FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

タイ/アオナン.クラビ(Krabi):ボートヌードル(Boat Noodle Aonang)

訪問:[2013/1/4 14:00 & 19:00]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
今回の旅で唯一のリゾート地であるクラビのアオナンに到着。
相変わらず曇天で時々雨が降るような天候なので、コストをかけて島めぐり等をする気にもなれず、街歩きだけ。

確かに海岸沿いは、レストランだけでなく屋台までもが観光地相場。宿代もクラビタウンの倍以上だ。
こんな場所では、高級ホテルのレストランに入るのが正解だと思うが、マークしたレストランは既にランチはおしまいとのこと。

外観 店内

仕方なく、海岸から離れる道ぞいを歩いていると、マクドナルドを過ぎたあたりから少しずつ値段が下がり始め、この店で一気に普通のタイ相場になってしまった。しかも、奥の方の内装は観光地らしく意外と凝っているので、タイ相場よりも安い印象だ。

観光地だけあってメニューには英語表記もあったが、驚いたことに若い女の子はカタコト英語を話せる。
アオナンに、食堂相場のレストランで英語を話す店員がいるとはびっくりだ。

麺用野菜とマンゴーシェイク
麺に入れる野菜と Mango shake(THB30≒90円)

店名にもなっているヌードルとマンゴーシェイクを注文すると、麺に入れる野菜と共に西瓜が出てきた。
どうもサービスでどの料理にも付くらしい。

Boat Noodle soup with Beef
Boat Noodle soup with Beef(THB40≒120円)

出てきた麺だが、わずか40バーツという価格にもかかわらず肉がいっぱい。魚団子まで入っていた。
これがなかなか美味しいのだ!

屋台系食堂となれば化学調味料(旨味調味料)たっぷりなのは当たり前だが、牛肉でしっかり取ってあるスープの出汁に旨味調味料が入っていないような感じなのだ。
何も無化調信者を相手にすることは無いので、少し加えれば出汁の旨味が強調されてもっと美味しくなりそう。

隠れていた麺を出してみた

麺のコシなど無いのがあたりまえの国なのに、しっかり腰のある太めの春雨のような麺。
マロニーを細くした感じ、あるいは韓国冷麺を太くした感じの食感だが、これも意外に行けた。

ディナーでの注文品

気に入ってしまったのでディナーの2食目として再訪してドリンクの他に3品頼んでみたが、豚肉の煮込みが売り切れとのことで上の2品になってしまった。
やはり、ランチと同様に西瓜がサービスで付いてきた。

Fried mussel
Fried mussel(THB50≒150円)

前菜に頼んだのは、大好物のムール貝。
わずか50バーツという価格だったので、少しだけだろうと思っていたら、15個位はあった。

残念ながら、炒め物では無く、卵をあえて油で揚げたような料理で私には厳しいものだった。
ムール貝部分だけを取って、少しピリ辛にしてあるケチャップに付けていただき、はぎ取った衣部分を残してしまった。

Fried rice pineapple
Fried rice pineapple(THB50≒150円)

私にとってのタイ料理の定番であるパイナップル炒飯は、チキンかシーフードを選べるとのことでシーフードで。
こちらもわずか50バーツ。1軒目の店でも食べているが、半額だ。

さすがに他の地域で食べたものと同様に(☞ Restaurant TAIPAN@チェンライ、Nara Thai Cuisine@バンコク)パイナップルの器には入っていなかったし、残念ながらカレー味。
でも、海老(2尾)にイカも入っていたし、定番のナッツでしっかり味を決めていたので満足できた。

ということで、アオナンで安く美味しくいただける店という事で推奨したいと思う。

※メニュー:飲料麺・スナック類定食一品料理①

【詳細情報】
名称:Boat Noodle Aonang
電話:086-271-9528, 086-281-5185
住所:Moo 2, Baan Ao Nang Road, Ao Nang, Krabi
▼地図の位置は、Nexus7のGPSで計測した緯度経度(8.2.062,98.49.777)から求めています

大きな地図で見る

 
※来週出発のポルトガル旅行前に仕事を片づける必要があるため、ブログ更新は13日頃までお休みします。

787フランクフルト便が経費削減のためか突然欠航した影響で出発が1日早まってしまったため、かなり時間的に厳しい状況に陥っている。
昨年のスペイン行きといい、787の予約はことごとく問題が発生するのだ。

それにしても、ANAは出発6日前に通知してきたうえに、自己都合欠航でも何も損害賠償してくれないとのことで、腹立たしい!
しかも、予約センターの責任者の横柄な態度にも腹が立つ。詫びる姿勢をまったく感じない話し方だったのだ。ああいった者が管理職になれるということであれば、救いようのない企業とも言える。客商売なのに人間味の無いロボットのような思考回路の持ち主だったのだ。しかも越権行為的な発言まであった。

