« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):ジャカルタ(CGK)⇒成田(NRT)

搭乗:2016/2/28 JL726便
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆
帰国は夜行便。夜行便の機内食は貧弱になるという点ではANAでも同じだが、JAL便は12月にクアラルンプール線で体験済みなので、おおよそ内容は見えていた。

今日の予約数

チェックインカウンターに出向くと、今日の予約数がカウンター表面に貼られていた。
ビジネスクラスは49席中7席しか埋まっていないので搭乗率14%、プレエコ席に至っては40席中3席というのだから1割にも満たない状態で、ガラガラなんて言うものではなかった。

どうも、先月ジャカルタの繁華街で起きた爆弾テロの影響らしいが、特にビジネス客の減少ぶりがひどいようだ。
エコノミー席は6割埋まっていたので、個人客よりも企業の方がテロに対して敏感に反応するようだ。(実需のビジネス客よりも、気分の観光客の方がキャンセルすると思っていたので、ちょっと意外)

インビテーションの名称部分The Pura Indah LoungeのFirst Class用室内

ラウンジは、各社共用の「The Pura Indah Lounge」が指定された。
共用ラウンジの食事に期待できないのだが、それでもファーストクラス用とビジネスクラス用が分かれていたので、案内されたファーストクラス用(ワンワールドのエメラルド会員だから?)の食事内容に少し期待したのだが、やはりショボイ。

ラウンジ食①

昼抜きだったし、夜行便の食事に期待できない事は分かっていたのででたくさん食べようと思っていたのだが、中華粥とサンドイッチ類(どちらもパス)を除けば、サテ(極小シンガポールの屋台サイズ)とバナナの揚げ物にサラダぐらいしかなかった。サテは、出ていた7本を全部取って補充を待っていたら、補充されず。

ラウンジ食②ラウンジ食③

サテの代わりにANAラウンジよりはマシな具入り焼きそばが出てきたが、これを腹一杯詰め込む気にもならず、インスタント麺にトッピングを全部乗せしておしまい。
こうなると機内食で腹を満たすしかない。

*****

搭乗後のウエルカムドリンクは無し。

軽食
寿司盛り合わせ
鶏肉、牛蒡、筍の焚き合わせ


早速機内食の紹介だが、夜行便と言っても深夜発ではないからか、離陸後に軽食が出てくる。
しかし、寿司の盛り合わせというお題で、寿司になっているのは、いくら軍艦ぐらいではないか。

東南アジアでは、スーパーに行けば比較的真っ当なサーモン寿司を売っているのに、夜市で並んでいるような安価な海老寿司や稲荷では、本場の寿司を期待する現地人でもがっかりだろう。
日持ちの問題なら、棒寿司とか押し寿司とか、他に出せるものはあるはずだ。実際、海老にぎりのシャリは押し寿司製法だったし。

焚き合わせは、ごく普通にいただけたが、カットが雑な印象。

洋朝食
洋朝食

実は、あまりにも腹ぺこで、2回に分けて出てくるものを最初にまとめて出してほしいとリクエストしてしまった。
普段だったら、こんなイレギュラーなお願いをすることはないが、搭乗率15%で私の席の周りには誰もいない状態なら問題無いだろうとお願いしたら、受けていただけた。睡眠時間の確保にもなるし、ありがたい。

和朝食は炊きたてご飯があるので無理だろうし、往路(☞ こちら)で水準も分かっているので、いつもの洋食をお願いした。和食側と違って、ANAの「THE CONNOISSEURS」に対抗してか「BEDD SKY AUBERDE」と題した特別(?)メニューになっていたことも理由だ。
この便の担当は、内山直樹氏。この記事を書く段階で経歴を調べると、アメリカベースのシェフだったようだ。

フルーツスターター
フルーツスターター

東南アジアらしいフルーツの盛り合わせ。
味(質)はいまひとつだったが、見栄え的には悪くない。

フレッシュサラダ
フレッシュサラダ

サラダは、別添えのプラパック入りドレッシングでいただく。
こちらも無難。

クロックマダム
クロックマダム ハッシュドポテト添え

メイン料理が内山直樹氏の担当のはずだ。
ホノルルのレストランで現在トリップアドバイザー6位(1771軒中)というレストランの総料理長を歴任しているようだが、信じられないような料理が出てきたのには驚いた。
内山氏が辞めて変わったシェフのおかげで、ハワイのレストランは有名になったのかと思えるほどだ。

クロックマダムの中身

出された状態のままでは分からないので、例によって解剖写真を掲載するが、極めて単純なアメリカ料理という感じ。
アメリカ料理といっても、ハンバーガーのように同じ料理でもピンキリなわけだが、料理とは言えないレベルの劣悪品。再加熱をまったく意識していないバンズというかイングリッシュマフィンは、噛み切れないし、朝マックと同じ目玉焼きに、これまた噛み切れないビーフジャーキーみたいなやや乾燥気味の牛肉スライス。
噛み切れないのでナイフとフォークでいただこうにも、今度は全体が崩壊してしまうのでどうにもならない。

まだレビューを書いていないが、夜行便だった12月のマレーシア旅行の帰国便よりも劣るものが出てきた。
腹ペコだったものの、パンはどうにも食べれなかったので上の部分を残さざるを得なかったのだ。
普通、腹ペコの時はどんなものでも美味しく感じてしまうものだと思うが・・


プレーンヨーグルト コーンフレーク、キャラメルバナナとキャラメルクリーム添え

デザート(?)はヨーグルト。メニューには、キャラメルクリーム添えとあったが、代わりにミントの葉っぱ添えだった。
ただ、洋朝食全体構成も含めて、昨年10月のヘルシンキ⇒成田で体験したものよりは、マシ。長距離路線よりも中距離路線の方が良いというのもおかしいけど・・

総評として、主たる料理が話にならないほど低レベルで、今回はさすがにANAでも6年前に1度だけ付けたことがある★2つしか差し上げられないという結果になってしまった。サービスの良さだけでは拙いだろう。
JALの場合、エコノミーとプレエコのシートはANAより快適だが、機内食は(今のところ)ビジネスクラスの短距離路線以外は全滅という感じで、全体的にどうにかしていただきたいものだ。

※メニュー:軽食・お好きな時に和朝食・洋朝食

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>