FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/グルノーブル [Grenoble]:les Saisons

訪問:2015/9/24 21:10
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
大満足だったボンヌヴァル・シュル・アルク[Bonneval-sur-Arc]周辺のD902号線(注:ドライブが満足だったのであって、村には満足していない)を後にして、今日の宿のあるグルノーブルに向かうことにしていた。
しかし、ここまでの景色があまりにも素晴らしかったことから、時間的にギリギリではあったもののグランドアルプスルート[Route des Grandes Alpes]をそのまま進み、再び別の区間のD902号線に乗って、ひとつ峠を越えて向かうことにしたのだが、アクシデントに遭遇してしまった。


▲今日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

ガリビエ峠[Col du Galibier]を越え、グルノーブル方向に向かうD1091号線と合流するロータレ峠[Col du Lautaret]で、英語併記の道路標識に「25Km先通行止[ROAD CLOSED 25KM FROM HERE]」とあるのを発見したのだ。大誤算だ。
恐らく Saint-Michel-de-Maurienne のD902号線に入るところにも表示されていたのだろうが、3つの峠道のいずれもが通行可との表示があったので、まったく気づかなかった。(実際のところ、英語表記でなければ気付くことは不可能)

ロータレ峠の立派な1軒宿(ここは泊まってみたいホテルだ)の前で、距離的には50Kmほど短くなる元に戻るルートを取るか、山を大きく回り込んでガップ[Gap]を経由する道を選ぶか悩んだ結果、単純往復を嫌う傾向が出て大回りルートを選んでしまったのも失敗。景観的にまったく魅力が無かったのだ。

そんなわけで、グルノーブルのホテルに着いたのが夜9時ちょうど。
ロータレ峠で25Km先通行止との標識を見落としていたら1時間は遅れていただろうからまだマシだが、予定していた店に行くのは時間的に不可能なので、ホテルのレストランでいただくことになってしまった。
夜10時まで営業だったので、入れただけ良かったと思うべきだろう。

夜のコース(ムニュ)は2種類。
高い方に魅力を感じなかったので、Menu Les Saisons(€21.50)をお願いすることにした。
前菜(2択)+メイン(2択)+デザート(5+1択)のいわゆる3皿コースだ。

パンオリーブ

まずは、パンとバターにアミューズ代わりのオリーブ。
パンは1人1つだったが、無くなって頼めば出してくれるのだろう。
バターはよく見かける(欧州線機内食でもおなじみのメーカーの)パック入りが2つ。

Mersclun à l'huile d'olive piperade de légumes
Mersclun à l'huile d'olive piperade de légumes et vinaigre balsamique

2択の前菜からは、私はサラダを選択した。
特にフランスでは頼まない限り野菜が出てくることは無いのが普通で、こんな機会で頼んでおかないと野菜不足になってしまう。(1週間食べなくても健康に悪いということは無いと思うが)

出てきたのは、なんとも芸の無い葉っぱばかりのサラダ。
松の実とか多少の芸はあるのだが、トマトとかパプリカ・胡瓜といった彩りになるような野菜は無しだ。

Gaspacho aux légumes d'été crèmeGaspacho aux légumes d'été crème
Gaspacho aux légumes d'été crème au pistou

家内はガスパッチョ。
前日のランチでいただいた、アヌシーのラ・シブレットで出たものと比較してみようとの魂胆だが、そもそも比較の土台に立てないような代物。
相手が1つ星店だから当然といえば当然だが、単にトマト缶を裏ごして作っただけといったお味だ。

2択のメインは、黒板(黒では無いしプラスチック版だが)から選べと。

Filet de porc
Viande du Marché:Filet de porc

豚肉か魚料理とのことで、2人とも豚肉を選んだ。このレベルの店で魚料理を選ぶのはリスキーだ。
ご覧の通り、これがフランス料理なのかと思えるような皿だ。
でも、中央に見える何だかわからない(たぶんキノコのソテーの残骸)ソースは、ちゃんとフレンチらしい味がするのだから不思議なものだ。

ポークソテーの下敷き

ポークソテーの下には、野菜のソテーが隠れていた。
ここで、今回の旅で一番期待していたキノコに出会えるとは・・
期待した美味さは無いけど、なんとなく嬉しい気分。

Café Gourmand
Le Café Gourmand(€1.00加算)

デザートはおなじみカフェ・グルマン。
日本でいうデザート盛り合わせに珈琲が付いたセットだと知ってからは、選択肢にあると頼んでしまう。

Café Gourmandのお菓子部分

ミニ・パルミエにナッツ系アイスクリーム、クリームブリュレにカヌレと、まずまずの盛り合わせだが、お味は標準より少し落ちるかなぁ・・
ビストロのデザートと考えれば、十分水準だとは思うけど。

以上で、おひとり様22.5ユーロのディナーと考えれば悪くない。
ホテルディナーというイメージには当てはまらないが(一応ホテルレストランだけど)、値段がリーズナブルなので許せる。
本当に、夜遅くの到着で食べれただけでもありがたいと思った。

※メニュー:コースアラカルト黒板(壁板)

【店舗詳細情報】
店名:les Saisons
電話:04 76 90 63 09
営業:12:00~14:30、19:00~22:00
定休:土曜日・日曜日
住所:34 avenue de Verdun, Meylan
GPS:45.201823, 5.759469

 

【Route des Grandes Alpesの風景②(Valloire周辺区間)】(☞ 風景①
今回のターゲットは、この地図の区間だ。
こちらの区間は、ヴァロワール[Valloire]のスキー場を越えるとやや道路が狭くなるうえに勾配もきつくなる。と言っても、日本の国道クラスの峠道に匹敵する広さはあるから、山道を走ることに抵抗が無い方なら大丈夫。


▲なんだか分からないが、要塞跡(? にしては、かなり新しい建物群が谷の対岸み見える)




▲左:ガリビエ峠は積雪通行止だった  右:信号で制御する片側交互通行のトンネルで抜けた


▲ガリビエ峠を越えて、素晴らしい風景を見ながら下って


▲ロータレ峠で右折してD1091号線に入ると・・この先通行止めの標識。ショック!
 

【グルノーブル[Grenoble]の風景】

▲街の顔は、Grenoble-Bastille Cable car(ゴンドラリフト) ☞ 運行時間表料金表


▲ゴンドラリフトで上る先は、要塞(Fort de la Bastille)跡だけど魅力ナシ。街の眺めだけ見に行こう!



関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果かき氷)
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮:(経由地)
3月:マレーシア
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/トルン [Toruń]: Manekin Toruń Rynek Staromiejski店 2019/05/20
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Restauracja Ratuszova 2019/05/19
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Express Kuchnia Marché Avenida店 2019/05/18
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Foodmax 2019/05/17
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Restauracja Galicja 2019/05/16
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Bon Apetito Łódź Manufaktura店 2019/05/16
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Kuchnia Marche Galeria Łódzka店 2019/05/15
ビジネスクラス機内食/オーストリア航空: ウィーン(VIE)⇒ワルシャワ(WAW) 2019/05/14
ビジネスクラス機内食/エバー航空: バンコク(BKK)⇒ウィーン(VIE) 2019/05/13
ビジネスクラス機内食/エバー航空: 台北桃園(TPE)⇒バンコク(BKK) 2019/05/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>