FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/全日空(ANA) NH854便: 台北松山(TSA)⇒羽田(HND)

搭乗: 2019/6/1 16:45発
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
今回の旅程で7区間目となる最後のビジネスクラス機内食の紹介は、第1区間成田⇒台北桃園で搭乗したエアージャパンの親会社、全日本空輸、つまりANA便だ。

エアージャパンの機内食が短距離路線としては素晴らしかったので、親会社も良くなっているだろうと期待しての搭乗だが、その前にラウンジ食から。



小さな台北松山空港のラウンジは、各航空会社共用ラウンジ。
それでも、ANAのラウンジと比べたら食べ物は豊富で、全種類は取っていないものの、こんな感じで取って来れた。いいかげん、ANAラウンジの酒飲客優遇の姿勢を改めていただきたいものだ。(だから飲酒問題が未だに起こるのではないかと、勘繰ってしまう)

ただし、お味の方はさすが共用ラウンジだ。美味しそうに見えた焼売は安物激マズ、不味そうに見えた小籠包が意外に美味しいという結果。

****



当然ながらウエルカムドリンクは無いので、最初は食前酒から。
ダイエットコークを頼んだらペプシが出てきてしまった上に、変なレモン味フレーバー。日本オリジナルらしい。こちらはノンカロリーのコーラを飲みたいのであってレモンドリンクを飲みたいわけでは無いし、世界に飛ぶ航空会社が勝手にドリンクアレンジするのは拙いだろう。コーラはコーラであり、レモンはカットしたものをオプションで入れるものだ。(ゆえに、レモン味は強くならない)

出したければ、ちゃんと世界標準の Pepsi Zero か Pepsi light を出すべきだ。
過去、日本オリジナルのペプシネックス(Pepsi Nex)で逆流性食道炎を引き起こす原因になる添加物が入っていたことから、日本オリジナルのペプシは健康に対して非常にリスキー。

ちなみに、どこの航空会社か忘れたが、両社のコーラを搭載していたのを見たことがある。ポーランドがペプシ優位だったので、LOTポーランド航空だったかなぁ?



洋食

お願いしたのは洋食だが、後から事前オーダーで和食を注文しているけど良いかと聞かれてしまった。
すっかり忘れていたが、往路と同様に事前オーダーの内容を事前チェックしないんだな。
洋食でも良いというので、洋食で出していただくことにした。



野菜のロースト
スモークサーモンとローストビーフ


前菜は、ANAらしい皿が出てきた。
単に野菜のローストと書いてアーティチョークを出してくる航空会社は、欧州系ならともかくアジア系では無いだろう。ただ、かぼちゃは安直っていう感じ。ここもこだわってくれれば良いのに。



と思っていたが、かぼちゃのロースト、ちゃんとこだわりがありました。
表面にパプリカ(?)のピュレみたいなものを塗ってから焼いてあった。

スモークサーモンとローストビーフは、魅力なし。
こんなストレートなものよりも、手を掛けた何かを出してくれれば印象が良くなると思うのだが・・



チキン・コルドン・ブルー
トリュフとマッシュルームのソース


メインの皿も野菜たっぷり。
ソースを小皿に分けて出してくれた点でも、付け合わせの野菜に吸われることなくメイン料理にたっぷりソースをかけていただけるので、嬉しい配慮だ。



こんな感じで、トリュフとマッシュルームのソースを使える。
結構水分よりもマッシュルームが多めで、トリュフの粒々もちゃんと使っている。



残念だったのは、コルドンブルー本体側。
チーズだけ挟んであるというか、薄いスライス肉で巻いてある感じで、プロシュートが入っていなかったうえに、チーズもとろけず。
ただ、強い味を出してしまうハム類を入れなかった理由は、たっぷりのソースを楽しんでいただきたいとの配慮かもしれない。チーズも主張の無いものだったし。

付け合わせのジャガイモだが、マスタードシードが見える通りマスタード味。
これは、結構斬新な味付けで良かった。



オリーブロール
オレンジとチョコレートのムース

パンとデザートは、こんな感じ。
いつものように、たっぷりの塩胡椒も。

オリーブロールって書いてあったけど、単に刻んだ黒オリーブを混ぜているだけっていうパンで、美味しくない。台湾製造だからかな?



