« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/リヨン [Lyon]:Le Mercière

訪問:2015/9/26 20:00
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
帰国日は明日だが、500Km強の長距離移動を伴うのでラウンジ食だけにする予定。
ということで、最後の晩餐をリヨンで迎えることになったのだが、土曜の夜とあってホテルで予約を試みた8軒の星付店はすべて満席。まあ、当たり前だろう。根気よく電話をかけてくれた、クラウンプラザのフロントのお兄さんには感謝だ。

ということで、レストランは諦めて4年前と同様にリヨン名物のブッション(郷土料理を出すビストロ)に行くことにした。
これなら予約不要だし、中心部のレストラン街であればいくらでもある。

外観テーブルセッティング

一通り物色して、テラス席は満席だったものの店内に2テーブル空いているのが見えたこの店に決めた。
店頭に Authentique Bouchon Lyonnais と掲げられている店なので、これぞブッションという店だ。

メニューは外国人とみて、最初から英語版のみ。さすが観光地のど真ん中立地だ。
コース(ムニュ)は 24.90€ か 29.90€ ということで、The Menu "Les Canuts"(€29.90)をチョイス。
前菜+メイン+チーズ+デザートの4皿構成のコースだ。

パン

まずはパンが出てくる訳だが、これが何とも渋い感じのするもの。
かなり歴史のある店らしいので似合っているのだが、お味の方は意外にも美味しい。さすがフランス。

アミューズとバター

パンと共に、バター(マーガリン?)やリエット、豆のアミューズも出てきた。
もちろんパンと共に無料提供。これも、店の雰囲気に良く合っているクラシカルなお味。

Artichoke heart & foie gras
Artichoke heart & foie gras "Mère Brazier's way"

3択の前菜からは、当然のごとくフォアグラ。
私の場合は、スペインのパラドール・ベニカルロでいただいたアーティチョークが忘れられず、アーティチョークの心臓って何だろうと興味を持った方が大きい。

アーティチョークの心臓

トッピングのフォアグラのコンフィを外すと、その心臓部が見える。

何のことは無く、可食部全体を丸のままという使い方だったわけだが、心臓という表現は当たっている。
その中心部には、赤い血のソースではなくて白いスープで満たされていた点が残念かも?(笑)

アーティチョークの断面

こうやって、アーティチョークの断面を見るのは初めてかな?
固体が大きいこともあると思うが、意外と芋のような部分が多いんだ。
生のアーティチョークを買ったことが無いので、こういう物なんだと初めて知った。

クネル
Pike dumpling with crayfish sauce, fresh spinach

家内が選んだ(というか選ばせた)料理は、リヨン名物のクネル
英語表記だと「クネル」という文字が出ていないので分からないが、説明文から見れば間違いないし、注文時にもクネルと言ってお願いしている。

クネルの断面

ソースこそ甲殻類の出汁が効いていたが、クネル本体の出来が悪かったのは残念。
4年前にこの店と同様ブッション系の Le Musee で食べたものが、今のところベストかな?(ソースは、ル・ノールのものがベスト)

Andouillette
Andouillette from "Bobosse" au gratin, grated potato cake

私は、これまたリヨン名物の臭い料理であるアンドゥイエット、すなわち豚の内臓のソーセージだ。
これもリヨンだけでなく日本を含めたあちこちでいただいているが、完全に観光客向けの仕様という感じのものが出てきた。

Andouilletteの断面(表面)

表面のマスタードソースを除けてみると、極太のものをカットした面が見えてくる。
通常は1本そのまま出て来るものだが、この店は巨大なものを作って茹でてから裁断し、断面の両面を焼いて供していた。

断面写真を見ても、通常と異なる製法であることが分かるだろう。
ソーセージの中に腸を伸ばして入れてある。まるで、同軸ケーブルみたいだ。

Andouilletteの中身

中身を取り出してみれば、違いは一目瞭然だ。
通常なら、乱切りにした内臓肉とつなぎを合わせて味を調えてあるものだが、まんま腸が入っている感じで、食感だけでなく味わいという面でかなり劣る印象だ。

アンドゥイエットは、La Mère Jean で食べたものが、いまのところ1番。

Cervelle de canut white cheese
Cervelle de canut white cheese, shallots and herbs

