« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro]

訪問:2017/6/16 15:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
さて、今回のスペイン旅行は、単に特典航空券で比較的自由な日程で取れる場所ということで選んだことから、食べ歩きに関してはまったく気合が入っていなかった。
スペインは通算12回目の訪問で、すでに全州回ってはいるものの、イタリアのように食べ物に郷土色がそれほど出ていないという印象で、どこで食べても概ね同じと感じていたからだ。

行き先をバレンシアに決めたのは、マドリードからバスや高速電車で簡単に行けることと、バレンシア州自体は端っこのベニカルロ[Benicarló]に踏み入れただけだったこと(☞ パラドール・ベニカルロ)、バレンシアオレンジの産地で(実際は米国産の方がが多いらしい)、パエリアの発祥地であると、多少は興味を惹かれる要素があったからだが、とにかくバレンシアのパエリアを食べようと向かったのがこの店。唯一、日本を出る前に行くことを決めていた店だ。

Restaurante NavarroRestaurante Navarro

トリップアドバイザーでバレンシア約3000軒中第9位、しかも口コミ総数が2500件を超えているということで確実だろうと選んだ。

HPに予約フォームがあったので、2日前に14:00か15:00から1名で「Tradicional Valencian paella」を食べたいと英語で書いて予約したら、すぐに「Your reservation is made! We have availability at 15,00h.」とのメールが返ってきた。

Restaurante NavarroRestaurante Navarro

店に付くとテラス席があったので、まさかこの暑い中をテラス席で、と危惧したが、店内に入り予約していると告げると、ちゃんと名前の入った札を立てたテーブルに案内してくれた。バレンシア・パエリアを食べたいと予約してあったことも伝わっていた。

メニューを見ると、Special Paellas made to order(minumum 2 persons) と記されていたことから、2人前からだと他の料理は無理だと思っていたら、予約の場合は1人前で大丈夫と。
それではと、前菜からもご当地バレンシアの文字の入った料理をお願いすることにした。


anchoa casera con tomate valenciano
anchoa casera con tomate valenciano, cogollo, y esgarraet(€9.50)
Homemade anchovy withn valencian tomato, tuna roe and esgarraet


その前菜。
自家製アンチョビとバレンシア産のトマトに生のマグロという文字に惹かれたわけだが、全然予想とは違う皿が出てきた。

anchoa casera con tomate valenciano, tuna roe and

アンチョビの値段差がイベリコ豚の生ハム以上に価格差が激しいことは、デパ地下で並んでいるものを見ても認識していたし、一度ブランドアンチョビを食べたこともあるのだが(☞ Casa Martin)、大きな輪切りトマトの上に1尾だけ乗ってきた。
生のマグロは、ツナジャーキーっていう感じのもの。これもデパ地下で良い値段で売っていたので、高級品なんだろう。

お味はと言うと、アンチョビは確かに高級品仕様の味。熟成させることで発酵が進んだ感じの旨味があるのだ。
当地では高級品なんだろうけど、ツナ・ジャーキーは価値を感じず。
バレンシアのトマトは、とにかく実がしっかりしていて、皿代わりにアンチョビにナイフを入れても問題なくアンチョビをカットすることが出来るほど。味は普通に濃いかな。日本ならもぎたてトマトであれば、硬さを除けば普通という感じ。

esgarraet

それよりも惹かれたのが、パプリカと玉ねぎを細切りにして炒めて味付けしてあるこの料理。
esgarraetという、ご当地料理のようだ。

元々焼いたり炒めたパプリカは好物で、自宅でも時々作っているのだが、これは独特な味付けで非常に美味。少し塩辛でも入れているのではないかと思える味だ。


Paella valenciana
Paella valenciana(€16.00)
Tradicional Valencian Paella(chicken,rabbit,snails & veg)


本命のバレンシア・パエリアの到着。
日本では2人前用の鍋だが、当地の1人前専用の鍋で出てきた。(他のカップル席で見えたものはもっと大きく、日本では4人前用の鍋に該当する)

バレンシア・パエリア

皿に盛り付けたものがこちら。鍋の3分の2位の量になる。
この中で、右上のウサギ肉と中央のカタツムリ、右下のアーティチョークが、この料理の特徴かな。

お味の方だが、まずはしょっぱい! ちょっと塩を入れ過ぎではなかろうか。
それに、濃厚な肉の出汁に加えて化学調味料の苦味を感じてしまった。まさかとは思うが、舌は正直だ。

