« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   

ルーマニア/ブカレスト[București]:Hanu' lui Manuc

訪問:2016/5/29 11:45
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
レンタカーを借りる時間の制約で、昼前に入店できない店は選択肢から外れてしまうことから、昨晩利用した Hanu' Berarilor の系列店をチョイス。

外観店内(テラス席のみ)

地球の歩き方掲載のハヌル・マルク[Hanul Manuc]と店名が似ているし、掲載写真も同じだが、Hanul Manucのウェブサイトはこの店のものではないし、そこに掲載されていたManuc Bistroのメニュー内容を確認したところ、前菜とメインで50Lei以下では、よほど限定しない限り収まらないだろう。
Hanul ManucManuc Bistroが実在しているかの確認はしていないが、ひょっとすると経営体が変わって名称変更しているのかもしれない。メニューと価格帯が、かなり似ているのだ)

注文した料理の紹介に移ろう。

Rustic baguette
Rustic baguette - 200g(4.2Lei≒110円)

自家製パンにバゲットがあったので頼んでみら、昨晩と同じバスケットで出てきた。
わずか110円なのに、バゲット1本分入っていたのには驚き。これって表記上の200gよりも多いのでは?

お味の方もフランスとは違うものの、悪くなかったので残った分はナプキンに包んでお持ち帰りしてしまった。

Traditional tripe soup
Traditional tripe soup - 350g(14.0Lei≒420円)

やっぱり同じ料理を食べて比較しなければ意味がないと思い、前日のランチでいただいたRestaurantul Vatraの牛内臓肉スープと比較。

内臓肉をアップ

何故かサワークリームが付いていなかったが、その分だけ最初からサワークリームがたっぷり入っているようで、スープの味としてはこちらの方が美味しい。
内臓肉も、Restaurantul Vatraの倍は入っていただろうし、臭みもそれほど強くなく食べやすい。
内臓肉とともに、パプリカのピクルスが入っていたが、それほど強くない酸味の元は、このピクルスから来ている気がした。

また、青唐辛子が同じように丸々1本添えられていたので、やっぱりルーマニア独自の酸味のあるスープには青唐が必ず付くみたいだ。もちろん使わなかったけど、辛いのが好きな方には美味しいのかな?

Escalop of Foie Gras
Escalop of Foie Gras - 300g(69.9Lei≒2100円)
Duck liver with apple and cocnac


実は、同じ経営体の店でも選んだ理由は、フォアグラ料理があったからだ。
ルーマニア料理ではないはずだが、どんな感じのフォアグラなのか気になってしまったというわけ。

この300gの表示は、昨日と同様に根拠なしかな?
リンゴとソースを加えても300gにはならないだろうから、表示の重量を信頼して注文すると、昨日のように食べきれなくなったり、今回のように物足りなくなったりすることもあるだろう。

もっとも、信頼できないのは、この経営体の店に限る話かもしれない。
他の店では、感覚的だが表示されている重量通りで出てきているからだ。

フォアグラをアップ

お目当てのフォアグラだが、手前の大きなブロックは叩いて伸ばした感のあるもの。
奥にある小さな塊は、叩かずそのまま焼いたものだ。

で、肝心のお味の方は、やっぱりフランス産とはまったく違って、単なる鴨のレバーという感じ。
フォアグラではない鴨のレバー料理も何度かいただいたことがあるが(ジビエとしての鴨から取り出したレバーが多い)、「フォアグラ」とは表記せずに「鴨のレバー」という表記になる。そんな感じの食味だった。
フォアグラは動物虐待と非難される人工的に作られた脂肪肝なわけだから、別物だろう。

フォアグラの断面

念のため断面写真もお見せしておくが、本来のフォラグラであれば繊維質が見えることはない。
やっぱり脂肪肝でなければ、フォアグラ独自の味が出ないのだ。

なお、ソースは普通のフォンドボーにコニャックを少し加えたものだろう。
本来の濃厚なフォアグラには、甘いソースが似合うのだが、甘さの少ないソースで、リンゴの甘味と酸味で食べさせようという料理のようだ。この手の肉質であれば、むしろこのソースの方が合う気がした。

お会計 歴史的建造物であるハヌル・マルク[Hanul Manuc]

