FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):成田(NRT)⇒高雄(KHH)

搭乗:2016/6/9 JL811便
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
今年10回目の海外旅行は、20回目の台湾。
マンゴーの季節がやってきたので、昨年と同様に3ヶ月連続で出かける予定だが、その第一弾。

往路は、1月に台北松山から使い始めたJALビジネスクラス特典航空券の最終区間を利用。
いつもの通り、往路のビジネスクラス機内食は、即日レビューでお届けしようと思う。

毎度のラウンジ食の紹介は同じになってしまうので、今回はファーストクラスラウンジのシャワールームをANAのビジネスクラスラウンジのものと比較してみよう。


▲左:使用後の写真だか、シャワーコントローラとボトル入りシャンプー類
 右:アメニティは洗面台左の小皿にあるシャワーキャップ・ブラシ・綿棒1本だけ

ひとことで言ってしまえば、文句なくANAの勝ちである。ANA側はビジネスクラスしか経験がないにもかかわらずだ。
部屋の面積はほぼ同じだと思うが、勝っているのはシャワー設備の部分だけ。横から噴射するタイプが装備されているので、3通りのお湯の出方がある。(最近ANAに乗っていないので、ひょっとするとANA側にも有ったかも?)

劣っていると思う点を列挙すると、
●シャンプー・リンス・液体石鹸が共用利用の無印ボトル入り(写真参照。ANAはブランド品個別パック)
●カミソリ、歯ブラシ、櫛、綿棒等のアメニティが無いか不足(左記でJALにあるのは綿棒1本だけ)
●スリッパが無い(バスマットの上以外は素足で歩くことになる。便器の前もだ!)
●扇風機が無い(バスルームは蒸し暑いので必須)
というところか。
備品に関しては、ファーストクラスでもビジネスクラスと同じだったと思う。(情けない!)

*****

日本を夜に出発する便ということで日本人に不人気なのか、客層はほぼ台湾人。
ビジネスクラスも3割しか埋まっていない。

シート食前兼食事中のドリンク

昨年9月に復路の高雄⇒成田便に搭乗しているので、手動リクライニングで電源も無いオンボロ機材であることは承知していたが、いまどき電源設備の無いビジネスクラスって、有りだろうか?
いくら4時間弱のフライトとはいえ、貴重なPCのバッテリーをここで使い果たしたくないものだ。

洋食

搭乗後のウエルカムドリンクが無いのは諦め、食前酒兼食事中のドリンクは、いつものダイエットコーク。
食事の方も、いつもの通り洋食をチョイスしている。

前菜
前菜
ペッパースモークサーモン、海老のソテー 香草風味、マンゴーフルーツサルサ
フォアグラと無花果のコンポート お菓子仕立て


海老とサーモンも上等だったが、何より楽しみにしていたのがフォアグラだ。
搭乗前にHPに掲載されているメニューチェックをしたところ、短距離路線にもかかわらず前菜の中にフォアグラの文字を見つけていたのだ。

フォアグラのお菓子仕立て

お菓子仕立てとは、どんなものかと思っていたら、確かにケーキのような感じ。
ケーキよりも柔らかく、向きを変えようとしたら崩れてしまったので、半分だけの断面写真になってしまった。

下にアーモンド粉で作ったであろうスポンジ(高級タルトのフィリングに使うものだ)、その上に甘いリキュール類かマデラ酒類で漬けたであろうフォアグラをペースト状にして伸ばしたもの、その上に無花果のコンポートを潰して伸ばし、一番上は茹で栗をほぐしたものを大量にトッピング。

こういった創作料理はダメなことが多いのだが、ちゃんとフォアグラの主張が強いし、ケーキではなく前菜に相応しい味を出しているのだから、驚きだ。JALの場合、中長距離路線のシェフ名を被せた料理よりも、短距離路線のJAL厨房陣オリジナルの料理の方が、良いものを出してくるのだから、ANAの真似をして下手なシェフの名前を出さなければ良いのにと思ってしまう。

ANAは、自社の厨房陣の能力が低すぎるので外部の優秀な人材に頼っているわけだから、JALは自信を持ってJAL直属の人材だけで攻めた方が良い気がする。

パン
ライサワーハードロールと十八穀米粉バンズ
北海道産手作りバター

パンは国産米粉を使用したソフトロールをご用意しましたので、お楽しみください。


ライサワーってなんだか分からないが、どちらも普通に食べられるパン。(ANAも含めて不味い事が多いので、こんな表現になっている)

例の手作りバターは、北海道産だったのか。
あまり手作り感は感じられないのは、フランスバター(手作りが多い)の味を知っているからかも?

