« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ルーマニア/ブカレスト[Bucuresti]:Restaurantul Vatra(ヴァトラ)

訪問:2016/5/28 12:10
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
今年9回目の海外旅行は、初訪問のルーマニア。
ブカレスト空港到着は1時間の遅延も手伝って午前0時だったが、空港バスは24時間運行で料金も格安(往復7.00Lei+青ICカード代1.60Lei=8.60Lei≒260円)で安全快適。(参考:旅のルーマニア
空港バスの停留所から徒歩5分のホテルまでの道も、午前1時というのに何も危ない雰囲気は無かった。
詳しい情報を発信している方が少ないので(前述の「旅のルーマニア」だけが信頼できそう)、今回の旅行の最後にミニ情報でまとめたいと思っている。

しかし、過去の治安が悪かった時代の情報や、4年前の女子大生殺人事件を題材に、当地の日本人観光業者が、自社の利益のために不必要に治安が悪いと煽っているようだ。(大使館の公式情報まで便乗している!)
そんなこと言ったら、日本では英国人女性殺人事件とかもあったし(英国人にとって、日本は治安の悪い国という事になる)、国内で若い女性を狙った殺人事件なんて珍しい話ではない。
いつも、日本人をカモにしている海外の日本人旅行業者の存在には腹立たしく思っているのだが、大昔の事件を題材に今でも危険だと煽って自分の利益のために誘導していることを見抜けなければ、個人旅行そのものを見直すべきだろう。(当ブログでは金持ちは相手にしていないので、金持ちは送迎を頼むなり勝手にすればよい)

この件のコラムもいずれ書こうかと思っているが、見分け方は意外に簡単。
現地に行ったことのない単なる転記でアクセス数稼ぎをしている最悪の連中は即判断できるが(彼らは自分のサイトを検索上位に揚げることで広告料を稼ぐことを最大の目的にしているので、非常に厄介な存在)、現地在住者でも古い情報を放置したままのサイトや(交通情報の運賃や路線情報で判断できる)、根拠が古い、あるいは具体的な情報記述が無い主観だけの情報発信をして、最終的には自分のサービスに誘導している輩だ。
地球の歩き方の「特派員ブログ」も、当然ながら歩き方と結託している業者誘導型なので信用できない。
この手の輩は、ブカレスト在住者で2名発見しているが、特に現地在住者であれば、値上げ情報や新しいルートが出来た場合は即時更新できるはずだから、それをやらないということは情報サイトではなく広告サイトであると判断できる。

閑話休題。

外観店内

実質初日のランチは、トリップアドバイザー1268軒中17位の「the Romanian traditional cuisine」を標榜するルーマニア料理レストラン。どこにでもある単にルーマニア料理も食べられますという店ではなく、意外に少ないルーマニア料理専門店ということで選んだ。地球の歩き方の掲載店だと知ったのは、この記事を書く段階の話。

店内に入ると、愛想の良い英語ぺらぺらのおじさんが室内とテラス席のどちらが良いかと聞いてきたので、雰囲気のカワイイ室内席をお願いした。開店時間10分過ぎに入店したが、1番乗りだったみたいだ。

渡されたメニューが英語版だったので、地球の歩き方掲載のご当地料理集の中から印を付けておいた料理写真と名称を見せながら、スープ・メイン・デザートの3品を注文。

テーブルパン
右:Painica de Casa(1.00Leu≒30円)

最初に温められた自家製風のパンが出てきたが、お会計時に有料だったことが判明。
パンであっても頼んでいないものを出してくるのは気に入らないが、たった30円で美味しかったので問題なし。(笑)

青唐辛子とサラダ菜サワークリーム

続いて、スープに付くという青唐辛子とサラダ菜、サワークリームが出てきた。
サワークリームを煮込み系料理に入れるというのは東欧料理だなぁ、と思ったものの、青唐辛子とサラダ菜はどうやって食べるのだろうか?