パエリア鍋

それでも、不味いわけではないので完食。
この後、すぐ近くのホテルに水分を補給しに戻ってしまったけど。(苦笑)


お会計炭酸水

以上でおしまいだが、お会計をお願いするとシーフードパエリア表記。
日本人がパエリアといえばシーフードだと思っているのかもしれないが(日本人であると予約時に書いておいたので)、ここは正しく訂正していただいた。

しかし、サービスは非常に気持ち良かったものの、肝心のパエリアがこの内容で、2500名もの投票でバレンシア市内トップ10の店と言うのは、ちょっと納得できない。
こうなったら、他の店でもバレンシア・パエリアを食べて比較しようと思ったのは、当然の成り行きだ。


※メニュー:コース(店頭掲示)前菜パエリア・メイン酒類①

【店舗詳細情報】
店名:Restaurante Navarro
電話:096-352-9623
営業:13:30~16:00(土曜のみ20:30~23:00も営業)
定休:日曜日
住所:C/ Arzobispo Mayoral 5, Valencia - 46002
GPS:39.469305, -0.378123 (☞ Bing Map


訪問したスペインのレストランリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペインの古城ホテル: Parador de Zafra(Alcázar de los Duques de Feria)

訪問2016/11/20~21 (Room Type: Junior Suite、2食付2名分 €151.20、Rate: Gastro Package Amigos
食事: 総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★☆☆
宿泊: 総合5.0、予約個室5.0、建物全体4.5、サービス4.5、CP5.0
今回2か所目の古城ホテルは、公式サイトによると Majestuoso Castillo del siglo XV(15世紀の壮大な城)だというポルトガル国境に近いスペインのサフラ[Zafra]にあるパラドール。
正式名称は「Alcázar de los Duques de Feria」、つまり要塞城のホテルだ。

Parador de Zafra

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
朝食の内容
泊まった部屋(No.106/Junior Suite Room)の内部写真
上記以外のパラドールの写真

古城タイプのパラドールのほとんどは訪問済だが(☞ パラドール訪問リスト)、このパラドールはポルトガルのリスボンから向かった方が行きやすいことから、2年前のGW旅行では訪問を見送っていた。

1泊2食付のジュニアスイートがパラドールの会員価格で2人で151.20ユーロと激安だったことから、部屋に関してはそれほど期待していなかったのだが、ジュニアスイートというより立派なスイートルームだったうえに、入口側の母屋にある部屋で雰囲気面でも期待以上だった。
パラドールは、内部を現代風に作り変えてしまっている事が多いので、古いまま残してあるのは貴重だ。

バル会員特典のドリンクとおつまみ

チェックインした後は、ランチをいただきに街に出向いて Lacasabar でタパスを堪能し、城に戻ってきてから AMIGOS会員特典であるウエルカムドリンクを館内のバルでいただいた。

今年のGWに泊まったパラドールではおつまみが一切出てこなかったが、ここでは自家製(?)ポテチが付いてきた。
タダタパ(ドリンク注文で無料で付くタパスの俗称)が出てくる地域とそうでない地域があるのと同じで、パラドール内でも統一仕様にはなっていないようだ。
 



夕食は20:30からの営業。さすがスペイン時間だ。
今回は、2食付の会員向けパッケージである Gastro Package Amigos で泊まっているので、定価だと28ユーロの秋のメニュー「Menú de Otoño | Autumn Menu」と題したプリフィックスコースからの選択となる。
前菜(6択)、メイン(4択)、デザート(5択)と、パラドールの季節のコースは選択肢が豊富だ。

テーブルセッティングアミューズと食前酒

選択を終えると、アミューズといっしょに食前酒が出てきた。
パラドール独自の少し高めの特別コースが設定されている時は、ワインがセットされていることもあるが、通常コースでアルコールが出てきたのは恐らく初めて。地元のワインだそうで、ちょっと癖のわる味わい。もちろん私は味見程度しか出来ないので、いつものように家内に飲んでもらおうとしたら、飲めないと断られてしまった。

アミューズは、串刺しピクルス。スーパーで安く売っている瓶に入っているものだ。
食前酒を付けるよりも、アミューズの水準を上げてほしいなぁと思うのは、飲めない私だからだろうか。



いつも通り炭酸水をお願いしたら、氷とレモンも出てきた。パラドール以外でも、こんなサービスは初めて!
料理の水準の低さをサービスでカバーする姿勢?

