« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/アヌシー [Annecy]:L'Esquisse

訪問:2015/9/22 19:30 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
4日目は、家内のリクエストでレマン湖畔のスイス側にあるシオン城(シヨン城)[Château de Chillon]へ。(☞ 公式サイト
私は20年前に家内に頼まれて先行調査に来ているので、今回は周辺の散歩で時間つぶし。入城料が高いので、一緒に入ろうという気にはならないのだ。しかし、あんな小さな城で2時間以上も見ていた家内のおかげで昼飯を食べる機会を逃してしまい、2日連続朝昼抜きになってしまった。


▲今日のルート実測(by GPSLOG)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

今日の宿泊地アヌシー[Annecy] には期待できそうなレストランが複数あるので、何軒かピックアップした中から翌日が休業日というこの店に決定。
グリーンガイドの口コミ点数が異様に良かったのが選択した理由でもある。

外観店内

事前にHPでメニューとお値段をチェックしてあったのだが、出かけてみると質素な作りの小規模レストランだった。
2皿39€、3皿47€のコースを狙っていたものの、おまかせとのことで断念し、2皿で16€高い L'Expression Gourmande(€53.00)をお願いすることにした。
ちなみにデザートの皿数を数えない表記なので、2皿コースでも前菜+メイン+チーズ+デザートと実質3皿+チーズという構成になる。そう考えれば2皿39€なら許容範囲だと思うが、頼んだ53€のグルマンコースとなれば話が違ってくる。

実は、いつもの通りバドワと言ってガス入り水を頼んだのだが、出てきた水がイタリアのサンペレグリノ[S.Pellegrino] だった段階でフランス料理屋失格だな、と悟ったのだ。



まずは、アミューズ。(写真は2人分)
この価格帯であれば、メニューに記されていなくても当然出てくる。(出てこなければ、減点対象になる)

焼き鳥風(アミューズ)エスカルゴ(アミューズ)

左は日本の焼き鳥風。タレは焼き鳥とは違うが、やっぱりただの焼き鳥。
真ん中の器に入っている茶碗蒸しみたいなものは、中身がエスカルゴの洋風茶碗蒸しといったところか。
この店、皿も和風のものだったので、意外に和食を意識しているのかも?
右は、ちょっと変わった形のオリーブの実だ。

ハーブバター

バターは最初に出てきたが、ハーブ入りのバターだった。
出来る店だと複数の種類を出してくるのだが、1種類だけ。ハーブは好みが分かれるので、ちょっとシェフの姿勢には問題ありかな。
パンは固定前菜のフォアグラが供された後に出てきたが、美味しくない。

Foie gras cuit au sel
Foie gras cuit au sel, figues confites, porto réduit

前菜はフォアグラ固定。もちろん、フォアグラ好きだから選んだわけだが、巻き寿司みたいなものが出てきた。
皿にはフォアグラ定番の無花果の果実とジャムが添えられていたが、フォアグラロールの中身のジャムは無花果とは違うフルーツだった。

お味の方は、ごく普通のコンフィという感じ。
巻いてあるジャムが弱いうえに合っているとは言い難いので、期待外れ。塩胡椒を少し足して食べる方が良かった。

フォアグラに付くパン

フォアグラに付くのはブリオッシュが定番だが、トーストだったりもする。
こちらはトーストだったが、お値段は高級店並みなのにトーストが冷めてしまわないようにする配慮が無い。普通なら、冷めないようにナプキンで包んで出すものだが、こんな点からもシェフの料理に掛ける姿勢がよろしくないことがうかがえる。

メインは2択。
食堂格のレストランだったことから、躊躇なく皿の交換が出来ると踏んで、家内と私で別々にお願いした。

Coeur de ris de veau rôti
Coeur de ris de veau rôti

まずは、大好物でありながら、なかなか美味しいものに出会えないリドヴォー。
3日前のディナーでヴェズレー[Vézelay]Le Bougainvilleでもいただいているが、質的には悪くないものの、お味の方が好みから外れた。

表面をカリッとさせて、フォアグラ同様に濃いめのソースでいただきたいのだが、焼きもソースも控えめ。
イタリアの水を出してくるような店だから、アミューズで見えた和食だけでなく、イタリア料理にも傾斜しているのかもしれない。

Suprême de pigeonneau servi rosé
Suprême de pigeonneau servi rosé

小鳩料理は、かなりポーション控えめ。
こちらはソースにもしっかり味が出ているし焼きも十分で良かったのだが、メイン料理としての量的不満が先に来てしまう。

サイド料理茶碗蒸しの中身

と思っていたら、サイド料理という位置づけなのか少し遅れてカプチーノ仕立てのスープが出てきた。
スプーンを入れるとスープではなく、こちらこそ洋風茶碗蒸し。アミューズと同傾向のものを出してくるのか。
やっぱり、ここのシェフとは気が合わないようだ。(それ以前の問題だと思うが)

Fromage cuisiné
Fromage cuisiné

楽しみだったフランスチーズだが、なんと有無を言わさずこれが出てきた。
良いお値段なので、当然ワゴンかトレーに10種類位は盛って選ばせてくれるものだと思っていたのに・・

見た目は羊か山羊のチーズなので家内は食べれないと思ったが、大丈夫とのことなので牛のチーズだったみたい。
蜂蜜ではなく、シロップで食べさせるのは独特。

デザート
Tout choc'

ちょっと記憶が曖昧なのだが、最後のデザートは口頭で選べたような気がする。
家内と私が同じ皿だったので、ひょっとするとこちらも固定かもしれないが、家内はスポンジが不味いと残していた。

チョコレートケーキをアップで

私は、このチョコレートケーキが濃厚でまずまずという印象を受けたが、「まずまず」であって「美味しい」というレベルには達していないのは、変な隠し味を感じたからだ。
やはり、創作系の店は相性の問題が露骨に出てくる。

小菓子お会計

最後に小菓子が出てきて(こんな内容だから食後の珈琲を頼む気になれなかった)おしまい。
水だけ加えて2人総額€111.00を支払ったにしては、満足感に乏しい店だった。
地元の方には無名の店らしく、ホテルに戻ると予約をお願いしたフロントマンにどうだったかと聞かれてしまった。

下馬評通り1席を残して埋まったものの、その口コミ件数がビブグルマンを獲得しているわけでも無いのに異様に多かった点から見ても、いわゆるやらせか他国のガイドブックに載っていることで評価が高かったのだと思う。
食べログなら、そんな店を見極めることは出来ると思っているが、外国語の口コミサイトでは無理だ。

翌日のランチで、もう一つの候補だったミシュラン星付店でほぼ同価格のコースをいただいたが(フランスのレストラン格の店では、ランチ・ディナー共に共通メニューで営業しているのが普通)、わずか1割の値段差で雲泥の差だったのだ。

※メニュー:お任せコースグルマンコースランチ

【店舗詳細情報】
店名:L'Esquisse
電話:04 50 44 80 59
営業:12:15~13:15、19:30~21:00
住所:21 rue Royale, 74000 Annecy
GPS:45.899778, 6.122424


※エストニア旅行往路の暇な機内で仕上げて、ヘルシンキ空港ラウンジから登録しました。
JAL上級会員(JGP)になって初めてプレエコにアップグレードされたので、広いテーブルに加えて席も広く快適に作業ができたものの、機内食はANAより劣る点が残念。パリ線でもそうだが、欧州路線で不味い和食のみっていうのは無しにしてほしい。
 

【アヌシー[Annecy]の風景】









▲左:市役所  右:市役所近くからの風景
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
31位
アクセスランキングを見る>>