FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/ルフトハンザドイツ航空:フランクフルト(FRA)⇒パリ(CDG)

搭乗:2015/7/19 LH1028便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
帰国便も、2回乗り継いで27時間かけて日本までたどりつく。
いつもの直行便なら11時間で日本に帰れるというのに倍以上の所要時間だが、JALの最上級会員資格が取得できることになることを考えれば、苦痛にはならない。
ということで、最初はおなじみルフトハンザでパリまで1時間の短いフライト。

ラウンジで食べたもの

ANA便で何度も利用しているルフトハンザのラウンジでは、いつもの美味しいミューズリーとフルーツ等を軽くいただいてから搭乗。

そうそう、初めて見かけた左上のソーセージみたいなものはソーセージかと思いきや、黄色い皮の部分は食べられないので、表示されていた通りレバーペーストだった。やっぱりこの手のものは好きだ。

朝食仕様の機内食

朝9時前発の便とあって、往路のロンドン⇒フランクフルト便と同様に朝食仕様だが、ロンドン発の便はハムとチーズの水準が高かったのに、こちらは至って平凡。

代わりに、フレッシュフルーツが付いていただけマシか。特に台湾や東南アジアの果物というイメージのあるマンゴーも付いていたのは嬉しい。ドイツの街中のジューススタンドでも意外にマンゴーが幅を利かせていたので、ドイツ人にも人気のフルーツなのかもしれない。

左上のカップに入っているものは、ラウンジにあるものとは違うミューズリー。
こちらは、ヨーグルトの味が強すぎて、ラウンジの方が美味しい。

パンの断面

実は、しっかり温められたこのパンが、バターとよく合って美味しかったのだ。
ルフトハンザのラウンジでいただくクロワッサンも水準が高いのでよくいただくが、ドイツパン自体が美味しいと思ったことがなく、他のパンに手を出したことが無かった。
今度違うパンも試してみようと思う。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 福牡蠣屋 2019/03/16
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>