« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

米国.Arizona.セドナ:Oaxaca Restaurant

訪問:[2010/5/3 16:50]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
セドナの観光の中心地である「アップタウン」に店を構えるメキシコ料理店。

店の外観

この周辺の店は、窓からレッドロックを眺めることが出来る店が多く、この店もご覧の通りの眺めが楽しめるが、眺めを楽しめる席を確保するにはピーク時を外さなければならないし、明るい時間帯でなければ見えない。ということもあって、夕食にはだいぶ早い時間帯に入ってみた。

こんな時間帯でも客がそれなりに入っているのには驚いたが、無事窓側席を確保できた。それもコーナーの一等地。ひとり客なのにサービスいいぞ!

窓側席から眺めるレッドロック① 窓側席から眺めるレッドロック② 窓側席の雰囲気

この店、窓側席はほんの一部で、奧にも大きなスペースがある大規模店。
そちらにも既に客が入っていたが、写真を見てどの席からでもレッドロックが眺められると勘違いしないように注意してほしい。

さて、メニューを眺めると、タコスやラップの類が並んでいるが、端の方に「FAJITAS」と小さな囲みでセットメニューがあったので、こちらから「Shrimp FAJITAS($17.95)」をお願いした。注文時にチキンと Half & Half に出来るとのことで、それでオーダー。



まずは、おなじみコーンチップスとサルサがたっぷり。やはりスーパーで売っているサルサとは大違いで旨い。
これを食べながらレッドロックの眺めをぼんやり見ている時間は格別だ。

10分ほどで全部まとめて出てきた。凄い量だ!
combination of Two For those wishing to share($5.95)」という記述があったのは、お一人様では多すぎるのでお二人でどうぞという配慮からか。

プラスティックプレートには、ライスとフリホレス(frijoles)ワカモーレ(guacamole)とサワークリームが別皿で乗っている。

サイドプレートも山盛りだ!

日本でもおなじみのものだが、日本のメキシコ料理店で食べたものよりもはるかに美味しいものだった。
メキシコ料理といえども、比較的メキシコに近い米国南西部ではたくさんの店があるし、好物のラップも元はといえばメキシコ料理だ。

ワカモーレ(guacamole)

ワカモーレはペースト状にしたアボカド料理だが、アボカド2つ分ぐらいの量がある。これが旨すぎた。
高カロリー食品だけあって予想以上にお腹に溜まり、美味しいのに苦労して完食するほどだった。
日本人の普通の方なら、2人でシェアというのが正解という気がした。

フリホレス(frijoles)

おなじみ豆で作ったペースト、フリホレスも旨い。
これ、米国でも何度か食べた気がするが、初めて美味しいと思った。

トルティーヤは冷めないように専用容器に入れてある

トルティーヤ(tortillas)は米国主流の小麦粉製で、冷めないように専用容器に2枚入っていた。
これだけ巻く材料が揃っていると、2枚ではぜんぜん足りない気もするが、とにかく巻く材料の方がやたら多いので、巻かずに食べるしかなかった。自分で作ってもラップは旨い! (毎回帰国前にトルティーヤをスーパーで買って持ち帰っているほどラップ好き)


メイン料理の海老とチキンのファヒータ
Fiesta Fajitas Sauteéd with bell peppers, mushrooms, onions & tomatoes

Shrimp & Chicken Fajitas

それにしても量が多い。鉄板はごく普通のステーキ皿サイズだが、そこに溢れんばかりに盛ってある。
もちろん鉄板は熱々に熱せられているので、接している部分は焦げてしまうのだが、そこにたどりつくまでが大変だ。とにかくガンバッて食べるしかない。お腹を空かせた状態で行って正解だった。

ファヒータは日本でチェーン展開しているエルトリートでも食べるが、こちらの肉はエビの大きさに合わせてサイコロ状にカットされたものが使われていた。多分カットしてから焼いたのではなく、事前にグリルしたものをカットしたものだと思う。
同様に玉ネギ、パプリカ。生トマトといった野菜も同じサイズにカットされたものがたくさん入っているので、肉と野菜をたっぷりいただける。ただ、味覚的にはかなり単調で、何かアクセントが欲しくなったのも事実。


ここまで全部で、わずか $17.95+Tax+Tip≒2200円。もちろんランチ価格ではなくディナー価格。
観光地の中心に立地する店としては激安だし、その前の3食がベジタリアンでお腹に溜まらないものだったので、大満足だった。
もちろん、サービスは米国流にフレンドリー、水もちゃんと継ぎ足してくれるし、皿を出す時には熱いので注意するようにという言葉も掛けてくれる。皿を片付ける時には終わっているかを確認して持って行くといった基本も出来ている。大規模店らしくサービススタッフの教育が出来ている店だと思う。

日中トレイルを歩き回って腹ぺこの状態でディナー利用すれば、満足すること間違いなしだろう。
ディナータイムで景色が見えなくても問題無い。お勧めします!


