FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

インドネシア/バリ島・ブノア [Benoa]: Balicious Restaurant & Bar

訪問:2018/11/16 12:50
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
バリ島2日目は、ヌサドゥア[Nusa Dua]地区に隣接するブノア[Benoa]に移動。
ホテルにチェックインした後は、ランチを食べに近場の店を物色。

オフシーズンでリゾート客が極端に少ないのか、まったく客の入っていない店を選ばざるを得なかったが、店頭の写真メニューで判断したのがこの店。



Avocado juice(Rp.33040≒260円)

まずは、気になるアボカドジュースなるものを頼んでみたが、出てきたのはチョコミルクシェイクといった感じの代物。
アボカドが入っていることになってはいるものの、ほとんどそんな味はしない。



Ayam Betutu(Rp.100300≒790円)
Grilled chicken in banana leaves with Balicious special sauce


メインは、昨日と同じような感じのバリ風ソースと書かれていた鶏肉のロースト。
この Betutu という単語は、今までバリ島で食べた料理の中で一番だったBebek Tepi Sawahの「Bebek Betutu」で覚えていたものだ。

それにしても、日本で食べてもランチなら同じような金額で食べれそうな寂しい皿。



肉のサイズは昨日よりも多少は大きいし、肉質もパサパサ感は無く、そこそこ柔らかだったので悪くは無いのだが、やっぱり肉種が違うとはいえ Bebek Tepi Sawah の「Bebek Betutu」はずば抜けていたことを再確認できてしまった。





特筆するようなこともないので、お会計。
この記事を書く段階でトリップアドバイザーを見たら、当地区では下位に位置する店だった。
そんなに悪いとは思えないけど、まあ納得かな。メインの皿が寂しすぎだ。


※メニュー:前菜・サラダ郷土料理①シーフードグリルカレーデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Balicious Restaurant & Bar
電話:0361-778692
営業:11:00~23:00
定休:無休
住所:Jl Pratama 57. Badung, Bali 80363
GPS:-8.783569, 115.224877 (☞ Bing Map


インドネシアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島: ENVY@Holiday Inn Resort Baruna Bali

訪問:2018/11/15 19:00
評価:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
ベルギーから香港で1泊した後、バリ島までやってきた。
JALの提携会社特典航空券、最大6区間で同一地点3か所経由可能というルールだったことから、単純にベルギー往復するのと同じマイル数でバリ島行きを加えることができたというわけだ。

初日の宿は、空港から徒歩10分のホリデーイン・リゾート。前に来たときは、空港から徒歩30分弱のクタ・スクエアにあったホリデーイン・エクスプレスに泊まったのだが(現在は別ブランドで営業)、これだけ空港の近くにIHG系ホテルが出来て嬉しい限り。
ちなみに、お隣が格安のホリデーイン・エクスプレスなので、泊るだけで良ければそちらをお勧め。



ここでもIHGスパイア会員の威力を見せつけてくれて、なんと6段階アップのビーチフロントにある最高値のスイートルームを用意してくれていた。(☞ IHGスパイアエリート会員アップグレード記録
これだから、IHG系ホテル巡りがやめられなくなるわけだ。(注:インターコンチネンタルは除外。10軒ほど泊って確認したが、平のアンバサダー会員と同じ待遇となり、スパイアエリート会員であれば有償のアンバサダー会員になるメリットはまったく無いことを身をもって体験している)



チェックイン時に何やらイベントの招待券をもらえたので中庭に出かけると、アルコールを含む飲み物とおつまみが用意されていた。毎週木曜日、ホテルスタッフと色々話そうというイベントだそうで、私のテーブルには誰一人寄って来ず、テーブルの上の食べ物独り占め!(さすがに重複する分は取らなかったけど)




30分ほどホテルの教育担当という方と片言英語で色々話した後、部屋で少し休んでから、いつものように大幅アップグレードのお礼にホテル内のレストランで夕飯を食べることにした。