サラダ・スープ
フレッシュサラダ バルサミコドレッシング
白隠元豆と玉葱ソテーのトマト風味コンソメスープ

サラダは予想外に普通だったが(個人的にセロリーはNG)、スープが付くという点がJALの優れた点だ。
ただ、白隠元豆がわずか10粒しか入っていなかったのは、個体差かな? ちょっとさびしい感じ。

お味の方も、ANAのラウンジで出てくるような安っぽいものと違って、まずまずの美味しさだ。
玉葱ソテーとトマトとコンソメって、それぞれ独立したスープが作れるわけだから、それを合わせて味を決めて来る点でも、下手な創作料理シェフより技術を感じる。

国産牛ハンバーグ
国産牛ハンバーグステーキ デミグラスソース

メインの選択肢は無く、国産牛ハンバーグ。
量産ハンバーグが美味しいと思うことは滅多にないのだが、これはボリューム感と言い、食感・肉質ともかなり上等。
同じ具材で地上で個々に焼き上げたら、さらに美味しくいただけるだろうと思えるものだ。

ハンバーグの断面

地上と違って加熱済みの料理を再加熱するのだから、肉汁たっぷりというわけにはいかないが、断面から美味しさを想像できるだろうか? 蒸し焼き状になっているものの、再加熱をうまく利用した料理だ。
過去各社の機内食でいただいたハンバーグの中では、文句なく1番の出来だと思う。

そうそう、付け合せの新ジャガも単に茹でただけでは無さそうで、美味しかった。
JALの機内食製造担当者、純和食はダメっぽいが、洋食はなかなかの技術力をお持ちのようだ。

ハーゲンダッツハーゲンダッツの中身
ハーゲンダッツ アイスクリーム

デザートは、ハーゲンダッツ。
カチカチで食べれないものを出してくるANAと違って、ちゃんと食べごろの良い状態のものを出してくれる。
右の写真のように食べることは、ANAでは絶対に出来ないのだ。

やっぱり、JALの短距離路線の機内食は期待を裏切らなかった。
機材が悪い分だけ機内食を頑張っているのかもしれないが(??)、気分よく★5つ進呈したいと思う。

こうなると、中距離路線の極端な悪さや、長距離では路線格差が激しい点が、なんとも理解しがたい。
短・中距離のJALビジネスクラス機内食は、特典航空券で一通り試したことからインボラアップグレードされない限り試す機会は無くなると思うので、今後は長距離路線でウオッチしていくことになると思う。

※メニュー:和食・洋食ドリンクワインリスト
※機内で仕上げて、高雄のホテルから登録しました。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
台湾/台北・大橋頭駅: 豐味果品 2018/08/11
台湾/台北・府中駅: 震湶雪花冰 2018/08/10
台湾/台北・台北101/世貿駅: 冰山一角 2018/08/09
台湾/台北・市政府駅:ICE MONSTER 微風松高店 2018/08/08
台湾/台北・頂溪駅: 冰世界 2018/08/07
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER 忠孝旗艦店(本店) ⑦ 2018/08/06
台湾/台北・行天宮駅: 冰果專賣店 2018/08/05
台湾/台北・台北橋駅: 服冰易 國家之凍涼 2018/08/05
台湾/台北・士林駅: GOMAN MANGO 2018/08/04
スイス/ダボス [Davos]: インターコンチネンタル ダボス 2018/08/03
イタリア/ブルグシオ [Burgusio|Burgeis]: Der Mohrenwirt 2018/08/02
イタリア/セルヴァ [Selva Gardena|Wolkenstein Groden]: Hotel Armin 2018/08/01
イタリア/コルヴァーラ [Corvara]: Albergo Pradat 2018/07/31
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: PIC-NIC@Hotel Gran Ancëi ② 2018/07/30
イタリア/バディア [Badia]: Rifugio La Crusc 2018/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>