« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

香港.銅羅湾:太湖海鮮城(Tai Woo Reataurant)

訪問:[2010/11/7 22:30]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ビクトリアピークからの夜景を見た後に訪れたので、夜10時半すぎとなってしまった。
それが幸いしたのか、待つことなく店に入れたが、店内は満席。午前0時を過ぎるまでいたが、そんな時間帯でも続々客が入ってくる活気のある店だ。
外観
店頭の生簀 店頭の生簀

香港政府観光局の「Best of the Best 香港料理大賞2010」で海鮮料理部門最高峰の「最優秀金賞」を受賞と煽っている店。にもかかわらず、お値段が安めとあって選んだそうだが、この混雑ぶりを見れば納得できる。
念のため公式サイト(☞ 参考)で確認してみたが、過去にも何度も受賞しているうえに、2006年は選ばれた11品目中4品目がこの店のものという常連受賞店らしい。ミシュランと違ってお役所の賞だから胡散臭い気もしないでもないが、10年も続いているアワードだから信用しても良いだろう。

メニューは冊子状のものの他に、クリアケースに入れたものも5~6枚渡され、料理を選ぶのに苦労した。日本語表記があるので、苦労したのは品数の多い中から何を食べるかと選ぶ作業だ。贅沢な悩みか。
コースもあったが、それではつまらないので受賞した料理を中心にアラカルトでお願いしたが、もっとも食べたかった2品が品切れ! 遅い時間に出かけると、こういう目に合ってしまうようだ。

テーブルセッティング
香辛料とおつまみ

無事注文を終え、テーブルセッティング。ラー油の類の他に、おつまみも。

●お茶(HK$17.80≒195円/1人)
お茶は例によってジャスミン茶。逆算した金額なので正しいかどうか分からないが、良心的な金額。

カナダ産ロブスターのスペシャルソース 焼きビーフン添え(HK$261.80≒2900円)
料理前の活ロブスターを見せてくれる
豪州産のロブスターで受賞したようだがHK$748もするので手が出ない。ということで、割安なカナダ産のロブスターでお願いした。1.5ポンド≒680gと表示されている安い方を頼んでみた。
店頭の水槽(?)から選んだものをビニールに入れて、料理前に見せてくれる。680gにしては小さいかなと思ったが、量りを持っている訳でもないのでどうしようもないし、日本語が通じるわけでもないのでおとなしくOKを出した。

カナダ産ロブスターのスペシャルソース 焼きビーフン添え
ロブスターの下に隠れていた焼きビーフンは平たい 焼きビーフン部分をアップ

出来上がった皿はこちら。たっぷりのソースは、グレービーソースのような感じだが独特な味わい。でも高価な味ではないので、フレンチなら常套手段であるソースをパンで拭って食べるほどのものではなかった。
それよりも、ロブスター本体ではなく、その下に敷かれているビーフンを煎餅状に固めて焼いたものが美味しい。味と焦げ目が絶妙な感じで結構な量があったものの二人で完食してしまった。


大閘蟹(Live Fresh Water Crab)(HK$184.80≒2030円/特大蟹)
料理前の大閘蟹も皿に乗せて見せてくれた
上海蟹の事を香港では大閘蟹と言うらしい。店内に入る階段を上る途中に貼ってあった江南名産大閘蟹と書かれたポスターに目を付けた家内が、ぜひとも食べたいとのことで注文。こちらは、大きい方でお願いしたが、撮影用に皿に乗せて撮らせてくれたものの、なんか特大にしては小さいなあ。
上海蟹は何度か食べているので、もともと小さい事は承知しているが、あちこちのテーブルで注文されていたのを見ると小さく感じてしまったのだ。これなら、小さい方を2匹頼んだ方が良かったかもしれない。

蒸しあがった大閘蟹大閘蟹の甲羅を外す
単純に蒸しただけなので、お味の比較よりも味噌の量がポイントだと思うが、それなりに上海蟹特有の濃厚な味は楽しめたものの、日本で食べたものの方が美味しい感じがした。(元々カニにはそれほど興味を示さないからかも?)
家内は初めてだったので満足したようなので、良しとしよう。


車えびのスパイシーソース(HK$151.80≒1680円)
車えびのスパイシーソース
車えびをアップ

これも受賞した料理から選んだものだ。
特大サイズのぷりぷり海老が6本。ソースはイマイチだったが、海老が美味しい。香港で食べる海老に外れがほとんど無いのは何故だろう?


雲呑海鮮湯(HK$38.50≒430円)
雲呑海鮮湯
雲呑海鮮湯を分けた皿

特大の海老ワンタンが3個、それに角切白身魚も入っている。
昼に食べた店は海老の殻から出る出汁の味を生かした感じだったが、こちらのはオーソドックスな海老蒸餃子と同じ味わいで美味しい。


細切り白身魚と生姜のチャーハン(HK$96.80≒1070円)
細切り白身魚と生姜のチャーハン
チャーハンを分けた皿

最後はチャーハンで締めようと、受賞料理として載っていたものをお願いしたが、予想していた以上に凄いボリューム。優に3~4人前はある。
いわゆる白身魚のあんかけチャーハンだったが、とても食べきれないという顔をしていたのか、スタッフが持ち帰り用に包んでくれた。
味は日本で食べるものに近く非常に美味しい、生姜はほとんど感じない。ホテルに持ち帰って翌日の朝にも食べたが、冷めていても問題なくいただけた。

サービス料も入れて、お会計は全部で HK$769≒8460円。海鮮料理で活物を2種類頼んでいるのに、この価格は十分満足。
洗練された味ではないが、庶民がちょっと贅沢に食べようという時に選択する店だと思う。


■メニュー:写真付①文字のみ①

■ホームページ::http://www.taiwoorestaurant.com/
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>