« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③

訪問:2017/6/27 11:20
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
最終日の午後は、バスで高雄から台中に移動し(NT$280)、気になっていた美村點頭冰のマンゴーかき氷を食べ、紹介に値しない屋台料理をつまんで終了。いつもながら、台中の街中の食文化の低さには嘆くばかりだ。

翌朝は、愛用ホテルから桃園空港まではバスを利用するのだが、いつもガラガラなのに満席で次の便でないと乗れないと。仕方ないので、倍近くかかってしまう高鐵で移動することにしたが、こんなことならあと1時間余計に寝るんだったと後悔。次回からは、台中からの帰りは高鐵利用に決めよう。

さて、毎度おなじみの桃園空港第2ターミナル地下の美食廣場。バニラエアは第1ターミナル発だが、チェックインを済ませてから2タミに移動するのがお決まりの行動パターンだ。


魯肉飯(小)+粹魯
魯肉飯(NT$37≒140円/小)+粹魯(NT$19≒70円)
細切豚肉を煮込んでごはんにかけた「豚肉かけごはん」+煮込豚肉<とソース掛け


これまたお決まりの鬍鬚張魯肉飯だが、今回は魯肉飯の小に具だけ追加する形で頼んでみた。
吉野家のように、「アタマ大盛り」というものがないので、自分で組み合わせて頭大盛りにしたというワケ。
お値段、前回と比べると5%ほど値上げしていたが、屋台や食堂と違って1元単位なので気にならず。


▲左:魯肉飯小-37元(2016/6/13)  右:魯肉飯大-55元(2016/10/16) 

過去食べている魯肉飯の小と大を並べてみたが、魯肉飯大よりも1元高いだけで、肉は大よりも多いような気がするが、気のせいだろうか?

魯肉飯(小)+粹魯

横から撮ってみると、少し山になっているご飯を覆う感じで盛ってあり、美味しそう!

魯肉飯(小)+粹魯

懸念した通り「つゆだくだく」状態になっていたが、塩辛すぎることも無く美味しい。
吉野家の「つゆだくだく」は塩分が強調されてしまうが、鬍鬚張魯肉飯は大丈夫みたいだ。スバラシイ!
今後は、帰国前の鬍鬚張魯肉飯+粹魯が定番化しそうだ。


※過去の訪問(下記以外の店舗訪問も複数回あります)
④2016/10/16 11:00 桃園二航店
③2016/6/13 10:50 桃園二航店
②2012/11/24 21:10 美食文化館
①2012/08/04 20:10 美食文化館
※メニュー: 店頭掲示

【店舗詳細情報】
店名:鬍鬚張 桃園二航店
電話:03-252-0225
営業:10:00~22:00
場所:桃園國際機場第二航廈美食廣場(第2ターミナル地下2階)

台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/新竹: 風城食堂

訪問:2017/3/11 17:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
風城食堂風城食堂
風城食堂

新竹の炒ビーフン第二弾は、同じく新竹都城隍廟内にあるこの店。柳家肉燥飯の裏隣(壁を仕切るビニールクロスからお隣が見える)にある。

客が皆無に見えたのは、3年前に食べた呉記小吃のお隣りに飲食スペースがあったからだ。存在に気づいた時は食べている時だったので、移動できず。

現炒米粉
現炒米粉(NT$60≒230円)

35元の「新竹米粉」が例のインチキ「炒米粉」だと思い、「現炒米粉」を注文。「現」が入らないと、ちゃんと炒めたものではないということかな?

味は、先ほどの阿城號ほどではないにせよ、少し酸味のあるタレ。
具材は肉片中心だけど、その肉片にやや癖があって、主に挽肉に使われる首肉周辺ではないかと思う。

現炒米粉

麺は極細麺。具材をしっかり麺と混ぜるために事前にカットしているようで細切れ麺だが、ビーフンなら問題ない。食べやすいぐらいだ。
呉記小吃の7割増しの価格だけど、量も7割増しという感じで、むしろ割安感がある。

