FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

エストニア/タリン [Tallinn]:Rataskaevu 16(ラタスカエヴ16)

訪問:2015/10/9 12:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆

▲タリン旧市街の街歩きルート実測(by GPSLOG)

タリン旧市街観光を終えて、ランチは昨晩満席で入れなかったこの店へ。もちろん開店時間狙いだ。

店頭には、昨晩代わりに入ったVon Krahli Aed と同様に、エストニアのレストランベスト50に選ばれたことを示す「ASTU SISSE! 50 BEST 2015」のシールが貼られていた。(☞ Eesti Maitsed - Flavours of Estonia

無事窓側席を確保できたが、予約なしで入れたのは4組だけで、その後の客はお断り。
かなりの人気店のようだ。(後で知ったが、トリップアドバイザー1位の店だった)
若いスタッフのみなさんは、よく教育されているというよりは、自分がやるべきことを自覚して動いている感じで、非常に好感を持てる接客をしていた。もちろんみなさん英語はパーフェクト。

店内窓側席fritz-kola
▲左:店内窓側席から  右:fritz-kola(€2.50)

ドリンクはいつもの通りダイエットコークをお願いしたのだが、コカコーラもペプシも置いていないと。
代わりに、ドイツのフリッツコーラ[fritz kola]というのがあるとのとで、太る元だがお願いしてみた。
確か、どこかで飲んだ記憶のある瓶だ。(ハンブルクと書いてあったので、ハンブルクで飲んだのかも?)

パンとエストニアバター

続いて、黒パンとバターに一口サイズのアミューズ。
この店でも、バターは「エストニアバター」と言って出してきた。余程エストニアバターは自慢できるものなのだろう。(日本のスーパーに置いてあるような大手メーカー製と比べたら美味しいのは確かだ)
パンは、残念ながら趣味で無かった。

アミューズ

一口サイズのアミューズは、ちょっと凝っている。
土台部分は甘くないバタークッキー風のもの。その上に、スプレッドと小さな果実とパプリカのピクルスがトッピングされている。

avokaado-suvikõrvitsa salat
avokaado-suvikõrvitsa salat(€4.90)
goji marjad, astelpajukaste

avocado-zucchini salad
goji berries, sea buckthorn sauce


前菜からは、好物のアボカドサラダを選択。
アボカドは葉っぱの下に隠れているが、パッションフルーツみたいなソースが独特。

アボカドとシーバックソーン

アボカドを撮ったというよりは、そのパッションフルーツみたいな味のオレンジソースの元となっているフルーツ(?)が気になって撮った写真がこちらだ。
goji berriesはクコの実なので、sea buckthornが該当するのだが、カタカナ表記で「シーバックソーン」という東欧で良く使われている食材だった。

krõbeda nahaga kanarind
krõbeda nahaga kanarind(€8.90)
päikese kuivatatud tomat, kartulipüree, mini savoy kapsas, porru-küüslaugu kaste

crispy skin chicken chest
sun dried tomatoes, potato mash, mini savoy cabbage, leek-garlic sauce


メインは鶏肉をチョイス。
何がクリスピーなのか分からなかったが、見栄え的にも真っ当な料理が出てきた。
ソースもフレンチっぽい感じで美味。

crispy skin chicken chestを逆方向から

逆側から撮ってみると分かるが、付け合せのマッシュポテトが独特。
日本にも黄色いジャガイモがあるが、そんな感じの芋に加えて焼トマトとかも混ぜてある。

külm sinihallitusjuustukook
külm sinihallitusjuustukook(€3.90)
passionikaste

frozen bluecheese cake
passionfruit sauce


最後は、昨晩食べ損ねたチーズケーキだ。
こちらの店は、ブルーチーズのアイスクリームと記されていたので、興味津々。

出てきたものは、チーズケーキ風のアイスクリーム。
お味の方もブルーチーズの塩辛さがしっかり出ていて、かなり美味しい。
日本で、この手のチーズケーキを出している店があったら飛びつきそうだ。
と同時に、昨晩の店でチーズケーキを頼まなかったことを悔やんだ。

お会計外観(右の建物)
▲左:お会計  右:外観(ちょうど写真撮影のカップルがいたのでパチリ)

以上でお会計は、20€ ちょうど。チップの要求も無い。(笑)

昨晩の店より安めの価格設定であるだけでなく、スタッフのみなさんが生き生きとしていて気持ちの良い滞在だった。
これなら評価されて当たり前だろう。超お勧めしたいが、予約必須だと思う。

※メニュー(英語版):店頭掲示店内提示ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Rataskaevu 16
電話:642-4025
営業:12:00~23:00(週末は24:00)
住所:Rataskaevu 16, 10123 Tallinn
GPS:59.436861, 24.742560

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>