FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

エストニア/タリン [Tallinn]:Von Krahli Aed

訪問:2015/10/8 19:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今年5回目の欧州旅行(JGC修行3回を除いて10回目の海外旅行)は、初訪問のエストニアを選んだ。

当初はレンタカーでバルト三国を回るつもりだったが、間にあるラトビアが日本の国際免許証では無免許運転となることが判明し(ラトビア大使館の公式情報)、エストニアとの国境の街から知らずに入国してしまうことにして(笑)、リトアニアは別の機会を作ることにした。
ちなみに、エストニアで借りたレンタカーで国境を超える場合は、別料金になることも判明している。


▲今日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

この日の宿はバックパッカー御用達の日本人宿にしたことと、空港から街の旧市街にある宿まで4Km強だったことから、節約旅行のバックパッカーらしくバスに乗らずに歩いて街に向かうことにした。途中のバス停で、空港から来るバスの時刻表を見ると、最大35分待たされることになるようだ。(☞ 空港横のモール前バス停での時刻表

外観店内

観光は明日に回して、とりあえずエストニア料理を食べさせてくれる店を宿のスタッフに3軒ほど教えてもらい、この店に入ることにした。(残りの2軒は、翌日に試している)
世界一周ブログを書かれているような格安旅行者が使うような店ではないが、そこまで彼らの真似をする必要もないだろう。何でも当地のランチは3ユーロで腹いっぱい食べられるらしい。

パンとエストニアバター

まずは、東欧らしい黒いパンとエストニアバターが出てきた。
アラカルトで頼んでいるのだが、パンとバターは無料で出してくれるようだ。

黒パンが美味しいと思ったことは無いのだが、少し温められたこの黒パンが美味しいこと!
わざわざエストニアバターだと言って出されたバターとよく合って、全部いただいてしまった。
ホテルの朝食を含めた今回の旅で食べたパンの中では、この店のものが1番だった。

Landscape on a plate
Landscape on a plate(€8.50)

前菜からは、一通り郷土料理が乗っているらしい盛り合わせを選んでみた。
部屋が暗いこともあるが、なんだか見栄え的には美味しそうに見えない盛り付けだ。
ひとつひとつ料理の説明はしていただける。(エストニアは、英語通用度が非常に高い)

左上の卵焼きみたいなものは、ご当地チーズを焼いたもの。
表面に焦げ目が付くほど焼いてあるが、この手の料理はチーズが旨ければ美味しいのだ。
エストニアバターも美味しいので、乳製品はかなり美味しい国ではないだろうか。(帰国前に空港横の大型スーパーに寄って、チーズとバターを買って帰ったのは言うまでもない)

右上の白い塊は、白身魚の燻製。こちらは普通に美味しかったが、右の人参の下に隠れていた黒っぽい魚の燻製は塩辛すぎた。

中央にあるのは、うさぎのパテ。
うさぎと言われても分からなかったが、牛豚鶏という味ではなかった。
その横にあるのは、ワインゼリー。こちらも普通。

トマトスープ
Soup of the day(€3.50)

今日のスープはトマトスープとのこと。
カプチーノみたいに絵が描かれていたが、このスープが激ウマだった。
単にクリームを加えただけでは、こんな味にならないはずだが、何を加えたらこうなるのか分からない。

Roasted black quinoa
Roasted black quinoa(€8.00)(フラッシュ撮影)
seasonal veggies, grilled goat cheese


メインはベジタリアン料理の中から選んだ。
この店の隣に、宿で同部屋だった日本人女子が美味しいと言っていた同じ経営のベジタリアンの店があるので、ここも美味しいのだろうと思って頼んだのだが、Quinoa(キヌア ☞ wiki)が何かは知らないことが災いしたかも。

キヌア

そのキヌアだが、畑のキャビアみたいなものがメインの皿で、その中にミニトマトやアスパラ、人参が少しばかり埋もれていた。決して美味しいわけではないので、栄養価だけに注目すべき食材なんだと思う。チーズと合うという感じでもなかったし・・

この段階で腹八分目。気になったチーズケーキも食べたかったが、前菜とメインにチーズがあったのでやめてしまったのは、ちょっと後悔。

 

お会計をお願いすると、サービス料は含まれていません[Service fee not included]と明記されていた。
チップは払わない主義だが、店側から求められた場合は否定しない方針なので、5%上乗せして支払うことにした。
西欧ではフランスやイタリアを筆頭にチップ廃止が進んでいるのに、東欧はチップを要求する店が多いなぁ・・

※メニュー:英語版

【店舗詳細情報】
店名:Von Krahli Aed
電話:626 9088
営業:12:00-24:00(日曜12:00~22:00)
住所:Rataskaevu 8, Tallinn
GPS:59.437204, 24.742818


※珍しく国内旅行先(宮古島)のホテルから登録しました。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ニシュ [Niš]: Tavern Kod Rajka 2018/10/22
セルビア/スボティツァ [Subotica]: Boss Caffe 2018/10/20
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>