お会計は、フォアグラ効果もあって約3千円也。
昨晩の店と同様にチップは含まれていないと記されていたが、無視したのは当然だ。

ガイドブックにはチップの慣習があると書かれているが、こういった一部の店のレシート表記で判断しているのだろう。
チップの慣習があれば、カード払いの際にチップ入力欄が表示されるはずであり、その表示がなかったのだ。
今日の便でルーマニアから帰国するが、ここまでの店での観察からも、たぶんルーマニアにはチップの慣習は無いだろうと思う。

※メニュー:前菜スープ・メインスペシャリテサイド・デザート朝食・平日昼食ドリンクワイン珈琲

【店舗詳細情報】
店名:Hanu' lui Manuc
電話:0730-188653
営業:08:00~24:00(週末は26:00まで)
定休:無休
住所:Str. Franceză 62, București
GPS:44.429610, 26.102180 (☞ Bing Map


※ブラショフ[Brașov]のホテルから登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ルーマニア/ブカレスト[Bucuresti]:Hanu' Berarilor(Casa Oprea Soare店)

訪問:2016/5/28 20:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
夕食もトリップアドバイザーからの選択(1274軒中32位)。
今度は地球の歩き方には掲載されていない店だ。

洋館店内

歴史的建物を利用した洋館レストランということで選んだのだが、行ってみたら幼稚園児の遊び場と化していた。入口正面に、児童用の遊戯施設が設置され、テラス席は子供たちが飛び回っているではないか。何かのイベントがあったのか、週末はファミレス化しているのか定かではないが、ちょっと唖然。

テラス席は満席で、室内席になるとの案内で楽しみにしていたら、なんと建物横に増設されたビアホールみたいな建物。これまたガッカリ。やっぱりファミリーで来ている方が多く、ほとんどの方がビールを頼んでいた。

Pâine de casă - Micaパンの断面
Pâine de casă - Mica(3.5Lei≒110円)
Homemade (On the day) white bread


今回はパンは要るかと聞かれたので、お願いしてみた。
30gと書かれている小さなパン(0.60Leu≒20円)のつもりだったが、半斤で出てきてしまったものの、メニュー上には400gの値段(7.50Lei)しか記されていなかったのに、ちゃんと小サイズ用の金額で請求してきたところが良心的。

でも、普通の食パンという感じで、特に自家製らしい美味しさを感じなかったのが残念。

Salată de vinete proaspete
Salată de vinete proaspete - 280 g(15.5Lei≒470円)
Fresh eggplant dip


今回も歩き方のルーマニア料理図鑑に掲載されているサラタ・デ・ヴィネテという茄子のペーストをチョイス。

これ、トルコ料理のメゼ(前菜)の定番料理だと思っていたわけだが、やっぱり同じ。
ちょっとトマト味が強い気もしたが、大好物なので食パンにたっぷり付けながら美味しくいただけた。

Sărmăluţe de gâscă învelite în foi
Sărmăluţe de gâscă învelite în foi de viţă - 220 g(32.50Lei≒980円)Vine leaves stuffed with minced goose with grilled polenta

メインは、House dishes と題されたカテゴリからブドウの葉でくるんだ鵞鳥肉を選んでみた。
このブドウの葉でくるんだ料理というのもトルコ料理にあるが、私が食べたのはワインか何かで煮込んだ感じの米が入っていた気がする。

東欧圏ではメニューに重量が書いてあることが多いが、この料理の220gという表記はちょっと疑問。
ポレンタを加えれば軽くオーバーしてしまうし、ブドウの葉でくるんだ肉の方だとしたらぜんぜん足りない。

鵞鳥肉をアップ

で、お味の方はというと、どうもしっくりこない。
大きな口を開ければ一口で行けるようなサイズなので、そのまま放り込んだり、サワークリームをたっぷり付けていただいたりしてみたのだが、味が決まっている感じがしないのだ。

ランチでいただいたロールキャベツのスパイスバージョン(☞ Restaurantul Vatra)に赤ワインを加えたような味付けかな。なんだか変な組み合わせという感じがした。

ポレンタはセルクルで固めた両面をこんがり焼いてあるのだが、ちょっと分厚すぎるのと、油の劣化臭を感じてしまい、これまた残念な感じ。
しかし、イタリア料理だと思っていたポレンタが、こうも色々な皿に乗って来るとは意外な気がした。

