« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/シチリア島・ラグーサ[Ragusa]:Ristorante La Piazzetta

訪問:2016/4/10 19:15
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆

案内表示店頭入口

日曜日の夜となると開いている店が少なく、当地に2つあったミシュラン星付店は、どちらもお休み。
おやつにいただいたジェラート屋(☞ Gelati Divini Gelateria)の正面にあったリストランテをマークして、別のトラットリアを探すも見つからず。もう1軒候補のトラットリアは、ちょっと値段が安すぎて気分が乗らず(南イタリアだから、安かろう単純だろうという予想)、結局こちらに戻ってきた。

ちょっと奥まっているが、ラグーサ [Ragusa]旧市街(イブラ地区)の大聖堂前の広場に面した歴史ある建物の中にあるし、「リストランテ」表記の店は「トラットリア」や「オステリア」よりは期待できるだろうとの判断だ。

店内の雰囲気テーブルセッティング

店に入ると、入口にいたフレンドリーな受付(?)のおじさんが中に案内してくれた。
かなり奥まったところに席があるので、ちょっと入りにくい雰囲気。店番大丈夫なのだろうか?

英語併記版のメニューをいただき、どれを選択しようかと悩んでいると、おじさんから前菜からデザートまで全部含まれる20ユーロのご当地コース(Menù Ragusano)が良いと勧められた。
店の格の割には価格設定が安いのでアラカルトで選ぶつもりだったのだが、ここは素直にお勧めに従うことにした。

パン
Coperto(€2.50)
Cover charge


まずは、コペルトで付くパンの到着。
この手のどっしりしたクッキー風のパン(見た目はイギリス料理のスコーン)、日本のイタリアンでは見かけないが、イタリアではよく出てくる。ただ、クッキーではなく、あくまでパンなので、小麦粉小麦粉していて美味しくないのだ。

Antipasto della Casa
Antipasto della Casa
House special starter


前菜はチーズも含めたシチリア料理の盛り合わせだった。
皿を埋めるだけに見える焼き野菜だが、やっぱり日本のものよりも格段に美味しい。

品種が違うだけでは説明が付かないので、土壌の違いで差が出るのだろう。イタリアや(特に南部の)フランスで焼き野菜を食べてしまうと、日本のイタリアンで焼き野菜を頼む気にならなくなるのだ。

前菜の主要部分

核となる料理をアップしてみよう。
中央は、シチリア料理代表格のカポナータ。やっぱりフランスのラタトゥーユとは違って、トマトの主張が強い。
奥はハードタイプのチーズ、左上はカラメルをトッピングしたリコッタチーズで、どちらも地元のものだそうだ。

一番美味しかったのが、左端のラザニアを生地でくるんでピザ釜で焼いたような感じの料理。
名称不明だが、泊まったホテルの朝食でも出てきたので、シチリア料理の代表的なものだと思う。

Cavati al sugo di maiale
Cavati al sugo di maiale
Cavati with gravy (pork sauce)

Ravioli di ricotta al sugo di maiale
Ravioli of ricotta cheese with gravy (pork sauce)


メニュー上に2つのパスタが並んでいたので2択だと思っていたら、両方を盛った皿が出てきた。
カヴァティというショートパスタには、サイコロ大の豚腿肉を茹でたものも合わせてあるが、軽めのトマトソースとは合わないかな。表記上は豚肉のソースになっているけど、シンプルなトマトソースだ。

Ravioli di ricotta粉チーズ

感動ものだったのは、リコッタチーズのラビオリの方だ。
2つしか入ってなかったが、トマトソースとドンピシャの相性。
ラビオリというと、個人的には南チロル・ドロミテ地方でいただく料理の印象が強いが、こちらは巨大サイズながらも日本でおなじみのタイプ。

Arrosto misto
Arrosto misto
Roast meat

Insalata verde
Green salad


メインは2種類の肉のグリル。サラダというかレタスの千切りもいっしょに盛られてきた。
サラダのドレッシング用に、バルサミコも持ってきてくれている。(オリーブオイルは、パンと一緒にでてきている)

サルシッチャ

まずは、左側の豚肉のハンバーグ風の料理。
サルシッチャだと説明された。

サルシッチャの断面

見た目は、超粗挽き肉のハンバーグだったが、食べてみると粗挽き感が無い。
皮のようなものを感じたのでひっくり返してみると、確かにソーセージの皮の部分が付いていた。

食感的にはハンバーグではないし、味覚的には調味料がきつくないのでソーセージとも違う、意外にシンプルな肉の旨味を引き出している料理だった。

豚ロースのグリル

もう一方の料理は、骨付き豚ロース肉のグリル。
こちらもちょっと塩胡椒をしただけのシンプルな味付けで、バルサミコをかけてしまった。

Dessert della casa
Dessert della casa

最後のデザートは、口頭(もちろん英語)で何品か言われた中から、リコッタとチョコレートのブランマンジェ風のものをいただいた。何と言われたデザートかは失念。

以上でおしまいだが、全体的には平凡ではあるものの、コペルトを加えて22.5ユーロのフルコースと考えれば安いし、これは美味しいと思ったものが2品あったので★4つを進呈することにした。

実は、一等地にあるこの手の店で最初から最後まで貸し切りだったので、それほど地元では評価されていないのだろうが、最初から最後まで面倒を見てくれたおじさんが良かったし(途中で居眠りしてたけど・・)、雰囲気も悪くないし、アラカルトの値段も安いので、日本人旅行者には悪くない選択肢だと思った次第。
ただし、コースではなくアラカルトで、前菜+ラビオリ(+デザート)で頼むことをお勧めする。

※メニュー:スペシャリテコース、前菜パスタ①②、リゾットメイン①②、サラダ

【店舗詳細情報】
店名:La Piazzetta
電話:0932-686131
営業:10:30~23:30
定休:月曜日
場所:Piazza Duomo 14, 97100 Ragusa Ibla
GPS:36.926004, 14.743840

イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/高雄・西子灣駅: 阿伯磚頭冰 2017/06/26
台湾/高雄・西子灣駅:福泉水果雪花冰(福泉布丁豆花)② 2017/06/25
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲(原泡卡芙・禮物水果)② 2017/06/25
台湾/台南: 龍興冰品店 2017/06/24
台湾/台南: 家鄉八寶冰② 2017/06/24
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
台湾/台南・民族路三段: 鐵路便當 2017/06/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>