« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   

ブルガリア/プロヴディフ [Пловдив/Plovdiv]: Smokini [смокини]

訪問:2017/5/27 17:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
予想外だったカルロヴォのバラ祭りを楽しみ(☞ 個人旅行で行くブルガリアのバラ祭り(スケジュール確認方法等))、今日の宿を確保してあるプロヴディフに移動。


▲今日のルート(ソフィアからバラの谷沿いにカルロヴォ経由プロヴディフまで)

連泊するので街歩きも2回に分けて行うことにして、今日はメインストリート周辺を徘徊したが、ソフィアと同様に人口の割には広い歩行者専用道路が延々と延びている。

歩行者専用の橋は商店街化していたし(どこかの国にあったなぁ・・)、中央付近に円形競技場跡みたいな遺跡があったりと楽しめる。もちろん、ランチで店探しを断念したカルロヴォ(Karlovo)と違って、食事の出来そうな店もたくさんある。(それにしても、ブルガリアはレストランは少ないもののカフェバーの類の多いこと!)

SmokiniSmokini

この街でのターゲットは、トリップアドバイザーで東欧料理のある店から選んだ。
最初は、店のHPに写真付でメニューが掲載されていた、この店だ。
遊歩道に並行する1本お隣の道路沿いにある。

SmokiniSmokini

HPの印象から、ブルガリア料理のイメージはまったく無い現代風のデザインの店であるとの認識は持っていたが、それにしても凝りに凝った感じ。
ここでブルガリア料理をいただけるとは、ちょっと驚きだ。

出てきたメニューも英語表記のみ。
ブルガリア語版もあるのだろうが、立地面から見ても旅行者ターゲットであることは分かる。


Airan(Bulgarian yogurt drink)Ciabatta with olives
左:Airan(Bulgarian yogurt drink)(1.29lv≒85円)
右:Ciabatta with olives 110g(1.18lv≒75円)

まずは、ブルガリアに来た以上は絶対に食べよう(飲もう)と思っていたヨーグルト。
これ、まったく甘くなくて、少し塩味のするドリンクだ。大量に飲めるものではないな。

パンは、ちぎったオリーブを生地に混ぜ込んで焼いたイタリアパン。
イタリアでは絶対に温められて出てこないのに、焼き立てのように熱々でかなり美味しい。


Traditional Shopska salad
Traditional Shopska salad 400g(4.90lv≒320円)
tomatoes, cucumbers, fresh peppers, white cheese, red onion, chilly pepper, parsley


サラダは、HPに写真付で載っていたもので、マークしていた。
これ、ランチで貸切営業のために入れなかったレストランのテーブルにセッティングされていたもの。
表面に雪のように被せてあるのは、山羊乳チーズのようだ。

Shopskaの中身

雪をどけて、中を見えるように撮ってみた。
底の部分はキュウリ(皮を剥いて角切りにしてある)、トマトの味が濃くてチーズとよく合い美味しい。
これでは見えないが、皿の端の底にみじん切りのレッド・オニオンが隠れていて、トッピングに輪切りピーマンと獅子唐のような酢漬けの(辛くない)唐辛子。

キュウリとトマトが良く冷えていて、なかなか美味しいサラダだ。
テーブルに置いてあったオリーブオイルをかけると、一段とサラダらしくなって美味美味。


Traditional Bulgarian chicken stew
Traditional Bulgarian chicken stew 300g(8.26lv≒540円)

メインもブルガリア料理と明記されたものを選んだ。
たっぷりの玉葱・ピーマン・マッシュルームを炒め、短時間ローストした角切り鶏胸肉を加えて、最後にシチューベースを加えて、軽く煮込んだ感じ。

これ、肉の加熱加減が抜群で、ジューシーな肉が抜群。
シチュー側も、野菜の甘味と旨味が良くて出ていて、非常に美味しくいただけた。

デザートに狙っていた果物のローストは、冬季限定とのことで断念。
ほかのデザートはイタリアン系しかないので、頼む気になれなかった。


お会計

以上でお会計にしたが、全部で15.63lv≒1000円ぽっきり。
ここも街の中心立地だし、店は凝った造りでコストをかけていることから、ちょっと信じられない価格設定。
ソフィアの店も安いと思ったが、予想通り地方都市では抜群のコスパだった。


※メニュー(英語版):サラダ前菜メインデザート・伝統酒「RAKIA」ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Smokini
電話:0999-000-996
営業:11:00~23:45
定休:無休
住所:12 Otets Paysiy street, 4000 Plovdiv
GPS:42.146962, 24.748844


訪問した東欧諸国のレストランリスト
 

【プロヴディフ [Пловдив/Plovdiv] の風景①】
街の地図①


▲中心街を縦断する歩行者専用道路の延長線にある歩行者専用橋は商店街だった


▲左:歩行者専用道路(橋の近くはやや狭く人通り少な目) 右:オシャレな水飲み場



▲歩行者専用道路の中間点は遺跡跡だった(その中にカフェがある!)