安価である代わりに茹で麺と言える「炒米粉」の方が本来の新竹米粉なのかもしれないが(この店の「新竹米粉」を食べれば確認できると思う)、ちゃんと炒めたビーフンを出してくれる「現炒米粉」を出してくれるこの店と呉記小吃の方が、日本人には向いていると思う。
メニュー価格は割高ではあるものの、呉記小吃でも量も増えるので、2人で1人前頼めば十分だろう。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:風城食堂
電話:03-525-3375
営業:11:00~21:30
定休:火曜日
住所:新竹市北區中山路75號 新竹都城隍廟内
GPS:24.804349, 120.965720 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/新竹: 阿城號

訪問:2017/3/11 17:20
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★★☆☆
子供の頃、台湾ビーフンを食べて育っているので、本場新竹のビーフンを食べに行こうと3年前に新竹に来たものの、肝心の炒めビーフン(炒米粉)を食べさせてくれる店が少ないと、当時の呉記小吃のレビューで書いてある。
この店を含めて炒米粉を探したことはよく覚えているが、どの店も炒めた(??)ビーフンを店頭厨房に山積みしていて、そこから麺を注文分だけよそって、具材入り汁を掛けて出していたことから、私が求める炒米粉ではないとパスしていた。

調査範囲が狭すぎだったのだろうと、今度はお隣の北新竹駅で降りて繁華街をウロウロ歩いて回ってみたが、やはり炒米粉を食べさせてくれる店が無いに等しい。とにかく「米粉」の文字はあっても、「炒」の文字が入っていないのだ。
新竹都城隍廟周辺まで来ると、やたらとお土産米粉を山積みにしている店を見るようになるが、それをちゃんと炒めて食べさせてくれる店が無い。ビーフンの「産地」で有名なのであり、郷土料理としては発展していないのかもしれない。

阿城號炒米粉

最初に試したのは、ガイドブックに載っている有名店らしく(私は見ないので知らない)、2か所のブースに分散している屋台形式の店舗は全席満席の繁盛ぶり。店員に1人だと声を掛けると相席できるテーブルに案内してくれるので、自らテーブルが空くのを待つよりも店員に頼んでしまった方が早そうだ。

別に「炒麺」という料理もあることから、やはり米粉は当地の料理としては定着していない感じ。
「炒米粉」を食べるのは、新竹で名産のビーフンを食べようという(主に台湾国内の)観光客ぐらいなのかもしれない。

ちょっと気になるのは、別に「炒米粉麺」というものが同価格であったこと。
「炒米粉」と「炒麺」の混合だとは思うが、紛らわしいというか・・

炒米粉
炒米粉(NT$35≒130円)

この店が100年の歴史のある老店だというのだから、それが本来の食べ方なのかもと思って試すことにしたわけだが、予想通り撃沈。やっぱり炒めてない虚偽表示まがいの料理だ。

たぶん軽く炒め鍋に「さわって」いるのだろうが、そんなだまし行為は「炒め」とは言わないし、実際それすら感じないレベル。私の判断は、タレと油の入った汁で茹でた「茹麺」だ。

写真の通り、麺はツルツルでタレを回しかけてあるので、台湾の麺屋にある「乾・湯」の選択肢の「乾」に相当するものだ。
味付けはと言うと、かなり酸味の強い醤油味。これまた、前回食べた炒めビーフンと全く違う。
冷やし中華の酸っぱさほどではないし、ベースの味も違うが、見た目が似ている盛岡冷麺でもいただけそうな味付けだ。

什錦湯什錦湯の中身
什錦湯(NT$35≒130円)
猪皮竹筍魚羹


見たことが無いスープがあったので頼んでみたが、これまた値付けが高すぎるという感じ。
ほぼ大根とキャベツで、メニューに記されている油で揚げた豚の皮を茹で戻してお麩のような感じになったものが少しと1切れだけ魚団子。

什錦湯の中身

スープの味は、日本的に中華出汁の効いた良い塩梅だったが、割高感が先に来てしまった。
やはり、ガイドブックで煽られた店のほとんどは、水準が下がっているか、最初からダメな店なんだろう。
魯肉飯や豬腳などの煮物系なら年季の入ったタレというものには期待できるが、歴史だけでは美味しさは測れないのだ。


※メニュー:注文伝票壁メニュー

【店舗詳細情報】
店名:阿城號
電話:03-528-4517
営業:07:00~21:30
住所:新竹市北區中山路75號 新竹都城隍廟内
GPS:24.804430, 120.965528 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>