青唐には銀紙を巻いてあったので、そのままポリポリいただくのだろうが(苦手なので、ちょっとかじってパス)、サラダ菜の扱いは困った。結局、何も付けずにそのまま食べてしまった。

スープの中身
Tripe Soupe(15.00Lei≒450円)
Beef tripe, carrot, garlic, bell peppers and egg, seasoned with cream fraiche


一番楽しみだったルーマニア版のトリッパのスープ。
運ばれてきた時は、ガーリックと内臓の匂いが襲ってきた感じで独特。
歩き方に「クセあり」と大きく記されていただけある。(ルーマニア語表記では魔物のスープと言うみたい)

匂い(臭い?)に対して、お味の方はそれほど癖は無かった。
といっても、日本やイタリアでいただくトリッパがクサイことは滅多にないが、こちらはあえて臭みを残している感じで、ニンニクと酸味(サワークリームによるものだと思う)で臭いを消すアプローチだと思う。
気になる場合は、別皿で出されているサワークリームを投入すれば多少緩和されるという仕掛けだ。臭いだけでなく、味も良くなったので、全部投入することをオススメしたい。

内臓ものに関しては、半端なく臭いリヨン(フランス)のアンドゥイエット[Andouillette]もいただいたことがあるので(☞ La Mère Jean)、それに比べたらカワイイものだが、苦手な方も多そうな気がするので、他にもいろいろあったスープをお願いした方が良いだろう。

Romanian stuffed Cabbage Rolls
Romanian stuffed Cabbage Rolls(32.00Lei≒960円)
Pork and beef stuffed cabbage rolls, served with polenta and chilli


メインは、サルマル[Sarmale] と呼ばれるルーマニアのロールキャベツを選んだ。
ここにも、銀紙に巻かれた青唐辛子が添えられている。
ルーマニアでは、何でも青唐をかじりながらいただくのだろうか?
(夜に出かけた店では無かったので、料理によるのかもしれないし、この店だけなのかもしれない)

ロールキャベツの付け合せは、イタリア料理でおなじみのポレンタ。
イタリアの本場でいただいたもの(☞ Monte Cherz)と同じ感じだ。

右に添えられているのは、千切りキャベツの煮込みと、隠れて見えないがベーコンの切れ端。

ロールキャベツの断面

ロールキャベツは2種類で、左の2個は日本人なら問題なくいただけるオーソドックスな味だったが、右の2個は少しスパイシー。カレーではなく強いパプリカ系の味だったので、ハンガリー料理に近いかな。

断面写真は、その赤っぽい色合いのスパイシーな方。
最初は2種類あると気づかずに写真を撮り忘れたが、左の2個の断面は赤っぽさが無い。

PAPANASI
Transylvanian "PAPANASI"(17.00Lei≒510円)
Cheese, egg and raisins doughnuts, covered with cream fraiche and jam


デザートは、歩き方に定番と載っていたパパナシ[Papanași] をお願いしたのだが、出てきたものは歩き方の写真とは全く違うもの。

パパナシの断面

ナイフを入れてみたら、ドーナツ(輪っか状の上にボール状のドーナツが乗っている)の上に大量のクリーム(サワークリームと生クリームを混ぜた感じ)とフルーツソースを掛けたものだった。歩き方の記述だとドーナツ部分が「パパナシ」のはずだが、wikiの記述の方が近い。(☞ wiki

しかし、このデザートは絶品だった。
ちょっとボリューミーでドーナツ本体は食べきれずに半分残してしまったが、クリームとフルーツソースの相性が抜群なうえに、ドーナツのしっとりした食感とよく合って、揚げ油による油っぽさも感じなかった。

お会計

以上に、コーラを付けてお会計は72.00Lei≒2160円
店員はフレンドリーだし、雰囲気も良く、味もまずまずと、最初から良い店に当たったようだ。

※メニュー:冷前菜温前菜スープ自家製前菜鶏・かつグリル①魚料理サラダサイドデザートビール・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Vatra Restaurant
電話:021-315-8375
営業:10:00~23:30
定休:無休
住所:Str. Ion Brezoianu 19, Bucuresti
GPS:44.435303, 26.094666 (☞ Bing Map



※ブカレストのホテルから即日登録しました。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>