« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ミャンマー.Tachileik:Nine Nine Food Center

訪問:[2010/10/31 14:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★
1週間後の総選挙を控え、政情不安が懸念されたミャンマー。タイとの国境も一部閉鎖されているとの情報があったが、タイのメーサイ(MAE SAI)と橋で結ばれている当地は、そんな気配を微塵も感じない雰囲気だったので、予定通りミャンマーに渡ることにした。

ミャンマーの出入国スタンプ

さすがに宿泊して翌日国境閉鎖されると困るので、おとなしく日帰り。タイに戻って、いまTVを見ていたらミャンマーの国境が閉鎖されたとか。映像から見ると別の場所のようだが、アブナイアブナイ。一歩間違うとミャンマーから戻れなかったのかもしれない。

さて、メーサイから橋で国境を渡った街「タチレイ Tachileik」。ミャンマーのガイドブックでは「タチレク」との表記があるが、タイのガイドブックと現地人の発音ベースである「タチレイ」が正しい。ついでに、タイ側の街の地名「メーサイ」は、タイのガイドブックでは「メーサーイ」と載っている。今回出かけた「ーイ」「ーン」と載っている街(メイサーイ、チェンセーン、チェンラーイ、チェンコーン)のすべてが伸ばさない「イ」「ン」だった。チェンセンだけはチェンセーンとも聞こえたが微妙。

国境を渡る日本人は、10米ドル(あるいは500バーツ≒1430円)の入国許可証を取得しなければならないが、カメラ付きPCの前に座っているだけでよく、何も記入するものが無いので楽チン。ちなみにチェンライとメーサイのバスは片道39バーツ+15バーツで済む。

ミャンマー入国許可証表紙 ミャンマー入国許可証中身

早速、うるさい呼び込み連中を無視して街歩きを始めたが、意外なことにキリスト教の教会がたくさんあるのが目に付いた。ちょうど日曜日だったこともあり、教会付近の人出もたくさん。といった情報は旅行記では無いのでほかの方に譲るとして、食べたものの紹介をしよう。

当然ながらご当地料理を楽しみたいと思うわけだが、屋台はあるものの食堂レベル以上の店がほとんど無い。
とりあえず見つけたのが、ガイドブックに載っていた1軒。そこは何でもアリの店だったのでパスして、国境から700m程の所で見つけたのがこの店。
こんなところまで来る外国人(隣接国人は除く)などいるわけがなく、英語も通じないのは当然。

外観 店内

店に入ると、いきなりチキンかポークかと聞いてきた。店頭にずらりと料理が並んでいるわけでもなく、店の規模の割には昼は一品勝負の店のようだ。
辛くないことを確認してチキンをお願いしてみた。

ランチセット(?)のチキン

たっぷりの御飯をスープ・サラダ・少量のメインでいただく、なんとも日本の安食堂的なセットが出てきた。
もちろんライスはパサパサの長粒種。カレーにあわせて食べるならともかく、おかずと食べるには日本人的には厳しい。炭水化物は控える方針なので、2割ほど食べてパスしたが、ごはんの上に乗っていた、日本的に見れば漬物の一種が意外に美味しい。中華メンマに近い味だったが、これならいくらでも食べれる。

御飯の上に乗っていた漬物風のもの

メインの鶏肉は、カレーから辛味成分のスパイスだけ除いて、軽く醤油味で味を調えた煮込み料理だった。油たっぷりなのはミャンマーカレーの特徴らしいが、煮込みなのに肉の旨みが閉じ込められているので、美味しい。見た目は中華だが、味は中華ではないので当地の味なんだと思う。タイ料理と違ってハーブもきつくない。
日本以外で食べる中華と違って、骨付きのまま乱暴に切ったわけではなく、骨付き部分は僅かで丁寧な感じ。これは3倍量ぐらい欲しかった。

鶏肉の煮込み

スープの中身は冬瓜のようなものがたっぷり。これも普通に美味しかった。
サラダ(?)は、タイと同じ。タレはナンプラーたっぷりという感じで唐辛子も入っている。私はキュウリだけいただいた。

サラダ スープ


日本では店頭に価格表記の無い店に入ることはまず無いが、タイでも店の中に入ってメニューを見ないことには価格が分からない。
ところが、ミャンマーではメニューすら置いていないようで、恐る恐るのお会計となったが、なんと20バーツ(≒60円)だと。
激安とは聞いていたが、ホントに激安だ。


【店舗詳細情報】
店名:NINE NINE FOOD CENTER
位置情報:タイからの国境を渡り、右側の商店街で一番広い道を700mほど直進、変形T字路にぶつかる手前右側

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>