Caldo de puchero
Caldo de puchero al aroma de Jerez
Stew broth flavored with sherry


肉は食べたくないという家内が選んだ前菜は、シェリー酒風味のスープ。
一口味見したが、ぜんぜん美味しくない。
ブロードとかコンソメをイメージしていたみたいだが、シェリー酒効かせすぎ。

Zorongollo con presa ibérica
Zorongollo con presa ibérica en escabeche
Red peppers with iberian pork pickled


それに対して、私が選んだイベリコ豚は、同じ選択肢の料理とは思えないほど豪華で量もたっぷり。
この Zorongollo という料理は、イベリコ豚がメインでは無くて、赤パプリカのソテーがメインみたいだ。

Zorongollo

中央の玉葱スライスを除けて、パプリカをアップした写真がこちら。
スペインやイタリアの焼いたパプリカのマリネは大好物なので、モロ私好み。
肩ロース風に見えるイベリコ豚のスライスは、予想外に淡白なだけで、無くても良いぐらい。

Suprema de salmón al cava
Suprema de salmón al cava con almendras
Salmon with cava sauce and almonds


メインから家内が選んだのは、アーモンドの文字に釣られてサーモン。
ホント、アーモンド好きなのだ。(今回もスペイン土産にテュロン[turrón]というアーモンド含有率の高いヌガー状のお菓子を大量に買っている)

これも味見したが、平凡なクリームソース。
カヴァの風味はそれほど感じなかったし、アーモンドは粒々のトッピングだけ。昨晩のデザートと同じパターンだ。

Caldereta de cordero al estilo de los pastores
Caldereta de cordero al estilo de los pastores con patatas
Lamb stew with potatoes


私は相変わらずラムをチョイス。
ラムシチューにポテト付とあったので予想していたが、本当に予想通りの皿が出てきた。
中東風というか東欧風を期待していたが、アメリカ料理的なグレービーソースでの煮込み。
芋も含めて美味しくない。

Tarta de nuestro obrador
Tarta de nuestro obrador
Cake of the house


いつもは無難な選択しかしない家内が、今回も冒険して選んだデザート。
中央の揚げ菓子は良く見るものだし、左の揚げ菓子も普通に見かけるもの。右はチョコレート。

Milhojas de manzana y nataMilhojas de manzana y nataの中身
Milhojas de manzana y nata
Apple strudel and cream


私は、チロル地方周辺でよく食べているアップルストゥリューデル(例:Restaurant Tibet Hütte)を選んだつもりだったが、出てきた皿はストゥリューデルではなくて、パイサンドだった。
中身を見ての通り、小さな角切りの煮リンゴをホイップクリームに混ぜてパイ生地に挟んだだけ。

値段が安いので悪い印象は無いものの、ここでは高額なアラカルトは避けた方が良さそうな感じだ。

※メニュー:コース(英語版)前菜(英語版)メイン(英語版)デザートスペシャリテ・軽食ワイン

【パラドール直営レストラン詳細情報】
名称:Parador de Zafra
電話:924 554 540
営業:13:30~16:00、20:30~23:00
住所:Plaza Corazón de María 7, 06300 Zafra Badajoz
GPS:38.424173, -6.417043 (☞ Bing Map


宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
 

朝食は、安いパラドールらしく低水準。
ザーダ)の方が、こと朝食に関しては水準が高いだろう。(オフシーズンを除く


▲朝食のビュッフェ台(全体的にクオリティ低め)


▲めぼしい物を取ってきた皿


▲パンは低水準(スーパーで袋入りで売っている水準)、フルーツも今一つ

 

【泊まった部屋(No.106/Junior Suite Room)の内部写真】

▲左:独立したリビングルーム  右:その横にミニルーム


▲ベッドルームにも応接セットがある


▲左:ベッドルームのデスク  右:バスルームも広い


▲洗面所といつものスイートルーム用アメニティ
 

【上記以外のパラドールの写真】


▲左:配置図  右:一般客室は、こちらの建物になる


▲左:中庭部分  右:2階から塔を拝む(中庭を覆う雨よけシートが邪魔!)










テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

スペイン/サフラ [Zafra]:Lacasabar

訪問:2016/11/20 14:40 (☞ Via Michelin 紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
今日のルート実績
▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

3日目は、前に一人で行っているモウラン[Mourão]の廃城に家内を案内してから、古城ホテルに泊まるために1泊だけスペインに越境。7年前にも来ているというか、軽く見ただけのサフラ[Zafra]にある古城パラドールが目的地だ。
サフラの街自体は、特に見どころも無さそうで写真紹介は省略。

LacasabarLacasabar

古城パラドールの紹介はこの次の記事に譲り、まずはタパスをいただきにミシュランサイトに載っていた当店に直行。当地は1軒だけしか紹介されていないが、それがスペインバルの店とは珍しい。

タダタパ

コーラとサングリア(各€1.80)を注文すると、出てきたのはタダタパ(無料のタパス)のポテトサラダ。この辺りはタダタパ文化のある地域のようだ。

日本の居酒屋とかで出てくるレベルでは無いのは、写真を見れば分かるだろう。期待が膨らむ。

Pan
PAN(€1.20)

頼んだ料理がフォアグラということで、パンは要るかと聞かれたのでお願いしたらこの量で出てきた。
あまりフォアグラ向きではないけど、まずまずの美味しさ。
特に、短いグリッシーニみたいなものは、ポリポリと全部いただいてしまった。

Foie plancha con cebollas caramelizadas
Foie plancha con cebollas caramelizadas(€4.50/tapa)

この店に決めたのは、店のHPに掲載されているタパスメニューにフォアグラの文字を見つけていたからだ。
前にビルバオのBitoque de Albiaで、フォアグラらしき美味しいピンチョスをいただいたことがあるので、タパスのフォアグラにも興味があったのだ。

ということで、HPメニューのコピーにマークを付けて、陽気な店のお兄さんにお願いして出てきたのがこの皿。
まんま、フォアグラのソテーだった。

ケチな性分なので値段が怖かったが、4.5ユーロとリーズナブル。
お味の方も、下手な日本(埼玉)の店で出て来るものよりも美味しい。さすがミシュランお墨付き店。

crujiente de foie
crujiente de foie, bacalao,dulce de melocoton, manzana y pimientos del piquillo(€4.50)

もう1品見つけていたフォアグラ料理は、大型のピンチョスタイプ。

crujiente de foie

一番上にトッピングされているタラをほぐしたものが主張していて、フォアグラはいったいどこにあるのだろう・・

crujiente de foie

ということで、分解してみたら中にトロトロのフォアグラが埋め込まれていた。

最初に端っこだけかぶりついたが、大きすぎるのでバラしていただいたのだが、フォアグラと相性抜群のフルーツの甘さも加わって美味しい。もう少しサイズを小さくしてピンチョス仕様だったら抜群だったろう。

Selection de Croquetas
Selection de Croquetas(€3.00/tapa)
rabo de toro, torta del casar con jamon y chipirones en su tinta


改めて、メニューを見せていただき(英語が通じなかったので、メニューという発音も通じず、カルタと言って出してきた)、追加注文。相変わらず無難なコロッケを頼んだのは家内だ。

コロッケの断面

3種類のコロッケの下には、サラダが隠れていた。
コロッケのお味は普通に美味しいというか、差を出しにくい料理だろう。


Setas y champiñones al queso cremoso del zujar(€3.50/tapa)

私は茸とチーズという文字が分かったこちら。
キノコのソテーの上にチーズを振り掛けてオーブンで焼いた皿が出てきた。
これも無難なお味かなぁ。特に美味しいというレベルでは無かった。

お会計 Lacasabar

以上でお会計だが、サングリアとコーラを含めて20.3ユーロ。安い!
やっぱりスペインバルは安上がりでいいな。

※メニュー:tapas y bocados especialesmedias raciones

【店舗詳細情報】
店名:Lacasabar
電話:620 914 927
営業:20:30~24:00(土日は13:30~、金土は~26:30、日は~23:00)
定休:月曜日・火曜日、水曜日(冬季のみ)
住所:Campo del Rosario 2, Zafra
GPS:38.425226, -6.421357 (☞ Bing Map


訪問したスペインのレストランと各地の風景
 
翌日はポルトガル側に戻ったが、道中見つけた城に立ち寄ったので写真だけ紹介しておく。

【フェリア城 [Castillo de Feria] の風景】(GPS:38.514732, -6.567837)
街の地図掲示街の案内掲示地域案内地図掲示wiki


▲月曜日はお休みだった(入場料:€4.00、公開時間:11:00~14:00、16:00~18:00)


▲左:城への坂道の入口にあった建物  右:城への道からの街の風景

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>