FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

インドネシア/バンドゥン[Bandung]:Waroeng Ayam Penyet Bu Tris

訪問:2016/2/26 18:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ジャカルタから列車に3時間ゆられて標高710メートル(GPS実測)の高原都市バンドゥン[Bandung]に到着。
年末年始にベトナムの高原都市ダラットで過ごしたが、標高がそれほど高くないのと赤道に近いだけあって気温はかなり高め。何より、ジャカルタと同じようなゴミゴミした雰囲気は、日本人がイメージする高原都市とはかけ離れていた。

列車を降りて帰りの切符を買っておこうと駅の窓口(北口)に向かうと、なぜか自動販売機で買えと言う。現地人には窓口で販売しているのに、外国人差別だろうか? 券売機にいたスタッフに教えてもらいながら購入できたが、驚いたことに高額切符を扱うのにお釣りが出ないそうだ。サポートスタッフが教えてくれなければ、Rp.80000≒750円を放棄することになった。
しかし、国営鉄道が外国人差別や人を騙すような行為をするって、許されるのだろうか? それとも、嫌いなタイと同類のお国柄なのだろうか。ちょっとインドネシアという国自体に失望した。(来年の1月にも来る計画だったが、見直すつもり)

店内店のロゴ

ホテルでブラガ通り沿いにレストランがたくさんあると教えてもらい、混雑していた隣の店と天秤に掛けた結果、こちらの店を選んだ。少し古風な雰囲気が魅力的だったことと、インドネシア料理専門店だったからだ。

後で確認したら、お隣はトリップアドバイザーで当地3位の人気店だったので(こちらは217位)、明日行くことにした。

Nasi Goreng Special
Nasi Goreng Special(Rp.35750≒330円)

お願いしたのは、昨晩と同じナシゴレンスペシャル。
今度は、本来のスペシャル形式ででてきた。と言っても、目玉揚げ以外はサテ2本と薄切りのチキンカツだけだが。

Nasi Goreng

ナシゴレン本体は、ごく一般的な中華ベース。
昨晩の感動のナシゴレンと比べたら平凡だが、お味的には悪くない。

Sate Rempah Kambing
Sate Rempah Kambing(Rp.35750≒330円)

ナシゴレンよりも抜群に良かったのがサテだ。
鶏と牛は分かるもののKambingが何だかわからなかったので聞いてみたら、山羊だというので迷わず注文。
サテに Rempah と Madu の2種類があったので、これも聞いたら前者は辛くて後者は甘いというので、どちらがインドネシアではポピュラーなのかを聞いてスパイシーな方をお願いした。

フラッシュ無しでは厳しそうな色合いだったので、1枚だけフラッシュ撮影させていただいたが、ちゃんと炭火で焼いているようだ。
風味もあるし、歯ごたえもあるし、山羊ほど癖は無いもののマトン的な味もあって美味しい。

嬉しいのは、シンガポールやマレーシアの屋台でいただくような小さな肉では無かったこと。
しっかり食べごたえのあるサイズで8本。いや、堪能させていただいた。

お会計ライブ
店頭外観

お会計をお願いすると、氷付のDiet Coke(Rp.29700≒280円)が異様に高かった。
翌日出かけたお隣の Braga Permai Restaurant と比べたら倍以上なので、ぼられたかも?
とはいえ、コンビニでRp.8500することを考えれば許容範囲だし、好物のサテが珍しい山羊のものをいただけたうえに、お隣よりも安かったので、相殺すれば気にならない。

店員は感じが良いし、女店主(?)は英語がバッチリ通じたし、料理もまずまずで、かなり気に入ったのは事実だ。
ただし、18:30から開始した超音痴なおっさんの歌は耳障り以外の何物でもなかった。演奏だけで十分だ。

※メニュー:サンプル写真

【店舗詳細情報】
店名:Waroeng Bu Tris
営業:09:00~22:00
住所:Jl. Braga 60, Bandung
GPS:-6.917286, 107.609348


※バンドゥン[Bandung]のホテルから登録しました。
 

【ガンビル→バンドゥン列車旅の風景(鉄道写真)】

▲左:ARGO PARAHYANGAN号  右:EKSEKUTIF(Business Class)席


▲1等車の車内(車両によって内装が違う)


▲左:長時間乗る列車は、トイレの存在は重要  右:乗車券(個人情報部分は消してあります)


▲廃車車両を山積みって、日本では有りえない光景


▲左:今度は廃車機関車  右:Bandung駅到着時は降りる方向に注意。間違えると駅構内を横断できない!
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>