お会計入口門歴史的建造物の標章

デザートも狙っていたが、運ばれている皿を見ていると水準が低そうなのでパスしてしまった。
ランチのパパナシは感動ものだったが、歩き方掲載の写真と同じような感じだったし。

※メニュー(HPにPDF版があります):前菜メイン・デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Hanu' berarilor
電話:021-336-8009
営業:08:00~24:00(週末は26:00)
定休:無休
住所:Str. Poenaru Bordea 2, București
GPS:44.428800, 26.095335 (☞ Bing Map

※シナイア[Sinaia]のホテルから登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ルーマニア/ブカレスト[Bucuresti]:Restaurantul Vatra(ヴァトラ)

訪問:2016/5/28 12:10
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
今年9回目の海外旅行は、初訪問のルーマニア。
ブカレスト空港到着は1時間の遅延も手伝って午前0時だったが、空港バスは24時間運行で料金も格安(往復7.00Lei+青ICカード代1.60Lei=8.60Lei≒260円)で安全快適。(参考:旅のルーマニア
空港バスの停留所から徒歩5分のホテルまでの道も、午前1時というのに何も危ない雰囲気は無かった。
詳しい情報を発信している方が少ないので(前述の「旅のルーマニア」だけが信頼できそう)、今回の旅行の最後にミニ情報でまとめたいと思っている。

しかし、過去の治安が悪かった時代の情報や、4年前の女子大生殺人事件を題材に、当地の日本人観光業者が、自社の利益のために不必要に治安が悪いと煽っているようだ。(大使館の公式情報まで便乗している!)
そんなこと言ったら、日本では英国人女性殺人事件とかもあったし(英国人にとって、日本は治安の悪い国という事になる)、国内で若い女性を狙った殺人事件なんて珍しい話ではない。
いつも、日本人をカモにしている海外の日本人旅行業者の存在には腹立たしく思っているのだが、大昔の事件を題材に今でも危険だと煽って自分の利益のために誘導していることを見抜けなければ、個人旅行そのものを見直すべきだろう。(当ブログでは金持ちは相手にしていないので、金持ちは送迎を頼むなり勝手にすればよい)

この件のコラムもいずれ書こうかと思っているが、見分け方は意外に簡単。
現地に行ったことのない単なる転記でアクセス数稼ぎをしている最悪の連中は即判断できるが(彼らは自分のサイトを検索上位に揚げることで広告料を稼ぐことを最大の目的にしているので、非常に厄介な存在)、現地在住者でも古い情報を放置したままのサイトや(交通情報の運賃や路線情報で判断できる)、根拠が古い、あるいは具体的な情報記述が無い主観だけの情報発信をして、最終的には自分のサービスに誘導している輩だ。
地球の歩き方の「特派員ブログ」も、当然ながら歩き方と結託している業者誘導型なので信用できない。
この手の輩は、ブカレスト在住者で2名発見しているが、特に現地在住者であれば、値上げ情報や新しいルートが出来た場合は即時更新できるはずだから、それをやらないということは情報サイトではなく広告サイトであると判断できる。

閑話休題。

外観店内

実質初日のランチは、トリップアドバイザー1268軒中17位の「the Romanian traditional cuisine」を標榜するルーマニア料理レストラン。どこにでもある単にルーマニア料理も食べられますという店ではなく、意外に少ないルーマニア料理専門店ということで選んだ。地球の歩き方の掲載店だと知ったのは、この記事を書く段階の話。

店内に入ると、愛想の良い英語ぺらぺらのおじさんが室内とテラス席のどちらが良いかと聞いてきたので、雰囲気のカワイイ室内席をお願いした。開店時間10分過ぎに入店したが、1番乗りだったみたいだ。

渡されたメニューが英語版だったので、地球の歩き方掲載のご当地料理集の中から印を付けておいた料理写真と名称を見せながら、スープ・メイン・デザートの3品を注文。

テーブルパン
右:Painica de Casa(1.00Leu≒30円)

最初に温められた自家製風のパンが出てきたが、お会計時に有料だったことが判明。
パンであっても頼んでいないものを出してくるのは気に入らないが、たった30円で美味しかったので問題なし。(笑)

青唐辛子とサラダ菜サワークリーム

続いて、スープに付くという青唐辛子とサラダ菜、サワークリームが出てきた。
サワークリームを煮込み系料理に入れるというのは東欧料理だなぁ、と思ったものの、青唐辛子とサラダ菜はどうやって食べるのだろうか?