▲左:遺跡周辺は雰囲気も良い  右:歩行者専用道路南側の広場周辺


▲左:少しオールドタウン側に向かうと、ここにも遺跡


▲見た目マーケット風の教会だった。結婚式開催中。

※オールドタウン側の風景は、2つ後の記事に掲載します。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ブルガリア/カルロヴォ [Карлово/Karlovo]: Fast Food Hott(with バラ祭り詳細スケジュールの調べ方)

訪問:2017/5/27 13:20
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★☆☆
2日目は、ソフィアから国道6号線に乗ってバラの谷沿いにカルロヴォ[Карлово/Karlovo]へ。
カルロヴォの20Km手前のRozinoを過ぎた辺りから各街(村)の前後2Kmの国道6号線沿いにも、たくさんのバラ畑を見ることが出来る。
小雨模様だったので、翌日も訪問するつもりで車を停めてまで写真を撮る気にならなかったが、雨の中をバラの花を摘む人達をたくさん見かけたし、思ったよりもピンクのバラの花がたくさん咲いているところを見ることが出来た。

ちなみに、カルロヴォから今日の宿のあるプロヴディフ[Plovdiv]を結ぶ国道64号線沿いには、まったくバラ畑を見ることが出来なかったので、バラの花を目当てにするなら国道6号線沿いが良いだろう。(バラ祭り開催前後3週間しか見れないらしいので注意)

カルロヴォに到着すると、なんだか街の人出が半端ない。車を停められそうな場所も見つからない。
ようやく車を停めて音楽が聞こえている方向に向かうと、なんとバラ祭りをやっているではないか!

バラ祭りは翌週だと思っていたので事前に調べもしなかったのだが、fest-bg.comというサイトに各地での開催詳細内容が載っていた。(☞ Festival of Roses – Karlovo 2017

それによると、向かった先は「7月20日広場」と言うそうで、10:00から街の中心をパレード(Queen of Rose parade)が通ったらしい。広場の周辺に彼女達を見かけたし、バラの籠を持った女性達も引き上げるところだった。こんなことなら、途中の街で寄り道しないでまっすぐ向かえば良かった。完全に出遅れてしまった。(☞ カルロヴォ バラ祭りの写真

Fast Food Hott

イベントが間もなく終わるという認識も無かったので、周辺でレストランを探し回ったのだが、広場横のホテルレストランが貸切であっただけで、まったく見つからない。
仕方なく広場に戻って、行列の出来ていたファストフード店で食べることにしたのだが、もちろんブルガリア料理などはない。ほとんどのみなさんピザを頼んでいる。



それではつまらないと、多少はブルガリア料理ではないかと期待して頼んだのが、コレ。(3.90lv≒250円
やっぱりラザニアだった。



表面のチーズを除けると、ラザニアを層に敷いているのではなく、ふやけた板パスタを少しちぎって混ぜてある。
底の部分だけ、1枚敷いてあったけど、ほとんどがアメリカパスタといった感じのものだ。

途中の街にも食事ができそうな店は小さなドライブイン風の店しか無かったので、ブルガリアでの食事は大きな街かホテルレストランを狙うしかないのかもしれない。

※メニュー:金額入り掲示板ベース金額無し写真ベース

【店舗詳細情報】
店名:БЪРЗА ЗАКУСКА ХОТ(Fast Food Hott)
電話:0335-91648
営業:8:00~23:00
住所:Square July 20, 4300 Karlovo
GPS:42.643262, 24.807185


個人旅行で行くブルガリアのバラ祭り(スケジュール確認方法等)
訪問した東欧諸国のレストランリスト
 

【カルロヴォ [Карлово/Karlovo] バラ祭りの風景】
Festival of Roses – Karlovo 2017


▲左:到着時には、バラ籠を持った民族衣装の女性が撤収中だった
 右:バラの女王コンテストに参加していた女性が記念撮影に応じていた


▲過去のコンテストで優勝した方々の写真が貼りだされていた

Festival of Roses – KarlovoFestival of Roses – Karlovo
▲7月20日広場の会場

Festival of Roses – KarlovoFestival of Roses – Karlovo
▲最終前ステージと、最後のダンスをスタンバイする人達(最後だという認識が無かったので見落とした)


▲左:バラ祭りの最後のイベントは親子フォークダンス  右:バラ祭りのロゴ?


▲会場周辺の屋台では、バラ製品の数々を販売中


▲地元のお菓子なんかも売っていた

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ブルガリア/ソフィア [Sofia]: Hadjidraganov's Cellars [Хаджидрагановите изби]

訪問:2017/5/26 18:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
61か国目の訪問は、東欧のブルガリア。
当初は2年前の春にルーマニアと合わせてツアーに申し込んでいたのだが、最小人員に満たず催行中止となってしまったことから、ルーマニアは昨年、ブルガリアを今年の旅行に組み込んだ。
今回は3泊だけの弾丸旅行なので、ブルガリア観光では一番有名らしいバラ祭りの1週間前、地味ながらもバラの花が咲いている畑を見ることだけをターゲットにしている。100Km以上に渡るバラの谷を一通り走ろうという計画だ。

