« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):クアラルンプール(KUL)⇒成田(NRT)

搭乗:2015/12/4 JL723便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★☆☆☆
台湾発の特典航空券で、JALの中距離路線ビジネスクラス機内食を試すことが主目的だったマレーシア旅行。
帰国便は夜行便ということで(☞ 往路のレポート)、他社と同様に最初から期待はしていなかったし、ほぼ想定通りの内容だった。

恒例のラウンジ食レポートは、内容があったことからひとつ前の記事に独立させてレポートしてあるので、早速機内食の紹介を始めたい。

オーダーシート クアラルンプールの夜景

メインとなる到着前の食事の要否と和食か洋食かの選択は、オーダーシートに記して事前に渡す形式になっていた。もちろん、「食事をするので起こしてほしい」と「洋食」をチョイス。

くどいが、ウエルカムドリンクは出てこない。
中距離路線では、ANA系のエアージャパンでも出てくる事を確認しているので(☞ 2015.12 成田⇒ホーチミンシティ)、中長距離路線でウエルカムドリンクが出ない唯一の航空会社ということになる。

お休みまえに
お休みまえに

22:50発の夜行便ということで、お休みまえにと題した軽食が離陸後に出てきた。

タイビーフのカナッペ
タイビーフのカナッペ

マレーシア発の便なのにタイビーフというのは、なんだかなぁと思ってしまうが、パンは厚切り過ぎてイマイチだったものの、過剰なピクルスを外せば、まあまあなお味のタイビーフ。
タイ産の牛肉を使ったマレー料理ということだと思う。(ホント?)

サーモンとイクラのパイ生地のせ
サーモンとイクラのパイ生地のせ

皿真ん中にある「パイ生地のせ」だが、JALではパンの類であっても「パイ」と言うことが判明。
せめて、ロッテの「パイの実」ぐらいにパイにしてほしいところだが、ミニシューのように作ったシュー生地の上部をカットし、中をくりぬいたところにスモークサーモンの切れ端とイクラ(入っていたか記憶無し)を詰め込み、サワークリームを中央に乗せて、輪切りの黒オリーブをかぶせて、クコの実みたいなものをトッピング。
手数をかけているように見えるが、美味しくはない。

チキンサテ カシューナッツソース和え
チキンサテ カシューナッツソース和え

やっぱりマレーシアといえば、サテだろう。ワントレーの中では、一番真っ当な料理だ。
ピーナッツソースではなく、カシューナッツソースというところが拘りみたいだが、これはピーナッツソースの方が合うと思う。ナッツの主張がぼけてしまうからだ。

*****

お好きなときにオーダーできる料理は、くそ不味いJAL自己満足カップ麺3種類だけ。
誰が、ビジネスクラスの客に対してあんなものだけで済ませて良いと判断しているのだろうか?
エコノミークラスの中間食に出すものであり、ビジネスクラスに「それだけ」という姿勢は、とても納得できるものではない。

洋朝食
洋朝食

到着2時間前に明かりがつき、到着前の食事は1時間48分前から配膳。
ANAもそうだが、どうして2時間~2時間半前に起こしてワントレーの食事を配り始めるのだろう?
オーダーシートに起こすなという選択があるとはいえ、点灯されては目が覚めてしまう。

先日搭乗した国内線ファーストクラスの羽田=札幌線では、到着30分前に配膳しても間に合っていることを考えると、(☞ JAL国内線ファーストクラス@羽田⇒札幌)納得できるものではないし、過去の経験からも2時間以上前に点灯してくるのは日本の航空会社だけだ。

ビジネスマンにとって、夜行便は貴重な睡眠時間確保の場だということを理解していないのだろう。
座席数の少ない国内線ファーストクラスと単純比較は出来ないが、せめて1時間15分前に配り始めることは出来ないのだろうか?

