FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台南: 双生綠豆沙牛奶

訪問:2018/12/30 15:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気n/aCP★★★★☆
3日目はホテルの朝食を食べた後、台南のクラウンプラザに移動。
前回同様ラウンジ利用権も付けてくれたことから(☞ IHGスパイアエリート会員 宿泊アップグレード記録)、ティータイムとカクテルタイムで腹を満たして、レストランや食堂で食べることは無かった。

4日目は、お昼過ぎまで部屋でのんびり過ごした後、台南中心部の宿に移動して食べ歩き開始。



といっても、朝食を食べ過ぎてお腹が空いていないので、何か軽く食べるつもりで歩いていると、大行列ならぬ人だかりを発見。
何の店かと覗き込むと、緑豆シェイクの店らしい。

番号札発券機があったので発券すると、その上の電光掲示板との差分が30番。5個までは1枚、10個までは2枚発券するように書かれていたので、いったいどれくらい待たされるのか見当もつかないことから、近くの赤崁樓の前にある寺院でやっていたお祭り(?)を見に行って時間つぶしをしていたら、タッチの差で自分の番を越してしまっていた。

仕方ないので、周辺あちこちでお祭りをやっていたので見に行ってから戻ってみると、さらに人が増えていて50番待ち!



今度は早めに戻ってきて、店頭厨房の中を覗き込んでいると、どうもカップにミルクを入れて、その上から緑豆スムージーというかシャーベット(ジェラート)らしきものを軽量カップみたいなもので流し込んで、最後に表面を慣らして蓋をして完成という工程。

メニューには5種類、それぞれ大と中の2サイズ用意されていたけど、9割以上の注文が綠豆沙牛奶の大サイズで、残りの半分が綠豆沙の大サイズ。
となれば、みなさんと同じ綠豆沙牛奶の大サイズを頼むしかないだろう。



綠豆沙牛奶(NT$45/大≒170円)

写真撮影のため、近くの(ちょっと汚い)タイル張りの部分で写真を撮ったが、底にたまっていたミルクが綠豆沙に押し出された感じで、微妙に混ざった状態。
太いストローで飲むことになるが、ミルクだけになったり綠豆沙の部分だけになったりと不安定だ。

その綠豆沙部分は、確かに豆がベースだなぁと思わされる味だが、それほど濃厚というわけではない。
甘さも控えめなので、ミルク無しでも問題なくいただけそうだ。



結局は、全部ストローでしっかり混ぜて飲むことにしたのだが、特段美味しいというほどではない。
なぜ50人もの行列ができているのか理解に苦しむが、この段階ではここでしか存在しない新しい飲み物だからかと思っていた。

ところが、夜の台南の街を歩いていると、多くは無いものの「綠豆沙牛奶」の看板を掲げた店が何軒か存在した。どの店も客がいなかったので、違いを確かめるべきだったかなぁ。
しかし、何でこんなにも行列になるのか不思議な店だった。


【店舗詳細情報】
店名:双生綠豆沙牛奶
電話:06-221-0901
営業:11:00~18:00
定休:月曜日・火曜日
住所:台南市中西區民族路二段281號
GPS:22.996422, 120.203428 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南: 聚福香古早味

訪問:2018/6/29 19:25
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
大東夜市のあとは、前日2軒目の夕飯にする予定だったホテル近くの豚肉煮込み料理の店。
店頭掲示されていたメニューを見ると、お決まりの豚足だけでなく、台湾で食べたことがないソーキ丼[精燉軟骨飯]があったので、試してみたかったのだ。



あいにく満席で、席があくまで店頭で待つことになってしまったが、台南孔子廟のある公園の道路向かいにある店らしく、雰囲気が良い。

先に注文伝票をもらっておいたが、丼のほかに、卵と豆腐とスープが記載されていた。
豆腐が今時5元なんて素晴らしすぎ!



精燉軟骨飯(NT$80≒300円)

最初に丼とスープ(主食に無料で付くみたい)だけ持ってきて、なにやら半分にカットされているゆで卵を指して説明しているのだが、中国語だからまったく分からず。

日本人だと言ったら、わざわざ注文伝票を持ってきて注文した卵と被ると指差しで説明してくれた。
黙って出せば売り上げにつながるのに、すごく親切というか客の立場に立っているなって感動。
お言葉に甘えて、滷蛋(NT$10)はキャンセルさせていただいた。



ソーキ肉は2切れ乗っていたが、沖縄のソーキそばとは違って1枚は硬めの仕上がり。



わざと軟骨の多い部分と少ない部分を盛ってきたのかもしれないが、軟骨の多い方が硬かったのだ。
ちょっと残念に思ったのは、煮込みタレが少し塩辛いこと。
2割塩を減らせば、かなり美味しいタレに仕上がりそうだ。



左:ソーキの断面  右:油豆腐(NT$5≒20円)

油豆腐は、5元とは思えないお味。
この手の豆腐は味が浸み込みすぎることが多いが、適度な浸み込み具合で木綿豆腐的な食感もあって美味しい。

台南の古い家屋の雰囲気を出した凝った内装に対して、価格設定は普通の食堂価格。昨年付けのストリートビューを見たら映っていなかったので、ここ1年内にできたばかりの店のようだ。
前夜もほぼ満席だったことから気になっていたのだが、納得の内容だった。


※メニュー:メニュー注文伝票写真付き説明

【店舗詳細情報】
店名:聚福香古早味
電話:06-220-2700
営業:11:30~19:30
定休:火曜日
住所:台南市中西區南門路63-1號
GPS:22.989683, 120.204753