チーズは、ハーブのチーズだというので、2人ともこちらをお願いしたのだが失敗。
ブルサンのようなものと予想していたので、まさか液状のものが出てくるとは想定していなかった。
これなら、私だけフロマージュ・ブランにしておけば良かった。

Café gourmand
Café gourmand

食後のデザートは別メニューからのチョイス。
渡されたメニューは英語版ではなかったが、15種類もの選択肢があった。

家内は、毎度ながらのカフェ・グルマン。
あまり美味しそうでないなぁ。(食べていないので知らない)

Nougat glacé
Nougat glacé, caramel tendre aux épices

私は大好物のヌガー・グラッセを選んだのだが、メニューを改めてチェックしてみると、他にも良さそうなものがある。
メニューを渡されたとき、まず最初に知っている単語を探してしまうため、今回のように好物を見つけてしまうと他に目が行かなくなってしまうのだ。今後は注意しなければ・・

ヌガーグラッセの断面珈琲に入れる砂糖の皿に、チョコレートが入っていた

家内のカフェグルマンに付く珈琲用の砂糖が入った皿を見ると、小菓子(チョコレート)が入っていた。
家内は砂糖を使わないので気づかなかったみたいだが、こんな小菓子の出し方もあるんだ。

お会計 レストランカード

以上でお会計。
ブッションの食事代としては高いが、中心部のど真ん中立地である以上は仕方ないか。
でも、この窮屈な空間は苦手だなぁ。

※メニュー:コース(英語版)チーズ・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Le Mercière
電話:04 78 37 67 35
営業:12:00~14:15、19:30~23:30
住所:56 rue Mercière, 69002 Lyon
GPS:45.762403, 4.832699


翌日はリヨンから高速規格の一般道N7号線に乗って(途中A77号線となる一部区間のみ有料:€3.30)2度目のフォンテーヌブロー[Fontainebleau]に家内を案内してから、パリの空港に戻って全行程終了。
期待のJALは、満席なのにJGP資格でも往復ともアップグレード無しでがっかりだったが(最低でもプレエコには乗れるANAにすれば良かったと多少後悔)、エールフランスのラウンジ食は予想外に優秀だったことから、機内食をパスするつもりでたっぷりいただいて帰国した。(実際、メインは2種類とも不味くてパス!)

本当は秋の味覚を楽しむ旅行だったはずだが、ブルゴーニュでは秋の味覚どころか味的にも合わなかったし、ローヌアルプでも期待のキノコにも1軒しか出会えず、フランスの秋の味覚のイメージとはかけ離れた旅になってしまった。
ブルゴーニュやローヌアルプでは、特に拘りのある店でなければ季節感を味わうことができないのかもしれない。

また、店にも恵まれなかったし、アクシデント発生時にその場でネット接続できていれば、また違った解決策が見いだされたでろうと予想できたことから、次回からは現地でSIMを調達してリアルタイムで調べられるように情報武装しようと思わされた旅にもなった。(台湾で2度ほど使った経験があるが、あまり価値を感じなかったことから他国では使ったことが無いのだ)

なお、来年のSWは季節感を味わえそうな中部~北イタリアを中心に回ろうかという気になっている。
家内はイタリア料理嫌いなうえに、3カ月連続の海外旅行は嫌だと言っているので1人で行くことになると思うが、誰かいっしょに行く?(9/16~26の予定)

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 158660円(成田<>パリ、17436マイル獲得)
現地宿泊費: 49620円(€460.60/9泊、うち朝食付2泊)
現地交通費: 19890円(€184.63)レンタカー&燃油・駐車場・高速、リヨン市内1日券
飲食観光等: 49672円(€455.32+CHF6.25)飲食・観光・雑費
国内交通費:  2826円
旅費合計:  280668円...2人で56万円(円高時調達の107.47円/€ 換算)

このあとは、10月3連休に出かけたエストニア旅行で食べたものをお届けしようと思う。
後の予定が詰まっているので、少しペースを上げて登録したいと思っている。


▲翌日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:台北・高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
6月:クロアチア②、スロベニア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・松山駅: 大方氷品 [大方冰品] 永吉店 2017/08/22
台湾/台北・中山駅: 21街氷桟 [21街冰棧] 2017/08/22
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
19位
アクセスランキングを見る>>