フルーツ&ヨーグルト
フレッシュフルーツ
プレーンヨーグルト
 キャラメルバナナ、キャラメルクリームとコーンフレーク添え


メニューにはアペタイザーがフレッシュフルーツだと記載されているが、かなり無理がある表記だと思う。
実際、デザートの皿といっしに盛られてでてくるので、素直に前菜欄は無しにすれば良いだけだ。

全体写真を見ると、右下に小パックが3つ並んでいるが、そのうち2つがキャラメルクリームとコーンフレーク。自分でトッピングせよとのことだが、コーンフレークは分かるものの、キャラメルクリームとドレッシングの区別は、何も印がなければ判別出来ない方もいるだろう。

JALの長距離路線でも、こういった配慮の無さが見えたが(☞ 2015.10 ヘルシンキ⇒成田)、JALを贔屓にしている年配客(ストレートに書けば老人客)に対しての配慮が足りないと思う。

パンケーキ&トルティージャグラタン
パンケーキ ミックスベリーコンポートとメープルシロップ添え
 トルティージャグラタンとアップルソーセージ


で、本命のメインディッシュ。
朝食だから構成的には問題無いが、この不味さは耐えられるものではない。

特に、昨今はパンケーキブームとあって、若い方や女性陣の舌は肥えてきているはず。そこに、こんな小学生がホットケーキミックスで作ったような(それよりも不味いと思う)ものを出してきてはいけない。
トルティージャグラタンとアップルソーセージという奇天烈な料理も、単に奇天烈なだけであって味が伴っていない。

まあ、JALご自慢の三流シェフ上がりの担当らしいので仕方ないのかもしれないが、さんざんANAをこき下ろしてきているので(ここ2~3年は5つ星評価を意識してか、かなり改善してきている)、ANAよりも落ちるものが出てくるとがっかりするのだ。
特に、再加熱をまったく計算していない粉の配合比や、含ませるべき水分の量は要研究だと思う。作り置きを再加熱して供するというノウハウを持っていない外部シェフの言いなりになってはいけないのだ。

フレッシュサラダ
フレッシュサラダ

サラダはおまけレベルで、コメントなし。

ということで、期待通り夜行便ならではの食事で、昼行便なら文句なく★2つだが、★3つ相当と判断した。
特に離陸直後に出てきた皿とフルーツが比較的高水準だったことを評価した。

※メニュー:お休みまえに・お好きなときに・和朝食・洋朝食

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):ジャカルタ(CGK)⇒成田(NRT)

搭乗:2016/2/28 JL726便
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆
帰国は夜行便。夜行便の機内食は貧弱になるという点ではANAでも同じだが、JAL便は12月にクアラルンプール線で体験済みなので、おおよそ内容は見えていた。

今日の予約数

チェックインカウンターに出向くと、今日の予約数がカウンター表面に貼られていた。
ビジネスクラスは49席中7席しか埋まっていないので搭乗率14%、プレエコ席に至っては40席中3席というのだから1割にも満たない状態で、ガラガラなんて言うものではなかった。

どうも、先月ジャカルタの繁華街で起きた爆弾テロの影響らしいが、特にビジネス客の減少ぶりがひどいようだ。
エコノミー席は6割埋まっていたので、個人客よりも企業の方がテロに対して敏感に反応するようだ。(実需のビジネス客よりも、気分の観光客の方がキャンセルすると思っていたので、ちょっと意外)

インビテーションの名称部分The Pura Indah LoungeのFirst Class用室内

ラウンジは、各社共用の「The Pura Indah Lounge」が指定された。
共用ラウンジの食事に期待できないのだが、それでもファーストクラス用とビジネスクラス用が分かれていたので、案内されたファーストクラス用(ワンワールドのエメラルド会員だから?)の食事内容に少し期待したのだが、やはりショボイ。

ラウンジ食①

昼抜きだったし、夜行便の食事に期待できない事は分かっていたのででたくさん食べようと思っていたのだが、中華粥とサンドイッチ類(どちらもパス)を除けば、サテ(極小シンガポールの屋台サイズ)とバナナの揚げ物にサラダぐらいしかなかった。サテは、出ていた7本を全部取って補充を待っていたら、補充されず。

ラウンジ食②ラウンジ食③

サテの代わりにANAラウンジよりはマシな具入り焼きそばが出てきたが、これを腹一杯詰め込む気にもならず、インスタント麺にトッピングを全部乗せしておしまい。
こうなると機内食で腹を満たすしかない。

*****

搭乗後のウエルカムドリンクは無し。

軽食
寿司盛り合わせ
鶏肉、牛蒡、筍の焚き合わせ


早速機内食の紹介だが、夜行便と言っても深夜発ではないからか、離陸後に軽食が出てくる。
しかし、寿司の盛り合わせというお題で、寿司になっているのは、いくら軍艦ぐらいではないか。