ケーキの断面は見ての通り。悪くは無いけど、良いわけでもない。ここは日本製の勝ちだ。

あと、往路で宿題だった「軽食としてのスープ」も頼んでみたが、知らないメーカー名のコンソメスープだった。なんだか、JAL国内線やAirDoの粉末スティックスープみたいで、がっかりなお味。


ということで、アウエー発の機内食は、まだまだ改善の余地がありそうだ。
日本の航空会社、日本発が良いのは当然だが、帰国便の機内食水準がかなり落ちてしまうのは、何が問題なんだろうか?

特に、同じ境遇であるエバー航空のパリ発台北行きの機内食(☞ こちら)が、抜群に良かったことから、ぜひともその点を改善していただきたいものだ。
アジア発の場合、日本よりも製造コストが安いはずなので、日本発と同じコストをかければ良くなる気がする。(パリ発の便を何社か乗った感じでは、製造委託先の問題の方が大きそうな気もするが・・)


※メニュー:食事ドリンク

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/エバー航空 BR088便: パリ(CDG)⇒台北(TPE)

搭乗:2019/5/29 11:25発
評価: 総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★★
帰国便第二弾は、パリから台北まで直行のエバー航空便。
ANAと同じスターアライアンス系ということで、ラウンジはANAと同じ第1ターミナルのスターアライアンス共用ラウンジ。
3~4年ぶりだと思うが、食事内容も含めて変わっていない印象。



朝食仕様であることと機内食に期待して、取ってきたのはチーズとスモークサーモンだけ。
チーズは、やっぱりフランスだけあって美味しいのもある。(レストランと比較してはいけない!)

*****



搭乗後すぐにウエルカムドリンクの注文を取りに来た。
往路のバンコク⇒ウィーン線と同様に口頭説明だったが、今度は炭酸水かジュースとの案内。ここで、ダイエットコークと言えば出してくれそうな感じだが、水を注文。
往路と同様に、おしぼりとヴァローナのチョコを付けて出てきた。

スリッパだけ座席に置かれていたが、アメニティは後から配布。



往路のリモワ(☞ こちら)と違ったブランドだったが、しっかりした造りのものだ。
特にポーチの中に小さなポーチが別に入っていて、その中に化粧品系のものが入っていた。家内のお土産になるわけだが、結構良いブランドらしい。

パジャマもその後で持ってきたけど、防寒着として上着だけ着たものの、変なデザインで使いづらい。
台湾のデザイナーのものらしいが、デザイン重視で実用性軽視というのはレベルが低いということだろう。

食事の選択肢の指定も離陸前の段階。2食目までの分を指定したら、メニューは回収して良いかと聞いてきた。
まあ、写真も撮ったし、狙った中間食も頭に入っているのでOKだけど。

出発30分前に機内に入り順調かと思ったら、空港混雑(?)でしばらく待機との案内。
このケースだと、昨日のLOTポーランド航空だと何か出てくるものだが(☞ こちら)、まあ出てくるわけないか。LOTのサービス姿勢は素晴らしいと思う。


離陸後の食前酒は、相変わらずダイエットコーク。
往路と同様に、メニューに記されているアミューズもこの段階で出てくる。


Blini Topped with Smoked Salmon Garnished with Caviar
Ginggerbread Topped with Foie Gras Mousse Garnished with Pink Peppercorn


2品のうち右側が、パリ発だから出てくるだろうと予想していたフォアグラ。
ただ、ムース表示だけあってフォアグラの含有量はかなり少なそう。レバーペーストの延長と考えれば良いが、フォアグラと思わなければ土台のクッキー風のパンも含めて美味しいアミューズ。

半面、左のは芸が無いスモークサーモンと似非キャビアの組み合わせ。




カトラリーと共に、パンとバター、オリーブオイルに塩胡椒、前菜の皿。
ちゃんとバターナイフも付いてくる。


Assorted Bread Served with Isigny Ste-Mere Butter and Balsamic Vinaigrette

パンは固定で出てきたが、ここはフランス発ということでイズニーバターの個食パックが出てきた。
普段は無塩バターしか使わないが、塩分2%入りのバター、パンが美味しいこともあって全部食べてしまった。(25gパックと高級レストランサイズで出てきたので、パンに付るだけでは消費しきれないが、残りはそのまま食べてしまうのだ)
パリまでのLOTポーランド航空便のバターは安物の代名詞であるプレジデント製で、塩分強すぎてほぼ全部残してしまったのとは大違い。



