FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店

訪問:2019/3/11 9:00:、3/13 8:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
今回泊まった宿、朝食はモスバーガーとマクドナルドで交互に食べるようにと朝食券をくれた。マクドナルドは論外レベルで紹介する気にもならないが、モスバーガーは日本と違う朝食メニューだったことから、ちらっと紹介しておこうと思う。
なお、日本でもマックは10年以上、モスも5年以上食べた記憶が無いので(子供が小さい頃は、どちらも株主優待券で多頻度で食べていた)、現在の日本の状況は知らない。



カウンターメニューを見ていると、店員が日本人だと気づいて日本語版を出してくれた。
日本語併記版ではなく、完全に日本語だけのバージョン。写真があるから、店員側も指差しで理解できるのだろう。



チキンカツバーガー(NT$60/単品≒230円)

初日のチョイスは、選べる中で一番高かったチキンカツバーガー。
おそらく日本にもあるものだろうが、硬い冬キャベツの千切りって、日本も同じ?



ガブっといったものの、お味もモスバーガーらしくない。断面写真の通り、鶏肉はくず肉を固めたような感じのもので、まったくチキンカツではないのだ。チキンナゲットを単に大きく整形して衣を付けて揚げただけ。
それに、ソースが全然足りない。台湾のモスのクオリティはこの程度かと思ったわけだ。(翌朝のマックはもっと悲惨だった)



その代わり、港を拝めるテラス席を確保できた分だけ良かった。
港周辺ではiTaiwanのフリーWiFiが使えたので、テラス席でしばらくまったりさせていただいた。



オムレツバーガー トマト・チーズ(NT$45≒170円)

2度目は、台湾オリジナルと思われるオムレツバーガーからチョイス。
断面写真を取り忘れたが、レタスも大好きだった菜摘バーガーのようにたっぷり挟まれていたし、オムレツの中がトロトロで日本のハンバーガー屋では真似できないのではないかという美味しさ。(わざわざ食べに行くレベルではない)



もし台湾のホテルで朝食がモスバーガーだったら、ぜひオムレツバーガーを選んでいただきたい。
日本で同じものを出すとしたら、もう少しソースをたっぷり付けてもらわないと厳しいかな。


※メニュー:中国語版日本語版

【店舗詳細情報】
店名:摩斯漢堡 澎湖店
電話:06-926-5380
営業:6:00~23:00(10~3月:7:00~22:00)
定休:無休
住所:澎湖縣馬公市臨海路30號
GPS:23.562909, 119.565235 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包

訪問:2019/3/12 19:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆


レンタカーで回った後の夕飯は、前夜見つけてマークしておいた小籠包屋へ。
店内に屋台を置くようなデザインの洒落た店。澎湖には夜市どころか屋台もほとんど無いので珍しい。

まずは、台中の三喜蛋餅で食べた葱花蛋餅があったので、卵抜きバージョンでお願いして比較。
卵抜きでも三喜蛋餅よりも高いのは、離島価格ということだろう。



葱孤餅(NT$30≒110円)

入店時は閉店30分前ながらもほぼ満席だったせいか、出てくるまで10分以上待たされて出てきた。
うーん、シンプル。お味もイマイチ。

実は、葱餅の生地の冷蔵品を最終日に桃園のカルフールで見つけて買って帰ったのだが、何も入れずに生地だけを焼いて食べたのと同じ感じになった。卵を加えると美味しくなるので、卵抜き版を頼んだ私が悪かったようだ。



手工鮮肉湯包(NT$80≒300円)

看板メニューの小籠湯包は、10個入りで80元。こちらは、離島価格ではない激安路線。



スープもたっぷり、これぞ湯包という小籠包だったが、なかなかうまく撮影できないものだ。
熱々の時は、持ち上げるとスープの重量で皮が伸びたのだが、その写真も撮影失敗。
破れそうな皮に見えたが、持ち上げても破れることがまったく無かった。

日本人のイメージするオーソドックスな小籠包のお味でなかなか美味しい小籠包。
周りの客は、誰一人と小籠包を頼んでいなかったので、実は他の料理も美味しいのかもしれない。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:回味天津小籠湯包
電話:06-926-5828
営業:11:00~20:00
定休:無休
住所:澎湖縣馬公市光武街3號
GPS:23.565791, 119.565896 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店)