東南アジアでは、スーパーに行けば比較的真っ当なサーモン寿司を売っているのに、夜市で並んでいるような安価な海老寿司や稲荷では、本場の寿司を期待する現地人でもがっかりだろう。
日持ちの問題なら、棒寿司とか押し寿司とか、他に出せるものはあるはずだ。実際、海老にぎりのシャリは押し寿司製法だったし。

焚き合わせは、ごく普通にいただけたが、カットが雑な印象。

洋朝食
洋朝食

実は、あまりにも腹ぺこで、2回に分けて出てくるものを最初にまとめて出してほしいとリクエストしてしまった。
普段だったら、こんなイレギュラーなお願いをすることはないが、搭乗率15%で私の席の周りには誰もいない状態なら問題無いだろうとお願いしたら、受けていただけた。睡眠時間の確保にもなるし、ありがたい。

和朝食は炊きたてご飯があるので無理だろうし、往路(☞ こちら)で水準も分かっているので、いつもの洋食をお願いした。和食側と違って、ANAの「THE CONNOISSEURS」に対抗してか「BEDD SKY AUBERDE」と題した特別(?)メニューになっていたことも理由だ。
この便の担当は、内山直樹氏。この記事を書く段階で経歴を調べると、アメリカベースのシェフだったようだ。

フルーツスターター
フルーツスターター

東南アジアらしいフルーツの盛り合わせ。
味(質)はいまひとつだったが、見栄え的には悪くない。

フレッシュサラダ
フレッシュサラダ

サラダは、別添えのプラパック入りドレッシングでいただく。
こちらも無難。

クロックマダム
クロックマダム ハッシュドポテト添え

メイン料理が内山直樹氏の担当のはずだ。
ホノルルのレストランで現在トリップアドバイザー6位(1771軒中)というレストランの総料理長を歴任しているようだが、信じられないような料理が出てきたのには驚いた。
内山氏が辞めて変わったシェフのおかげで、ハワイのレストランは有名になったのかと思えるほどだ。

クロックマダムの中身

出された状態のままでは分からないので、例によって解剖写真を掲載するが、極めて単純なアメリカ料理という感じ。
アメリカ料理といっても、ハンバーガーのように同じ料理でもピンキリなわけだが、料理とは言えないレベルの劣悪品。再加熱をまったく意識していないバンズというかイングリッシュマフィンは、噛み切れないし、朝マックと同じ目玉焼きに、これまた噛み切れないビーフジャーキーみたいなやや乾燥気味の牛肉スライス。
噛み切れないのでナイフとフォークでいただこうにも、今度は全体が崩壊してしまうのでどうにもならない。

まだレビューを書いていないが、夜行便だった12月のマレーシア旅行の帰国便よりも劣るものが出てきた。
腹ペコだったものの、パンはどうにも食べれなかったので上の部分を残さざるを得なかったのだ。
普通、腹ペコの時はどんなものでも美味しく感じてしまうものだと思うが・・


プレーンヨーグルト コーンフレーク、キャラメルバナナとキャラメルクリーム添え

デザート(?)はヨーグルト。メニューには、キャラメルクリーム添えとあったが、代わりにミントの葉っぱ添えだった。
ただ、洋朝食全体構成も含めて、昨年10月のヘルシンキ⇒成田で体験したものよりは、マシ。長距離路線よりも中距離路線の方が良いというのもおかしいけど・・

総評として、主たる料理が話にならないほど低レベルで、今回はさすがにANAでも6年前に1度だけ付けたことがある★2つしか差し上げられないという結果になってしまった。サービスの良さだけでは拙いだろう。
JALの場合、エコノミーとプレエコのシートはANAより快適だが、機内食は(今のところ)ビジネスクラスの短距離路線以外は全滅という感じで、全体的にどうにかしていただきたいものだ。

※メニュー:軽食・お好きな時に和朝食・洋朝食

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):成田(NRT)⇒ジャカルタ(CGK)

搭乗:2016/2/25 JL725便
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆
年末年始から怒涛の海外旅行が続いているが、年越し分を含めて今年5回目の海外旅行先はインドネシア。
インドネシアの首都であるジャカルタの街が未訪問だったので行ってみようと思ったわけだが、調べてみると周辺都市の方が楽しそうで、ジャカルタから鉄道で行ける2都市を選んで3泊5日で計画した。