※米国では場所により税率が異なるうえチップの習慣もあるため、原則税Tip抜価格で表記しています。

【店舗詳細情報】
店名:Oaxaca Restaurant
TEL:(928)282-4179
住所:321 N. Highway 89A Sedona AZ

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

米国.Arizona.セドナ:India Palace

訪問:[2010/5/4 18:40]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
割と大きなモール(ショッピングセンター)の入口横に単独の建物で存在する。
タイ料理店の日本人比率が高かったので、こちらも多いのではと予想していたが、見事にゼロ。
日本ではタイ料理よりも圧倒的に普及しているインド料理だが、何故だろう? (単なる確率の問題だとは思うが)

最近、地元でインド料理店巡りをしていることもあって、米国のインド料理店はどんな感じだろうという興味で試してみた。
店に入ると、大きな虎の壁画とご対面。かなり派手な感じだが、テーブル周辺はごく普通の庶民派レストランだ。店員は全員インド系だろう。

店内の雰囲気

メニューを見ると、北も南もごちゃまぜの何でもアリで拘りとか無さそうな感じ。それに、店員もアメリカらしくない暗い雰囲気で、日本の普通のインド料理店と同じ感じだ。
ベジタリアンの街セドナとしては、「Vegetarian Dinner($13.95)」を頼むべきだったのかもしれないが、タンドリーチキンも試してみたかったので「Non-Vegetarian Dinner($15.95)」をお願いした。
One Papadum, one piece of Tandoori Chicken, one Meat Curry, one Vegetable Curry, one Daal Maharani, one plate of Basmati Rice, one Naan, one Raita, one Dessert & Coffee or Tea. との説明が記されている。

注文を終えると速攻で出てきたのが、クミンシードがたっぷり入っているパパドゥと、私の苦手なカチュンバ

パパドゥとカチュンバが速攻で出てくる

カチュンバ

野菜を刻んだピリ辛のカチュンバ、やはり苦手。

パパドゥだけパリパリ食べていると、焼きたてのナンに、日本でもおなじみのトレーに乗ったカレーやチキンもやってきた。

ナン

Non-Vegetarian Dinner Plate

価格の割には豪勢なプレートだ。我が地元さいたま市のインド料理店と支払額ベースで比較すると、2~3割は安い感じ。

早速ナンを単独で食べてみたが、日本で普通に食べるナンとは違ってストレートな小麦の味。
インドで食べるナンは、きっとこんな感じの無味なものなんだろうなぁ、と、日本では経験したことが無いタイプのナンの味にやや戸惑ってしまった。やはり、日本の店は日本人に合うように考えられているんだな、と。


チキン系のカレー

続いて「Meat Curry」に該当するチキン系のカレーを味見。

うっ、ぜんぜんスパイスが効いていないし、旨味もない。塩味が強く、単調なスパイス使いで美味しくない。
スパイスが単調だと書いたものの、ソースにはスパイスの粒々がたっぷり浮いているので、実は私には判断できないスパイスが色々と使われているインド現地の味なのかもしれない。日本には無いタイプの味だったし、米国人に合わせた味とも思えないので、インド料理は煮物の数々だということを考えれば、こういった料理もアリだとは思う。でも趣味ではなかった。

それに、タンドリーチキンが付くセットなのに、カレーもチキンとは・・
ここはマトンを出してほしかったが、米国人にもマトンが苦手という方が多いのか?


タンドリーチキン

タンドリーチキン

おなじみのタンドリーチキンは、日本のものと違ってジャンボサイズ。雛鳥のもも肉ではなく、親鳥のもも肉1本分という感じ。
残念なことに、再加熱品らしく身が硬い。ジューシーさがまったくないし、漬込みダレも安直な感じで、期待はずれだった。
これを食べた段階で、この店の水準の低さを確信したしだい。
何をもって水準が低いと判断したかは、食べログでのインド料理店レビューを見てほしい。


サグカレー

Vegetable Curry」に該当するのは、ほうれん草のカレー。これは日本でも馴染みのある味だったが、やはり旨味が少ない。
最近地元で食べ歩いているインド料理店のカレーは旨味の多いものだが、大昔にシンガポールのインド街で食べたカレーは、こういった旨味の無いものだったので、やはりインドでは旨味成分の少ないタイプが主流なのかもしれない。


ダルカレー

バスマティ米

Daal Maharani」と「Basmati Rice」は、カレーライスにしていただいた。
バスマティ米と豆カレーの相性はやはり良いものだ。これが一番美味しかったかな。

ダルカレーライスでいただく


デザートはカスタードプリンかマンゴプリンのいずれかとのことだったので好物のマンゴを選んだが、これが粉末マンゴの素(なんて、実際に有るのかは知らないが)といった味で激不味!