どうも全日空という企業は、支払済航空券の代金を金利負担もせずに返金するか代替便を用意すれば、自社の儲けを最大にするために勝手に欠航しても良いという考えらしい。
元々空いている自社便に振り替えれば、欠航便の運行コストはまるまる儲かるという仕組み。さらに、ボーイング社から値引きという形で損失補填も受けられるようなので、客の損失はお構いなしにすることで、自社は良い機会とたんまり利益を上げられるというわけだ。まるでAir AsiaのようなLCCの運用だ。
※2013/2/12 追記
Air Asiaに対して、思い込みから大変失礼な書き方をしてしまった。
3月のコタキナバル便が3時間早い出発となる大幅な時刻変更があり、便の変更が出来ないかとポルトガルに行く前に打診しておいたが、留守中に可能だとのメール連絡があった。そこで、先ほど往復共変更をお願いしたところ、快く無料で応じていただいたうえに、事前予約しておいた普通の席もホットシートという高い料金を徴収するシートに振り替えてくれたのだ。
過去マレーシアを中心に何度か利用しているが、この対応には驚いた。
LCCの方がANAよりも自己都合の変更に対して、お詫びの姿勢をはっきり示すではないか!!
見直したぞ、Air Asia!
そして口先だけのお詫びしか無い ANA には大失望だ!


今回の便は、同じ時間帯に飛ぶ欧州便がJALのパリ行しかないが、JALへの振替案内は無かった。
しかも1月中は欠航せずに運行していたにも関わらず欠航させるという判断は、旧正月を迎える中国側に配慮をしたかららしいが、便数の多い中国便ならいくらでも同じ時間帯での振替が可能なはずであり、自社の利益を最大にするための判断だったと容易に推測できる。本当に客を見ていない企業だ。と同時に親中国企業だったのかと新たな発見もしてしまった。

生涯マイル50万マイル以上の付き合いだが、11月に搭乗した新生JALのやる気が見えたので(☞ こちら)本気でJALに乗り換える気になっている。今までブログ記事においてもANAを応援する方にバイアスがかかっていたが、それもやめようかと思う。

キャンセルしたら支払済のホテル代等が戻ってこないので1日前に出発するという選択肢しか無かったわけだが、この件で事前アポのあった取引先が了解してくれたのは助かったものの、取引先からの信頼関係を傷つけることになるかもしれない・・

続きを読む

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

タイ/トラン(Trang):Kim's Restaurant

訪問:[2013/1/3 18:15]
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
トランの街って、本当にレストランと言える店がまったくない。
食堂クラスで混雑していた店を日中のうちにいくつかピックアップして出かけたものの、みんな夜は店を閉じてしまった。もちろん技術水準の低いことが明白であるゲストハウス併設店には用は無い。

雨天なのでナイトマーケットも開催されているか怪しいし、仕方なく選んだのがこの店。それほど駅から近いというわけでもないのに、なかなか繁盛している店だ。(1日3本しか列車の無い駅からの近さというのは無意味かも?)

外観 店内

タイ料理と中華料理という看板で、名称が韓国名のキムって、いったいどんな料理が出てくるのやら・・
幸いなことに英語メニューが用意されていたが、価格表記が一切なし。これでは不当請求されても分からないではないか、と思ってはいけないのだろう。タイの地方でそんなことをする店は無いと信じたい。

Deep fried pork with garlic & pepper
Deep fried pork with garlic & pepper

とりあえずクラビの Kotung Restaurant で食べた大蒜胡椒炒めがお勧めに載っていたので、比較しようと豚肉でお願いしたが、肉は硬いし実質カレー炒めだった。
肝心の胡椒は房付の粒ごと入っていた(といっても20粒ほど)のと、大蒜も乱切りベースで入っていたが、やっぱり匂いも味もカレー炒め。(中華+タイ+韓国)÷3 がインド料理っていうことも無いだろうけど、期待外れだ。

Fried rice with shrimp
Fried rice with shrimp

麺類が無いので主食を頼むものが無くて困り、あきらめて海老炒飯をお願いした。
これまた、ランチで食べたすぐ近くの One more Smile とは雲泥の差で、海老は非加工だしサイズも小さめ。
味は一般的な中華炒飯としては無難ではあったものの、美味しいというレベルではない。

やはり、タイの屋台や普通の食堂には期待してはいけないということだが、トランにはレストラン格の店が皆無と言ってよい状況だったのでどうしようもない。

お会計は、コーラ1本を加えて THB140(≒420円)
コーラはたぶん20バーツだろうから、肉炒めが70バーツ(≒210円)、炒飯は50バーツ(≒150円)と見たが、当地の物価と出てきた内容を考えると割高感は否めない。ゲストハウス併設のレストランはもう少し高いので、安いと考えるべきなのだろうか?

