FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL):羽田(HND)⇒台北松山(TSA)

搭乗:2016/1/23 JL097便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
今月2度目(年越旅行を含めれば3度目)の海外旅行は、19回目の台湾。
最近は高雄空港ばかり利用しているので、1年半ぶりの台北だ。

往路は、昨年8月に高雄から使い始めたJALビジネスクラス特典航空券を利用。
「高雄→東京→クアラルンプール→東京→台北」の復路最後の区間となるが、旅行としては往路となるので、いつもの通り即日レビューを台北のホテルからお届けしたい。

ライ麦ガレット
【JALオリジナル】ライ麦ガレット

まずは、ラウンジの食事の紹介。
羽田のファーストクラスラウンジは初めてだが、成田で何度も使っているせいか、目新しいのはこれだけだった。

ガレットの本場であるフランスでは、ロワールのLa Montee du Fortで食べたことがあるだけだが、具材構成的には似ているものの、生地がまったく違った。ライ麦のせいかもしれないが、パリッとした仕上がりだ。これなら、成田の寿司(トロ)の方がいいな。

ちょっと気になったのは、2年半前に利用したビジネスクラス側のラウンジ(☞ こちら)との差だ。
クロワッサンとバゲット類2種に、ANAと同じ質素なサンドイッチだけで、どう見てもパンの品揃えが悪い。
あの時は、パンやサラダの品揃えに感動したのを覚えている。

今回はファーストクラスラウンジなので単純比較は出来ないが、利用者数が少ないことに比例して料理の量も少なく盛られているいことから、見かけ上の問題かもしれない。
今度羽田を使う際には、ビジネスクラス側のラウンジに行って確認してみようと思う。(5月のルーマニア旅行で利用できる予定)

**********

12月に搭乗した中距離路線のクアラルンプール便では(☞ こちら)メニューが後から出てきたが、今回は事前にシートポケットに入っていた。改善したのか、元々時間制約の大きい短距離路線がそうなのかは不明だが、来月もジャカルタ便に乗る予定なので、その段階で判断できるだろう。

ウエルカムドリンクは当然無くて食前酒も無く、いきなり食事のドリンクと和食か洋食の選択を聞きに来た。
両方無しというのは、過去100回ほど乗っている各社ビジネスクラスで、1時間半未満の路線を除けば初めてかもしれないと思っていたが、結局ドリンクとおつまみのあられミックスとドライ納豆(全路線共通みたい)が先に来た。
食前酒無しということにはならなかったものの、やっぱりおかしい。

洋食

食事の方だが、和食洋食の選択となれば、特に何かなければ洋食を選ぶのがワタシ流。
もちろん、デザートのアイスクリームを除いた全部を盛ったワントレーで出てきた。

白の布のテーブルクロスを敷いた上に、紙クロスを敷いたプラスチック製トレーを乗せて来る点は変わらず。
テーブルクロスは、デザートのハーゲンダッツのためだけにあるみたいだ。

それでは、個々に見て行こう。


毛蟹、カリフラワームースとトマトゼリーのヴェリーヌ仕立て
チキンと無花果のガランティーヌ
野菜のソテー


内容はともかく品数豊富な前菜の格となる皿は、3種盛り。
左のムースだが、表面のオレンジ色のゼリーは恐らく蟹の風味のあるものだと思うが、なんだか分からないものの、下のムースは中央に解した毛ガニを盛って、その周りにカリフラワーのピュレ(ムースではない)を流し込んである料理。

中央のチキンロールは、中央に干し無花果を戻したものが巻かれてあるものだが、鶏の味がしない出来損ないという印象だ。肉の上の別皿ソースはバルサミコソースだと思うが、付けていただいても合わない感じで美味しくない。

野菜のソテーと題された右の野菜群は、それほどソテー感は無いものの野菜の味を生かした仕上がりでまずまず。今までの経験から、ANAと比べると野菜の扱いに関してはJALに軍配が上がる印象だ。

オニオンコンソメスープ 韓国風ボイル野菜のサラダ
オニオンコンソメスープ 韓国風
ボイル野菜のサラダ サウザンアイランドドレッシング

当然メニュー記載内容を覚えているわけではないので、スープを飲んだ時には永谷園のお茶漬け海苔の素をお湯で溶いて、韓国風にピリ辛調味料を加えたものだと思った。
そう、まったくオニオンコンソメスープだとは思わなかったのだ。

