« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/マドリード:La Casa del Abuelo

訪問:2015/11/21 20:15
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
美術館巡りをしてきた家内とホテルで合流したのが夜7時半。こちらの美術館は夜まで開いているそうで、1か所で4時間近くいたというのだから、別行動にして良かった。頑なに拒んでいたツアーなんかで行ったら、見たいものも見れずにガッカリするのだろう。

興味のない私は、パリのルーブルでも1時間で全部回ってしまったクチなので、一緒に行ったら入場料の無駄遣いだけでなくストレスばかり溜まってしまう。(初めて海外で別行動を体験したので、今度から美術館のある都市部の滞在では別行動を原則にしたいと思う)

外観店内

さて、夕飯は海老のアヒージョを食べられる店を調べたというので出かけたのだが、ちょうどマドリードとバルセロナのサッカーの試合があったようで、TVを置いてある店頭は大混雑で入れず。(翌日リベンジした)

諦めて、家内が拘っていた海老のアヒージョを表に出している店を物色した結果、なんだかその専門店みたいな店に見えたこの店に入ることにした。1906年創業だという老舗のようだが、店内は閑散としている。

メニュー
↑ クリックで大きな画像が開きます ↑

メニューを見ると、海老料理がずらりと並んでいる。
アヒージョの専門店ではなく海老料理の専門店のようで、その中で海老のアヒージョと焼き海老が看板料理のようだが、焼き海老は良いお値段だったのでパスして、アヒージョとコロッケをお願いした。
どちらも店のスペシャリテ(Especialidades)として掲載されていたものだ。

Pan rústico
Pan rústico (€0.60/pieza x 2)
Rustic bread


まずは、パンが出てきた。
もちろん注文したわけではないが、パン無しでアヒージョはあり得ないので、アヒージョに付いてくるのかと思ったが、しっかり課金してきた。
イタリアのパン代と称してコペルトを徴収する習わしみたいなものが、マドリードにもあるようだ。

Croquetas de Gambas
Croquetas de Gambas(€8.30/6 uds.)
Shrimp croquettes


続いて、熱々の海老コロッケの到着。
俵型ではなくボール型のものが6個で1100円相当というお値段だが、日本の普通のコロッケよりは小さめな印象。2口ぐらいで行けてしまう。

1個200円近いお値段だから、さぞかし海老がたっぷりかと思いきや、海老風味の黄色いクリームソースがほとんどで、みじん切りベースの海老の本体が少し見えるだけ。
このお値段なら、高級中華料理店の海老蒸し餃子程度の主張がほしいものだが、期待はずれだった。

Gambas al Ajillo
Gambas al Ajillo(€10.90/ración)
Garlic shrimp


家内が期待していた海老のアヒージョの到着。
日本のスペイン料理屋でも海老のアヒージョを食べるし、自宅でも(美味しくないけど)作るが、出てきた皿の海老は日本ではありえないような小さな海老。なんだかがっかりだ。

写真では大きそうに見えるが、そもそも器のサイズが小さいので(直径12cm程度)、安い中華料理店の海老チャーハンに入っているようなサイズ。スーパーで売っているむきえびの一番小さいサイズ、あるいは冷凍シーフードミックスに入っている海老という表現が良いだろうか。

アヒージョの海老をアップコロッケの断面
▲左:アヒージョの海老をアップ  右:海老コロッケの断面

ただし、お味の方は自作よりも美味しい。ニンニクと塩が半端なく効いているのがポイントのようだ。
自宅で作ると塩が控えめになってしまうことから、帰国してから塩を効かせて作ってみたものの、今度はニンニクの食感が良くなかった。この店のは、かなり大粒で柔らかめのニンニクを大量に使っているのだが、国産ニンニクでは堅すぎるのだ。それに、エキストラバージンオリーブオイルでは、オイルの主張が強すぎるみたい。

店の紙ナプキン
反対側にも同じ店名の店があった
▲左:お会計  右上:店の紙ナプキン  右下:通り向かいにあるバルスタイルの別棟

お会計はドリンクを入れて3500円ほど。大都市の中心地だと高いなぁ・・
そうそう、店のナプキンに「GAMBAS A LA PLANCHA」「GAMBAS AL AJILLO」と記されていたので、やっぱりこの店は海老料理の専門店だったみたいだ。

【店舗詳細情報】
店名:La Casa del Abuelo
電話:910 000 133
営業:12:00~24:00(金土は25:00)
定休:無休
住所:Calle de la Victoria 9, 28012 Madrid
GPS:40.415747, -3.701617

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>