« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała

訪問:2017/9/10 15:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ワルシャワ実質初日は、ひたすら街歩き。
日曜日ということで人通りも多く、お昼は時間を外して食べることにした。

U Pana Michała
▲左:左の建物前のテラス席を確保(右奥が城壁門)  右:「BAR」表示のある店の外観

王宮から旧市街(大都市ワルシャワの旧市街の狭さには驚き)を通り、境界線の城壁門を抜けた先のバーの窓に貼られていた英語版メニューに、昨晩のポーランド料理店「Folk Gospoda」よりも安いポーランド料理が並んでいたので、テラス席を確保した。


U Pana Michała
Żurek z jajkiem i z kiełbasą(12zł≒380円)
Polish white borsch with eggs and sausage


まずは、ポーランドの白いボルシチと書かれていた「ジューレック」というスープ。
パンも一緒に出てきた。

ジューレック

見た目は、色の違いだけでなく一般的なロシアのボルシチとまったく違う印象。
ゆで卵の他に、白身だけを使った溶き卵(?)が万遍なく見える。



ソーセージ入りと書いてあったソーセージの味も独特。
ベーコンのような肉片も入っていたが、スープ側にこれらの出汁が出ているとは思うものの、やっぱり酸味が気になるお味。

ロシアのボルシチのようなトマトの酸味では無く、ビネガー系の酸っぱさなので馴染めないかなぁ。
付いてきたパンを浸していただくことで完食できたけど、パンが無いと私には厳しい。


ピエロギ
Pierogi z mięsem, ze skwarkami(18zł≒570円)
Dumplings with meat, greaves


もうひとつ、ポーランド料理の代表であるピエロギは4種類あったので、一番最初に書かれていたものが無難だろうとチョイス。

出てきたのは、大きさと言い形状と言い、ほとんど焼き餃子。
茹で上げた後に、皮目を少し焼いてあるようだ。



中身は餃子とはまったく違って、挽肉感の無い筋状肉(台湾の肉髭に近い感じ)とニラとは全く違う青菜。greavesって何だろう?

お味も、大蒜や醤油ではなくスパイスベースなのでまったく違うが、食感は焼き餃子だ。
結構おいしい。




お会計は、コーラ代を含めて 35zł(≒1100円)也。
旧市街に近い1等地にある店なのに比較的安かったのは、スペインのバルや、イタリアのバールのように、バー表示の店だったからかもしれない。

ただ、それほどポーランド料理に魅力を感じなかったので(特に酸っぱいスープは苦手)、大都市ワルシャワでのポーランド料理狙いはおしまいにして、来年レンタカーで周る予定の地方に期待することにした。
こういった郷土料理は、大都市の大量生産品よりも田舎の店の方が美味しいはずだ。


※メニュー:朝食・ドリンク①ピエロギ・スープ・メイン・デザートドリンク③

【店舗詳細情報】
店名:U Pana Michała
電話:22 635 8744
営業:9:30~22:00
定休:無休
住所:ul.Freta 4, 00-227 Warszawa
GPS:52.250942, 21.009203 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda

訪問:2017/9/9 18:00
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
リトアニアで Google Map に「リトアニア料理店」と記された店が大当たりだったので、ワルシャワでも同じアプローチで「ポーランド料理店」と表示された評価点の高い店を狙った。

Folk GospodaFolk Gospoda

きれいな店かと思って向かうと、共産圏時代を思わされるようなオンボロビル。
店頭入口まで来ないと店名を確認できなかったが、暗くなってきた帰りに振り返ると、テラス席側の隣のビルの壁に大きく店名が書かれてライトアップされていたので、夜の方がわかりやすいかも。

店内はきれいだったが、ツアーの団体客も多いようで、それが原因で高評価になっていたのだろう。
私のような個人客は相手にしないのか、なかなか席に来てくれないし、料理が来るのも遅いので、1時間半も滞在することになってしまった。ネットが無料で使えたので時間つぶしはできたけど。


Folk Gospoda
Three mushroom soup(23zł≒720円)
prepared from wild mushrooms(boletus, porcini, chanterelles) served with homemade noodles


まずは、Our Specialty と記されていた3種の天然茸のスープ。
今回のポーランド滞在は、6年前にプラハの Kampa Park で食べたポルチーニのパスタが忘れられず(その時、欧州ではポーランドがポルチーニの大産地だと知った)、今が旬のポルチーニを食べに来たようなものなのだ。

スープの中身

出てきたスープは、そこそこポルチーニの香りはあるものの、入っていたポルチーニは乾燥ポルチーニを戻したもので、今が旬のはずのフレッシュものを使っていない。アンズ茸だけが、フレッシュもの。
自家製麺は、細めの茹で置きソフト麺という感じ。単なる腹を満たすだけの炭水化物だ。

それよりも、強い酸味が不味いドイツ料理っぽくてNG。
なんでキノコの香りを消すようなことをするんだろうか?
サワークリームを加えても一部ダマになってしまうほどだったので、相当酸が強かったみたい。


Folk Gospoda
Traditional Polish pork chop(36zł≒1150円)
served with homemade cucumber salad


メインは、ポークチョップを選んでみた。
伝統とかご当地の地名の入ったものを頼むのは、いつもの私のパターンだが、これが本当に伝統あるポーランド料理なのか疑問だ。ただのポークカツレツで、お隣ドイツやオーストリアのシュニッツエルそのもの。