デザート

米国人仕様なのか、やたら甘ったるいし、完食は厳しかった。

この後、「Coffee or Tea」が出てくるはずなのだが、いくら待っていてもどちらにするかを聞いてくる気配がないので、チャイが付くのではないかと指摘して出してもらった。謝ることも無く、相変わらず愛想の無い対応で、日本ならともかくアメリカでやっていけるのだろうか?
時間帯がやや早い影響かもしれないが、客は他に3組だけだったので、あまり評判は良くないのだろう。ホテルで貰って大変重宝した「SEDONA'S BEST RESTAURANT」にも載っていない店だったし・・


この店も価格付き全メニューがHPに掲載されているので、事前に調べることが出来る。
量的には十分満足出来たが、スパイス使いや質という面、アメリからしからぬ暗いサービスや、最後のお茶を催促しなければ出してこなかったという姿勢を考慮すると、あまりお勧め出来ないのは確かだ。
平日はランチバイキング($7.95)を実施しているようなので、安くたくさん食べたい向きには良いかもしれない。


※米国では場所により税率が異なるうえチップの習慣もあるため、原則税Tip抜価格で表記しています。

【店舗詳細情報】
店名:India Palace
TEL:(928)204-2300
住所:1910 W. Highway 89A Sedona AZ

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

米国.Arizona.セドナ:THAI SPICES

訪問:[2010/5/1 19:00]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
州道沿いにあるとはいえ、車でしか行けそうもない場所にあるのに客の半数は日本人だった。
ほとんどの皿が10ドル未満なので、高くて不味い店に行くよりは、安くて無難だという選択だろうか?

店内の雰囲気

店内はテーブルの配置にゆとりがあり、装飾面も含めて割と良い感じ。
カフェのような簡易テーブルではなく、しっかりとしたテーブルとイスが用意されていた。

もちろん店員はすべてアジア人。全員がタイ人かどうかは見た感じでは怪しいが、エスニックに魅了された米国人の店ではない。
微笑みのタイ人らしく、特に奥様風の女性スタッフが、微笑み+米国流のフレンドリーさで客をもてなしてくれる点で好印象。


■APPETIZERS:Mee Grob($7.75)
Crispy rice noodles with nuts in a special homemade sweet and sour sauce, garnished with carrots and green onions.
Mee Grob

ビーフンを揚げたものに甘酸っぱいソースを絡めたもので、少量のカシューナッツとパクチーをトッピングしたもの。
ほとんど揚げ麺という構成で、具だけ食べて8割方残してしまった。なんで、こんな価格設定なんだろう?

どうも米国の小規模レストランでは、日本のような原価率ベースでの価格設定をせず、ベース料金を決めて原価の違いを多少上下させる形で価格を決めているのが主流のようだ。ということは、ベース価格以上のものを頼んだ方が満足度が高くなるものの、それ以下のものを頼んだ場合は高リスクを負うことになるという気がした。
何しろ米国には全州走破のために15回以上来ているものの、食べるのはいつもチップ不要の店かスーパー惣菜の持ち帰りというパターンだったので、レストラン経験は数えるほどしか無い。今回セドナで食べた店の傾向から、次回の米国訪問時にはそのつもりでメニューを選ぼうと思っている。


■VEGGIE LOVERS:Almond Curry Vegetables Thai Style($10.95)
Shredded almonds, onions, carrots and broccoli in a coconut milk broth. Choose red or green freshly blended Thai curry.
Almond Curry Vegetables Thai Style

タイ料理店であっても「Vegetable Lovers」というメニューがあるところが、ベジタリアンに優しいセドナ。その中から選んだのが、この料理。
前菜の割高感に反して、こちらは半端でない量の具だくさんカレーで割安感が際だった。

キャベツとブロッコリーを中心に、人参・玉ねぎ・パセリ・パクチーといった野菜がラーメンどんぶりいっぱいに入っている。日本のタイ料理店で食べるカレーの量の3~4倍はあるだろう。ライスは茶碗山盛り1杯だが、盛り固めてあるので量的にはかなり多い。

レッドカレーとグリーンカレーのバージョンがあるとのことで、好物のグリーンカレーでお願いしたが、ココナツクリームソースに軽くグリーンカレーペーストを混ぜたようなもので、決してカレーというスパイシーな味ではなかった。
そこは甘い物好きの米国だ。タイスパイス独特の辛さに対する免疫が無いであろう米国人でも、美味しくいただける味なんだと思う。

皿に盛ったご飯にカレーをかけた
▲ライスにカレーをかけると、野菜たっぷりの内容が分かる。これで全体の3分の1ぐらい


全メニューがHPに価格付きで掲載されているので、事前に調べてから出かけると良いだろう。
価格・内容・雰囲気・サービスのバランスの取れた良い店だと思うので、私が失敗した前菜のような皿を頼まなければ、安くて満足のいく食事を楽しめると思う。タイ料理が苦手という方でも、タイで食べるものとは明らかに異なる米国仕様のメニューが多いので、問題ないと思う。


※米国では場所により税率が異なるうえチップの習慣もあるため、原則税Tip抜価格で表記しています。

【店舗詳細情報】
店名:THAI SPICES
TEL:(928)282-0599
住所:2986 W. Highway 89A Sedona AZ

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>