« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   

オーストラリア.メルボルン:Beachcomber Cafe + ペンギン情報

訪問:[2010/12/24 15:40]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
海辺のリゾートにあるレストランなど、たいていは労せず客を集めることができることから高くてレベルが低い。ところが、メルボルンの中心からわずか7Km、A$6.80の市内1日券を使ってトラムで20分ほどのところにあるこの「キルダビーチ(Kilda Beach)」に建つこの店は別格だった。

ビーチ内にある店の外観

ビーチ内にある建物は僅かであることから、おそらく公営の複合施設。他にレストラン2軒とスポーツ施設が入っていたが、ビルの中はテナント募集中の張り紙まであるので、そんなに流行っていない感じ。反対側の1軒はクリスマス休業、反対側2階にあるカフェは閑散としていた。

テラス席からの眺め

しかし、この店だけは満席状態。平日ランチは午後5時までと記されていたので、少し周辺を歩き回ってから入ってみたが、それでもテラス席は半分以上埋まっていた。

その「$25 Lunch Special」は、前菜(7択)・メイン(6択)・ドリンク(4択)」がセットになっている。ドリンクはアルコール飲料でもOKというのは当地では普通。私はお決まりの Diet Coke。

さて、なぜ時間を潰してまでこの店に入ったかというと、メニューが魅力的だったからだ。
前菜の選択肢に、1/2 doz oysters の文字。
日本でも同じだが、生牡蠣には目がないのだ。

1/2 doz oysters

1個あたり$2.50~$3.00が相場だからそれほど期待はしていなかったものの、鮮度といい質といい満足できるものが出てきたのには驚いた。
オーストラリアの牡蠣は、昨年秋のシドニー周辺ドライブで泊まった Nelson Bay の近くで食べた(☞ こちら )ものと比較できるが、種類は1つであるものの身がふっくらしているうえに、日本の牡蠣と違って本当に「海のミルク」といった味わいがあって旨い。これなら財布が許せばいくつでも食べられる。

牡蠣の残骸も参考のため
▲食べた後の牡蠣の貝殻を見れば、小ぶりながらも深さがあり真ん丸太った牡蠣であることが分かる

メインのチョイスは、Veal osso bucco served with risotto
イタリア料理のオッソブッコ。すなわち子牛のすね肉の煮込みにリゾットも付くというので躊躇なく決定。というのも、オーストラリアのイタリア料理の水準はかなり高いことを過去の経験から知っているからだ。

Veal osso bucco served with risotto

Veal osso bucco served with risotto

反対側から撮った写真を見ると、日本と比べてボリュームたっぷりというのも分かる。
お味の方も、価格からみれば優秀。特にリゾットの米は、このレベルのレストランでも日本の水準の低さを感じさせられる出来で満足。(味付けだけは、やや粗末な印象だったのが残念)


※メニュー: $25 Lunch Special(A$25≒2160円) ←クリック

【店舗詳細情報】
店名:Beachcomber Cafe
電話:(03)9593-8233
住所:The St Kilda Sea Baths Shop 9, 10-18 Jacka Blvd, St Kilda 3180 Melbourne

大きな地図で見る



さて、このセントキルダビーチ(St Kilda Beach)に関しては、ガイドブックに載っていないもうひとつ情報を発信しなければならない。野生動物保護地域に指定されている「セント・キルダ防波堤」、この店から見える海に伸びる橋を500mほど渡った先にある。

入口にあるペンギン案内標識 入口にあるペンギン案内版

防波堤の入口にはペンギンの注意標識と案内板。その先のボードウオーク側の岩場にペンギンが潜んでいるのだ。まさかメルボルン市内中心部からトラムで行ける場所に、ツアーではお決まりの撮影禁止や接近禁止などまったくないペンギンに会える場所があるとは知らなかった。

整備されたボードウオーク ボードウオーク側の岩場を注意しながら探してみよう!

このボードウオークの整備は、姉妹都市である愛知県大府市の募金によって行われたとの案内板が岩場に貼り付けられていたが、その周辺が要注意箇所。

大府市の募金によって整備されたとの案内板

岩場の穴をよく見てみよう。
左の写真は親鳥、右の写真は暗くて見難いが、ペンギンの雛が何羽か元気にくちばしを動かしているのが見えた。

ペンギンの親鳥 こんな岩場の間にペンギンの雛が隠れている(暗すぎて写真では撮れなかった)

最初に紹介したような看板、例えばクジラが見えるとか○○がいるとかというのは目にするが、実際に見ることができたのはおそらく初めて。周囲の人たちも騒いでいる気配はなく、いて当たり前という接し方で、たまたま居合わせた人がここにいると教えてくれたおかげで見ることができたのだ。

メルボルン市内でありながら、無料でペンギンを見れる場所。もちろん写真撮影も可能(フラッシュ不可は常識)で、何の囲いもないのだから驚きだった。 (運は必要かもしれない・・)
100Kmほど離れた島に住むペンギンを見に行くツアーは有名だが、こんなひっそり暮らしているペンギンを見るのも旅の楽しみではないだろうか。

ちなみに、私のトレードマークであるペンギン標識、実はどこで撮ったのか覚えていないのだ。
ペンギンツアーでおなじみのフィリップ島に行った記憶はなく、アデレードかメルボルンで借りたレンタカーで走っているときに通ったどこかの街の沖合に浮かぶ橋で渡れる小島にあったことだけは記憶している。確かその橋に線路が敷かれていて馬車(だったと思う)で渡ることができたと記憶しているのだが・・

※おまけのペンギン情報
この旅ではタスマニアの東海岸、Bicheno という街でもツアーではない自然体でペンギン約20匹を見ることができた。(☞ こちら
もちろん撮影も可能(暗くて厳しいけど・・)だし、最接近で約1メートルまで向こうが勝手に近寄ってきた。
特にペンギン目当てではなかったが、結果的にペンギン好きにはたまらない旅となった。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>