« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ルーマニア/ブラショフ[Brașov]:Ceasu' Rău(チャス・ラウ)

訪問:2016/5/30 18:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆

 ← 今日のルート by Geo Tracker

ペレシュ城を部屋から拝めるシナイア[Sinaia]の宿を朝9時に出発し、ルシュノフ要塞[Cetatea Râşnov/Rasnov Fortress] と、ブラン城 [Castelul Bran/Bran Castle] を見学し、ルーマニア有数のリゾート地だというポヤナ・ブラショフ[Poiana Brașov]を経由して、ブカレストから170Km北にあるトランシルヴァニア地方の大都市ブラショフ[Brașov]に到着した。

翌日は160Km離れたブカレストの空港に戻るだけなので、最後の晩餐はこの街でいただくことになるのだが、地球の歩き方で紹介されている筆頭レストランが、観光の中心である旧市街から離れた新市街側にある店だったので気になってしまった。

通常なら観光客が行く地域から掲載するものだが、そうでない店を筆頭に載せるということは、よほど良い店なのではないかと期待して訪問。しかも、昨日食べ損ねたルーマニア料理の店だというのだから、なおさらだ。

ディナー時はかなり混み合うと注記されていたので、早めの18:00ちょうどに訪問。
大きな交差点の角地に建つ3階建ての大きな一軒家で、ドアを開けて中に入ると・・・客はゼロ。
さすがに拍子抜けした。

外観テラス席入口

店員に早すぎかと聞いたら、外に出て右側に進むとテラス席があるという。
店を出て右方向(写真では奥の方向)に向かったら、3割程度は埋まっていた。なるほど。

初日のランチで利用したブカレストのRestaurantul Vatraも、レストラン名に「TERASA」を加えた表記のテラス席専用入口があったので、こちらのレストラン共通の表記方法なのかもしれない。

テラス席肉焼き場

テラス席というよりは、敷地のが外周部分に屋根が付いているので、空を拝める正式なテラス席空間は中央の一部分だけ。
入口から入ってすぐの所に、大きな肉焼き場がある。
その右横にある、通常はジュース類を入れるはずの細長い冷蔵ケースの中に、ここで焼く肉がスタンバイしていた。

コーラとテーブル調味料
Coca-Coka Zero - 250ml(4.50Lei≒140円)

まずは、いつものダイエットコーク。
ルーマニアでは、西欧とは違ってぴったりサイズのグラスに全部注いでくれる。
でも、これだとすぐに温まってしまうし、炭酸も抜けやすいので、過剰サービスという気がする。
それにしても、今までのコーラ代の6掛価格で安い。

パン

例によって頼んでいないパンが大量に出てきたので(メニューに価格が載っていたか未確認)、今度はポルトガルのように手を付けなければ課金されないか、試してみることにした。

結果は、課金されず。
でも、日本のようにパン代で利益を上げようとしているわけではなく、パン代は実費サービスという感じで非常に安いので、気にすること無いか。

Borş de miel
Borş de miel - 350/50g(11.50Lei≒350円)
Lamb sour soup - traditional romanian recipe


スープは、ルーマニアの伝統レシピだと書いてあったラムのスープを選んでみた。
ブカレストの2軒で試したトリッパのスープと同様に酸っぱいスープとの表記だが、タイ料理ほどは酸っぱくないので飲みやすい。
サワークリームにしてもサワースープにしても、あまり酸味を強調させないのがルーマニアスープの特徴だろう。

羊スープの中身

中身の方は、トリッパスープと比べて具だくさん。
昨晩のドイツ料理店で食べたスープのようだが、じゃがいもゴロゴロという点では違うし、野菜や肉の出汁もそれほど感じない。故に、普通に飲めるが美味しいというレベルではなかった。

Mix grill
Mix grill - 300g(35.00Lei≒1050円)
Mixed grill:Beef fillet, pork sirloin, chicken breast, prok sausages, pork liver


肉屋直営というからには、肉を食べなきゃ意味がないだろうと、珍しく肉のグリルを頼んでしまった。
どうせならと、色々ミックスの皿を頼んだのだが、帰りに肉焼き場の横を通ると、1メートル四方の大きな網の上で大量生産していたことに納得するようなお味。

焼き加減が肉によってかなりムラがあるし、肉質も肉屋が云々と煽るレベルではなく、ごく普通。
質の差がハッキリ分かるレバーがダメだし、一番差が付くソーセージすら、店の主張を感じられない。

塩胡椒もほとんどかかっていないので、テーブル備え付けの塩胡椒をかけていただいたのだが、この記事を書く段階でメニューに「ソース」という項目があるのに気づいた。
どうも、ソースを別に頼まなければいけなかったようだ。(英語が通じるんだから、教えてほしいよなぁ・・)