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉

訪問:2018/6/29 18:15~18:50
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気n/aCP★★★★☆
ランチのデザートは、5回目になる裕成水果店と、初訪問の冰仔角 (ICE TOP)にしたが、かなり評価の高かった氷仔角が予想と違ってガッカリな内容だったことから、今日のマンゴーかき氷食べ歩きは終了して、夕飯は普通に食べることにした。



最初は、まだ行ったことがなかった大東夜市。
ホテルから適当なバス便が無いので、往復5Km歩いて行った。
ホント、台南のバス事情は不便極まりなく、高雄や台北とは雲泥の差だ。(両都市とも地下鉄で行ける場所にバスでも行けてしまう)




まずは、旗魚黒輪という1本10元の店。
面白いのは、みなさんカウンターに10元置いて、勝手に揚げたての串を1本取って行くのだ。
私もみなさんと同じように10元玉を置いて、1本いただくことにした。


旗魚黒輪(NT$10≒40円)

作っているところを見ていると、白身魚の練り物らしきもの(はんぺんの元みたいなもの?)を練って伸ばして、油鍋の上で細長く切って投入していた。

タレも勝手につけていいみたいだったが、この手のものは必ず味が付いているのでそのままガブリ。
お味は、ほぼ想定通りではんぺんほどフワフワではないものの、白身魚系の柔らかい揚げ物。
10元と考えたら、かなり美味しい部類だろう。




お次は、この時間帯で数軒しか無かった行列店の1つ。
2種類あったが、骨付きは避けたかったので「無骨排肉酥」をチョイス。


無骨排肉酥(NT$50/小≒190円)

単なる豚細切りのから揚げかと思っていたが、一口目の印象は香腸を細長く切って揚げたものかと思った。



そこで、断面をよく観察してみると、普通の豚の細切り。
私の大好物で、香港の街角でよく見かける豚肉の蜜汁焼きの味だ。(台湾ではパック入りで普通に売られているが、街角で見るのは台北でしか見た記憶が無いほど稀)

ただ、200円近いと考えると量が少ないなぁ。
パック入りの蜜汁烤肉のお値段を考えれば仕方ないか。




3軒目は、欧州のイベント会場でよく見かける肉を薪で豪快に焙って出す店だ。(☞ クリスマスマーケット@フランクフルト [Frankfurter Weihnachtsmarkt]



台湾の夜市は、最近こそ出かけなくなったもののあちこち出かけているが、これを見たのは初めてだ。



焼き立てのものをカットしてから、パットの上に広げてミックス香辛料らしきものと合わせ、パックに詰めて手提げ袋に入れて渡してくれる。

1パック60元、2パックで100元での表示だったが、1パック購入。
店頭では食べるスペースが無いので、夜市会場の端っこに移動して立食。


原木烤肉(NT$60≒230円)

先ほどの無骨排肉酥程度の量かと思っていたら、およそ3倍量。
ドイツのクリスマスマーケット会場とは注文単位が違うが、重量比でおよそ4分の1価格と激安だし、1単位が多い欧州の屋台と比べて少ないので頼みやすい。

お味は、ベースの肉に少し塩漬けしてあるような塩分があり、最後に胡椒ベースの香辛料をたっぷりかけていたので、そのものずばりっていう味。どうせ塩漬けするなら、少し肉を柔らかくする酵素を加えておけば、もう少し柔らかく美味しくいただけそうな食感だった。


ということで、最近はどこも大差が無く割高感もあるので行かなくなってしまった夜市会場だが、なかなかどうして色々な食べ物がそろっていて楽しめそうだ。日本食や韓国食はどこの夜市でもあるが、ベトナム・インド・トルコなんかもあったし、同一種の店は最大でも3軒程度しか無かった気がした。

台北の有名夜市なんて、みんな同じ店っていう感じなので飽きるのだが、こちらは少数精鋭かつ観光客が皆無に等しいことからお値段も安めで、リピートしたくなってしまった。


【店舗詳細情報】
店名:大東夜市
営業:18:00前後から店により異なる(18:15で2割程度の店が準備中だったので19:00以降がお勧め)
定休:日・月・水・木・土(つまり、火曜日と金曜日だけ営業)
場所:以下の地図参照
GPS:22.982706, 120.218942


台湾の訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
モルディブ: Adaaran Prestige Vadoo Day Tour 2019/01/16
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Arena Beach Hotel (BBQ Dinner Buffet) 2019/01/15
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Kaalamaa Multi-Cuisine Restaurant 2019/01/14
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE) 2019/01/13
スリランカ/コロンボ Colombo: t-Lounge by Dilmah(Chatham Street店) 2019/01/12
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: 成田(NRT)⇒コロンボ(CMB) 2019/01/11
台湾/高雄・文化中心駅: 銅享鐵路便當 文化店 2019/01/09
台湾/高雄・文化中心駅: 金龍鍋貼水餃 2019/01/09
台湾/高雄・中央公園駅: Wok on the park@Indigo高雄中央公園 2019/01/08
台湾/高雄・巨蛋駅:正宗周焼肉飯 裕誠店② 2019/01/08
台湾/高雄・美麗島駅:博義師燒肉飯(本店)③ 2019/01/07
台湾/台南: 上海黒猪小籠湯包 2019/01/07
台湾/台南: 明卿 2019/01/06
台湾/台南: 森茂碗粿 2019/01/06
台湾/台南: 双生綠豆沙牛奶 2019/01/05
台湾/高雄・鹽埕埔駅:永和小籠湯包② 2019/01/05
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A26): 旺來蚵仔煎 +東港漁港への行き方 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港: 美鳳旗魚黑輪 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片 2019/01/03
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A47): 瑞字號旗魚黑輪 2019/01/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
19位
アクセスランキングを見る>>