« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/シチリア島・ノート[Noto]:Caffè Sicilia(カフェ・シチリア)

訪問:2016/4/10 11:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
2日目は、ノート [Noto]モディカ [Modica]ラグーサ [Ragusa]と、世界遺産の街めぐり。
最初のノートの街は、この旅で訪れた街の中では一番の好みだった。

街外れの路駐可の場所に車を駐めて、旧市街の入口となる Porta Ferdinandea(注:現地掲示地図の表記による;地球の歩き方ではレアーレ門[Porta Reale]と記されている)をくぐり抜けてメインストリートに入ると、別世界が待っていた。右も左も見所だらけという感じで、なかなか先に進めない。

ついでに、歩き方にニコラチ通りとして説明してある部分は、Palazzo Nicolaci di Villadorata(地図⑧で、市立図書館として使われている建物)の誤りだろう。
ニコラチ通りは単なる坂道で、後半に掲載してある写真が証明するとおり、人通りはまばらだ。(この通りを当地1番の見所として★2つを付けているのだから、ホントいいかげんな有料ガイドブックだ。執筆担当者の趣味でレーティングしてほしくないし、そもそも調査能力が無いだけでなく、人様から金を取っているという自覚が無い!)

店頭外観店内テーブル席

さて、そのニコラチ通りの上り口交差点角に、目的のカフェ・シチリア[Caffè Sicilia]がある。
イタリア旅行では常に参考にさせていただいている「イタリア旅行は楽し♪」というブログに記載されていたカフェで、なんでもシチリアでもっとも有名なスイーツ店なんだそうだ。そこで、今回の旅のひとつのテーマでもあるカンノーロをいただこうという計画で訪問したというワケ。

イタリア旅行は楽し♪ のlimbaさんが長期休業で食べ損ねたというので、全部では無いが、この店のケーキ類のラインナップを載せてしまおう。すべて画像クリックで大きな画像を開けるようにしてある。







シチリア銘菓のカンノーロやカッサータを代表に、ちょっと日本のケーキ屋とは毛色の違うラインナップ。
朝食抜きだったことから、目的のカンノーロの他に、目に付いた巨大なサバランも頼んでしまった。

SAVARIN AL MARSALA


これもシチリア島西部にあるマルサラという街の名前を被せてあるので、シチリアのお菓子なんだと思う。
値札に成分表示があるので興味がある方は翻訳してほしいが、日本で食べるサバランと基本は同じで、スポンジにリキュール類(甘いシロップ系)を染み込ませてある。

トッピングは(というか、置き方が逆のような気もしないでもないので、底になる?)、固まっているカラメル。
それにしてもジャンボサイズで、握り拳よりも一回り大きい。

SAVARIN AL MARSALAの断面

恒例の断面写真だが、やはり上下逆に置いてある感じだ。
写真の中央下に見える部分は、円形に上からくりぬいた部分で、中央部分にはたっぷりのラムレーズン風のクリームを詰めてあった。このクリームが美味しい。

そうそう、サービスが悪いと口コミにあったが、そんなことは無かった。
特にドリンクを頼まなかったが、小さなグラス1杯の水が無料で(正確にはテーブル席で食べると22%のサービス料というか実質席料が上乗せされる)付いてきたので、私はにはサービスが良いと感じてしまった。
フランスなら当然だが、イタリアで無料の水が出てきた店は初めてのような気がする。

CANNOLO
カンノーロの値札

しばらく待たされて、クリーム詰めたてのカンノーロが出てきた。
種類はカスタードとリコッタとチョコレートがあるとの話だったので、リコッタをチョイスしてある。

カンノーロの端部カンノーロの断面

いや、さすがシチリア1番と言われる店だけある。
カンノーロの筒の部分は極薄でパリパリ、クリームはなんとも言えない上品な味わいで、カターニアの Pasticceria Spinella で食べたものとは大違いだ。

Cassatina

本当は、もうひとつの代表的なシチリア銘菓であるカッサータも行きたかったのだが、さすがに甘いもの3品は無理と断念した。後で紹介するが、初日にカターニア空港の菓子店で食べているので、比較したかったのだ。

ちなみに、日本でカッサータというとアイスクリームのものしか食べたことがなかったので、シチリアのカッサータは全然違うものだと思ったのだ。スペルが「Cassatina」だったので調べてみたのだが、ありました!(☞ カッサータ(Cassata)/カッサータ・シチリアーナ(Cassata Siciliana)

※メニュー:店頭掲示(着席の場合は、店内ケーキ類も含めて22%加算)

【店舗詳細情報】
店名:Caffè Sicilia
電話:0931-835013
営業:08:00~22:00
定休:月曜日
住所:Corso Vittorio Emanuele 125, 96017 Noto
GPS:36.891124, 15.069720


イタリアのレストランレビュー&ランキング一覧
 

【ノート [Noto] の風景】
イタリア政府観光局(ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の街々)
街の地図掲示(写真の丸数字参照用)街の案内掲示

Porta Ferdinandea
▲左:Porta Ferdinandea①  右:門をくぐってすぐ右手に見えてくる

Chiesa San Farncesco d'Assissi All'ImmacolataChiesa San Farncesco d'Assissi All'Immacolata
▲Chiesa San Farncesco d'Assissi All'Immacolata②

Basilica di San NicolòPalazzo Ducezio
▲左:Basilica di San Nicolò-Cattedrale⑥  右:Palazzo Ducezio - Municipio⑤(市庁舎)

Chiesa di San Carlo al CorsoVia Nicolaci
▲左:Chiesa di San Carlo al Corso⑦  右:Via Nicolaci(ニコラチ通り)

Palazzo Nicolaci di Villadorata
▲Palazzo Nicolaci di Villadorata - Bibblioteca Comunale⑧ のテラス装飾

Chiesa di Monteverginiニコラチ通り
▲左:Chiesa di Montevergini⑳  右:ニコラチ通りを上から見下ろす(右手前の建物の装飾だけ注目)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/マルテッロ [Martello|Martell]: Albergo Gasthof Edelweiß 2018/07/23
イタリア/ヴェルナゴ湖 [Vernago|Vernagt]: Hotel & Chalets Edelweiss 2018/07/22
イタリア/リヴィーニョ [Livigno]: Hotel St. Michael 2018/07/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>