ちなみに、パンの追加分はバスケットで4種類の中から選べたが、バゲットと言われて取ったのが、バゲットではなくガーリックトーストだったことでバターを付けられず、バターはそのまま食べることになってしまったというワケ。



Steaemd Prawn and Seared Scallop with Celery Grape Salad

前菜は、過去の機内食史上もっとも大きな海老が出てきてびっくり。
総体積ベースだと6年前のシンガポール航空シンガポール⇒ハノイ便が1番だが、これだけ大きいと食べ応えがある。帆立も大きめのものだが、霞んでしまった。



下に敷かれていた根菜サラダも、マスタード風味のフランスらしい味付けで、かなり美味。
生のセロリーは嫌いなので、セロリーサラダとメニューに記載されていたことからパスかなぁと思っていただけに、予想外。
根セロリを細く切ってフルーツ風味のマスタードソースに和えたものだったのだ。なぜか根セロリは似た味なのに好きなのだ。

この時点で、パリから直線距離で700Km強のドロミティ上空付近。(☞ ドロミテ街道と南チロル - 峠と湖の地図
昨年までは毎年のように出かけていたお気に入りの避暑地だが、今年はスイスに行くのでまた来年。



Creamy Fennel Soup

前菜の後は、スープが出てくる。
最近長距離路線でスープを出す航空会社が増えてきた気がするが、昔から出していたオーストリア航空を除けば形式だけという水準だったのに、これが良かった。

お題ではフェンネルスープになっているが、ベースは今が旬のホワイトアスパラだろう。



Garden Vegetable Salad
Creamy Dill Dressing


皿を変えて出てきたのが、サラダ。
ここまで1皿ずつ供してくれるのは、さすが5つ星航空会社。ANAも昔からレストラン形式で1皿ずつ出してくれるが、どこかの似非5つ星を獲得した航空会社(JALのこと)とは大違いだ。

出てきた段階ではドレッシングかかかっていたので気づかなかったが、高価な松の実もたっぷりトッピングされていた。



Pan Fried Salmon with Mediterranean Sauce
Assorted Vegetables Squid Ink Linguine


3択のメインは、フランス発ということで中華を選ばず洋食にした。
牛肉は食べたくないので、必然的に魚料理を選んだのだが、これも昨晩のLOT便と違って質の良いサーモン。しかも量的にもメインらしいポーションで出てきた。

ただ、遅延の影響もあるのか、加熱しすぎだったことが残念。
付け合わせの絹さやを口にしたら熱くて火傷してしまったので、機内側の再加熱ミスだろう。




デザートはワゴンサービスで、チーズ・フルーツ・マカロン・ハーゲンダッツからのチョイス。


Pave d'Affinois Cheese, Cantal Cheese, Camembert Cheese, Fourme d'Ambert Cheese
Served with Crackers, Dried Apricot and Almond

Fruit
Macaron

ここはチーズを狙っていたが、ぶどうだけ乗せてもらおうと指差したら、フルーツ全種類をチーズの皿に盛られてしまい、凄い皿になってしまった。



残念だったのは、チーズが全部冷たいままだったこと。
常温に戻す時間はあったはずだが、その点の配慮もほしいところだ。
台湾の人って、フランスチーズ食べないだろうから無理かな。



マカロンは箱に入っていたので何気なく取って後でいただいたのだが、これがめちゃ旨!
欧州線の機内食でマカロンが出てくることは多いが、ぜんぜん質が違った。

後で調べたら、Ladurée(ラデュレ)というパリの店のもので、日本でも店舗を持っていた。
お値段1個400円以上って、凄すぎ!! こんな超高級品を出してくるなんて、エバー航空も凄すぎだ。
箱の裏に賞味期限6月1日までって書かれていたが、公式サイトの通販でも冷蔵4日ってあったから、今まで食べてきたマカロンとは別ものなんだろう。

