FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/マドリード:El Asador de Aranda(Madrid Preciados店)

訪問:2015/11/22 13:45
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★☆☆☆☆
実質3日目は、朝から家内は蚤の市と王宮に行くと言うので、ランチを一緒に食べることになった。

店頭店内

今度の店は私の選択だが、ホテルの目の前にあった子豚の丸焼きの専門店だ。(と思っていた)

店頭メニューで値段をチェックしたところ、かなりの高級店という印象を受けたが、入口右側にバルコーナーも構えていたので、値段を除けば普通のレストランという感じだ。(後で調べたら、チェーン店だった)

予約なしで入った段階ではガラガラだったものの、2時を過ぎる頃から続々と客が押し寄せて、あっという間に満席。飛び込み客を断る状況になってしまった。この段階では期待がふくらんでいた。

Pan especial
Pan especial(€4.00/2人分)
Special Bread


注文を終えてお願いしたドリンクと共に「注文していないパン」が出てきた。
ここまでの店で、マドリードではイタリアのコペルト方式でパンを出してくると知っていたので、当然無料ではないとは思っていたものの、1人2ユーロも取っている。さすが高級店?

でも、お味の方はまずまず。
メニューにスペシャルブレッドと記されているだけある。

Ensalada(Lechuga, tomate y cebolla)
Ensalada(Lechuga, tomate y cebolla)(€7.00)

野菜不足を痛感していたのでサラダをお願いしたのだが、どうみても頼んだスペシャルサラダと異なるので確認したところ、やはりだ。
これで7ユーロというのだから、この段階で高くてしょぼい店であることを悟ってしまった。

Ensalada Especial
Ensalada Especial(Lechuga, tomate, cebolla, ventresca y huevo duro)(€12.00)
Special Salad


出し直していただいたサラダはこちら。
5ユーロの差で、これだけレベルアップされるのだから、単なるサラダを頼まなくて良かった。
トッピングの細長いものは、チキンハムの類かと思ったものの、ツナだった。おもしろい出し方をする。

お味の方は、まったくもって大味。野菜不足を補う価値しかないだろう。

Cuarto de Cochinillo
Cuarto de Cochinillo(€41.00)
Roast Suckling Pig


お目当ての子豚の丸焼き(ではなく子豚の窯焼きだった)の登場。
店内が中途半端な明るさだったことから、約6千円(!)の皿ぐらいはフラッシュ撮影しても良いだろうと勝手に判断して3枚ほど撮影させていただいた。

Cuarto de Cochinillo

こちらの写真の方が分かりやすいと思うが、皮が意外に厚く、極薄でパリパリという食感は楽しめなかった。
歯が折れるのではないかと心配しながら割って食べるという感じ。
故に美味しいはずの皮目が、まったく美味しくなかった。

子豚の丸焼きの本家であるセゴビア[Segovia]でも食べているが(☞ Restaurante asador El Bernardino)、それと比べると、ちょっと大きい豚という感じで、肉の方も柔らかさが足りず、大枚はたいた割には満足度の低い皿だった。

足の部分

セゴビアの店のレビューでは、足と耳が付いている部分をお見せしたので、こちらでは足の部分をアップで。
皮を無理矢理剥ぎ取って食べる以外に可食部が無く、単に乳飲み豚であることを主張しているだけだ。
セゴビアのものと比べると、やっぱり大きめの足。

子豚を焼く窯奥の壁にある壁画
▲左:子豚は丸焼きではなく、8~16等分ぐらいにカットしてピザ窯のような窯に入れて焼いていた

この店に入る目的は、ポルトガルやセゴビアで食べた「子豚の丸焼き」の再現だったのだが、前述の通り、丸焼きではなくカットした物を窯に入れて焼いていたのを、食べた後に発見してしまった。

てっきり丸焼きしたものをばらして出しているものだと思っていたので、この窯を見た段階で納得。
つまり、勝手な思い込みが生んだ失敗だったわけだ。

お会計ところで、お会計をチェックすると、ドリンク代を二重請求してきた。

Coke light をお願いしたのに普通のコーラを持ってきたので交換してもらったのだが、その分も請求してきたのだ。

まさか、立派なチェーン店がこんなミスを犯すとは思えないのだが、やはりお会計のチェックはどこで食べても必須だろう。

サラダも交換しているので、そちらも二重請求されたら怒りまくっただろうが、すぐに対応して新しい伝票を持ってきてくれたので、とりあえずは「単純ミス」ということで理解しておきたい。

※メニュー:コース前菜生ハム・チーズ・焼き物・サラダデザート・ワイン


【店舗詳細情報】
店名:El Asador de Aranda(Madrid Preciados店)
電話:91 547 21 56
営業:12:00~24:00
定休:月曜日(夜のみ)
住所:Calle Preciados 44, 28013 Madrid
GPS:40.419857, -3.707545

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ニシュ [Niš]: Tavern Kod Rajka 2018/10/22
セルビア/スボティツァ [Subotica]: Boss Caffe 2018/10/20
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>