ソースで差を付ければ良いのに、ソース無し。
付け合せも無い寂しい皿だ。

homemade cucumber salad

まさか自家製とわざわざ銘打っている(つまり、この店の料理は自家製と書いていなければ、仕入品だと解釈できる)マヨネーズとサワークリーム(?)に和えただけの胡瓜のサラダは、ソースにはならないだろう。

Traditional Polish pork chopの断面

評価できる点は、衣が剥がれずしっかり肉に付いていた事。
本場ウィーンの老舗で食べた時は、素人料理みたいに衣が浮いたものが出てきたので、唖然としたものだ。


Folk Gospoda
Homemade apple-pie with a crumble topping and vanilla ice-cream(19zł≒600円)

ぜんぜん足りないので、ポーランドはリンゴ自慢らしいことからアップルパイを頼んでみたが、これまたひどい。
リンゴ含有量せいぜい半分で、小麦粉で量を増しているのだ。

Folk Gospoda

バニラアイスクリームこそ安物では無かったが、メインのアップルパイはボリュームだけという品で、街の食堂水準。それなのに600円もするのだ。


物価の安い東欧で、ごの3品だけで78zł≒2500円也。
リトアニアと比べたらいけないのだろうが、それにしても高くてサービスも悪いし、ガッカリな店だった。

※メニュー:お勧め冷前菜温前菜サラダ・スープ肉料理魚料理・サイドデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Folk Gospoda
電話:22 890 1605
営業:12:00~23:00
定休:無休
住所:ul. Waliców 13, 00-865 Warszawa
GPS:52.235205, 20.991961 (☞ Bing Map

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポーランド.Świnoujście:屋外フードコート(屋台街)

訪問:[2010/7/22 21:00]
ドイツの最北東端からポーランドに越境し、Świnoujście(シフィノウィシチェ)という街へ。もちろん日本のガイドブックに掲載は無いので、街の名前の読み方も分からないままの訪問となった。
帰国後に Google Map がレベルアップされていて読み方が判明したし、衛星写真や地図も細かく表示されるようになっていた。(ブルネイに行った時も同じで、運が無いというか・・)

平日だというのにものすごい人出で、海岸沿いのプロムナードは人だらけだった。
宿の確保も難しく、何軒かあたってようやく部屋を確保という状況。

郷土料理を食べさせてくれそうなレストランを探してはみたものの、なぜかホテルレストランは照明が落とされているかディスコと化している。海沿いは屋台を除けばイタリアンとトルコ料理の店ばかりという状況で、レストランでの食事は諦めプロムナードにあった屋外フードコート(屋台街というよりは洒落ている)で、郷土料理らしきものをいただくことにした。

屋外フードコート プロムナードにあった屋台で気になった肉の串焼き
▲左:屋外フードコート、右:屋台で気になった肉の串焼き

周辺にたくさんある屋台で売っていた肉の串焼きと同じ様なものを売っている店を発見。
ソーセージもあったのでドイツ料理系かもしれないが、これ以外はどこにでもあるものばかりだったので、これをいただくことに決めた。(屋台で買おうとも思ったが、ブログ掲載用写真撮影が難しそうだったので・・)

大きな串焼肉

屋台の店でも肉の種類によってグラム単価が決まる量り売りだったが、こちらの店も肉だけでなくコールスローまで量り売りだった。
豚もも肉、ベーコン、輪切り玉ねぎを串刺しにした肉が 6zł/100g、コールスローが 4zł/100g で合計 25zł(約780円)。もちろん現金のみなので、近くにあった両替所で€20.00ほど両替(€1.00=3.719zł)してからの支払い。

肉とコールスローで 25zł(約780円)

肉の方はそれなりだったが、意外にもコールスローが美味しかった。
米国のスーパーの惣菜のようにほとんどキャベツでマヨネーズたっぷりというものではなく、数種類の野菜が入っているうえにマヨネーズ控えめで塩とハーブにビネガーで味を調整しているようだ。

店の名前も分からないし、夏のシーズン以外は恐らくこの一帯の店は休業するような雰囲気だが、予想していたポーランドのイメージとは随分と違って、楽しい雰囲気のある街(正確には海岸地帯通りだけ)だった。

※街の雰囲気は、この後で個人旅行情報として掲載する予定。


【店舗位置情報】

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 63ヵ国を訪問
45ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
2月:ポルトガル⑨、スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
メキシコ/トルカ [Toluca]: Potzollcalli Restaurante Mexicano(Toluca店) 2018/02/19
メキシコ/トルカ [Toluca]: Toks Restaurantes(Toluca Centro店) 2018/02/17
メキシコ/タスコ [Taxco]: La Hamburguesa 2018/02/15
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: Las Cascadas @Holiday Inn Cuernavaca 2018/02/13
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: El Barco Pozolerías 2018/02/12
メキシコ/プエブラ [Puebla]: El Mural de los Poblanos 2018/02/10
メキシコ/プエブラ[Puebla]: Tacos Tony (Hermanos Serdan店) 2018/02/08
メキシコ/テオティワカン遺跡[Teotihuacán]: Restaurant Las Piramides 2018/02/07
メキシコ/メキシコシティ: タコス屋台@Revolución駅前広場 2018/02/06
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX) 2018/02/05
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD) 2018/02/04
IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録 2018/02/01
マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie 2018/01/31
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia 2018/01/30
マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1) 2018/01/28
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka 2018/01/27
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店 2018/01/26
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice) 2018/01/25
マレーシア/クアラルンプール: mixed rice & noodles @Suria KLCC 2018/01/24
アイスランド/レイキャヴィク [Reykjavík]: Icelandic Bar [Íslenski barinn] 2018/01/21
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>