« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

エストニア/パルヌ [Pärnu]:Ammende Villa Restoran

訪問:2015/10/10 19:00
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP☆☆☆☆☆
外観店頭のASTU SISSE! 50 BESTのシール

パルヌの夕食は、トリップアドバイザーで1位を獲得していたこの店を選んだ。
郷土料理ではなくフランス料理とのことだが、たまには異国の地でフランス料理でも良いだろう。
エストニアのレストランベスト50に選ばれたことを示す「ASTU SISSE! 50 BEST 2013」のシールが店頭に貼られていた。

しかし、期待に応えてくれなかったのは採点の通りだ。こちらがフランス料理狂というのを差し引いても、あまりにも技術不足であるうえに、値段に対するポーションが少なすぎた。
いくら歴史ある建物と言っても、ランチでいただいた Café Grand との価格差は歴然。物価の安いエストニアの地方都市でフランスの地方にある高級レストランと同じ価格帯と考えれば、当地では「超高級店」と言える価格帯だ。(その割には、サービスはお粗末だけど・・)

ガランとした店内テーブルセッティング(?)

一応予約を入れておいたのだが、案内された席は何もセッティングされていない丸テーブル。
しかも、写真の通り片側がソファー。予約が4組だけだったのか、広い部屋の4隅にだけテーブルを配置してあり、ご覧の通りレストランらしからぬ雰囲気だ。建物外観やロビーは立派だが、レストランの雰囲気は良いとは言えないだろう。

ピアノの生演奏があったが、昼の Café Grand の普段着のおばあさんと違って正装した奏者がやってきたものの、数曲弾いただけで撤収。しかも、昼のおばあさんの方が上手いというレベルだから話にならない。

アミューズ

アラカルトレストランということで、前菜・メイン・デザートの構成で注文。

まずは、無料のアミューズが出てきたのだが、キノコを細かく切って和えただけっていう感じの「不味い」もの。フランス料理とは思えないので、エストニア料理なのかも?

パンとバター

パンとバターは、ちょっと変わったアプローチ。
エストニア定番の黒パンはともかく、右側のブリオッシュというかパウンドケーキみたいな少し甘い感じのものはパンとは言い難い。味は可も不可も無く。

バターの容器も独特だが、使い勝手を考えていない見せるだけのものという感じ。

Pâté de foie de Poulet
Pâté de foie de Poulet(€16.00)
Kanamaksapatee maitsestatud peedimahla ja tähtaniisiga punasesibulamoos ja marineeritud õun, kaaslaseks suitsusool
Pâté de foie de Poulet
Chicken Liver Pate with beetroot and star anise juice red onion jam, pickled apple and smoked salt


前菜から選んだのは、好物のレバーパテ。
英語版にチキンレバーのパテと記してあったので、フォアグラでないことは分かっていたが、単なるパンに塗るべきパテが出てきた。(パンは付かない)

しかし、これが16ユーロって嘘だろう?というポーション。
日本だって一般店なら高くて700円程度、高級店でも1500円は取れないだろう。それだけ味にも製法にも芸がないのだ。
もちろん無星相当。

Ahjus röstitud lambakarree ja madal küpsetatud lambakael
Ahjus röstitud lambakarree ja madal küpsetatud lambakael(€21.00)
rosmariini, tüümiani, küüslaugu, värskelt jahvatatud pipra ja kreemise kapsaga
Oven roasted rack of lamb and slow cooked neck
with rosemary, thyme, garlic, freshly ground pepper and creamy cabbage


メインは、これまた私の定番である羊肉をチョイス。
焼き加減を聞いてきたが、かなり一方的にウエルダンかと聞いてきたのでノーと。
ミディアムレアでお願いしたのだが、ちゃんとミディアムレアで出てきたものの、ラムの味がしない。

ソースは無し。ハーブまみれという感じだが、ハーブの使い方を知ら無いようだ。
ちっとも美味しくないし、料理になっていないという印象。

マッシュポテトの代わりは、クリーミーキャベツってなっているけど何だろう?
これもハーブを大量に効かせているのだが、ぜんぜん決まっていない。使えば良いというアプローチだ。

それにしても、これもポーション少なすぎだ。
ここのシェフは、コース料理の皿とアラカルトの皿の区別がつかないようだが、このポーションで3千円というお値段は東京の高級店並みだ。

Tomat
Tomat(€7.00)
vahtrasiirupi, toorjuust musta tee ja plaksu suhkruga
Tomato
with ahron syrup, cream cheese with black tea and sparkling sugar


デザートは、ずばり「トマト」という名のものが面白そうと思って頼んでみたが、本当に生のミニトマトが出てきた。芸が無いなぁ・・

デザートらしい部分は、トッピングのクリームチーズぐらいか。
トマトと同系色であるイチゴを混ぜてあるのと、底にブラックベリーがあったぐらい。

グラスの底の方からパチパチ音がするという余興がウリなのかもしれないが、お題のトマトとは無関係。
どこから音がしているのか分からなかったが、メニューを見るとスパークリングシュガーと記されていた。日本のどこかのレストランで過去体験した記憶はある。

ということで、量的には半人前程度にしかならないのに、お値段はコーラ(€3.00)を加えて、€47.00にもなる。日本でも6500円ディナーでこんなものを出されたら、怒り心頭だ。
トリップアドバイザーのランキングにリスクがあるという典型だと思う。

ちなみに、店頭に貼られていたエストニアレストランベスト50の「ASTU SISSE! 50 BEST」に関しては、最新版では選から漏れている。恐らくシェフか経営者が代わって、評価に値しなくなったのだろう。
「ASTU SISSE! 50 BEST」(☞ Eesti Maitsed - Flavours of Estonia)は、ミシュランのように信用しても大丈夫だと思う。もちろん最新版を参考にしよう!

※メニュー:前菜①②、スープパスタメイン①デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ammende Villa Hotell & Restoran
電話:447-3888
営業:12:00~22:00(週末は23:00、日曜は20:00)
住所:Mere pst. 7, Pärnu 80010
GPS:58.380488, 24.492320

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>