っていたワンタン麺。
これも香港では見なかった料理だが、予想通り海老ワンタン麺。海老もぷりぷりで美味しい。

ところが、スープが論外レベルだった。
日本で3食198円で売っているような醤油生ラーメンに付いている安物スープそっくり!

香港の添好運を知っている方なら、(香港の店の水準が高いとは思わないけど)違うじゃないかと突っ込みたくなるし、値段もサービス料の分だけ割高という印象。
まさか地元民が香港の味を知っているわけではないと思うが、物価水準の違う中で価格戦略を失敗しているような気がした。


※メニュー:注文伝票おすすめその他

【店舗詳細情報】
店名:添好運 Malacca店
電話:06-284-2000
営業:10:00~22:00
定休:無休
住所:Terminal Pahlawan GF, Jalan Merdeka, 75000 Melaka
GPS:2.189264, 102.252345 (☞ Bing Map


マレーシアのレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice)

訪問:2018/1/5 19:20
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
IHGでおなじみの「PointBreaks」(5000ポイント≒実質3000円程度で泊れるキャンペーン)で、マラッカのホリデーインがリストに乗っていた。これはチャンスと、今回のマレーシア年越旅行の最後は、2度目のマラッカに行くことにした。



前回は無かったはずだが、週末は夜市も開かれるという情報を得て Jonker Walk の夜市会場を物色。会場で食べたものは、ホリデーインの正面にある Jalan Pm1 会場で食べたものと合わせて3本後でまとめて紹介するが、Jonker Walk会場の通りに実店舗のチキンライス店を発見したので、ペナンやイポーの店と比較してみようと入ってみた。



2階に上がる階段の色合いなど、なんとなくマラッカらしさのある店造りだが、客は見事にゼロ。
夜市会場となっている Jonker Walk にも食べ物を売る店や屋台街があるので、そちらに客を奪われているものと考えられることもできるが、時間帯がピークとなるはずなので、ここは素直にまったく支持されていない店だと見るのが妥当だろう。
分かっていながら入ったというわけだ。



A02 Chicken Rice Ball(RM7.00≒190円)

メニュー写真のA02がチキンライスのライスがマラッカ名物のライスボールになっていたので、それをお願いしたのだが、メニューには唯一価格が記されていない。ちょっとヤバイかなぁとも思ったが、結果は単純だった。
小飯(RM1.50)の代わりに粒飯(RM0.50)を5個乗せてあったので、6.00(鶏飯)-1.50(小飯)+0.50(粒飯)ⅹ5=RM7.00だった。



さて、期待していなかった蒸し鶏だが、期待通り。すなわち、論外レベルだったということだ。
パサパサ感と不自然な柔らかさが組み合わさった感じで、食感が極めて悪い。



断面写真の方が分かりやすいかもしれない。
崩れたような繊維の筋がハッキリ見えている。



マラッカ名物のチキンライスボールは、美味しいわけではないけど、普通にチキンブイヨンで炊いたご飯を、ぎゅっと潰す感じで丸めたもの。
覚悟通りの店だったという事だ。


※メニュー:説明とメインドリンク

【店舗詳細情報】
店名:我家鷄飯 (My Chicken Rice)
営業:8:00~17:00(金土日~20:00)
定休:無休
住所:Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka
GPS:2.196257, 102.246920 (☞ Bing Map


マレーシアのレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
タイ/バンコク・Ratchaprarop駅: Go-Ang Kaomunkai Pratunam 2018/12/18
ベトナム/ハノイ・ノイバイ空港: Bamboo Cafe&Fastfood&空港野宿情報 2018/12/17
ギリシャ/アテネ: Ambrosia@Crowne Plaza Athens-City Centre 2018/12/16
キプロス/パフォス [Paphos]: ROXANE Restaurant@Alexander The Great Beach Hotel 2018/12/15
キプロス/Miliou: Amaroulla Restaurant@Ayii Anargyri Spa Resort 2018/12/13
キプロス/レメソス [Limassol]: MEZE Taverna 2018/12/12
ギリシャ/アテネ空港: Bistrot Attica Athens 2018/12/11
ギリシャ/アテネ: LIONDI Traditional Greek Restaurant 2018/12/10
ギリシャ/ロードス島 [Rohdos]: Amalfi Social Lounge Bar 2018/12/09
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: ΜΑΓΕΙΡΕΙΟ ΜΕΖΕΔΟΠΩΛΕΙΟ(Tzatziki?) 2018/12/08
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: Nikos Fish Restaurant 2018/12/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒成田(NRT) 2018/12/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: デンパサール(DPS)⇒香港(HKG) 2018/12/05
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Balique 2018/12/04
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Rame Cafe 2018/12/03
インドネシア/バリ島・ヌサドゥア [Nusa Dua]: Raja Bali 2018/12/02
インドネシア/バリ島・ブノア [Benoa]: Balicious Restaurant & Bar 2018/12/01
インドネシア/バリ島: ENVY@Holiday Inn Resort Baruna Bali 2018/11/30
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒デンパサール(DPS) 2018/11/29
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG) 2018/11/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>