« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   

マレーシア.Langkawi:Orchid Ria Seafood

訪問:[2010/9/23 18:00]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ランカウイ島のどのガイドブックにも載っているせいか、ネットでの口コミ評価でも1位という店であることから、ガイドブック掲載店嫌いなのに初日から出かけてしまった。ネットではカタカナ表記のオーキッドリアで検索するとたくさん出てくる。

外観 看板

メニューには日本語表記もあり、JCBが使えると大きな表示。わざわざVISAのマークを消してあったので、日本人向けレストランかと思えるほどだが、私が滞在した3泊4日の間に島で日本人をひとりも見かけなかったので、金持ちの日本人は辺鄙なところにある1泊最低2万円クラスの超高級ホテルに泊まって閉じこもっているのだろうか? (私もあまり出かけなかったのは事実だが・・)
せっかくの日本語表記が生かされていないような気もするが、オーナーが日本人だとの情報もあったので、それが理由なのかもしれない。

店頭メニュー

入口から入ってすぐのところに、大きなスペースを割いて水槽と氷漬けの魚が飾られている。
活ものなら安心だが、この氷漬けの魚というのは鮮度が見えないのでかなり怪しい気もする。とはいえ、マレーシアやシンガポールでの海鮮料理屋はこのタイプが多く、水槽で泳ぐ魚や海老をメインにしている店は少数派という気がする。マッドクラブだけは活もの展示がほとんどだが、ランカウイの他の店ではそれすら見かけることが少なかった。

氷漬けの魚 マッドクラブは活もの

店の雰囲気やサービススタッフの品位を見ても高級店と同格。
基本的にテラス席と半テラス席で占めているので内装はシンプルだが、新しい店(火災に合って建て直したらしい)らしく椅子やテーブルにクロスもきれいだ。

内装(左側) 内装(右側)

サービス面に着目すると、手を使って食べる料理には必須であるフィンガーボウルも使いやすい大きなもので出してくれたし、日本的なおしぼりまで出てくる。他にも2軒ほど海鮮料理店で試してみたが、紙ナプキンすら置いていない店もあるので、さすが日本人経営の店(?)という感じがした。もちろん箸も出てきた。それでいて、他のちょっと良い感じの店では普通に請求されるサービス料を取られなかった点も好印象。
ただし、当然ながら日本語は通じない。(海外で日本語が通じるなんて考える方がおかしいのだが)


蒸し活大シャコ(RM52.50≒1500円)

数少ない活ものの中から選んだのがコレ。ロブスターなどは日本でも普通に活ものを食べることが出来るが(何故かランカウイでは活ものを見なかったし、値段も日本の小売価格並みに高かった)、巨大なシャコというのは日本では見たことがない。
100g当たりRM14(≒400円)とかなり高価なうえ、2尾からしか注文を受けないとのことなので、小さめのものを選んで計量。

活大シャコを計量中

約375gとのことで、RM52.50(≒1500円)と、なかなかのお値段。可食部が少ないので、なおさら高く感じてしまう。
調理方法も選べるが、こちらが指定してもそれは合わないとの一点張りで、結局はおまかせで。蒸した上にガーリックソースを軽くかけた感じで出てきたのがこちら。

活大シャコ(RM52.50)

実は、ブルネイで食べた店(☞ こちら)にもあったのだが、高価だったことからパスしてしまったので心残りだったのだ。今考えれば、ブルネイの店は全部活ものだったし、特に海老や蟹の値段はランカウイよりもはるかに安かったので、もっと食べておけば良かったとまたまた後悔。

シャコ本体をアップで
▲シャコの事実上の可食部である胴体部分をアップで

しかし、シャコというものは本当に可食部が少ない。ロブスターのように胴体が太くないので、ほとんどが殻っていう感じ。
全然食べた気にもなれず、高い買い物をしてしまったという気持ちだけが残った。ソースも旨くなかったし・・

活大シャコの可食部をアップで
▲シャコの可食部をアップで


活泥蟹の黒胡椒炒め(RM30≒860円)

活泥蟹の黒胡椒炒め(RM30.00)