Hadjidraganov's CellarsHadjidraganov's Cellars

初日は空港でレンタカーを借り、郊外にあるホテルの駐車場に車を置いてから地下鉄でソフィアの中心街へ。一通り街を歩き回ってから夕食を食べに向かったのが、事前にトリップアドバイザーでブルガリア料理を置いてある店から選んでおいたこの店だ。

Hadjidraganov's CellarsHadjidraganov's Cellars


いかにも観光客狙いといった雰囲気の良い店だが、細長い構成なのかちょっと狭い。
窓の外は地元の若者で繁盛していた他の店のテラス席になっていたが、こちらは英語が飛び交う観光客ばかりという客層。その割には、メニューの価格設定が安い。後で知ったが、瓶コーラが1本130円という、ドイツ慣れしていたこともあって信じられない値段だった。


Cold fish starter 300gr
Cold fish starter 300gr(9.90lv≒640円)
marinated different fishes served with fresh vegetables and appetizer kiopoolu


まずは、冷前菜から魚のマリネを選んでみた。
東欧らしく料理には必ず重量が書いてあるので、ボリュームを予想することができる。

半分以上は野菜だが、キャベツと人参の千切りは軽いコールスロー風味でたっぷり、レタスの上に乗っているのは東欧らしく茄子のピューレだ。これが美味しい。

魚のマリネ3種

魚は3種類乗っていたが、すべて軽く酢で〆てある。
小さなイワシ風のものが大量、ほかの中型魚2種類は不明だが、ひとつはニシンかなぁ?
脂もそこそこ乗っていて、まずまずのお味。


Spicy pepper tepsia 350gr
Spicy pepper tepsia 350gr(13.00lv≒850円)
spicy shish kebap from pork meat and spicy pork sausage, served with garnish of grilled onion, potatoes with spices, boiled beans and seasonal salad


メインは、「Bulgarian Dishies from Pork」の筆頭に書かれていたものを選んでみた。
出てきた皿というか、舟盛りみたいな巨大な木の皿はご覧の通りの迫力。

剣を串の代わりにしている


シシケバプは、剣を串代わりにして利用している。
こういった皿と剣をセットにしたものを売っているのか、この店だけのオリジナルなのかは不明だが、旅行者には雰囲気を楽しめる。

spicy pork sausage

本体の皿には、ソーセージとフライドポテトに、トマト風味の豆の煮もの。この豆が美味しい。
やっぱり東欧は煮物料理だなぁ。

ソーセージの断面シシケバプの断面

肝心の肉の方だが、ソーセージの中身とシシケバプの肉は同じだろう。
しかも、スパイシーポークというお題に対して、まったくスパイシーではない。
さらには、肉の含有量が少ないのも気になるところだが、お味は下手なドイツのレストランで食べるオリジナリティ豊かなソーセージよりは馴染めるもの。
ただ、同じ味でこの量だと、さすがに飽きてしまいシシケバプ側は半分残してしまった。


Baklava
Baklava 150gr(3.90lv≒250円)

メインを残した理由は、このデザート「バクラヴァ」が食べたかったからだ。
最初に食べたのはトルコだが、劇甘のハチミツたっぷりのナッツのケーキ。劇甘だけど、ハマるんだよなぁ・・

皿には、この店のロゴに近いものをココアパウダーで描いてあったが、トルコで食べたものと違ってパイ風の仕上がり。

バクラヴァの中身

お味の方だが、それほど劇甘ではなく(注:トルコと比べての話)、結構食べやすい。
馴染んでいるトルコのものよりも美味しいではないか。
ブルガリアのお菓子というわけではないが、日本では滅多にお目にかかれないケーキなので、お勧め!


お会計 Hadjidraganov's Cellars

以上でお会計をお願いしたが、コーラを追加したのに2千円ぽっきり(30.80lv)。
ブルガリアの物価は安いとの話は聞いていたが、モロ観光客目当ての首都のど真ん中にある店で、この金額で楽しめてしまうのだから、この先の地方都市ではどうなるのか楽しみになってきた。(=ケチな性格の人の発想...笑)


※メニュー:お勧め①サラダ冷菜ソーセージ・シーズ肉料理①⑥・魚料理野菜料理サイドデザート店頭掲示メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Ресторант Хаджидрагановите изби
電話:02-981-8148
営業:11:30~26:00
定休:無休
住所:ul. "Hristo Belchev" 18, 1000 Sofia
GPS:42.692848, 23.321192


個人旅行で行くブルガリアのバラ祭り(スケジュール確認方法等)
訪問した東欧諸国のレストランリスト
 

【ソフィア [Sofia] の風景】


▲地下鉄Serdika[Сердика]駅周辺(遺跡発掘跡が大きき展開している)








▲歩行者専用道路を延々進むと、デパートではなくてシアター(?)兼雑居ビルに到着


▲市場は広々とした空間。飲食店もある


▲地下鉄車両の新型車(左)と旧型車(右)


▲路面電車とトロリーバスはクラシカル

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>