« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

タイ.Chiang Rai(チェンライ):ナイトバザール フードコート

訪問:[2010/11/2 18:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービスN/A雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
タイでおなじみのナイトバザール。チェンマイと比べれば規模が小さいとガイドブックには書かれているが、屋台料理の店に関しては同等規模という感じがする。2か所に分かれた会場の古い方(バスターミナルの北隣)に、30軒ほどの店が並んでいるフードコートがある。もちろん昼は営業していないので、昼に行くと閑散としている。

ナイトバザール会場
▲写真の手前側にも同じように屋台系の飲食店が並び、テーブル席全体を囲んでいる

もう一方の会場(こちらの会場から西側のビルひとつ越えた場所にあり、新しい感じ)にも食べ物系の店はあるが、数が少ないうえにかなり高い印象。こちらの会場を先に見てから比較する方が良いだろう。

会場を一回りすると、つなみ という日本語店名の寿司屋まであった。もちろん、はるばる海外に出かけて日本食を食べるなどという発想は持ち合わせていないのでパスだが、チェンマイと比べてかなりマイナーな感のある当地にも日本文化が浸透しているのは、タイと日本の関係が良好だからだろう。何となく嬉しい気分。

「つなみ」という寿司屋 昆虫の揚げ物を売る店も多い
▲左:「つなみ」という寿司屋、右:揚げた虫をたくさん並べていた揚げ物屋

特に目立ったのは素揚げした虫(Fried Insects)。全体的に揚げ物屋が多い印象だったが、その中で虫を扱う店が3~4軒。中には、写真のように売り場の半分を「虫」に充てている店も。

昆虫の揚げ物
▲Fried Insects(20~30バーツ≒60~85円)

日本でもイナゴとかを食べるが、巨大なゴキブリみたいなのや蛆虫みたいなものとか、絶対に食べたくないようなものが飾られている。私は視覚的に分かるゲテモノは食べないが、スーパーや乾物店にも袋詰めにして並べられていたので、こちらの方は平気で食べるみたい。(この手のものが見るのもダメという方は、スーパーの売り場では要注意!)

揚げ物屋
▲こんな感じの揚げ物屋が多い。その中に「虫」を扱っている店もあった。

あと、面白いと思ったのは、食べ物と一緒にトイレットペーパー類を売る店。

トイレットペーパー類を売る店

海外のフードコートでは、紙ナプキンを店頭に置いてある店が多いが、こちらには無し。
食堂やレストランでは、紙ナプキンではなく専用ケースにロールのまま入れたトイレットペーパーというのが普通だ。中には専用ケースに入れずに裸のまま置いてある店もある。そのトイレットペーパーをロール状のまま食べ物といっしょに並べて売っているのだ。現地の人たちにはミシン目の入った単なる「紙」なんだろうけど、日本人的にはちょっとねぇ・・(でも、日本のように柔らかくないので、紙ナプキンとして問題なく使える)


さて、そろそろ食べたもののご紹介。
まずは、ナイトバザールの営業が始まった頃から常時行列の出来ていたこの店。一番手前の左側にあった店だ。

唯一の行列店 汗を拭きながらもくもくと働いていた

圧倒的に持ち帰り客が多い惣菜店だが、ご飯の上に選んだ2品を乗せて提供してくれる。
ここは、カレー風の煮込みと茄子の煮込みを選んでみた。お値段30バーツ(≒85円)

惣菜から2品選んでライスに乗せてくれる(30バーツ)

カレーはそれほど辛くないレッドカレー系、茄子の煮込みは日本的な甘いものと違って独特な旨味。さすが行列店と思える美味しさ。この手の店の行列は、価格が安いというだけの理由もあるが(シンガポールで失敗経験あり)、こちらの店は内容で評価されていると見た。

つづいて、大串で美味しそうに見えてしまったバーベキュー専門店。

BBQ専門店はどれも1串10バーツ

牛豚鶏どれでも1串10バーツ均一。
生肉のまま並べられているので、注文後に焼いてくれる訳だが、炭焼きは当たり前との先入観があって、何で焼いているのかのチェックを怠ってしまった。

3種(牛・豚・鶏)のバーベキュー

電気焼ゆえに、火の通りが甘く水っぽい仕上がり。焦げ目もほとんど付かず不味い。
BBQを売る店も多く見かけたが、この会場では炭火焼の店は無かったように思う。故に頼んではいけない料理として記憶しておいてほしい。(街の屋台では炭火焼は当たり前だ。市場周辺や安宿街沿いにもあった)

最後はフルーツ。事前調査ではマンゴーは季節ではないと諦めていたが、ありました!

カットフルーツはどれも20バーツと安い マンゴーの入ったパックを選んだ

5~6種類のカットフルーツが入って20バーツ(≒60円)。組み合わせは色々だったが、パパイヤだけはどのパックにも入っていた。お目当てのマンゴーは原価的に高いのか少なめで、早めに確保した方が良さそうだ。

日本でも1個100円強で多く出回るフィリピン産のものと比べ、タイのマンゴーは甘さが濃厚ておいしい。なぜ日本ではタイ産が出回らないのだろう? 距離的に遠いことから、空輸でなければ品質を保てないというのも理由かもしれないが、タイに出かけたらマンゴーは外せないと思う。(この1週間後に出かけた香港でも食べたが、フィリピン産と同様に酸味と苦み成分が多くて、あまり美味しくなかった)

最後に、ナイトバザールの店でのメニュー表示の一例を紹介しておこう。

メニューは英語併記

街にある一般的な店と違って、必ず英語表記があるので頼みやすいのが特徴。

また、観光施設だけあって、お値段やや高めという印象だ。
会場を見下ろすことが出来る隣のビルにあった「SAWADDEE」という観光客向けのタイ料理レストランの価格(1品149バーツ前後が中心)の概ね1/3位の価格といったところだろうか。
きれいな西側の会場の店にあった大規模店の価格は、こちらの5割増~倍額といった感じで、もはや屋台価格とは言えない値付けだった。


【店舗詳細情報】
店名:ナイトバザール・フードコート(夜のみ営業)
位置情報:第1バスターミナル北側隣のブロック全体

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>