今回は、台湾発のJAL特典航空券で、1月に乗った台北松山⇒羽田の往路2区間目の搭乗となる。
ANAと違ってJALの海外発特典航空券は、日本で往復とも滞在できることから使い勝手が非常に良い。しかも、海外発の燃油サーチャージは昨年末から先行して無料となっていたので、事前に確保しておいた特典航空券の第一区間を変更すると再計算されることを利用してサーチャージ分を戻したチケットだ。

さて、JALの中距離路線ビジネスクラスは、昨年12月に搭乗した成田⇒クアラルンプール便でレポートしてあるので、簡単に紹介したい。
メニューもほとんど同じだったことから、今回は珍しく和食を選んでみた。

ラウンジの食事も変わりないので、早速機内食の紹介を始めたい。
ウエルカムドリンクは当然無くて(欧州域内線を除く国際線では唯一の航空会社である)、離陸後安定飛行に移ってから他社では離陸前に出されるウエルカムドリンク仕様のドリンク(シャンパンかオレンジジュース)が出てくる。
その後、食事の注文と一緒に聞かれる食前酒が出てきて、機内食本体のスタートだ。

和食の前菜

前菜(っていうのか?)は、9品目。
洋食と違って、和食は品数が多くなる分だけ楽しみが増える。
箸置きがプラスチック製だが赤い折鶴風というのもJALらしい。

タラバ蟹と長芋の和え物トッピングを除けてた和え物
タラバ蟹と長芋の和え物 (左:出された状態  右:きゅうりを除けたもの)

カニ缶の塩気を抜かずにそのまま盛り付けた感じの味で、ちょっと残念なお味。
これ以上細く切れないほど千切になった長芋は、これまたネバネバが少なくぼけた感じで残念。

葛豆腐
葛豆腐

基本的に和食をほとんど食べないうえに興味も無いので、葛豆腐の本来の味を覚えていないのだが、葛よりも下に敷かれた柚子味のソースに拒否反応。まあ、これは個人の好き嫌いだから仕方ない。

数の子と水菜のゼリー掛け
数の子と水菜のゼリー掛け

これも、塩数の子の塩抜きが不十分という感じだ。
本当に「水菜のゼリー」なのかは疑問だが、ゼリーそのものは和食らしい出汁が効いて美味しい。
水菜を塩茹でしたものが、2切れの数の子の間にサンドイッチのようにたっぷり挟まれていた。


五目玉子と黒豆、茗荷、絹さや

茗荷は大嫌いなので食べていないが、それを抜きにしても美味しくなかった。
和食の玉子焼きって、かなり差がでるものだが、これはダメ。

合鴨和風ロースト煮
合鴨和風ロースト煮

これは、和食らしい味わい。
先日搭乗したANAのドイツ発の便でも似たような鴨の燻製スライスが出てきたが(☞ こちら)、肉本体の味だけでなく、器の下に注がれている少し甘めの和風だしが肉の美味しさを引き立てていた。
やっぱり、日本料理はドイツ料理なんかと手の掛け方が違うなぁ。

長茄子の酢漬け
長茄子の酢漬け

酢漬けというよりは南蛮漬けっぽくて、中華料理の範疇に感じた。

菜彩鶏かんずり焼き
菜彩鶏かんずり焼き

合鴨で日本料理の肉は旨いなんて書いたばかりだが、こちらはイマイチ。
そもそも「かんずり」が何かを知らないのだが、特徴のある味でもないし、鶏肉の味を引き立てるわけでも無く。

煮穴子海老そぼろあん掛け
煮穴子海老そぼろあん掛け

こちらも、あまり美味しくない。
煮穴子なら、寿司屋で食べるような柔らかさに期待したいが、身が締まった感じ(スーパーで買ってきたアナゴで、自分で煮穴子を作るとこうなるという感じ)になっていたし、そぼろが「海老そぼろ」だったとは、この原稿を書いている段階で知るような始末。つまり、海老本体だけでなく海老味にもまったく気づいていないのだ。