マッドクラブはシンガポールでも海鮮料理系の屋台で見かけた。こちらでは比較的リーズナブルで100g当たりRM7(≒200円)、シンガポールのイーストコーストの屋台では S$4(≒260円)だったので、物価の差を考えるとやはりランカウイは高いという印象。
シンガポールでも「ブラックペッパークラブ」が有名だが、蟹の種類が違うと思う。マッドクラブの方が丸っこい感じで可食部が多い。ブルネイで見たときの価格はマッドクラブの方が高かった。(細かい数字前は失念したが、確か倍程度の価格だったと記憶する)

黒胡椒ソースも出来が悪く、ほとんどインスタントの延長といったお味。これだったら素直に蒸しただけで出してもらった方が良かった気がした。


棒貝のマレー風炒め(Sambal Sea Asparagas)(RM25≒720円)

Sambal Sea Asparagas(RM25.00)

棒貝とはマテ貝の一種だと思うが、これも珍しいので一皿頼んでみた。ブルネイで美味しかった Sambal ソースで頼んだが、ここまでのソースの出来の悪さと同様にまったく深みの無い単純なソースでがっかり。日本でのマテ貝の相場を知らないが、仮にマテ貝の代わりに安いイカで同じ皿を作ったら日本でも同じ価格で食べることが出来るだろう。
街の食堂で食べる味で、洗練された味を期待するのは無理そうだ。


福建麺(Fried Hokken Mee)(RM5≒145円)

Fried Hokken Mee(RM5.00)

ぜんぜん足りなかったので、炭水化物を1品注文。おなじみのホッケンミー。
炭水化物は十分な量だが、店の技量通りの味で、腹を満たす以外に価値を感じない内容だった。

すべてのガイドブックに載っているうえに、口コミも多い店だったので、参考までにメニューを載せておく。
他に2軒の海鮮料理店に出向いたが、それらの店よりは良かったものの、ドリンク抜きの総支払額 RM112.50(≒3210円)という価格を考慮すると、標準クラスの店だという判断になる。日本でもドリンク抜きで3千円も出せば、それなりのものは食べられるからだ。
言い換えれば、ランカウイのレストラン事情は、非常に悪いという事だと思う。

■メニュー写真集
 ☞ ロブスターの調理方法(他の量り売り魚介類も、ほぼ同じ調理方法から選べる)
 ☞ 量り売り以外の魚介料理(RM12~25/Small Plate)
 ☞ 魚介類以外のメニュー(肉、野菜、豆腐、卵、デザート類)


【店舗詳細情報】
店名:Orchid Ria Seafood
電話:(04)955-4128
営業:11:00~15:00、18:00~23:00
住所:Lot1225, Jalan Pantai Cenang, 07000 Langkawi

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マレーシア.Langkawi:Lagenda

訪問:[2010/9/26 11:00]
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
宿泊した「Holiday Villa」に付属するレストラン。
特に東南アジアでは、食堂で食べる料理をホテルで食べると洗練された味と見栄えで出てくることが多いので、チェックアウト前に定番のナシゴレンを食べておこうと考えた訳だ。

Nasi Goreng Kampong
Nasi Goreng Kampong(RM18.50≒530円)
Wok fired fried rice with blended chillies, prawn paste, anchovies and vegetables trimmings-simple and tasty

しかし、格下ホテルとなると、レストランで出てくる料理も格に合った内容だ。
ホントにシンプルで、お味の方もストレート。説明に書かれている通りと言えばそうだが、丁寧に炒めてあるぐらいで、食堂と大差が無い皿でがっかり。食堂の4~5倍、外のレストランの3倍価格なのにだ。

コメントするような味ではないし、具材は写真の通りでは、これ以上書きようがない。
ここは教訓として、ホテルで食べる場合は高級ホテル以上のランクで食べなければいけないということ。中途半端な価格帯(日本の食堂価格)だと、ホテルと言えども日本の食堂と大差ないことになるようだ。

ナシゴレンをアップ 店内の雰囲気


※メニュー:

【店舗詳細情報】
店名:Lagenda

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: LunaSol@Holiday Inn Warsaw-Jozefow 2018/05/30
ポーランド/ラドム [Radom]: Kuchnia Marche Galeria Słoneczna店 2018/05/29
ポーランド/カジミエシュ・ドルヌィ [Kazimierz Dolny]: Knajpa Artystyczna 2018/05/28
ポーランド/ルブリン [Lublin]: Restauracja Magia 2018/05/27
ポーランド/ルブリン [Lublin]: Polski Stół 2018/05/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
14位
アクセスランキングを見る>>