レストランは郷土料理系と欧米料理系の2軒あったが、雰囲気の良さから欧米系のレストランをチョイス。
バリ島での生演奏となると騒がしいバンド系ばかりという印象だったが、ギターの音色に合わせて落ち着いた歌声を聞かせてくれていたのに惹かれてしまった。

メニューを見ても欧米料理ばかりだったので、郷土料理は無いのかと聞いたら、テーブルに立て札形式で置かれていた。上部にもう一方のレストランの名称が書かれていたので、厳選したものだけをこちらでも提供しているようだ。



そこから2品注文したのだが、最初に出てきたのはフォカッチャ。
写真は少し食べてしまった後だが、やっぱり欧米料理系だな。



Gado-gado(Rp.65000≒510円)
Longbeans, bean sprouts, spinach, cabbage, boiled egg, peanut sauce, crackers, rice cake


前菜に選んだのは、大好物のガドガド。
ところが、出てきたのは茹でキャベツにピーナッツソースという印象だったガドガドとはまったく違うもの。



テンペがトッピングされている下の部分がガドガド本体のはずだが、御覧の通りキャベツの姿がほとんどない。
過去3~4軒で食べているはずだが、こういうのもガドガドと言うのかなぁ?
お味の方も、ピーナッツソースが少なくて、手前のごはんを固めたものを食べるのに困ってしまった。



Tour De Bali(Rp.145000≒1150円)
Balinese spiced roasted chicken, grilled minced fish on bamboo skewer, fried fish of the day with sambal matah, mix vegetable serombotan, vegetables crackers


メインは、ツール・ド・フランスならぬツール・ド・バリ。
バリのスパイスを使ったローストチキンという表記があったので、無難なナシゴレンよりは面白いだろうと頼んでみた。



しかし、クオリティの低さに唖然。
左の鶏肉は、作り置きを再加熱したのかパサパサだし、真ん中の魚のすり身は極小サイズで食べた気になれない。



右の魚のフライだけは、まあ普通にいただける水準だったが、これで1150円は無いだろう。
もう一方のレストランのものだとすると、こちらのレストランを選んだのは正解だったが、今度泊まるとしたら(空港から歩いて来れるし、値段の割には立派なリゾートホテルだったので気に入ったのだ)外に食べに行くしかないなぁ。


 

お会計はメニュー表記通りで合計 Rp.210000(≒1650円)也。
当地の観光客向けのレストランは税サ別表記が普通なので(通常21%加算される)、最初から税サ込価格で案内している点では良心的だけど、飲むだけにした方が良さそうな気がした。(ちょっと歩けば、食べるところはいくらでもある)


※メニュー:前菜Bitesサイドバーガー・ラップパスタピザメイン①デザートインドネシア料理

【店舗詳細情報】
店名:ENVY
電話:361 755 577
営業:11:00~24:00
定休:無休
住所:Jalan Wana Segara 33, Tuban, Kuta, Bali 80361
GPS:-8.736717, 115.163541 (☞ Bing Map


インドネシアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

インドネシア/バリ島・ウブド[Ubud]:エレファント サファリパーク [Elephant Safari Park]

訪問:2016/12/4 18:40
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆

エレファント サファリパーク
▲象の後ろに見える建物がレストラン

2泊目は、家内の希望を実現するためにエレファント・サファリパーク内にあるロッジ(Elephant Safari Park Lodge)に宿泊。ここに来るまでは、空港のぼったくりクーポンタクシー屋をかわしたり、予定通りゴールドメンバーで部屋のアップグレードもしていただく等、極めて順調だったが、エレファント・サファリパークに着いた時点でコンラッドの日本人女性職員に騙されたことに気付いたのだ。

最初は、Elephant Safari Park Lodgeまでタクシーで向かうつもりだったが、彼女が宿が無料で迎えに来てくれると言うのでお願いした。後になって部屋に電話をかけてきて、荷物がある場合は Rp.190000(≒約1700円)かかると言ってきた。そんな話があるのかと多少変には思ったのだが、タクシーなら Rp.400000弱と予想していたので、まだ安いと承諾したわけだ。
これが勝手に申込まれていたツアー(Rp.300万強≒3万円弱)の送迎サービスだったのだ。

