FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ミラノ・マルペンサ空港:Ristorante La Brughiera

訪問:2015/8/24 19:40
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆

▲今日のルート実測と今回の旅で食べた街(赤枠)  ↑クリックで大きな画像で見れます↑

時間があるので、コモ湖は高速道路の無い反対側の湖畔道路を通って空港に向かったのだが、これが意外にもあちこちで渋滞していて大失敗。
空港ホテルに着いた頃は雷雲の影響で真っ暗だし、土砂降りで雷鳴も響くような状況では最後の晩餐に狙っていたリストランテに行く気力も無く、おとなしくホテルレストランで夕食をいただくことにした。

サンペレグリノのミラノ万博ロゴ入りラベル

ガス入り水(€5.00)を注文すると、サンペレグリノ[S.PELLEGRINO]のボトルに開催中のミラノ万博のロゴが付いていた。
そういえば、ミラノで万博やっていたんだとこの時に気付いたが、盛り上がっているのだろうか?

出てきたパンは2種類。
世界展開している4つ星ホテルらしく、コペルトの請求は無いので無料だ。

Tagliere di affettati
Tagliere di affettati(€10.00)
Mix of Italian cured meats


前菜は、もちろん生ハムの盛り合わせ。
サラミを含めて5種類が盛られてきたが、一般店よりは控えめな感じもしないでもない。
これで少な目の1人前だから、日本の感覚で頼むと食べきれなくなる。2人で1人前を頼めば十分だ。
シェアして食べると言ったので、取り皿も出してくれた。

取り分けた生ハム盛り合わせ

取り皿に分けた写真の方が分かりやすいだろう。
いわゆる生ハム3種類は、しっかり味の違いを楽しみながらいただいたが、豚の三枚肉の生ハムというか、塩分も燻製度もわずかで、ほとんど生のまんまの豚バラ肉が出てきたのは初めて。
地元さいたまのビストロで出てきたことがあるが、イタリアでもほぼ生のままの豚肉を食べるんだ。

Paccheri di Gragnano con pomodorini pachino e olive taggiasche
Paccheri di Gragnano con pomodorini pachino e olive taggiasche e ricotta salata(€12.00)
"Paccheri Gragnano" with cherry tomatoes, Taggiasche olives and salted Ricotta cheese


メイン代わりのパスタは、手打ちが無さそうだったのでナポリのパスタ「パッケリ」を選んでみた。
こうやって出てきた皿を見ると、なんとなく南チロルで多いラビオリの類を連想させてくれる。(生地は全く違うが、平たいパスタの間に具が挟み込まれているという意味で)

パッケリの具材

穴が大きいので、中に詰められている具材がすぐに飛び出してしまうが、その具材がなかなか独特。
メニューでは、チェリートマトとタジャスケ種のオリーブと記されていたが、たっぷり使われていたオリーブの実が果実のような甘みを感じる味付け。言われなければオリーブだと気付かないほどで、最初は葡萄だと思っていた。
チェリートマトは中央にトッピングレベルで乗っているだけ。

こうやって拡大写真を見ると、確かにオリーブの実は見えるものの、メニューには記されていない果実も相当量加えられていたのかもしれない。
まあ、美味しければ構わないのだが、乾麺パスタである点だけが残念。イタリアの手打ちパスタの美味しさを知ってしまってからは、乾麺はロングパスタでしか許容できなくなってしまった。

Chicche di patate al pesto di pistacchi
Chicche di patate al pesto di pistacchi di Bronte e sfilacci di bresaola della Valtellina(€13.00)
Potato little dumpling with pistachios pesto and dried beef


家内は、またまたニョッキの類を選んでいた。小型のジャガイモニョッキらしい。
メニューに冷凍品だと記されていたが、しっかりピスタチオの主張のあるソースで、ビーフジャーキーの細切りみたいなものが良いアクセントになっていた。

※メニュー:前菜パスタメイン大皿・サラダピザ・サイド

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante La Brughiera(Crowne Plaza Milano Malpensa)
電話:0331 21161
営業:12:00~14:30(平日のみ)、18:30~22:00
住所:Via Ferrarin 7, Case Nuove, Somma Lombardo
GPS:45.642119, 8.708761


さて、9泊11日でノルウェー・スイス・イタリアと3か国を回った旅も、残りはコペンハーゲン経由でスカンジナビア航空のビジネスクラスに乗って帰国するだけ。ということで、旅の費用をまとめておこう。
今回は燃油代のかからない特典航空券を利用したこともあって、物価の高いノルウェーとスイスに5泊し、フィヨルドツアーや初のグライダー搭乗を楽しめたわりには、安上がりに済んだと思う。

この後は、帰国便の機内食レビューを登録し、時間があればミニ情報を1本登録してから、秋の5連休を利用した15回目のフランス旅行を現地からお届けする予定だ。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
周遊航空券: 15500円(成田>CPH>OSL>ベルゲン>CPH>ミラノ>CPH>成田、90000マイル消費)
現地宿泊費: 105206円(NOK2867.50+CHF276.90+€220.73/9泊、うち朝食付7泊・2食付1泊)
現地交通費: 15122円(NOK160+CHF2.25+€114.71)レンタカー&燃油・駐車場・高速、空港バス
飲食雑費等: 29307円(NOK703.50+CHF72.25+€81.35)
現地ツアー: 22854円(NOK1465)フィヨルドツアー
国内交通費:  2826円
旅費合計:  190815円...2人で38万円(ユーロのみ円高時調達の107.47円/€ 換算)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム⑨:ホイアン
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
モルディブ: Adaaran Prestige Vadoo Day Tour 2019/01/16
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Arena Beach Hotel (BBQ Dinner Buffet) 2019/01/15
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Kaalamaa Multi-Cuisine Restaurant 2019/01/14
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE) 2019/01/13
スリランカ/コロンボ Colombo: t-Lounge by Dilmah(Chatham Street店) 2019/01/12
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: 成田(NRT)⇒コロンボ(CMB) 2019/01/11
台湾/高雄・文化中心駅: 銅享鐵路便當 文化店 2019/01/09
台湾/高雄・文化中心駅: 金龍鍋貼水餃 2019/01/09
台湾/高雄・中央公園駅: Wok on the park@Indigo高雄中央公園 2019/01/08
台湾/高雄・巨蛋駅:正宗周焼肉飯 裕誠店② 2019/01/08
台湾/高雄・美麗島駅:博義師燒肉飯(本店)③ 2019/01/07
台湾/台南: 上海黒猪小籠湯包 2019/01/07
台湾/台南: 明卿 2019/01/06
台湾/台南: 森茂碗粿 2019/01/06
台湾/台南: 双生綠豆沙牛奶 2019/01/05
台湾/高雄・鹽埕埔駅:永和小籠湯包② 2019/01/05
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A26): 旺來蚵仔煎 +東港漁港への行き方 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港: 美鳳旗魚黑輪 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片 2019/01/03
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A47): 瑞字號旗魚黑輪 2019/01/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>