スモークサーモン寿司
スモークサーモン寿司

これは最悪。日本発の便なのに、24時間前に作ったような硬化した米の寿司を出してはいけない。
それに、スモークサーモンの味も主張がなく論外だ。

メインの配膳

前菜をトレーごと撤収して、メイン(台の物という言い方も、実は知らない)を含む残りが出てきた。
個人的には、味噌汁と漬物は飲まず食べずなので、メインのおかずだけでご飯をたべなければならなくなり、前菜と一緒にご飯をだしてほしいと思うのだが、それって和食の流儀に反するのかな?(くどいけど、自腹で日本料理店に行くことは皆無なので、和食の知識も皆無に等しいのだ)

炊きたてのご飯だが、メニューを見ると魚沼産こしひかりを使って機内で炊いているとあるが、これがびちゃびちゃで美味しくない。
エコノミークラスで出てくるほどひどくは無いが、良い米をを使っても美味しく炊く技術が無いので無駄にしている。

ANAのビジネスクラスの炊き立てご飯は、ちゃんとした美味しいものが出てくるので、多くのブロガーがJALの機内食は不味いと書いている根本的要因なんだと思う。

いとよりの煮つけ
いとよりの煮つけ

で、メインの煮付け。安食堂や居酒屋でも出てくるような、単なる魚の煮付けとしか書けない。
フレンチで食べるイトヨリは美味しいことが多いのだが、魚の特性を出し切れない調理法なのかなぁ。

味噌汁・香の物
味噌汁香の物

とりあえず、味噌汁と香の物の接写も。
ちらっと味見はしたけど、ごく普通のお味。高血圧なので、無駄な塩分は控える方針なのでパス。

ほうじ茶プリン 2015-2016
ほうじ茶プリン 2015-2016

デザートは、和食でも洋食でもこれで選択肢は無い。美味しいからいいけど、芸がないよなぁ・・
12月のクアラルンプール便とは、表面にかけてあったカラメルを別容器化して、好みによって量を調整できるようになっていたが、この容器、実用的だと思うけど、あまり良い印象を与えてくれない。

*****

中間食はチーズと、激マズのJALオリジナルカップ麺だけ。
到着前におにぎりが出ることになっているので、サンドイッチぐらい出したらどうだろう?

各種チーズの取り合わせ
各種チーズの取り合わせ ~ワインと共に~

で、チーズを頼んだのだが、これが機内食のチーズとしてはなかなかだった。
ワインと共にというサブタイトルは余計なお世話だが、パルミジャーノ風のハード、良い熟成感のあるブリー風のソフト、ちょっと微妙だが醤油漬けしたような感じのフレッシュモッツアレラ風のものと3品それぞれ美味しくいただけた。

到着間はおにぎり「又は」アイスクリームとの表記。実際は、例のカップ麺と合わせて案内してきたが、ANAのデザートでもそうだったけど、何で「または」表記するのだろう?
どちらも人数分搭載していないからかもしれないが、この程度のものでケチな姿勢を出されると印象を悪くすると思う。

おにぎりおにぎりが崩れた・・
おにぎり

はじめておにぎり(おかかと高菜だったので高菜をチョイス)をいただいたが、軽く温めてあるものの、米が不味い!(笑)
いったい、いつ製造したのかと思えるもので、断面写真を撮ろうと思ったら、写真のように崩壊してしまった。

アイスクリームは、いつものようにJAL仕様のハーゲンダッツ。今回、なぜJALが適度な硬さで出せるのか判明した。ちゃんと事前にトレイの上に並べて常温でしばらく置いていたのだ。
技術でもなんでもなくて、冷凍庫から出してしばらく置いてから食べるというハーゲンダッツの案内を、客側がやるか乗務員側がやるかの違いだった。
ANAと比べてサービスが良いのは確かだが、客側目線であることが、こんな部分でもハッキリ現れていたのだ。

ということで、総合点ではサービスの良さが光るので★4つを進呈できるが、味は★3つ水準。本拠地日本発だから美味しいだろうと予想していたのだが、前回の洋食よりも劣る結果になってしまった。
3年前の羽田⇒香港便での機内食が、初体験だったJALのラウンジ食が凄すぎて美化されすぎていたのか、それとも全体水準が3年前までのANAと同じように落ちてきているのか、ちょっと判断できなくなってきた。

※メニュー:和食・洋食お好きな時に・ご到着まえに
※いつものように機内で書いて、マレーシア便と同様にボルネオ島上空の機内から「JAL SKY Wi-Fi」を使って即時登録しました。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>