ヒルトン系の最高峰であるコンラッドだから信頼するのは当たり前だ。エレファント・サファリパークに泊まるのだからツアーに申し込む必要性は無いわけで、到着時にロッジとは無関係だと言い張るツアー会社とひと悶着。最終的にはディスカウントしてもらったが、本当にコンラッドには腹が立った。

デンパサール空港では、税関を出た真正面の準制限エリアにある空港公認店に見える「Ground Transport Information」でも、正規の3倍の料金(約13Kmのコンラッドまで Rp.380000≒3300円;実際に利用したメータータクシーでは有料道路代込でRp.96550≒830円)を吹っかけてくる悪質ぼったくり店だったし、5つ星の世界ブランドホテルであるコンラッドでさえも、騙し行為をしてくるのだ。
バリ島では、日本人も含めて日本語を話してくる連中にはくれぐれも注意していただきたい。基本、彼らが言う「美味しい話」には乗らないのが無難だろう。

ツアーを利用しない象乗り等のエレファント・サファリパーク全般の詳細情報は、日本語情報が皆無に等しいうえに、公式HPにも具体的な情報が載っていないので、別途ミニ情報でまとめて発信する予定にしているので(たぶん来年1月後半頃に公開できると思う)、ここではレストランの情報だけに絞って紹介したい。


部屋まで象が迎えに来てくれるElephant Safari Park Restaurant
▲左:部屋まで迎えに来た象  右:夜のレストランの雰囲気

夕食は、エレファント サファリパーク内にあるレストランでいただくことになる。
部屋からレストランへは、お約束の象のお出迎え。わずか3分強だが、パーク内に泊まって夕食をレストランで食べれば、高額な象乗りを別に申込まなくても象乗りが実現するのだ。

象のお迎え時間は、まだ少し明るい18:30に指定される。(恐らく真っ暗だと送迎は無理だからだと思う)
好きな時間にレストランで食べれるわけではないし、外で食べようなどと考えると周辺には何も無いだけでなく、送迎を頼むと法外な料金を請求して来るので、食べ物を持ち込まない限りはレストランで食べるしかないのだ。

宿泊客が多い時は、バイキング(Rp.425000≒3700円)しか選択肢が無いようだが、この日の宿泊客は(たぶん)3組だけ。比較的安価で済むアラカルト運用だそうだが、テーブルの上に置かれていた「Special Day Dinner Menu」と題したコースは、バイキングと同じ金額。ざっと見て魅力が無かったので、アラカルトメニューをお願いした。
しかし、こちらから要求しないと安い正規メニューが出てこないというのも、バリ島らしいぼったくり気質?


アミューズ

注文を終えると、無料のアミューズが出てきた。
カリフォルニアロールみたいな海苔の代わりにサーモンで半分巻いた寿司。醤油ではなくマヨネーズでいただく。

しかし、前菜にサーモンを頼んでいるのに、同系のものを出してくるとは・・って、インドネシアの店で、それを求めても無理か。タダで出てきたものに文句を言ってはいけないだろう。


パン

バスケットから選ぶパンとバターも無料。まあ当然。
パンは温められていたし、冷めないうちにバターを付けていただけば、まずまずの美味しさ。

もっとも、冷めてしまうと急速に湿気を吸ってしまうのでいただけない。
ソースをぬぐうのに使うしかなくなってしまう。


Gingered Scented Salmon Gravelak
Gingered Scented Salmon Gravelak(Rp.60000≒520円)
On wilted rucolla, sun dried tomato and cherry tomato salad with citrus-egg coulis and onion tempura


前菜から家内が選んだのは、無難そうに見えたサーモン。
しかし、このサーモンが最悪だと、私に食べてとよこしてきた。。
恐らく一度解凍したものを再冷凍したのだろう。水っぽいうえにパサパサだ。


Iced Tiger Prawns
Iced Tiger Prawns And Avocado Guacamole(Rp.55000≒470円)
Tomato salad with gazpacho dressing and basil oil


私は、海老とワカモレに惹かれた。
メキシコ料理のワカモレ(アボカドを潰してライム等を加えたパテ)の上に、割と大き目の海老が3尾。
内容的には予想より良かったのだが、特にワカモレのお味が伴っていなかった。

Iced Tiger Prawnsって、冷凍品という意味で使っているのかな?