青唐には銀紙を巻いてあったので、そのままポリポリいただくのだろうが(苦手なので、ちょっとかじってパス)、サラダ菜の扱いは困った。結局、何も付けずにそのまま食べてしまった。

スープの中身
Tripe Soupe(15.00Lei≒450円)
Beef tripe, carrot, garlic, bell peppers and egg, seasoned with cream fraiche


一番楽しみだったルーマニア版のトリッパのスープ。
運ばれてきた時は、ガーリックと内臓の匂いが襲ってきた感じで独特。
歩き方に「クセあり」と大きく記されていただけある。(ルーマニア語表記では魔物のスープと言うみたい)

匂い(臭い?)に対して、お味の方はそれほど癖は無かった。
といっても、日本やイタリアでいただくトリッパがクサイことは滅多にないが、こちらはあえて臭みを残している感じで、ニンニクと酸味(サワークリームによるものだと思う)で臭いを消すアプローチだと思う。
気になる場合は、別皿で出されているサワークリームを投入すれば多少緩和されるという仕掛けだ。臭いだけでなく、味も良くなったので、全部投入することをオススメしたい。

内臓ものに関しては、半端なく臭いリヨン(フランス)のアンドゥイエット[Andouillette]もいただいたことがあるので(☞ La Mère Jean)、それに比べたらカワイイものだが、苦手な方も多そうな気がするので、他にもいろいろあったスープをお願いした方が良いだろう。

Romanian stuffed Cabbage Rolls
Romanian stuffed Cabbage Rolls(32.00Lei≒960円)
Pork and beef stuffed cabbage rolls, served with polenta and chilli


メインは、サルマル[Sarmale] と呼ばれるルーマニアのロールキャベツを選んだ。
ここにも、銀紙に巻かれた青唐辛子が添えられている。
ルーマニアでは、何でも青唐をかじりながらいただくのだろうか?
(夜に出かけた店では無かったので、料理によるのかもしれないし、この店だけなのかもしれない)

ロールキャベツの付け合せは、イタリア料理でおなじみのポレンタ。
イタリアの本場でいただいたもの(☞ Monte Cherz)と同じ感じだ。

右に添えられているのは、千切りキャベツの煮込みと、隠れて見えないがベーコンの切れ端。

ロールキャベツの断面

ロールキャベツは2種類で、左の2個は日本人なら問題なくいただけるオーソドックスな味だったが、右の2個は少しスパイシー。カレーではなく強いパプリカ系の味だったので、ハンガリー料理に近いかな。

断面写真は、その赤っぽい色合いのスパイシーな方。
最初は2種類あると気づかずに写真を撮り忘れたが、左の2個の断面は赤っぽさが無い。

PAPANASI
Transylvanian "PAPANASI"(17.00Lei≒510円)
Cheese, egg and raisins doughnuts, covered with cream fraiche and jam


デザートは、歩き方に定番と載っていたパパナシ[Papanași] をお願いしたのだが、出てきたものは歩き方の写真とは全く違うもの。

パパナシの断面

ナイフを入れてみたら、ドーナツ(輪っか状の上にボール状のドーナツが乗っている)の上に大量のクリーム(サワークリームと生クリームを混ぜた感じ)とフルーツソースを掛けたものだった。歩き方の記述だとドーナツ部分が「パパナシ」のはずだが、wikiの記述の方が近い。(☞ wiki

しかし、このデザートは絶品だった。
ちょっとボリューミーでドーナツ本体は食べきれずに半分残してしまったが、クリームとフルーツソースの相性が抜群なうえに、ドーナツのしっとりした食感とよく合って、揚げ油による油っぽさも感じなかった。

お会計

以上に、コーラを付けてお会計は72.00Lei≒2160円
店員はフレンドリーだし、雰囲気も良く、味もまずまずと、最初から良い店に当たったようだ。

※メニュー:冷前菜温前菜スープ自家製前菜鶏・かつグリル①魚料理サラダサイドデザートビール・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Vatra Restaurant
電話:021-315-8375
営業:10:00~23:30
定休:無休
住所:Str. Ion Brezoianu 19, Bucuresti
GPS:44.435303, 26.094666 (☞ Bing Map



※ブカレストのホテルから即日登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>