訪問:2019/3/12 14:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
ドライブ中に玄武岩の造形美を見ることが出来るポイントがあちこちにあったが(例えば、澎湖の風景①に掲載した「內垵柱狀玄武岩」は、北アイルランドの世界遺産「ジャイアンツ・コーズウェイ」と同じような景観が見れる)、そのためか地質公園と称した場所も複数あった。

ここ「澎湖海洋地質公園・小門」もそのひとつだが、無料入場できる博物館に入ってみると、ジャイアンツ・コーズウェイのものよりも規模の大きそうな写真が展示されていた。気になって受付でどこにあるのか聞いてみたら、無人島だと。レンタカーで行くことが出来ず、残念。

ちなみに、観光バスが来ていた「池東大菓葉玄武岩」は、澎湖の風景①に写真を載せてある通り、ジャイアンツ・コーズウェイ以上に「世界三大がっかり」感を味わうだろう。規模が小さすぎるのだ。




さて、烏賊は澎湖特産のひとつみたいだが、その烏賊を使った「小管麺線」をまだ食べていない。
地質公園につながる道の途中に複数の食堂があり、その中で1番良さそうな店を選んで食べてみることにした。

ちなみに、Google Mapには載っていないと思っていたが、全然違う場所に「小萍的店」として載っている店が該当するみたいだ。
台湾には「の」を文字を使っている店が多いが、日本語文字の「の」をうまく登録できないから「的」になるのかな?




注文を終えると「お通し」的な皿が出てきた。無料なのでアミューズかな?
台湾の食堂でアミューズが出てきたのは、ちょっと記憶がない。



焼酒螺(NT$50≒190円)
Zoned cerith


Zoned cerithを手掛かりに調べてみたら、和名で「ヒメクワノミカニモリ」と言うらしい。(☞ 貝類データベース
それはともかくとして、直径1cmにも満たない小さな貝をどうやって食べるのだろうと、爪楊枝はないかとセルフサービスコーナーに見に行っても存在しない。

どうしようか悩んでいたら、店のおばちゃんが、こうやって食べるんだと1つを口に持って行き吸い出すそぶりをしてくれた。なるほど。



吸い出した身を引っ張り出すと、こんな感じ。

個体が小さすぎるので貝を味わうというものではないので、味付け勝負だろう。
ラー油ベースの辛さも手伝い、酒が進みそうなおつまみだ。


▲左:器の底にたまったラー油  右:全部食べ終わった残骸

約100個ものエスカルゴが出てきたマルタ島の 47 Summer Nights 以来の貝類個数記録。数える気になれないが、たぶん200個はあったと思う。
8年前とはいえ、5.95€でマルタ島で食べているので、50元(≒190円)という価格には驚きは無かったけど、安いのは確かだ。



小管麺線(NT$100≒380円)
Squid noodles


期待の小管麺線の到着。
相変わらず、日本なら烏賊を表に全部出して見栄え良く盛り付けるのに、お構いなしだ。

スープの味は、昔懐かしい日本の塩ラーメンという感じ。
台北等で何度も食べている麺線の色は茶色っぽいのだが、この店の麺線は白。日本のソーメンと同じ感じ。腰がある点でも同じだ。




一切れ食べた後だが、中にも隠れていたので全部取り出して烏賊を撮影。
結構な量が入っているので、ますます初日に烏賊炒めで360元も取られた京典海鮮餐廳に対する不信感が募った。

先ほど食べてきた清心飲食店のものと同様に、厚みがあるものの柔らかく甘みの乗ったもの。場所柄観光客目当ての店なのに、この価格設定は良心的だ。

結果的に、20軒で食べ歩いた澎湖の店の中で1番の店ということになった。


※メニュー:注文伝票兼用

【店舗詳細情報】
店名:小萍の店
電話:06-998-3841, 0911-192637(レストランカードベース)
営業:7:00~17:00
定休:無休
住所:澎湖縣西嶼鄉小門村11之3號
GPS:23.653178,119.517485 (☞ Bing Map



台湾の訪問レストラン地域別ランキング
 

【澎湖の風景②】

▲左:澎湖小門海洋地質公園・からの眺め  右:鯨魚洞


▲通樑古榕


▲澎湖北寮奎壁山地質公園周辺(☞ 西伊豆町との友好公園案内板


▲左:山水30公園から見た山水沙灘  右:蛇頭山遊憩区


▲頭山風櫃尾荷蘭城堡遺址(写真左奥..先端まで行ったが価値無し)


▲風櫃聽濤

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 赤崁炸粿 2019/03/23
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>