ホイル野菜のサラダは、サラダよりも海老が主張していた。トマト以外のキャベツ・カリフラワー・ブロッコリー・海老は、すべて蒸してあるようで、別添えのパック入りドレッシングをかけていただく。
これも野菜、特にキャベツが甘くて美味しかった。

牛フィレ肉のグリル
牛フィレ肉のグリル リヨネーズソース

メインは、牛ヒレのグリル。
例によって野菜もたっぷりで、ピンクのスライス蒲鉾みたいに見えるものも野菜(蕪?)だ。
フランス料理定番のポテトピュレも一工夫してある。

牛フィレ肉の断面

肉をカットしてひっくり返して撮った写真がこちら。
肉質は安価な量産用という感じで肉自体は美味しくないが、玉ネギの甘さがしっかり出ているソースが救っていたし、野菜が旨いのも十分補えている。

チーズのパンと柚子のパンは、柚子嫌いということもあって少しかじっただけでパス。つまりバターとチーズパンも含めて、不味かったということだ。ラウンジのパンも水準が落ちていたし、ここを改善しないと印象アップは難しいかもしれない。

トレーをかたして、最後にJALの名前が入ったアイスクリーム(ハーゲンダッツ)が出てきておしまい。
2年半前にANAと比較するために有償搭乗した時の印象と同様に、短距離路線としては十分満足できる水準だろうが、★5つはダメな部分が複数あるので無理だろう。

ということで、短距離はJALの勝ちで、中距離と長距離はANAの勝ちという私の評価は変わらないことになり、私のビジネスクラス機内食ランキングも7位のままということになった。
中距離と長距離路線の評価が低い分だけ、ANAを抜くにはこれらの改善が必須だろう。

※メニュー:和食・洋食

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:台湾㊵:基隆・花蓮
10月:ロシア:ウラジオストク
11月:台湾㊶:高雄~台北
11月:マレーシア⑰:KL
1月:台湾㊷:高雄
1月:マレーシア
2月:マレーシア
4月:台湾㊸:レンタカーで1周
5月:台湾㊹:(マンゴーかき氷)
丸数字:累計訪問回数
~~~~~~~~~~~~
《代替国内宿泊旅行計画メモ》
6月上旬:秩父◎◇
6月中旬:三浦半島◎
6月下旬:佐渡◎◇☆ 自粛要請
6月下旬:裏磐梯◇
7月:大井川鉄道井川線◇
7月:利尻・礼文◎☆ 空路欠航
7月:那須・奥日光◎◇
7月:八丈島・青ヶ島 空路欠航
7月:霧ヶ峰・乗鞍高原◎◇
7月:八ヶ岳・蓼科◎◇
7月:岩手山・田沢湖◎◇
8月:志賀高原◇
8月:妙高高原・戸隠◇
8月:利尻島◎:7月分振替
8月:山形・宮城◇
9月:北アルプス◎◇☆
9月:中央アルプス◇
9月:伊豆・箱根◇
9月:伊豆諸島:7月分振替
10月:佐渡◇☆:6月分振替
10月:広島・岩国◎☆
◎:予約済 ◇:マイカー利用

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/タイピン[Taiping]: Room Service@Novotel Taiping Perak 2020/06/12
マレーシア/タイピン[Taiping]: KFC@RSA Gunung Semanggol店(AH2南方向SA) 2020/06/09
マレーシア/ペナン島: Room Service@Mercure Penang Beach 2020/06/06
マレーシア/ペナン島: 好面善 [Ho Min San] Gurney Plaza店 2020/06/03
マレーシア/ペナン島: 海尾海鲜 [Hai Boey Seafood] 2020/05/31
マレーシア/タイピン[Taiping]: doli Kuey Teow Goreng 2020/05/28
マレーシア/セキンチャン[Sekinchan]: Restoran Bagan Sekinchan 2020/05/25
マレーシア/クラン[Klang]: 永香瓦煲肉骨茶 [Restoran Weng Heong] 2020/05/22
マレーシア/クラン[Klang]: 直落玻璃瓦煲肉骨茶分店 [Teluk Pulai Bak Kut Teh] 2020/05/19
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sajian Idaman@R&R Ayer Keroh(サービスエリア) 2020/05/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
26位
アクセスランキングを見る>>