Classic Indonesian Nasi Goreng
Classic Indonesian Nasi Goreng(Rp.105000≒910円)
Indonesian fried rice with chicken served with fried chicken, chicken satay, egg omelet, acar and shrimp cracker


メインは、当然ながらインドネシアンスペシャリテから選ぶことにした。
家内が選んだのは、超無難なナシゴレン。一般的には、ナシゴレンスペシャルに相当する皿だ。

ナシゴレンは美味しいが、それ以外がなんともいただけない。
特にご当地の代表的な料理であるはずのサテが、レンチン品みたいな出来なのだ。
フライドチキンも昼間の営業で売れ残った再加熱品だろう。

家内は、変わった味の出汁巻玉子みたいな玉子焼き(自称オムレツ)が不味いと残していた。


Bebek Betutu
Bebek Betutu(Rp.140000≒1200円)
Oven - Braised Balinese duck in classic spice served with steamed rice and long bean in coconut milk


私は、昨晩の Bumbu Bali 2 で狙っていたものの、事前予約制ということで食べれなかった Bebek Betutu
2年前に Bebek Tepi Sawah で食べたものが抜群だったので食べ比べして見たかったのだが、ここまでの料理水準から見える通り、撃沈。
これって、フライドダックではないか。
バリ島の名物料理を、こんな手抜きの違う料理にして観光客に出しては、バリ島の印象を悪くするだけだ。

ただし、御飯の左横に添えられているココナツミルクで煮込んだ豆料理は、素朴ながらも郷土料理っぽい味わいで良かった。


お会計

以上にドリンクを加えて、お会計は Rp.427000≒3700円
バイキング実施日だと嫌でも倍額になるので、内容はともかくアラカルト実施日で良かったかもしれない。
この水準の料理で不味いバイキング料理を食べさせられてはたまらない。

※メニュー:コースメニュー(Rp.425000)Dinner Menu ①

【店舗詳細情報】
店名:Elephant Safari Park Lodge
電話:0361-721-480
営業:12:00~、18:00~23:00
定休:無休
住所:Jalan Elephant Safari Park, Taro Village, Tegallalang, Ubud Bali 80561
GPS:-8.391910, 115.284294 (☞ Bing Map


※JAL機内Wi-Fiサービスでロシア上空から登録しました。
訪問したインドネシアのレストラン


翌日は、宿の高い送迎サービス(Rp.625000≒5400円)でリッチに空港まで移動して2泊5日の象乗り旅行は無事終了。私の目的でもあった2017年度のJALダイヤモンド会員資格の取得も、翌週の3泊5日パリ旅行で確定した。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 84170円(成田<>クアラルンプール<>デンパサール、11432マイル獲得/ビジネス)
現地宿泊費: 19714円(Rp.2286848/2泊)
現地交通費: 4835円(Rp.560825)タクシー・送迎サービス
飲食雑費等: 6586円(Rp.763988)飲食費・象乗り(家内のみ)
国内交通費: 2826円
旅費合計: 118131円...2人で約24万円(22864マイル獲得)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハイフォン: Quán Bà Cụ 2019/02/20
ベトナム/ハイフォン: Hợp Bích Bánh Da Cua 2019/02/20
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: ブンチャーフォンリエン[Bún chả Hương Liên] 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Goofoo Gelato 2019/02/19
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Nhà hàng Ngon(ハノイ店) 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Noodle & Roll 2019/02/18
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片② 2019/02/15
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>