実は、当地で幅を利かせていたSCBという銀行のATMで現金を下ろしたのだが、手数料150バーツ(≒450円)という表示には驚いた。(タイの銀行はどこでもATM手数料150バーツらしい)
こんな手数料を取られるなら、レートが悪いバンコクの空港で両替すれば良かったが、空港レートを見ると、米ドルが往復5%に対して、円は往復1割も取っていた。シンガポールドルは6%と見ると、タイのどこが親日なのかと疑いたくもなったのは事実だ。

この件も含めて、とかくタクシーがぼったくりだとか非難されていた年末のベトナム(ハノイ)よりもタイの方がぼったくり精神旺盛ではないかと思えるし(実際トランからの帰りにトゥクトゥクに乗ろうとしたら3キロ離れたバスターミナルまで80バーツ(≒240円)だと言ってきたので、頭にきて歩いてしまった!)、レストラン表記も全般に不親切だし、クラビ空港のバスなんて10Kmほどの距離で270円(THB90)も取る。それも超オンボロバスでだ。
食事も店を選ばなければ概して不味い。というか、選べる店なんてバンコクのような大都市しか無いではないか。

だんだんタイが嫌いになりつつあると同時に、ベトナムを見直し始めているRであった。
たぶん、今後はバンコク以外には行かないと思うし、行ってもトランジットのついでに1泊するかどうかといったレベルになると思う。
タイ航空の魅力が無いことも確認できたので(☞ ハノイ⇒バンコクのビジネスクラス機内食)、トランジットレベルも無いかも?

※メニュー:おすすめ炒め物①野菜+肉魚①スープ揚げ物サラダ飲料

【詳細情報】
店名:Kim's Restaurant
電話:075-219-705
住所:15 Kantang Road, Muang, Trang 92000

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

タイ/トラン(Trang):One More Smile

訪問:[2013/1/3 12:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
トラン2日目は、朝から雨。こんな日に海に行ってもつまらないと、ホテル滞在を決め込んだ。
当地の1月は雨期とのことで、雨天時を想定して格上のホテルに乗り換えたのは正解だった。ベッドがほとんどを占めているような狭い部屋に長時間いるのは苦痛だ。それに、持参したPCが壊れてしまったので、仕事もできないしネットサーフィンで時間を潰すのも不可能だ。寝るしかないと、普段の倍以上寝てしまった気がする。(苦笑)

店はホテルの1階 レストランらしからぬ雰囲気

前日中に周辺1キロ圏内をくまなく歩いてレストラン探しをしたのだが、当地には冷房の効いたレストランなどほとんど存在しないようだ。屋台系には期待できないことから、高くても美味しいもの狙いで駅前通りにあるホテル1階のレストランに入ることにした。実は泊まったホテルの系列で、こちらの方が格下扱いになっている。

外から見た時に分かったが、ロビーを拡張したような雰囲気でレストランとは言い難い点が難。
レストランというよりはカフェというべきだと思う。

Fried Noodles with Mixed Vegetable with Shrimps & Eggs Gravy Sauce
Fried Noodles with Mixed Vegetable with Shrimps & Eggs Gravy Sauce(THB100≒300円)

Chef Recommend の中から一番安い麺料理を選んだわけだが、屋台のような小さな海老ではなくて、十分な大きさの海老が5尾ほど。トッピングの粉は胡椒だったが、オーソドックスな中華風味で、5種類用意されたタイ定番の調味料など使わなくても十分に美味しい。
そう、トムヤムクンを代表とする辛くて酸っぱい味が苦手なので、こうやって分けて出してくれると助かるのだ。

麺のアップ

掲載しなかったが、前日1Kmほど離れたショッピングセンター(☞ Google Map)内のフードコートで、ワンタンと麺の中間的なものをいただいた。それと同じ麺。というか、やっぱりワンタンの生地で作った麺みたいなもの。ワンタンと言った方が正解な気もする。
前日のは豚肉ベースで、やたら甘くて最後に辛さが来るというタイ料理らしい味つけだったので単純比較はできないが、2倍の価格以上の内容は有ったと思う。

これも非掲載だが、泊まった系列の Thumrin Thana Hotel で頼んだルームサービスと比べても、こちらの店の方が美味しいし調理が丁寧な印象だ。同じ系列でも調理人が変われば味も内容も変わるわけだから、系列だから良いとかダメとかいう話はレストランに関しては当てはまらないだろう。

※メニュー:食事系ドリンク・デザート

【詳細情報】
名称:One More Smile
電話:075-211-011
住所:99 Sathanee Road, Tumbol Tubtiang, Amphur Mung, Trang (THUMRIN HOTEL1階)

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi② 2018/07/28
イタリア/エルベ峠 [Passo delle Erbe|Ju de Börz]: Rifugio Ütia de Börz 2018/07/27
イタリア/サン・マルティーノ [San Martino]: Almhotel Bergerhof 2018/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>