FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

エストニア/パルヌ [Pärnu]:Café Grand

訪問:2015/10/10 13:20
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
2日目は、渡り鳥の宝庫らしいマッツァル国立公園[Matsalu Rahvuspargi]に寄ってから(海辺には皆無だったが、空を横断する渡り鳥の巨大な群れを何度も見ることが出来た)、パルヌの街にやってきた。(☞ 今日のルート実測

エストニア屈指の観光都市とのことだが、緑が非常に多く家並みもゆったりしていて、長期滞在してみたくなる街だ。

建物全景正面入口

そんな街を歩いている際に見つけたのが、この立派な建物。
正面に「Café Grand」と出ていたが、店頭掲示メニューを見るとレストラン仕様だったので、こちらでランチをいただくことにした。後で調べたら、1927年開業という歴史あるレストランらしい。

カフェ側スペースレストラン用テーブル

入口を入って右側がレストラン、左側がカフェとして営業しているようで、カフェ側ではグランドピアノで生演奏を行っていた。(レストラン側でも見えるし聞ける)
コーラを飲みながら、料理が出てくるまでしばし演奏を楽しめるのは素晴らしい。(演奏は素人っぽかったけど・・)

Pärnu Bay Baltic herring burgers
Pärnu Bay Baltic herring burgers with roasted brown bread(€5.00)
Pärnu lahe räimepihvid röstleivaga


スープとメイン代わりの温前菜を頼んだのだが、前菜が先に出てしまった。
先にスープを出してほしいと頼まなかったのがいけないのだが、どう見ても前菜という皿には見えない。
それに、てっきり地元の魚を使ったハンバーガーが出てくると思っていたのに、全然違った。

南蛮漬風の鰊

その地元パルヌ産の鰊だが、南蛮漬けみたいな下味を付けて揚げてある。
黒い色の元はバルサミコのはずだが、醤油か魚醤みたいな発酵調味料が加わっている感じがしないでもない。
見た目の影響も大きいが、実際南蛮漬けみたいな味わいがあるのだから面白い。

そうそう、ここでも黒パンにたっぷりのバターが付いてきた。
バター好きとしては、この量は凄く嬉しいし、ここまで出てきたエストニアバターと同様に美味しいバターなのだ。

Cream of vegetable soup
Cream of vegetable soup with crispy garlic croutons and bacon(€4.00)
Aedvilja kreemsupp krõbedate küüslaugu saiakuubikute ja peekoniga


順番が逆になってしまったスープは、たっぷりの量。
南瓜ベースに人参を加えた感じで、ベーコンの旨味が出ているのでなかなかのお味。
ガーリッククルトンと書いてあったが、ガーリックは感じず。

黒パンとバター

こちらにも、黒パンとバターが付いてきた。
さすがに全部食べてしまうと、楽しみのディナーが食べれなくなると思って断念。

お会計以上でお会計は、わずか 11ユーロ

伝票を見てホテルレストランだったことに気付いたが、それにしても通常なら割高であるはずのホテルレストランでこのお値段は良心的だ。

この日の晩は別のホテルレストランで食べたのだが、こちらのレストランで食べれば良かったと思ったものだ。

※メニュー(英語版):冷前菜温前菜・スープメインデザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Café Grand
電話:444-3412
営業:12:00~22:00
住所:Kuninga 25, Pärnu 80014
GPS:58.383953, 24.502426

 

【パルヌ[Pärnu]の風景】(☞ 現地掲示地図

▲左:街のメインストリート  右:街外れにある教会(鐘の音が凄い)



▲全体的に、赤レンガの建物が多く見られる



▲きれいな一軒家の建物も多いので、ビル中心の大きな街とは雰囲気が違う




▲海沿いの整備された公園を抜けて、パルヌビーチ(ホテルで地図を貰うと、真っ先に案内された)に向かうと・・


▲そこはヌーディストビーチだった。もちろん初冬&曇天のビーチは人影も無い。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>