« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ニューカレドニア/ヌーメア・Anse Vata:Le Taom Restaurant

訪問:2016/3/21 19:00
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★☆☆☆☆
ニューカレドニア最後の晩餐は、トリップアドバーザーで堂々4位の店。
ヒルトンと同じ4つ星格のシャトー・ロイヤルの中にあるレストランだが、最初はレストランがあるとの表示に従って手前の外階段を下りてしまった。

エントランス室内席

見つからないのでホテルフロントに戻って聞いた結果、フロントを直進した左手のバーの奥に店があるとのこと。まさかバーコーナーの奥にレストランがあるとは、何も表示がないので気づきようがない。

テラス席テーブルセッティング

事前にHPに掲載されていたメニューをチェックしていたので、ヒルトンよりも2割ほど高いなりに立派なレストランだろうと予想していたのだが、立派なのは入口にあるバーと室内席。夜なのに海の見えるテラス席に案内されたが、海がまともに見えるのはコーナーの一角だけで、我々の目の前は、塩素臭が少し気になる室内プールの建物だった。(苦笑)

アミューズ(2人分)

注文を終えると、アミューズが出てきた。
昨晩のヒルトンでは出てこなかったので、この段階では高いなりに真っ当なレストランだと期待が膨らんだのだが、内容的にはフランス料理から外すような味だったので、不安も少し。

今回はフラッシュ無しでは撮影不可の暗さだったので、すべての皿をフラッシュで1発勝負で撮影している。
こうやって写真で見ると、何となく食材が見えてくるのだが、現場ではほとんど判別出来ないので味だけで判断するしかなかった。

パンとバター

パンは2種類、バスケットで持ってきてどちらにするかと聞いてくる。
左の大きな方が、ご当地のパンだそう。これも、バターと合わせてまずまずのお味。
と、ここまでは順調に進んだ。

ロブスターのスフレ
ロブスターのスフレ(2650Cfp≒2900円)
トロピカルフルーツの白バターソース、ロブスターのネム(ベトナム春巻き)

Soufflé de langouste
Sauce beurre blanc aux fruits exotiques, Nem de langouste


最初にやってきたのは、家内が選んだロブスターのスフレ。
約3千円の前菜なので、それなりにロブスターの身が入っていると思ったのだが・・

ロブスターのスフレの断面

ご覧の通り、まったくロブスターが見えない。
底の方に隠れているのかと思ったが、底まで同じで存在無し。
ロブスターの濃厚な味があれば別だが、濃厚どころか微塵にも感じなかった。
別皿に1個だけ乗っていた小さなロブスターの揚げ春巻きも、とてもロブスターとは名乗れない代物だった。
最悪!!

シーフードの盛り合わせ
シーフードの盛り合わせ(2650Cfp≒2900円)
スモーク・マンダイ、カニとエビのサモサ、シカ肉のサラダ、
サーモンのグラブラックス、マグロと地元産の貝のタルタル

Expression du Pacifique
Saumon des dieux fumé, samossa de crabe et crevettes, salade de cerf,
Gravelax de saumon, tartare de thon et trocas


昨晩のヒルトン(☞ Restaurant La Terrasse)と比較しようと頼んだ魚介の盛り合わせ。
サモサとかグラブラックスなんて書いてあったので、ちょっと違うとは予想していたが、ちょっとどころか全然違った。これを「シーフードの盛り合わせ」と訳すのは無理がある。それに、記載されている内容と微妙に異なるというのもいただけない。

核となるのはグラブラックスだが、これまた現場では暗くて構成判断出来なかった。
メニュー表記ではサーモンとあるが、左が貝のタルタルで、右が鹿肉サラダだと思う。
で、サーモンはグラブラックスではなくて、小さなスモークサーモンが一切れ、スモーク・マンダイも一切れ、サモサは一口サイズで、左右の小皿はメニュー表記にないものだ。

普通、フランス料理店ではメインよりも前菜の方が美味しいことが多いものだが、この店の前菜は2つとも最悪。3千円の皿と考えれば、どちらも無星水準だ。せいぜい1500円止まりだろう。(だとしても星2つ水準)

ロースト鴨の胸肉
ロースト鴨の胸肉、香辛料を使ったパン(3250Cfp≒3600円)
ヘーゼルナッツオイル香味のタロイモネム、シナモンジュース

Magret de canard rôti aux saveurs de pain d’épices
Nem de taro parfumé à l’huile de noisette, jus court à la cannelle


家内が選んだメインは、またまた鴨肉。
焼き加減を聞いてきたのでピンクと指定したのだが、ミディアムウエルダンかな。

前菜よりはマシな料理だが、タロイモの春巻きを見ても本当にタロイモだけといった感じで(日本のポテトコロッケをイメージして欲しい)、素人料理の範疇のものだ。
ソースは、ヒルトンと同様にベースをまじめに作っていない安っぽいお味。

Médaillons de cerf au foie gras et jambon de Bayonne
フォアグラとベヨンヌ特産ハムとシカ肉の切り身(3450Cfp≒3800円)
スィートポテト、ベリグー・ソースがけ

Médaillons de cerf au foie gras et jambon de Bayonne
Patates douces, sauce périgourdine


私は、鹿肉を選んだのだが、この日本語訳はひどいものだった。
私なら「フォアグラ入り鹿肉のメダリオン、バイヨンヌハム巻き」とでも記すだろうか。

こちらの肉も焼き加減を聞いてきたのでピンク指定したのだが、やっぱりミディアムウエルダン。
鹿肉の味わいは無いし、フォアグラは臭いし(たぶん劣化したもの)、真っ当な料理でなかった。

両方の皿にトッピングされている揚げスナックは湿気ているし、高級店としての料理の基礎がまったく出来ていない食堂レベルの皿を出されては、高価なデザートを頼んでも撃沈されるのは目に見えたので、ここで打ち止めとした。

お会計店の入口

以上でお会計は、12000Cfp≒13000円也
当地のフランス料理店はフランス本土と同価格という印象を持っていたが、この店の価格設定はデタラメだろう。
腕のないシェフを雇っている点から見ても、ホテル自体の水準も見えてくるというものだ。

※メニュー:前菜メイン①②、チーズデザート仏語版①

【店舗詳細情報】
店名:Le Taom Restaurant
電話:29 64 00
営業:12:00~14:00、19:00~21:30
住所:Complexe Château Royal, 140 Promenade Roger Laroque, Anse Vata, Nouméa
GPS:-22.309446, 166.449511


この後、空港まで向かってレンタカーを返し(キードロップ方式)、深夜便で帰国。
物足りない最後の晩餐は、深夜便のエコノミークラスとしては優秀だったエアカランの機内食で補うことが出来た。2食出てくる上に、中間食はJALのビジネスクラスよりも上だ。(カップ麺の他に豊富なお菓子が用意されていた)

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 73260円(成田<>ヌーメア...2174マイル獲得/AF)
現地宿泊費: 25619円(CFP23722/3泊)
現地交通費:  9391円(CFP8696) レンタカー&燃油
飲食雑費等: 20598円(CFP19072)
国内交通費:  2826円
旅費合計:  131694円...2人で26万円(ツアーよりも2割安い!)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>