Salată asortată de vară
Salată asortată de vară - 200g(6.50Lei≒200円)
Mixed salad


ちょっと野菜不足を感じていたので、サラダを別にお願いしてみた。
イタリアなんかでも、メインのサイドにサラダを付けることが多いようだが、当地のメニューもサラダ欄が豊富だ。

量はちょうどという感じだが、ドレッシングがない。
テーブル備え付けのボトル2種類、片方がビネガー系でもう片方がオリーブオイルではなくてサラダオイルだと思うが、それを加えていただくものだろう。

欧州は、備え付けあるいは注文時に持ってきてくれるオリーブオイルとバルサミコでいただくパターンが多いが、サラダオイルでは風味が無いで、単なるオイル。本当に、こうやって食べるのだろうか?

Papanaşi cu smântână şi dulceaţa
Papanaşi cu smântână şi dulceaţa - 150/50/50g(11.00Lei≒330円)
Cheese dumplings with jam and sour cream topping


最後の締めは、もちろんルーマニアの伝統デザートであるパパナシをお願いした。
1軒目のRestaurantul Vatraで食べたものとの比較も目的だが、構成的には似ているものの、味わい的にはかなり劣るもの。

パパナシの断面

食感的にはモサモサする感じだし、サワークリームとジャムも、単にレシピ通りに2つの組み合わせでトッピングしてあるというだけの代物で、Restaurantul Vatraのようなソースの融合感というものが無かった。

そう、家庭で普通のパンに市販のバターとジャムを塗って食べるという感じで、それぞれに手を加えて合わせた結果が最高の効果を生み出すという「美味しい料理の基本」が出来ていないということだ。

お会計

今回の旅行では現金70ユーロを現地通貨に両替したが、現金が余っていたので、現金払いにした。
お会計を頼むと、現金かカード払いかと聞かれるのが普通のようだが、現金で払うと会計伝票(左の大きい方)と合わせて、右の細長い現金払い専用レシートみたいなのをくれる。(昨晩も現金払いをしたので、この細長いレシートが出てきた)

さて、最後の晩餐には相応しくない店の選択になってしまったが、店に行く前に、トリップアドバイザーでの評価がそれほどでもないこと(178軒中35位)や、歩き方から想像した精肉会社の直営という雰囲気の店では無く、当地で手広くレストランを展開している企業店であることを把握していたので、ある程度覚悟はしていた。
やっぱり歩き方掲載店だったということだ。広告料をもらっているのか、担当者が何らかの便宜を図ってもらったのだろう。

数年前とはネット環境も大きく変わり、フランスのミシュラングリーンガイド(トラベルガイド)掲載店はまだまだ信頼できるものの、外国ではトリップアドバイザーのランキングとレビュアが掲載した料理写真で判断するのが安全ということになりそうだ。日本の食べログと同等の自国専門のレストランレビューサイトが見つかれば、それよりも確実だと思うが、欧米ではアジア圏ほど普及していないようなので、やらせが多いもののトリップアドバイザーの情報が一番充実していると思う。

ちなみに、日本の4Travelや食べログに載っている海外レストランの口コミは、しょせんベースが日本のガイドブック掲載店であり、ガイドブックに頼っている方の口コミばかりなので、ほとんど役に立たないだろう。
ガイドブック記載内容に洗脳されて書いている方が多いうえに、比較対象が少なすぎるだけでなく、そもそも現地で食べた日本人だけの世界なので、ランキングを参考にするには評価者が少なすぎるのだ。(と言いつつ、私も自分だけの世界でランキングしているけど・・苦笑)

※メニュー:冷前菜・スープオムレツグリル①②、メイン①②、サイドソース・サラダデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ceasu' Rău
電話:0268-476-670
営業:10:00~24:00
定休:無休
住所:Iuliu Maniu 56, Braşov
GPS:45.650050, 25.604144 (☞ Bing Map


翌日は、ホテルの朝食を食べて空港まで直行。
いつものように、今回の旅の費用を紹介しておく。

■今回の旅の費用
往復航空券: 103570円(羽田>パリ<>ブカレスト>成田、21588マイル獲得)
現地宿泊費: 45457円(1594.96Lei/4泊、うち朝食付3泊)
現地交通費: 16160円(567.09Lei)レンタカー(2日)・燃油・駐車場・空港バス
飲食雑費等: 13503円(473.79Lei)飲食費・入場料
国内交通費:  2446円
旅費合計:  181136円(円高時調達の90.63円/US$利用で165738円;4.00Lei/US$換算)
 

【ブラショフ [Brașov] の風景】

▲左:The White Tower[Turnul Alb]













▲バスターミナルから丘の上に要塞が見えたので行ってみた
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>