« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/キアヴェンナ [Chiavenna]:Ristorante Crotto Ombra

訪問:2015/8/20 12:15
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
← 今日の走行ルート実績
 (クリックで大きな地図が開きます)

夏休み第二弾は特典航空券を使った周遊旅行ということで、2つ目の国イタリアのミラノに移動してきた。
前後に空港泊を挟んだ4泊のうち、ホテルを予約してあるのは3泊目のトレント自治県内の1か所だけで(これは失敗した)、残りは天候を見ながら判断しようというスタンス。ミラノ到着日の夜の天気予報と衛星写真から概ね天気は良好と判断して、スイスのサンモリッツに向かうことになった。

ミラノからスイスと言うと意外に感じるかもしれないが、最も近いスイス国境まで空港から50Km、目的地であるサンモリッツまででも200Km強、3時間ちょっとのドライブで着いてしまうほど近い。
さらに、スイスでレンタカーを借りる6掛で済むうえに、イタリア北部のスイスやオーストリアとの国境地帯は魅力的な山岳リゾート地がたくさんあるだけでなく、スイスと比べて宿代も非常にリーズナブルであることから、行き当たりばったりの旅行には最適なのだ。今回でこの地域は3度目になるので、それだけ気楽に無計画を楽しめるというワケだ。

さて、サンモリッツに向かうスイス国境手前にあるキアヴェンナ[Chiavenna] という街で、ランチタイム。小さな街をざっと見て歩いた後は、その際にマークしたレストランを目指した。

裏山を含む外観 入口ゲート
▲左:岩山の左が店の正面(右手前の建物は無関係)  右:入口ゲート正面から

外から見ると洞窟レストランのように見えた店だが、洞窟の中には大量の大きなチーズを熟成している部屋が見えたので、チーズ製造がメインなのかもしれない。
基本テラス席で食事をすることになるのだが、崖に近い明るい席は予約で満席とのことで、簡易屋根付の合席が前提となる6人掛テーブルに案内された。
30分後には見事に満席で、合席を強いられるほどの人気店のようだ。

パンとグリッシーニ

まずは、コペルト(€2.00/人)で付くパン。
グリッシーニが市販品という点では残念だが、パンは3種類。

アミューズ

続いて、アミューズというか別の加工パン(フォカッチャに近い)も出てきた。
コペルトでパンとは別枠で1皿出てくる店は良店が多い事から、期待が膨らむ。

MARINATA DI MANZO IN CARPACCIO
MARINATA DI MANZO IN CARPACCIO(€8.50)

前菜からは、牛肉のカルパッチョをチョイス。
英語版のメニューは無いとのことだが、イタリア語ベースの料理名も代表的なものなら覚えているので大丈夫だ。

ここでは、日本では滅多に出会えない牛肉のカルパッチョということで選択したわけだが、チーズが覆いかぶさっていて、牛肉本体がほとんど見えない皿が出てきた。さすがチーズ工場!

牛肉のカルパッチョを見えるように

チーズだけ見せても仕方ないので、牛肉部分が見えるように撮ってみた。
日本のしゃぶしゃぶ用の肉と同じ様に、かなり薄切りできれいに並べられている。

超薄切り肉だと肉の味を楽しめないものだが、案の定だ。チーズをウリにしている店なのに、肝心のチーズもパッとしない。
最近地元大宮で開店した店(☞ Pizzeria Ciccio)と同じ感じのものだったが、さすがにイタリアの地方で冷凍肉を切ったような肉を出すようなことはない。

GNOCCONE DI PATATE
GNOCCONE DI PATATE CON BRISAOLA, SPINACIE RIDUZIONE AL PARMIGIANO(€8.50)

北イタリアで楽しみのパスタからはポテトのニョッキを選んでみたのだが、出てきたのは北海道名物の芋餅みたいな芋団子の中に詰め物をしたもの。
「GNOCCONE」は「GNOCCHI」の変型だろうと予想していたので、こういった現地ならではの料理に当たると喜んでしまう。

GNOCCONEの断面

例によって断面写真の拡大。
カットした部分がマッシュポテトのように見えるが、芋餅のような粘り気はほとんど無いものの、マッシュポテトとも違う。
オリーブオイルで焼いたのではなくバターで焼いてある点で芋餅に近い感じがしたのだが、やはり独特。でもニョッキとはまったく違うものだ。

具材の方は、かなり細かく刻んだハムとほうれん草を炒めたもの。
これも馴染みのある味わいで美味。

TAGLIATELLE AI FUNGHI PORCINI
TAGLIATELLE AI FUNGHI PORCINI(€9.00)

家内の選択は、ポルチーニのタリアテッレ。タリアテッレがやたらと厚切りで、面白い食感だ。

ポルチーニ茸はしっかり生のものがタップリ。日本で定番のクリームソースではなく、ポルチーニの出汁ベースのソースは現地ならではと思うが、日本のイタリアンで秋になるとお目見えするイタリア直輸入の生ポルチーニと同様にそれほど香らなかったのは、何故だろう?

イタリア産のポルチーニは乾燥ものを戻さないと香りが足りないのか、あるいは未だに強烈な香りの印象を残しているチェコの Kampa Park で食べたものが、特殊な調理法(乾燥ポルチーニの戻し汁を加えてあるだけでは説明付かないほど強烈)だったのかは不明だ。

この秋、フランスのリヨン周辺で食べ歩く予定なので、パスタは無いだろうけどセップ茸(ポルチーニ茸のフランス語)の香りを他の料理で楽しめたらと思っている。

 

以上に、水代(€2.50)を加えて、お会計は €32.50
イタリア初日から良い店に巡り合えて、幸先の良いスタートを切れた。

※メニュー:前菜・プリモ・メイン・サイド・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Ristorante Crotto Ombra
電話:0343 290133
営業:14:00~21:00
住所:Viale Pratogiano 14, 23022 Chiavenna
GPS:46.320017, 9.406865

 

【キアヴェンナ [Chiavenna] の風景】





▲左:駅前広場
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/高雄・西子灣駅: 大碗公(亞熱帶冰品店) 創始店 2017/06/26
台湾/高雄・西子灣駅: 阿伯磚頭冰 2017/06/26
台湾/高雄・西子灣駅:福泉水果雪花冰(福泉布丁豆花)② 2017/06/25
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲(原泡卡芙・禮物水果)② 2017/06/25
台湾/台南: 龍興冰品店 2017/06/24
台湾/台南: 家鄉八寶冰② 2017/06/24
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>