*****

往路食べ損ねた中間食は楽しみだったので、ブログ原稿を書きながら起きて待っていた。
離陸して6時間半経過した頃から、起きている人たちに声をかけてきたので、私も注文。


Roasted Duck and Wonton Noodle Soup[焼鴨雲吞麵]

中間食はLeisure Delightsと題した2種類。(他に菓子類とカップ麺があるが、種類数に加えるものではないので)
もちろん、焼鴨雲吞麵をお願いしたのだが、中間食の麺類としては過去最高のANAを抜いて、1番豪華。



麺は台湾仕様のソフト麺なので仕方ないが、分厚い焼鴨の切り身に、台湾らしくない香港風の海老雲吞は最高だ。
スープは豚骨ラーメン好きなのでANAの方が美味しいと思うが、これは素晴らしい。

こうなると、多額の広告料を払って5つ星を獲得したのではないかと疑われるJALの悲惨なカップ麺が、群を抜いたワースト中間食になるだろう。

この後も、ドリンクだけでなくお菓子のバスケットなんかを持ってきたりと、必ずしも日系航空会社だけがきめ細かなサービスをしているわけではないということを観察していた。
ここで、私の大好物であるイギリスの Walkers のショートブレッドをゲット。とにかくバター好きなのだ。

*****


100% Mixed Carrot and Fruit Juice

当初は到着2時間半前から朝食との案内だったが、注文していた朝食前のドリンクとおしぼりが来たのは2時間10分前。
事前に洋食側をチョイスしたので、この段階でヨーグルトの種類とシリアルの他にメニューに載っていないミューズリーも選択できるとのことで、ミューズリーをお願いした。


Fruit
Assorted Bread Served with Isigny Ste-Mere Butter
Cereal, Yoghurt

到着前で時間が限られるからだろうが、到着1時間50分前にフルーツ皿が乗ったトレイが出てきた。
パンは後からバスケットで4種類から選択。もちろん1食目にも出てきた25g個食パックのイズニーバター付きだ。




パンも美味しそうなので2種類取ったが、バターを付けられるのはクロワッサンだけ。
残りのバターを1食目と同様にそのまま口に運んだら、なぜか同じものなのに塩辛い。

よく、機内では塩味が薄く感じるから濃いめの味付けをしていると聞くが、正確にはまだ低気圧になれていない状態の時だけに言えるのだと判明した局面だ。
塩辛いものは高血圧なので多少は避けるようにしているので、残念ながらこの時のバターは半分残してしまった。




ミューズリーと言われたものは、シリアルとどう違うんだという感じ。
でも、ミューズリーなのでヨーグルトを掛けて、足りない水分を補うために、別に出てきたポット入りのミルクを投入していただいた。



Crepe Stuffed with Apple Coulis Accompanied with Chocolate Syrup and Caramelized Apple

フルーツを片付けると、ようやく注文品の到着。
ただ、メニューではリンゴを包んだクレープだったのに、出てきたのはパンケーキ。
まあ、美味しいパンケーキだったので良かったけど、メニューと違うものを出すときは一言ほしいなぁ。(実はあったのかもしれないけど、当方の聞き取り能力の問題だったのかもしれない。結構聞き取りにくい英語発音だったのだ)

そのパンケーキにかかっていたチョコレートシロップも、普通に出てくる安っぽいものとレベルが違って、甘すぎず高級感のあるものだった。


ということで、本来なら不利に働くアウエーの欧州発台湾行き、しかも日系ではフランス発の機内食が悲惨なのに、品数が多い上に質も高い。サービス面でも日系以上となれば、文句なくオール5を進呈したい。(長距離路線では初めてのオール5のはず)
結果的に、40社のビジネスクラス機内食ランキング(☞ こちら)では、ANAを抜いて5位にランクアップさせることにした。

その上にランクしているガルーダは4年半前の1往復だけ(別に国内線2区間)、シンガポール航空に至っては6年も乗っていないので、来年からANAマイルが大量に貯まるはずなので、搭乗機会を作ってみたいと思っている。


※メニュー:英語版中国語版

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空 LO335便: ワルシャワ(WAW)⇒パリ(CDG)

搭乗:2019/5/28 16:25発
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★


16泊17日のポーランド旅行も無事終了し帰国に向けての便は、往路エバー航空便が遅延した影響で乗れなかったLOTポーランド航空

パリまで2時間強の欧州域内線かつ、小型のエンブラエル機ということで期待薄だったことと、明日の台北行きの便に乗り継ぐためパリの空港ホテルで1泊する必要がある事から、夕飯抜きにするためラウンジでがっつりいただく方針だ。



LOTのシェンゲン圏側ラウンジは「Lot Business Lounge Polonez」。
シェンゲン圏外へのイミグレーション近くの2階部分にあるが、入口が変わったみたいで見つけにくい。




前回は1年半前の利用になるが、その時の印象が良かったラウンジ食だったものの、なんだか品数が少なくなっている。
ランチ時間帯を過ぎてしまったからかもしれないが、ちょっと欲求不満になりそうな品ぞろえ。(☞ ラウンジ ランチメニュー掲示



それでも、ポーランド料理のトップ10に入る鴨肉とリンゴの煮込み料理など、街のレストランで食べたら高価なものもあるし、街のレストランでほとんど食べることが出来なかった大量のアスパラガスの炒め物と言うよりは煮込みなんかもあって、内容的には優秀だ。



取らなかったものは、チーズの残り2種類とベイクドポテトに麺入りスープ・丸ごと果物ぐらいで、だいたいのものは取ってきたはずだ。

*****

搭乗は通常ゲートから乗り込むバスで(欧州ではバスゲートでなく通常ゲートから階段を下りてバスに乗るパターンが結構ある)沖留めの飛行機に向かった。



搭乗すると、さっそくウエルカムドリンク。炭酸水かオレンジジュースの選択。
小さな飛行機なので置く場所が無く、仕方なく手で持ったまま撮影。

このあと、出発時刻になってもドアが閉まらないと思っていたら、団体客が乗ってきた便が遅れているので待つとのこと。すかさずビジネスクラス客にチョコバーを配ってきたところは、サービスが良いではないか。
結局1時間遅れで出発。




離陸後の食前酒は、口頭での注文。
もちろんダイエットコークをお願いしたが、同時にナッツと人参チップスの小袋を持ってきてくれた。


テーブルクロスも、この段階で敷いてくれたが、実質国内線である欧州域内線で、ちゃんと白い布のテーブルクロスを敷いてくれる点でも立派。
真っ白な布のテーブルクロスは、高級レストランみたいでいいね。




その後の食事は、これも口頭説明で牛肉かサーモンというので、サーモンをチョイス。



あるだけマシだけど、メニューが出てきたトレーの上に置かれていた。
口頭で聞く前に見せてくれたら嬉しいのに・・



Smoked duck with melon, kiwi and mustard vinegrette sauce as a starter

前菜の皿は、生ハムメロンならぬハムとメロンとキウイという構成。
今回のポーランド旅行、ホテルの朝食でもハム類は色々出ていたが、今一つ魅力が無く取らなかったのだが、同じ感じ。ポーランドでハム類を頼んではいけないということかな。

フルーツに関しては味がしっかり乗っていて美味しいだけに、ここは生ハムで出してほしかった。



Fried salmon served with turmeric rice, vegetables and cream sauce

メインに選んだサーモンは、脂の乗りの悪い種類みたいで、パサパサ。
ついでに、ターメリックライスもパサパサで(これは日本でないから仕方ない?)、イマイチ美味しくない。



Blackcurrant cake for dessert

デザートだけは標準以上だけど、あまり芸の無いもの。
まあ、2時間の欧州域内線と考えれば十分だろう。




逆流性食道炎を引き起こす珈琲は飲めないので、あまり食後のお茶をお願いすることが無いのだが、気分でミルクティーをお願いしたら、しっかりミルクを別に用意してきた。
長距離路線でも、レストラン仕様の出し方を経験するのは稀なのに、短距離路線でこのサービスは凄い。
あとは、ミルクを温めて出してくれていたらパーフェクト。


ということで、質の面ではイマイチだったものの(1時間遅延したことが影響した?)、なかなか優秀な短距離路線の機内食だった。


ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>